中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: ベビーキャロット

ベランダ菜園 ベビーキャロット、なんとか収穫

   ↑  2010/01/30 (土)  カテゴリー: ベビーキャロット


思い起こせば(ちょっと大げさですが)、ベビーキャロットは10月29日を最後にブログに登場していません。忘れていた訳ではないのです...あれから、ベビーキャロットは???というと...

 

 

実は、病気になってしまったのです。

 

葉に白いカビみたいなのができ、次々に感染。

 

IMG_7675-ninnji.jpg
▲10月31日、葉に白いカビみたいなのが出来る

 

 

「葉が少し成長すると病気になり、その葉を取る」の繰り返しでちっとも成長しません。そのため、せっかく写真を撮ってもまったく変化がなくブログに登場出来なかったのです。

 

IMG_7749-ninnji.jpg IMG_7751-ninnji.jpg
▲11月6日、病気の葉を取った寂しいベビーキャロット

 

ニンジンは葉を食べるものではありませんが、やはり葉が立派に成長しないとニンジンの収穫も期待できませんよね。もちろんちゃんと水や液肥はあげていたのですが、収穫は無理かなぁと半分あきらめムードで愛情を持ってきちんと観察していませんでした。でもどうなっているのだろーと根元をよくよく見るとニンジンらしきものが...土の下では、頑張っていたのですね。ごめんね。

 

 

ニンジンさん出現です

  

大根と同じで太陽に当たっているところは青いのですね

 

IMG_0142-ninnji.jpg
▲12月13日(デジタルマクロ4倍)

 

 

でもその後、葉は依然増えず

 

IMG_0424-ninnji.jpg 
▲12月26日

 

 

葉は白くなりその後枯れてしまいます

 

IMG_0739-ninnji.jpg 
▲1月12日 白くなって、枯れてしまう葉

 

でもニンジンは少しづつですが、太くなってきているみたいです。立派な青首のニンジンです。土の中では、ニンジン色のオレンジに成長しているかちょっと心配です。また土の中なので、いつ収穫していいのかわからないところが困りもの。

 

IMG_0736-ninnji.jpg
▲1月12日

 

ベビーキャロットは、いつ収穫したらいいのか??収穫の目安は、種まきから70~80日。長さ10センチとのこと。長さは抜いてみないとわからないし…、種の袋を見てるとアスパラガスより少し太いように見えます。土から出ているところも、それぐらいの太さに見えるので思い切って収穫してみることにしました。

 

 

種まきから140日

  

一番成長しているニンジンさんを

 

IMG_0903-ninnji.jpg
▲一番成長しているニンジン

  

 

抜いてみると 



あれっ!?短い!!

  

IMG_0904-ninnji.jpg
▲初めての収穫

 

 

もう一本。チャレンジ!!

 

IMG_0910-ninnji.jpg
▲葉が元気そうなのを収穫します

 

 

  

 あれれ!!これも短い。

 

でも色は立派なニンジン色。

 

IMG_0917-ninnji.jpg
▲かわいいニンジン

  

 

ということで、収穫したニンジンさん2本で記念写真。

 

IMG_0926-ninnji.jpg
▲ツーショット

 

それぞれ、太い所の径が2.4センチと1.8センチ。長さが6センチと4.5センチ。収穫目安が10センチなので、まだ小さかったみたいです。収穫が早過ぎたのか、それともこれぐらいが限界なのかはわかりません。

 

  

でも早速試食

 

IMG_0929-ninnji.jpg 
▲マヨネーズにつけて

 

美味しい。甘い。柔らかい。スティックサラダにピッタリです。プランターのベビーキャロットは、あと23本。まだまだ成長を見守ります。あんなに小さかった種からのニンジン収穫は、感動もの。葉が病気になってもニンジンさんは頑張って収穫させてくれました。場所もとらないし、手間もさほどかからないのでベビーキャロットは、ベランダで簡単に収穫出来ますね。プランターでなくても牛乳パックやペットボトルでも充分収穫出来そうです。暖かい時に種まきをすれば、収穫期間ももっと短く出来そうです。種も沢山残っているので、もう少し暖かくなったら、またチャレンジしてみます。

 

おわり

 

スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-127.html

2010/01/30 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 ベビーキャロットの間引き

   ↑  2009/10/29 (木)  カテゴリー: ベビーキャロット


9月14日に種をまいたプランターのベビーキャロット。本葉は、2~3枚でしょうか。相変わらずゆっくりとした成長です。アザミウマは、チェックは欠かさずやっていますが、いつもどこからか遊びに来ます。アザミウマとの戦いは、まだ続きそうです。



IMG_7159-ky.jpg
▲10月12日

 

本葉が3~4枚くらいになってきました。ベビーキャロットは、水を根元にそっとかけないと倒れてしまうくらいいヨワヨワしい。上からジョウロで水をかけるなんて厳禁です!!倒れたのは、土を寄せてなんとか立たせました。葉があちこちに伸びているので、デジカメのピントが全然合いません。カメラ泣かせのベビーキャロットです。

 

IMG_7190-ky.jpg
▲10月18日

 

ベビーキャロットの間引きは、本葉4~5枚で3センチ間隔にするということですが、、まだ3~4枚。でも葉が伸びて繁り、からまりだしたので、思い切って間引きを決行。密集してて細くてとても細かい作業でした。注意深くやっても葉がからみ合っているので、間引きをしないつもりの株の葉まで傷つけてしまいました。もっと早く少しづつ間引きをすればよかったです。

  

 

でもなんとか間引き

すっきり

IMG_7218-ky.jpg 
▲10月21日

 

ちょっと成長した感じです。。本葉は4~5枚に。葉も大きくなってきました。肥料は、ミニ大根と一緒に薄めた液肥を1週間に1度あげてます。まだニンジンらしきものはまったく気配なしです。

 

IMG_7626-ky.jpg
▲10月29日

IMG_7642-ky.jpg
▲10月29日(本葉が4~5枚になりました)

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-103.html

2009/10/29 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 ベビーキャロットにアザミウマが!

   ↑  2009/10/07 (水)  カテゴリー: ベビーキャロット


9月13日に種をまいたベビーキャロット。種が入っていた袋の育て方によると5~14日で発芽ということでしたが、6日後の19日に無事発芽。種もとても小さかったけれど、芽もとてもヨワヨワしいです。双葉は、細長い葉でした。

 

IMG_5569-ky.jpg
▲19日発芽

 

このベビーキャロットは超早生ということですが、ニンジンは、もともと栽培期間が長いということで成長がとっても遅いです。本葉は、ニンジンらしい葉ですね。

IMG_6083-ky.jpg IMG_6204-ky.jpg
▲9月23日(双葉が少し大きくなる) ▲9月27日(本葉が出だす) 

IMG_6373-ky.jpg IMG_6605-ky.jpg 
▲10月3日▲10月7日(本葉2枚になる)

 
この頃、急に寒くなり台風のせいで長雨で日照不足。また9月13日はニンジンの種まきには、ちょっと遅かったようです。それと葉が元気がなくなってきました。よく見ると何かに食べらた痕が。こんなに成長が遅いのにその葉が食べられてしまったら、ニンジンは大ピンチになります。

 

IMG_6491-ky.jpg
▲葉が透きとおり、元気がなくなってきました

 

 

きっとあの虫だぁ!!

 

今日は、正体をつきとめます

 

すぐに発見

 


大きさは1~2ミリ
くらいでしょうか~小さいです。小さいすぎて黒い細い虫にしか見えません。なかなかすばしっこく駆除しようとすると、葉の芽の奥に隠れてしまったり、どっかに飛んでしまったりします。前からこの虫はベランダで繁殖してました。最初は、クリスマスローズに。葉が透きとおったようになりその後黒くなり元気がなくり、観察すると小さくて黒く細い虫を発見したのでした。それから注意深くみてセロハンテープに付けたり、手でつぶしたりして地道に駆除してました。でも小さいため退治しても退治してもどこかに隠れていたらしく、それがニンジンに移動みたいです。どうみても堅いクリスマスローズの葉より美味しそうですもんね。他にもポトスやきゅうりや白菜も被害にあいました。なかなかの行動力です。

  

 

色々調べて写真を見比べた結果、アザミウマというらしいです(だぶん・・・)。 

IMG_6421-ky.jpg
▲アザミウマ(デジタルマクロ4倍黒色とおもったら茶色なんですね)

 

写真を見ると触角や足があるのがわかります。肉眼では小さくて細い黒い虫にしか見えませんが、シマ模様もあるような。種類も沢山あるらしいです。もっとはっきりと撮りたかったのですが、すばしっこくてボケてしまいます。

 

IMG_6472-ky1.jpg 
▲白菜についたアザミウマ

IMG_6456-ky1.jpg
▲クリスマスローズについたアザミウマ

 

クリスマスローズのような固い葉でも食べてしまうようアザミウマ。手ごわいです。小さいからといっても食欲が旺盛。ほっとくと葉の養分をどんどん取られていまいます。(ポトスなんて観賞に耐えられない葉になってしまいました。)とくにニンジンは、成長が遅いので葉が全滅してしまったら収穫はピンチ。ハダニみたいに爆発的な繁殖力はないみたいですが、駆除しないと確実に増えるので毎日のチェックが必要です。またベビーキャロットの葉が柔らかくて小さいため、アザミウマを駆除するときに葉を痛めてしまうことがあるので細心の注意が必要(一番葉を痛めずアザミウマが取れたのは、指に少しなめて唾液でアザミウマをくっつける方法でした!!~~)です。間引きの本葉4~5枚に成長するまでには、かなり時間がかかりそうですが、アザミウマの駆除をがんばります。  

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-94.html

2009/10/07 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 ベビーキャロットの種まきました

   ↑  2009/09/14 (月)  カテゴリー: ベビーキャロット


ベビーキャロット
の種を見つけました。(セリ科のニンジン属、原産地はアフガニスタン)。ベビーキャロットは、ソーセージ型の超早生(わせ)のミニニンジンで家庭菜園向きだそうです。甘みがありサラダや野菜スティックのようにそのまま食べるのにぴったりだということです。早生(わせ)とは、字のごとく種まきから収穫まで早いということですが、早いと言っても収穫は種まき後70~80日、ニンジンは時間がかかるのですね。

 

IMG_5100-ni.jpg
▲ベビーキャロットの種

 

上記の袋の中にベビーキャロットの種が1000個も入っているそうです。小さい袋の中のそんなに沢山入っているのかなぁとを出してみたら、とっても小さく綺麗な緑色をしてます。無くしてしまいそうな小ささです。

 

IMG_5144-ni.jpg 
▲ベビーキャロットの種

 

さて、種の袋の説明文によるとベビーキャロットの育て方は、種まきは東京周辺だと3月上旬から4月中。7月から9月中旬の2回。15センチ間隔でスジまきをし、薄く土をかけ、本葉4~5枚で3センチ間隔に間引き。さすが小さいと間隔は3センチでいいのですね。プランター向きです。発芽まで水は、たっぷり。追肥は年明け収穫するもののみ、最終まびき後1回行うとのこと。種まきから70~80日くらい、長さ10センチになったら収穫だとのことです。10センチなんてほんとにかわいいニンジンですね。なんか簡単に収穫出来そうな感じですが、もう9月中旬なので種まきはギリギリ。早く種をまかないと。急いで、ちょっと深い新しいプランターと新しい土を買ってきました。ニンジンは、3回まで連作出来るそうでその点もアブラナ科に比べると楽ですね。

 

IMG_5157-ni.jpg
▲ちょっと深めのプランター (9月13日晴れ)

 

プランターに列の間隔を15センチにして2列のスジをつけ、種を入れて土を薄く掛け水をたっぷりやりました。

 

IMG_5159-ni.jpg
▲緑色の種が小さくてわかりずらい。

 

発芽までの日数は、5~14日。発芽適温(地温)は15℃~22℃。生育適温は20℃前後だそうです。無事に芽が出るといいのですが。。もちろんニンジンを栽培するのは、初めてです。収穫が楽しみ。

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-84.html

2009/09/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |