中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: きゅうり

total 2 pages  次のページ →  

ベランダ菜園 きゅうり親・子・孫・ひ孫蔓全員集合!!

   ↑  2009/09/13 (日)  カテゴリー: きゅうり


8月21日以来の久々のきゅうり2本の収穫(9月12日)です。今年は、すっかり秋の気配の9月。きゅうりはもう終了かと思いきや素晴らしい頑張りぶりです。相変わらず葉の裏には赤い点。そうハダニがたくさんで毎日セロハンテープで200ひきくらいは駆除しています。もう手が赤くなって。。。 そんな私の頑張りに応えてくれたのでしょうか。きゅうりは実をいっぱいつけています。

 

IMG_5057-ky.jpg  IMG_5064-ky.jpg
▲まだ子蔓(つる)から収穫できそうです。9月10日

 

 

下の写真を見て下さい。親蔓(つる)の葉はなくなり、もう枯れてしまっているような感じです。しかしながら、親蔓(つる)しか根とはつながっていないので、枯れてはいないのです。そこから子蔓(つる)が出て、また子蔓(つる)から孫蔓(つる)が出て、孫蔓(つる)からひ孫蔓(つる)まで出ています。すごいと思う事は、親蔓(つる)を摘芯(先を切ること)すると子蔓(つる)が親蔓(つる)より太く元気になり、子蔓(つる)を摘芯すると今度はは孫蔓(つる)が太く元気に成長していきます。摘芯をすると自分の成長を止め、出てくる新しい蔓(つる)に栄養を与えるところは驚きと感動です。こうしてきゅうりは、蔓(つる)を増やし自分たちの子孫を少しでも多く残そうとするのですね。

 

 

IMG_4932moji.jpg
 ▲きゅうりの家族たち

 

『追記』

4月3日に我が家のベランダに来てくれた「きゅうりのなるなる」。ベランダで日照時間も短いなか、天候不順のなか「きゅうりなるなる」は頑張ってくれました。葉が病気になったり、ハダニ、ハモグリバエ、アブラムシにやられたり。。。

 

 

でも「きゅうりなるなる」は

 

40本の収穫の喜びを与えてくれました

 

IMG_6348-kyu.jpg
▲最後の収穫

 

そして

今日(10月5日)旅たちました。

きゅうりさん長い間楽しませてくれて、ありがとうございました。

 

IMG_6386-kyu.jpg
 ▲きゅうりなるなるの親蔓(もうこれは木ですね!)

 

おわり

 

スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-83.html

2009/09/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 きゅうり ハダニ退治

   ↑  2009/08/17 (月)  カテゴリー: きゅうり


きゅうりさん、ゴメンナサイ。薄々は、気が付いていたのですが。。。葉の裏の赤いポツポツ…糸をはっていたり、段々葉が白ぽくなって元気がなくなったり…やっぱりハダニですよねぇ~!!ベランダにいるのが暑くって葉の裏にいる赤い虫をよく観察しなかったので、ハダニとはっきり断定出来なかったのですが、大切な子蔓の葉の裏まで赤いポツポツが発生しだしたので、ハダニの退治&対策をしなければなりません。



IMG_4565-kh.jpg
▲葉の裏についた赤いポツポツ。ハダニです。

 

 

まずを正体をつきとめないと!!

 

虫の苦手な方

  

見ない方がいいかも。。。

  

これから食事の方は後から見たほうが。。。

 

デジカメをデジタルマクロ4倍(これが限界)に設定し撮影

 

 

肉眼では赤いポツポツが見えるだけですが、ちゃんと手足がありデジカメの液晶にはものすごい速さで動いているのが見えました。動きが激しくピントがなかなか合いません。卵らしきものや孵化したてのようなハダニもいました。もっと早く退治をすればよかった。ちなみにハダニは、足が8本あり蜘蛛の仲間だそうです。どおりで糸を張るはずです。

 

IMG_4583-kh.jpg
▲ハダニ(4倍) 

 

 

ハダニの退治方法を調べると、水に弱い(その為ベランダや軒下は大繁殖しやすいとのこと)ので水を噴霧すればよいとか、アブラムシのように牛乳をかければ窒息するとか、酢を薄めてかければいいとかありました。まず水を霧吹きでかけましたがきゅうりの葉の裏はデコボコして毛も生えているので全てのハダニを取り除くこと出来ません。あまり強くかけるときゅうりの葉の方が痛んでしまいます。肉眼ではハダニが元気がなくなったかどうかはわかりませんでした。酢も霧吹きでかけてみましたが、即効性の効果がないような。その為、セロハンテープで取ることにしました。ただ葉の裏がデコボコしているので取りにくく強く押さえると葉を痛めてしまうので丁寧にしないといけないので、根気と忍耐がいりますが、確実に取れます。ちなみにガムテープの方が簡単に沢山とれるかと思いやりましたが、葉が破れてしまいダメでした。あと、キッチンペーパーを水と牛乳で濡らし優しく葉の裏を押さえハダニをつぶすことも並行してやっています。これプラス、水に弱いという事なので、水やりの時に葉の裏を濡らしたり、霧吹きで水をかけたりしています。毎日続けてみると段々確実に少なくなってきましたが、根絶は無理みたいです。1日でも休むと増えています。やっぱり根絶には、ダニ用の殺虫剤が必須みたいです。やさしいデンプン主成分のものもあるみたいですが、ベランダなので、今のところ薬を使わず地道にハダニと戦います。あまり水を使うとうどんこ病になるのではとか、牛乳は臭うかなぁ~と心配はつきませんが。

 

 

IMG_4366-kh.jpg
 ▲セロハンテープについたハダニ

 

 

そんな中、子蔓から蔓が出ていました。つまり孫蔓です。下記の写真を見て下さい。上から撮った写真です。左に白っぽく(ダニに養分を吸われた?)ピンボケで写っているのが親蔓、その左には緑の支柱。中央に伸びていて先が切ってある(摘心)のが子蔓。そしてそこから出ている芽が孫蔓です。子蔓と孫蔓の間には、小さいきゅうりが付いています。さすがに孫蔓は、まだ細くヨワヨワしいです。

 

IMG_4573-kh.jpg
▲上から撮った写真。左、親蔓。中央、子蔓。出ている芽、孫蔓。

IMG_4605.jpg
▲孫蔓アップ!!頑張って!!

 

この孫蔓が立派に育つよう、こつこつハダニ退治と対策を頑張ります。(^O^)/

  

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-77.html

2009/08/17 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 きゅうり ついに最終回かぁ?!

   ↑  2009/08/10 (月)  カテゴリー: きゅうり


久々きゅうりです!!。子蔓が元気よく出て喜んでいましたが、急にきゅうりの葉が黄色くなり元気がなくなり花も咲かなくなりました。どうしたの??きゅうりちゃん~。待ち望んだ子蔓からは、収穫が2本出来ましたが、先がしおれてきて枯れてしまいました。。。

 

IMG_3817-ky.jpg IMG_4053-ky.jpg
▲7月9日元気だった子蔓▲7月27日しおれてきた子蔓

 

 

ついに

 

 

子蔓は、枯れてしまいました

 

 

IMG_4330-ky.jpg 
▲8月10日葉も枯れて落ちて枯れた子蔓。親蔓の葉も元気なし。

 

 

実の成長も悪く、皮も濃い緑ではなく茶色く固くなったのや曲がったのばかりの収穫となりました。天候も良くないし、ベランダでプランターという環境の中で28本も収穫出来たことに感謝し、今年のきゅうりは最終回かなぁと思っていたら、

  

IMG_4047-ky.jpg 
▲皮の色が悪かったり、曲がったり 

 



 

なんと 

 

病気になった葉を取り除いた根元の親蔓から   
 

また子蔓が誕生

 

復活です

 

IMG_4325-ky.jpg
▲また収穫出来たきゅうり

 

親蔓の7、8節のところから少し細いですが子蔓が出てきました。6節から下の子蔓はとらないといけないので、泣く泣く取りました。この前まで、葉もなく親蔓だけが幹のようにあった寂しいところだったのに、緑鮮やかになっています。実も茶色くなることなく濃い緑で成長もいいです。きゅうりのたくましさに感動です。    


                                                                                                     

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-76.html

2009/08/10 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 祝!きゅうりの子蔓(つる)誕生

   ↑  2009/07/09 (木)  カテゴリー: きゅうり


ついについに子蔓(つる)の誕生です私が旅行から帰ってすぐにきゅうり観察するとなんと立派な子蔓(つる)が誕生しているではありませんか!!見守ってあげられなくってゴメンネ。やっぱり親蔓(つる)を切るとちゃんと子蔓(つる)が出てくるのですね。ほんとうにきゅうりってすごい。下の写真を見て下さ~い。物干し竿の所で切れているのが親蔓(つる)です。親蔓(つる)の先端には、もう収穫出来そうな大きなきゅうりがなっています。そしてその下の節から前方に枝のように分かれて出ているのが子蔓(つる)です。もう小さいきゅうりを付けた雌花もあります。しかも誕生した子蔓(つる)は、親蔓(つる)より太く立派です。 親蔓(つる)の根元の方からではなく、先端2節の所から子蔓(つる)が初めて出てきのは、親蔓(つる)を伸ばしすぎたのが原因かもしれません。でもきっと信じていれば、子蔓(つる)はまたどこかの節からきっと出てくれるでしょう265

 

IMG_7560.jpg
▲子蔓(つる)は、とっても太く元気がいいです282子蔓(つる)にはもうきゅうりがなってます

  

IMG_3824.jpg  
▲子蔓(つる)のアップ



でもせっかく出てきた子蔓(つる)も第2節で切らないといけない(摘芯)みたいです。さっきの写真をよく見ると、もう子蔓(つる)に葉が2枚出ています。つまりもう2節という事です。えぇ3もう子蔓(つる)の先端を摘芯しなければならないの~。なんか切なくて、可哀相でちょっとまだ切る勇気が。。。また子蔓(つる)の誕生を待ってます(^O^)/がんばれきゅうり271   

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-65.html

2009/07/09 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 きゅうりの子蔓(つる)が出ない

   ↑  2009/06/29 (月)  カテゴリー: きゅうり


きゅうりの親蔓(つる)を切った後、子蔓(つる)出現を心待ち。子蔓(つる)の為のネットをどうやってベランダに張ろうと悩んでいましたが、肝心の子蔓(つる)が出ません。「きゅうりの親蔓(つる)を切りました」のページで書いた子蔓(つる)だと期待した芽は、子蔓(つる)ではありませんでした。収穫後の親蔓(つる)の節にそのまま葉を出し、花を咲かせきゅうりの実をつけました。なんで子蔓(こつる)が枝のように出ないんでしょう!!。親蔓(つる)の節に子蔓(つる)がいっぱい出た方がきゅうりの収穫が期待できるのに~。でも今までは根元から離れていく親蔓(つる)での収穫でしたが、根元に近い方に戻った節からの新たなきゅうりの収穫なので、実の成長がすごく早です。※あまりに早くてブログが追いつかない~。

 

【あっという間のきゅうりの成長記録】

以前にきゅうりを収穫した親蔓(つる)の節からやっと子蔓(つる)が出た!!と思ったら、蔓(つる)はなくきゅうりがついた雌花がまた出てきました。3日後には綺麗な黄色い花が、咲きました。

 

IMG_6544_2.jpg IMG_6648.jpg
▲6月20日                       ▲6月23日

 

花がしぼんできたと思ったのと同時にきゅうりがどんどん大きくなります。一日でなんと2センチも成長しました。

  

IMG_6679.jpg IMG_6705.jpg
▲6月25日(6センチ)             ▲6月26日(8センチ)

 

ここからきゅうりの成長は、加速です!!写真が横で入らないので縦に。収穫日には、一日で6センチも大きくなりました。花が咲いてから、5日目に収穫です。これくらいの大きさで収穫するきゅうりは種の存在を感じずにとっても美味しいです。

 

IMG_6709.jpg IMG_6746.jpg
▲6月27日(12センチ)    ▲6月28日(18センチ、収穫です) 

 

今日でベランダ菜園のきゅうりの収穫は、もう10本になりました。そこで実家にありがたい無農薬きゅうりのおすそ分けです。家族の一員である柴犬のケンにもおすそわけ(もちろんほとんど人間が食べました)。ケンは、胸やけ予防のために夏は、毎日きゅうりを食べてます(効果があるのか分かりませんが)。

 

 

IMG_6664.jpg

大好物のきゅうり~ 

 

IMG_6667.jpg

 きゅうりを見つめて!!あっという間に食べてしまいました(^O^)/ 

 

子蔓(つる)が出るのを期待しながら、せっせとお水をきゅうりにあげる日々です。そろそろ出てもいい時期ですよ~     

 

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-62.html

2009/06/29 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |