中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 中野

total 3 pages  次のページ →  

中野マルイオープン

   ↑  2011/01/28 (金)  カテゴリー: 中野
2007年8月26日に惜しまれながら営業休止した丸井中野店

2011年1月28日に「中野マルイ」としてオープンです

10日くらい前から、パンフレットが配られ

ちゃくちゃくと準備が進んでいるようでした  
 


IMG_7618-maruio-pun.jpg
▲1月17日にもらった「中野マルイオープン」のお知らせ (クッキーも入っていました)

IMG_7624-maruio-pun.jpg 
▲1月28日のオープンを待つ丸井中野店 



そして今日2011月1月28日、いよいよオープン
  

 
5分前の9:55に駆けました


でも既にオープンしているようなぁ



IMG_7630-maruio-pun.jpg 
▲中野マルイオープン
IMG_7637-maruio-pun.jpg
▲中野マルイ入り口(西側) 



今までのマルイにはなかった

マルイの西側にある

四季の庭


 IMG_7678t-maruio-pun.jpg IMG_7677-maruio-pun.jpg
▲両脇には緑

IMG_7676-maruio-oun.jpg 
▲ウッドデッキの脇には水が流れています

店頭に列が出来ていたので、入場制限かと思ったら、ピーコックの入場制限でした。もちろんマルイも開店セールで混雑していましたが、まだ10時(通常は10:30~)ということでそれほどではありませんでした。でも今週末は、大混雑するでしょうね。売り場面積は、かなりコンパクトになりましたが、店内は明るくなり買い物しやすい雰囲気です。
ハンズが提案するライフスタイルショップ「ハンズビー」、無印良品など雑貨が充実している感じがしましたが、洋服の売り場面積はあまりないです。中途半端なら思い切って、スイーツなどを充実させた方がいいような気がしました。


1階のロブロス(スイーツ&ベーカリー)で

限定10個という文字を発見

さっそく

その「マルイオープン限定商品のスーパープレミアムロール」を購入。


IMG_7641t-maruio-pun.jpg 
▲長さは16センチ(ちょっと生クリームが重い感じですが、スポンジはとってもしっとりしてます)
IMG_7655t-mauio-pun.jpg IMG_7669-maruio-pun.jpg
▲中野マルイオープン限定商品 2310円


「中野マルイ」がオープンして嬉しいですね。やっぱりマルイは中野のシンボルです。


スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-179.html

2011/01/28 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

中野刑務所跡の門と桜

   ↑  2010/04/01 (木)  カテゴリー: 中野


訪問2010年4月1日。中野には、中野通り、新井薬師、哲学堂公園など桜の名所が多くありますが、平和の森公園の入り口へと続く道で法務局矯正研究所と中野水再生センターの間でも短いですが桜のトンネルに出会うことが出来ます。意外と人通りは少なく、静かに桜を観賞することが出来ます。この辺りは、昭和58年まで政治犯や思想犯を収容していた中野刑務所だったそうです。現在は、法務省矯正研究所の敷地内に赤いレンガ造りの門だけが、金網越しに見ることが出来ます

 

 

IMG_2299-nakanokei.jpg
▲平和公園通りより 

 

IMG_2297-nakanokei.jpg
▲平和の森公園一帯です

 

綺麗です

 

IMG_2246-nakanokei.jpg
▲桜のトンネル(短いです)

IMG_2266-nakanokei.jpg
▲桜満開

 


何回かここにお花見に来ていますが、ここが中野刑務所の跡地であり、金網越しに刑務所の門があるとは知りませんでした。よくよく見ると赤いレンガのとてもモダンなつくり。窓もアーチ型で刑務所の門とはとても思えません。後藤慶二氏という名建築士の設計だそうです。歴史的意義や価値があるこの門を金網越しではなく、一般公開をしないのが不思議です。この中野刑務所には、大杉栄氏、中野重治氏、「蟹工船」の小林多喜二氏や加藤登紀子さんの夫の藤本俊夫氏も収監されていたそうです。

 

IMG_2283-nakanokei.jpg
▲中野刑務所跡の門(金網越しに見る)

IMG_2286-nakanokei.jpg
▲大正4年築の重厚な門。歴史を感じます。(金網の穴から撮影)

 

 

桜のトンネルの入り口には、CAPIC刑務所作業製品展示ルームがあります。

  

CAPIC刑務所作業製品展示ルーム

東京都中野区新井3-37-2 
【交通・アクセス】西武新宿線沼袋駅南口から徒歩約7分、JR中野駅北口から徒歩約14分(中野通りをまっすぐ行き早稲田通りを左。セブンイレブンの所を右に曲がり、平和公園通りを直進すると左側にあります。)

  

IMG_2275-nakanokei.jpg 
▲看板(裏面はCAPIC) 

IMG_2242-nakanokei.jpg
▲CAPIC刑務所作業製品展示ルーム

 

CAPIC刑務所作業製品展示ルームでは、受刑者が社会復帰のための刑務作業で作った家具や石鹸や靴や小物や食品などが販売されています。商品の陳列が問屋さんみたいな感じなので、もう少しお洒落に工夫すればなぁと…。人気の「マル獄」シリーズの小物入れを購入。赤と紺の合いと「マル獄」のデザインがかわいいですね。レシートには売上の一部は、犯罪被害者支援活動に役立てられますということが書かれていました。

 

 

IMG_2309-nakanokei.jpg
▲マル獄シリーズの小袋(函館)580円

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-135.html

2010/04/01 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

季の葩(ときのは) 中野店 誕生日ケーキ

   ↑  2009/09/03 (木)  カテゴリー: 中野


季の葩(ときのは)は、中野にある有名なケーキのお店。お店の前は草花で彩られ、大きなショーウインドウにはケーキがたくさん飾られ、店の奥にはガラス越しにパティシエの方がケーキを作っているのを見ることが出来ます。お店で作っているので、人気である「満福でシュー」が売り切れそうになり心配していると、出来たてのが無事に追加されます。普通のケーキはもちろんのこと季の葩(ときのは)では、誕生日やお祝いのときのホールケーキがお気に入りでよく注文します。

 

季の葩(ときのは)の普通のケーキのページもよかったら見て下さい

  

IMG_3973-tot.jpg
▲季の葩(ときのは)中野店 

IMG_3974-tot.jpg IMG_3975-tot.jpg   
▲お店の前は、草花でいっぱいです 

 

【季の葩(ときのは) 中野店】

東京都中野区新井5-5-10 

【アクセス・交通】

西武新宿線の新井薬師駅より徒歩約8分か沼袋駅より徒歩約10分
JR中野駅北口より徒歩で約20分(北口から中野通りをまっすぐ北に行き、早稲田通りを越えて新井薬師の少し先です)
駐車場があります。

 

誕生日やお祝いのケーキは、ホールケーキが雰囲気が出ますよね。注文は、来店だけでなく電話でも出来ます。特別に大きいサイズでない限り前日でも大丈夫だそうです。(タルト生地を使っているモンブランやセゾンタルトは前々日の方が確実だそうです。)もちろん電話でも説明してもらえますが、来店するとホールケーキの見本写真があり、種類や大きさなど詳しくわかります。持ち帰れるホールケーキの説明のパンフレットがあると便利なんですが、残念ながらありません。

IMG_3990-tot.jpg
▲ショートケーキ4号 1700円

 

やはりホールケーキと言えば、いちごが載っているショートケーキ。上の写真は、4号です。2人で2回に分けて食べました。5号2600円、6号3500円。スポンジも柔らかく生クリームも甘すぎずとても美味しいです。いちごも完熟。他の種類は、タルトセゾン4号1300円、モンブラン4号1600円、クラシックショコラ、チョコ生クリーム、フルーツショートケーキなどあります。一般的には、4号は直径約12センチ2~3人分、5号は直径約15センチ4~6人分、6号は直径約18センチ6~8人分だそうです。(ケーキの種類や食べ方によって違うと思いますが)もちろんローソクとクッキーに文字入れサービスがあります。文字が入れられる厚めで大きいクッキーも美味しいですよ。誕生日の方は、お店の黒板に「誕生日おめでとう」とともに名前が掲示されます。旦那さんの誕生日ケーキの時に、その黒板を見て中野近辺の同じ誕生日の人だぁと少し感動してしまいました。(旦那さんよりかなり若いと思いますが)

 

IMG_3992-tot.jpg IMG_4018-tot.jpg
▲誕生日の定番ショートケーキ  ▲文字入れクッキーも美味しい。

 

モンブランは、とってもかわいいです。栗のクリームが綺麗に積み上げられ、頂上には大きな栗のアクセント。中には、タルト生地に生クリームとカスタードと栗がたっぷり入っています。とっても美味しいく、友人にも大人気です。

IMG_6520-to.jpg
▲モンブラン4号 1600円

 IMG_6509-to.jpg IMG_6558-to.jpg
▲モンブラン断面(綺麗に撮れなくてゴメンナサイ)



タルトセゾンは、カスタードと沢山のフルーツのタルト。カスタードは、満福でシューと同じ感じ。他のケーキの4号サイズより少し小さく感じられます(約直径11センチ、高さ7センチ)。2人で一気に食べてしまいました。見た目はとても綺麗ですが、カットが難しく、大勢で食べるにちょっと大変かも。

IMG_5566t-tokinoha.jpg 
▲タルトセゾン4号 1300円

 

誕生日ケーキは以前はデパートで買っていましたが、スポンジや生クリームが固くいつ作ったのか疑問に思う時もあり今は季の葩(ときのは)で注文してます(^O^)/。  
 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-75.html

2009/09/03 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

パティスリーODA(織田学園製菓専門学校) 中野  

   ↑  2009/05/25 (月)  カテゴリー: 中野


2009年は、5月13日(水)にパティスリーODA(オダ)がオープンしました。中野駅から看板がよく見える織田学園。パティスリーオダは、その中の織田学園製菓専門学校に併設されているケーキ屋さんです。ケーキ屋さんと言ってもいつも営業しているのではなく、限定水曜(専門学校の授業がお休みのときはお休みです)に営業。専門学校の実習生さんが販売実習という授業として、作られたケーキを実習生さん自ら販売しているケーキ屋さんです。           


【パティスリーODA(オダ)】

東京都中野区中野5-15-6  
【営業時間】11:00~(売り切れ次第終了)※今のところは、2時過ぎ位には売り切れるそうです。
【営業日・販売日程】5月中旬くらいから1月くらいまで、水曜に販売。水曜といっても毎週ではない時もあるので、日程は織田製菓専門学校にホームページで確認が必要です。
【アクセス】JR・東西線中野駅北口徒歩4分
中野駅の北口を出て右。中央三井信託銀行と線路の間の道をみちなりに東中野駅方面に行った左側にあります。

 

IMG_5973.jpg IMG_5974.jpg  
▲赤いテントが目印のパティスリーODA(オダ)


線路に沿って東中野方面に歩いていくと、左側に真っ赤なテントが見える建物があります。そこが織田製菓専門学校で、限定水曜日11:00よりパティスリーオダになるところです。オープンしている時だけ、お店の前に赤いベンチが並べられます。11時30分くらいに着くともう既に15人ほど並んでました。常連さんは、いつも楽しみにしているのですね。お店の外では、実習生の方が手際良く案内。お店は狭いので、順番に2~3人くらい中に入り注文。1人出ると次の人が入ります。約20分くらい並んで買うことが出来ました。(日当たりが良いので、日焼け対策が必要です)去年に比べれらまだ今年は少ないとのことでしたが、オープンして間もないのでこれからでしょう。先週は、2時過ぎ頃に売り切れたということですが、この日もっと早く売り切れそうな人気ぶりでした。

 

IMG_5989.jpg IMG_5995.jpg

IMG_6041.jpg IMG_6016.jpg

IMG_6006.jpg IMG_6010.jpg

 

種類は、7種類くらいです(季節によっては、少し種類が変わるそうです。秋には、モンブランとかを予定しているそうです)。数に限りがありますから購入できるのは、1人、または1組、ケーキは8個まです。ケーキの他に焼き菓子も売っています。シュークリーム150円。ショートケーキ200円。フルーツロール180円。学園プリン160円。イチゴムース200円。とてもお値打ちなお値段です。他にチョコレートケーキと抹茶ロールがありました。シュークリーム等は、追加されていましたが、いちごのムースは数があまりなくすぐに完売。ぎりぎり買えました。注文したケーキは、パティスリーオダの赤いロゴがついた箱に、保冷剤やプリンやムース用のスプーンと一緒に丁寧に入れてくれます。。普通のケーキ屋さんとまったく変わりないサービスです。どれも美味しかったのですが、特にシュークリームは、サクサクした皮にカスタードクリームがいっぱい入っていてお得感いっぱいでした。販売実習の授業とは言え、実習生の方がケーキを作り、初々しく一生懸命接客をされていたことが、なにより素晴らしく美味しさ倍増です。未来パティシエさんに感謝ですね。(記事内容は、2009年のものです)

  

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-53.html

2009/05/25 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

特大ソフトクリーム デイリーチコ 中野ブロードウェイ

   ↑  2009/05/06 (水)  カテゴリー: 中野


中野ブロードウェイ
の地下1階にある「デイリーチコ」8段に積み上げられたソフトクリームの大きさで地元ファンはもとより広くソフトクリームファンに名の知られたお店ですね。ソフトクリームの種類は、8種類。バニラ、チョコ、イチゴ、モカは定番。あとの4種類は、季節により変わります。今の時期は、ペパーミント、抹茶、クリームチーズ、マンゴー(新製品)。その前の時期は、キャラメル、抹茶、クリームチーズ、トマト(!)でした。もちろん私たちも何度か立ち寄っていますが、これまで普通のサイズにとどまってしまっていました。暖かくなってきたので、いよいよ特大サイズにチャレンジしようと思ったら、苦手なトマト味。種類が変わったので、さっそくチャレンジすることにしました。

 

IMG_5818.jpg
▲これが特大サイズ・8種類 390円

【デイリーチコ】中野区中野5-52-15(ブロードウェイの地下一階) 

【アクセス・交通】JR中野駅北口から中野サンモールを通り、ブロードウェイに入り階段を下りた地下1階です(いろんなお店がたくさんあるので、行き方を説明するのが難しいですが、なかを歩いていれば休みの日なら人だかりができていますので、わかります)。 

IMG_5836.jpg   IMG_5796.jpg
▲休日で賑う中野サンモール入口   ▲中野サンモールからブロードウェイへの入り口

 

私たちが行ったのは、ゴールデンウィーク中の午後3時近く。予想していた通り、大変な混雑でした。デイリーチコには店頭近くに椅子がいくつかあるのみでイートインのスペースはなく、基本的にはその場(通路)で立って食べることになるので、買う人というより食べている人でその周りが人ごみになります。当然、ブロードウェイ内は食べ歩き禁止です。

 

 

【注文の仕方】

さっそく注文の列に並んで、順番を待ちます。ソフトクリームの種類と注文の仕方は、店頭にカラフルな手作りの表示が出ています。

①まず、サイズを選びます。小サイズ(3種類まで)、中サイズ(4種類まで)、特大サイズ(2種類から8種類まで) 「中」の次はいきなり「特大」で、「大」はありません。サイズによって何種類かのソフトを選べます。もちろん「バニラ」だけの注文もできますし、8種類全部を頼みたければ特大サイズになります。

②次にカップかコーンを選びます※特大サイズは、コーンだけです。

③最後にソフトクリームの種類を番号で。

 

※のせる順番は、種類によってソフトクリームの柔らかさが違うのでお店にお任せ。なお、落としてもまき直しはしませんとの注意書きが(そのような悲しい出来事が起こるのでしょうね)。

 

IMG_5809.jpg 
▲ソフトクリームの種類は季節によって変わります。右側に小・中・特大のサイズの目安が。

 


【値段】
 小サイズ コーン230円、カップ250円 (いずれも消費税込) 中サイズ コーン280円、カップ290円 特大サイズ コーンのみ390円 ※現時点での値段です。いくつかの情報誌・ネットに記載されている金額から変更

 

 IMG_5832.jpg   IMG_5808.jpg
▲店頭には行列が出来ていました    ▲上に店名「デイリーチコ」の素朴な手書き

 

さあ、ついにわが手に特大サイズ・8種類のソフトクリームが!充実した重さです。というより落ちたり倒れたりしないかびくびくもの。慎重に人を避けて場所を移動し、記念撮影の後いただきます。あっさりしていてボリュームの割には食べられます。ただし、どんどん溶け始めるので、ゆっくり味わう余裕がありません。二人で交互に食べましたが、店頭にスプーンがあったことを後で気づきました。

 

IMG_5816.jpg

▲上から順に、チョコ、バニラ、ストロベリーモカ抹茶ペパーミントマンゴークリームチーズ

 

 

さて、デイリーチコは、実はうどん屋さんもやっています。こちらはカウンター席があります。ブロードウェイに来て小腹が空いたらこちらもお試しください。 

IMG_5801.jpg IMG_5802.jpg
▲ソフトクリームと並んで営業  ▲揚げたての天ぷら

 

思いおこせば20数年前、「アングル」というタウン情報誌(主婦と生活社)で、中野の特集記事(たしか「中野vs吉祥寺」とかいうような...)が組まれ、当時学生だった私は、そこで紹介されていた大きなソフトクリーム(今のように種類があったかたは定かではありません)を食べに初めて中野を訪れたのでした。当時のブロードウェイの記憶はまったくありませんが、お店のひとがソフトクリームを手渡しながら「雑誌見てきたの?」と尋ねてきたのを憶えています。どうやらソフトクリームは昔より小さくなったようなのですが、今に至るまで人気店であり続けているのはすごいですね。

※お店のデーターは、変わることがありますので詳細はお問い合わせください。

 

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-49.html

2009/05/06 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |