中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 高尾山

初詣 高尾山 薬王院 1号路 下り編

   ↑  2011/01/08 (土)  カテゴリー: 高尾山

2011年元旦の7:58に1号路を上り始め高尾山山頂を目指し、9:23に雪化粧した美しい富士山を拝めたことを前のページでお伝えしましたが、 その富士山とお別れし、薬王院の初詣と愛犬ケン(15歳の柴犬)のお守りを買いに山頂を後にします。




ありがとう富士山


9:35 下山します


IMG_7458-takaohatu.jpg 
▲元旦の富士山


下りも1号路で

IMG_7465-takaohatu.jpg IMG_7467-takaohatu.jpg
▲頂上から下っていきます




奥の院を通り



9:49 ご本社お参り

IMG_7476-takaohatu.jpg 

IMG_7471-takaohatu.jpg 
▲ご本社



9:55 ご本堂お参り 



 IMG_7486-takaohatu.jpg IMG_7487-takaohatu.jpg
▲ご本堂には両脇に天狗さま
IMG_7483-takaohatup.jpg 
▲ご本堂


お参りは、ほとんど並ぶことなく無事に終了しました。



IMG_7492t-takaohatu.jpg IMG_7493-takaohatu.jpg
▲お正月は華やかです



さて、次は愛犬ケンのお守りです
売り場にはいろいろなお守りが並んでいますが、肝心なものが見つからない

「犬のお守りはありますか?」と売り場の方(たぶんバイト)に聞くと
「ペットのお守りならご本堂の所にあります」と
「えっ!!犬じゃなくてペットくくりかぁ」と思いつつも




10:01  ご本堂の売り場で高尾山薬王院のペットのお守り購入
(ワン・ニャンお守り)
    
 

ちょっとお守りにしては、現代的ではありますが…
(健脚健康、交通安全、延命長寿) 


ケンちゃん、いつまでも元気でね



IMG_7494-takaohatu1.jpg 
▲ペットのお守りと言ってもワン・ニャンでした。色はピンクもあり。 ケンはオスなのでブルーです





薬王院の境内に

前回来たときは見当たらなかった、ご利益がありそうなものが…  




【願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり】10:00~10:07
願いが叶うように念じながら「願叶輪潜」をくぐって、その先にある大錫杖を鳴らし祈念するそうです。少し並びましたが、祈念出来ました。
IMG_7505t-takaohatu.jpg IMG_7522t-takaohatu.jpg 
▲ 願叶輪潜


【縁結び】
願叶輪潜の向かいにあります。
IMG_7511-takaohatu1.jpg 
▲縁結び

【銭洗い弁天】10:07~10:09 
縁結びの隣にありました。金運アップのため、もちろんお金を洗い、小槌を持って記念写真

IMG_7513-takaohatu1.jpg
 
IMG_7518-takaohatu.jpg IMG_7520-takaohatu.jpg
▲「小槌と一緒に写真を」と書かれています▲金運を願いお金を洗います。今年こそ!!



薬王院を後にし、帰りは女坂で。男坂に比べるとかなり楽です。


IMG_7530-takaohatu.jpg 
▲女坂  上りの人が増えてきました




浄心門をくぐりケーブル乗り場まで1号を下ります   


 


【天狗焼き】10:26~10:51

ケーブル高尾山駅前で、黒豆あんの高尾山名物「天狗焼き」に並びます   
25分並び、アツアツの天狗焼きをゲット  
 そとはカリカリ、なかは黒豆餡がもちもち!おいし~い

 
 IMG_7566-takaohatu.jpg IMG_7570t-takaohatu.jpg
▲天狗の顔がかわいい▲混雑時は、1人10個までに制限されます



すごいはやわざ!!職人芸です



IMG_7561-takaohatu.jpg IMG_7558-takaohatu.jpg




天狗焼きをベンチで食べてから、トイレタイム(空いていました) 
ご来光を見に来た人々で8:47位は、大混雑でしたが
10:51位には、ケーブルとリフトの下りの混雑は解消されていました(元旦)。    
 



1号路を下ります


途中で金比羅台による道へ


八王子市内が一望できます 
 

IMG_7584-takaohatu.jpg IMG_7586s-takaohatu.jpg
▲金比羅さま ▲金比羅台園地標高387メートル(八王子市内一望)。 
                            
 IMG_7600-takaohatu.jpgIMG_7593-takaohatu.jpg 
▲また1号路につながります▲金比羅台から1号路へ続く道(ちょっと山登りの雰囲気を味わえます)





11:42高尾山下山


この時点で、ケーブルの上りの待ち時間は10分だそうです。

それほど混んでいませんね。


 IMG_7606h-takaohatu1.jpg
▲清滝駅



元旦の7:58分、1号路で高尾山山頂を目指し、富士山を拝み、犬のお守りを買い、三福だんごと天狗焼きを食べ、1号路を下り11:42に高尾山初詣は無事終了。所要時間は約3時間44分でした。1号路は、舗装されていますが思ったより急勾配(子供も多く上っていたので言うほどではありませんが…)だったことと、ご来光を見た大勢の人が下っていた時間にあたり、上りは歩き難かったことはありましたが、元旦の7:58→11:48の間は、思ったほど高尾山は混雑してなく順調でした。(きっと除夜の鐘の時とご来光の時はすごい混雑だとおもいますが)。
雪化粧をした富士山を山頂で拝み、犬のお守りを買え、初詣もでき大満足のうちに帰路に就きました。
今年もいい年でありますように。



スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-178.html

2011/01/08 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

初詣 高尾山 薬王院 1号路上り編 

   ↑  2011/01/04 (火)  カテゴリー: 高尾山


2011年の初詣(元旦)は、高尾山薬王院。高尾山の山頂から富士山を拝んでパワーをもらうためと、愛犬のケン(15歳の柴犬)にお守りを買うためです。今人気の高尾山なので、混雑は覚悟。前回(2009年9月)は、上りにケーブルカー、下りにリフトと超初心者コースを利用しましたが(ブログ内「高尾山ハイキング初心者」・「高尾山茶屋香住の天狗焼きとだんご」のページをご覧ください)、今回は、上り、下りとも1号路で山頂と薬王院を自らの脚で目指します。ちなみに高尾山のホームページでは、1号路(表参道コース)は、3.8キロ約1時間30分。健脚度★★★。服装は、ヒートテックのシャツとフリースのタートルネック、フリース、ジャンバー、毛糸の帽子、手袋。しっかり防寒しているので、上っていくうちに汗が流れてくるのでタオルも必要。冬ですし頂上は、さすがに寒いので、防寒はしっかりとした方がいいですよ。
富士山を見るには朝早い方が良いだろうし、少しでも混雑しないうちにと、元旦早々あんぱんをかじって日の出前に家をでました。




でも、元旦は普段の高尾山の混雑とは違ったのです

実際どうだったかというと




元旦




中野6:48発(JR中央線中央特快)⇒高尾7:31着(西荻窪付近から) 

(京王高尾駅でトイレタイム)

高尾駅発7:46発(京王高尾線)⇒高尾山口7:49着



IMG_7337-takiaohatu.jpg 
▲駅から向かうところ 電車到着時なので混雑


IMG_7344t-takaohatu.jpg 
▲高尾山ケーブル乗り場



元旦7:57。上りのケーブル・リフトとも空いています


IMG_7346t-takaohatu.jpg IMG_7348-takaohatu.jpg
▲高尾山ケーブル(清滝駅)▲高尾山リフト乗り場(山麓駅)





でも今日は乗り物を使わず、1号路を歩きます!


7:58スタート




御来光を拝んだ人が次々下山。1号路下りの人で大混雑
 


御来光時の山頂は、かなり混雑したようす



流れに逆行して歩きにくい


上りは途中まで端に一列で




道は滑り止めの石が埋め込まれた舗装された道



でも勾配かなり急です汗だく。



エコーリフト乗り場まで



自動販売機・トイレはありません。




IMG_7338t-takaohatu.jpg
▲1号路入り口(ケーブル乗り場向かって右)


IMG_7355-takaohatu.jpg IMG_7365t-takaohatu.jpg
▲段々下りの人が減って来ました





8:33  リフト乗り場(山上駅)通過。下りは整理券まで出る大混雑

IMG_7367-takaosanhatu.jpg 
▲リフト乗り場(下り)





8:37~8:46  三福だんご販売所。三福だんごを食べちょっと休憩
(こんなに早くやっていたっけ??今日は特別?)



IMG_7371-takaohatu.jpg IMG_7375-takaohatu.jpg
▲意外とすいていました
IMG_7377-takaohatu.jpg 
▲三福だんご これもお目当てのひとつ 大好きなのです






8:47 ケーブルカー乗り場(高尾山駅)を見に行くと、下り50分待ちの大混雑




1号路に戻り


8:53 たこ杉通過


IMG_7392-takaohatu.jpg
▲たこ杉、脇には真新しいオブジェ?も登場



8:55 浄心門


IMG_7397-takaohatu.jpg
▲浄心門


8:58 百八段階段の男坂を行きます。 



 IMG_7401-takaohatu.jpg
▲左男坂、右女坂


9:06 薬王院到着。お参りは、後でゆっくりと。

まずは富士山を拝みに山頂へ急ぎます


IMG_7412-takaohatu.jpg  IMG_7419-takaohatu.jpg
▲四天王門(9:06)         ▲仁王門(9:08) 
             
 IMG_7423t-takaohatu.jpg IMG_7421-takaohatu.jpg
▲ご本堂の左の階段を上りご本社へ   ▲ご本堂 (9:09)          
             
IMG_7426-takaohatu.jpg IMG_7429-takaohatu.jpg
   ▲ご本社(9:11)           ▲奥の院(9:13) 
                 
 IMG_7464-takaohatu.jpg IMG_7430-takaohatu.jpg
▲高尾山山頂            ▲あともうひと頑張り








9:23 山頂到着。所要時間約1時間26分
(高尾山のホームページとほぼ同じですね)



さて、肝心の富士山は?



見ることが出来ました 
 



今年もいい年でありますように。



IMG_7437-takaohatu.jpg 
▲元旦9:23高尾山頂上より 富士山を拝む



雲が出始めていましたが、富士山を拝むことが出来ました。富士山のみ、スポットライトのように光があたりとても感動的です。
さて元旦の高尾山の混雑は、どうだったかというと、上りはじめた時間(7:58)元旦の上りのケーブル・リフト(この時間なら普段も比較的空いていますが)、高尾山の山頂(9:23)、茶屋は予想外にすいていました。どうやら、御来光を拝んだ方は既に下山し(そのため下りは早い時間なのに大混雑)、おせちを食べてから初詣の方(私たちはあんぱんでした)はまだ来ていない時間帯だったようです。また元旦は忙しいのか、上っても急いで下山するみたいで高尾の滞在時間が短い感じがしました。

さて、無事富士山が拝め大満足して、薬王院の初詣と犬のお守りを購入しに山頂を後にします。


それは、次のページで。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-177.html

2011/01/04 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

高尾山 茶屋 香住(かすみ)の天狗焼き・だんご

   ↑  2009/09/25 (金)  カテゴリー: 高尾山

訪問日2009年9月5連休中。さて、高尾山ハイキング下りのページは4号路のつり橋香住(かすみ)の天狗焼き・炭火焼だんご、薬王院の境内にある喫茶小坊一福の権現力ソフト(ごんげんりきソフト)などの高尾山名物や混雑状況についてお伝えします。上りは、ケーブルカーから高尾山自然研究路の1号路を通って、極めて順調に9:20に高尾山頂(標高599m)に到着。山頂は広場になっていて、この時間ではさすがにまだ人は多くありませんでしたが、展望台には人だかりが。その正面には雲ひとつない秋晴れの下、くっきりと富士山がみられ、歓声があがります(「雪があるともっといいのに」という贅沢な?声も)ミシュラン3つ星の高尾山からみるミシュラン3つ星の富士山は最高です。

 

 

AM9:20 高尾山山頂到着

 

IMG_5744-ta.jpg
▲高尾山山頂から望む富士山

 

高尾山の山頂は広場になっていて、ベンチも結構設置されています。高尾山常連の方は、茶店が開いていないことをよく知っていて、お弁当をちゃんと持参されています。高尾山は、犬のお守りがあるからでしょうか、ハイキングのお供する犬ちゃんを見かけました。ケーブルカーならバスケットに入れれば一緒に乗れるみたいですし、エコーリフトなら抱いて乗ればいいみたいです。(おとなしい犬でないと無理ですが)。ただ高尾山のホームページでは、「ペットを連れていいですか?」のよくある質問ページには、「東京都によると法的には禁止ではありませんが、自然生態に及ぼす影響を考慮し出来る限り遠慮して下さい」と書かれていました。

 

IMG_5749-ta.jpg IMG_5753-ta.jpg
▲高尾山山頂

 

私たちも今日は朝5時台の起床。軽く朝食をとって出発しましたが、お腹が空いてきました。茶店は朝10:00の開店と聞いていましたので、早すぎたかなあと思っていたら、幸い、展望台近くの茶店「曙亭」が9:40頃に開きました。早速とび込んで予定どおり(時間は大幅に早まりましたが)山頂でお昼にします。この日は、秋晴れで気温が高かったので、冷やしとろろそばに。平打ちのそばは腰があり、器まで冷やしてあるつけ汁は濃いめの味付け、とろろは粘りがあります。美味しいのですが量が少ないのと料金がちょっと高いのが難点ですが、富士山を見ながら外でも食事が出来るので、「曙亭」は人気です。すぐに混んできたのでゆっくりは出来きませんでした。


【曙亭】

IMG_5767-ta.jpg IMG_5761-ta.jpg
 ▲「曙亭」   ▲冷やしとろろそば(950円)

 

 

AM10:00 下山します

 

山頂を後にして、帰りの下山ルートは、つり橋のある高尾山自然研究路の4号路にしました。上りのときにはまだ開いていなかった茶屋の高尾山グルメも大チェックです。

 

IMG_5773-ta.jpg IMG_5774-ta.jpg
▲高尾山頂側からの4号路への入り口  ▲いきなり急勾配の階段です

 

高尾山自然研究路の4号路は、高尾山頂と浄心門とを結ぶ森のなかの登山道ルートです。うっそうとした森のなかを進んでいくと、道幅が途中狭くなったり、急な勾配のところは階段になったりと、1号路とはうってかわって本格的な山道です。私たちは、このルートを下っていったのですが、途中上りの人たちと多くすれ違い、道を譲りあいながら歩きました。階段は段差が大きいところもあり、上りは結構きついと思います。でも子供は、元気。小学生くらいの子供さんでも元気に上ってきます。さすが若い!!

 

IMG_5788-ta.jpg IMG_5787t-ta.jpg
▲木漏れ日のなかを ▲途中で他のルートとの分岐があります

 

AM10:27 つり橋に到着

 

4号路でのいちばんの見どころは、「みやま橋」といつり橋です。緑に囲まれていましたが、カエデも多く、紅葉の時期はまたすばらしいと思います。つり橋と記念写真を忘れずに。

 

IMG_5802-ta.jpg
▲つり橋

IMG_5805-ta.jpg
 ▲渡りきった側から全体を

 

ここまで来ればあと一息です。

 

AM10:39 浄心門の所に到着

 

 

4号路は、1号路路と合流し浄心門のところに出ます。着いてみると、行きのときとは比べ人がかなり多くなっているのにびっくり。普通は、ここからケーブルカーやエコーリフト乗り場に下ればすぐですが、今回のもう1つの目的である高尾山グルメを求めて、ここから少し戻り再び1号路を上って行きます(4号路なので戻りますが、1号路ならそのまま行けます)。お目当ては、朝早かったので上りのときに開いていなかった茶屋の「権現力ソフト(ごんげんりきソフト)」です。

 

IMG_5810-ta1.jpg IMG_5819-ta.jpg
▲浄心門に戻ってきました ▲今度は右手の女坂を行きます

 

女坂を登りきって、男坂と合流するところに、権現茶屋があります。そっそく注文しようと探してみると、普通のソフトクリームはあるのですが、権現力ソフトが見当たりません。店員さんに聞くと「境内で販売してます」との答え。行きに薬王院境内を通ったとき横目に見たあそこ?そこまで戻る予定はなかったのですが、せっかく高尾山まで来たら食べない訳にはいきません!!また1号路を戻りもう一度薬王院の境内まで行くことに。

 

IMG_5829-ta.jpg IMG_5835-ta.jpg
▲権現茶屋      ▲山門の手前にある「もみじや」

 

再び薬王院の山門(四天王門)をくぐり境内へ。ありました!!鮮やかな紫の「権現力ソフト」ののぼりが目に飛び込みます。

 

【喫茶小坊一福】
境内にある薬王院直営の喫茶・売店

 IMG_5838-ta.jpg IMG_5839-ta.jpg
▲境内にある「小坊一福」、「権現力ソフト」ののぼりあり ▲薬王院境内(お守りもあります)

 

これが、薬王院のオリジナル葡萄酢「権現力(ごんげんりき)」を使ったソフトクリームです。とっても美味しい!!たしかに葡萄の風味とともに甘すっぱさが。でもすっぱすぎず爽やかな味で、ハイキングの疲れも癒されそうです。食感はソフトクリームというよりシャーベットに近いです。写真を撮ってる間にもとけてきます。そうそうこの「小坊一福」の「権現力ソフト(ごんげんりきソフト)」を販売している女性の方の接客がとてもよく、美味しさ倍増でした。満足。満足。あ~ここまで戻ってきた甲斐がありました。

 

AM11:00 権現力ソフトを堪能 

これです!!

IMG_5846-ta1.jpg
▲これが権現力ソフト(300円)だ!境内から山門をバックに 

 

 

権現力ソフトを食べ、次の茶屋を目指します。薬王院の山門を出て、女坂、浄心門、たこ杉、サル園・野草園を過ぎ十一丁目茶屋に到着。「天狗だんご」というのぼりがあったので予定外でしたが、つい列に並んでしまった。注文を受けてから焼いているので5分ほど待ち、テイクアウトして秋晴れの下外のベンチで(直射日光が強すぎました)食べました。美味しかったですが、普通のお団子。事前勉強不足でしたが、十一丁目茶屋の魅力は、店内のテラスからが絶景らしく横浜ランドマークタワーや江の島まで見えるそうです。次回は、テラスですね。

 

 

【十一丁目茶屋】 
 

AM11:26 天狗だんご堪能

 IMG_5857-ta.jpg IMG_5865-ta.jpg
▲十一丁目茶屋(テラスがお勧めだそうです) ▲天狗だんご(甘だんご・焼きだんご )

 

 

十一丁目茶屋を後にし、かすみ台を通過するとケーブルカー乗り場の所前辺りに大行列が出来ています。なにかと思い先頭を確かめると香住(かすみ)の高尾山名物天狗焼きでした。行きは、早く閉まっていのでわかりませんでした。

  

 

高尾山で楽しみにしていた

香住(かすみ)です。

 


【香住(かすみ) 高尾登山電鉄直営】

香住(かすみ)は、高尾山の大人気店。最近では、はなまるマーケットでも紹介されるなど色々なテレビ雑誌に紹介されてます。

 

IMG_5867-ta1.jpg
▲天狗焼きの行列。左が列です。(25分待ち。でも食べたい)

 


天狗焼きの料金は、1個120円130円
。とても良心的です。お土産用の5個600円を買いました。中には、天狗焼を作る時の「はね」がおまけで入っていました。アツアツです。もちろんその場で食べるのが一番美味しいですが、お土産用に持って帰った後の食べ方まで親切に書いてあります。袋には「当日食べて下さい」とは書いてありますが、帰宅後すぐに冷蔵庫に入れ食べる時に電子レンジで温め、オーブントースターで焼いたら次の次の日まで美味しく食べれました(季節や持ち帰り状態により異なると思うので保証は出来ませんが。。。m(__)m)

 

IMG_5874-ta.jpg IMG_5875-ta.jpg 
▲天狗焼。手焼きです

 

 

25分並んで無事天狗焼きをゲット

 

 AM12:00 天狗焼き堪能

 

焼き立てのほやほやで火傷しそうなくらいアツアツです。美味し~い!!中のあんは、黒豆のつぶあんがたっぷり入っていますが甘すぎません。皮はそとはパリパリで中はしっとり、噛むと優しい甘さが。皮がとっても美味しいです。2007年(意外と最近ですね)から発売しているそうですが、リピーター客が多いとのこと、この美味しさならうなずけます。

IMG_7566-ta.jpg  
▲天狗焼き120円130円(可愛い天狗です。2011.1に写真を撮りなおす)

 

無事天狗焼きをゲットし

ケーブルカー乗り場から下にすぐ下ったところににまた列が

あれは一番楽しみにしていた同じく香住(かすみ)の団子。

ここに売っていたのですね。

 

IMG_5883t-ta.jpg
▲香住(かすみ)の炭火焼きだんご(三福だんご)。思ったほど、待ち時間はありません。 

  IMG_5884t-ta.jpg IMG_5888-ta.jpg
▲炭火でじっくり焼いて、くるみ味噌たっぷり

 

 

AM12:08 炭火焼だんご(三福だんご)堪能

 

これがめちゃめちゃ美味しかったです。予想以上の大満足。もちもちした食感は、普通のだんごとは全く違います。くるみ味噌もたっぷりかかっていてほんと美味しいの一言です。とてもボリュームがありますが、これは絶対食べて欲しい。私の高尾山グルメナンバーワン。お勧めです。中野でも売ってほしいよ~。

 

見て下さい。このくるみ味噌たっぷり

  

IMG_5889-ta.jpg
▲炭火焼きだんご300円『別名 三福(みつふく)だんご。大福、幸福、裕福の事だそうです』

 

 

高尾山グルメを堪能しまくりお腹いっぱいになり、いよいよ海抜462メートルの山頂駅から、全長878メートルの二人乗りエコーリフトに乗って高尾山を後にします。エコーリフトの切符売り場は6分くらい並びましたが、乗車はすぐでした。往復切符を買っている方は待たずに乗れます。

 

AM12:29 山頂駅下りのエコーリフトに乗車

IMG_5894-ta.jpg IMG_5898-ta.jpg
 ▲エコーリフト山頂駅(荷物は前にして乗車します)

 

エコーリフトは、下りの方が絶景が見られて断然お勧めですが、あまりの高さにちょっと目がくらみそうです。安全バーがないので思わず手すりを握りしめてしまいましたが、所要時間12分と贅沢な空の散歩です。天気や気候が良ければ気分は壮快ですし、眺望が綺麗なので是非乗って見て下さい。

 

IMG_5902-ta.jpg
▲エコーリフトからの風景

 

 

AM12:42山麓駅(海抜224メートル)に到着

 

満腹で美しい風景を眺めながら、ゆったりとした幸せな気分で山麓駅で降りてみてびっくりです。なんと人人人。リフト乗り場は、ロープが張られ何列もディスニーランドみたいに多くの人が並んでいました。大混雑です。50分待ちだそうです。高尾山の人気を改めて思い知らされます。

 

IMG_5918-ta.jpg IMG_5920-ta.jpg 
▲リフト乗り場(待ち時間は、私達がいる間にも増えていきました)

 

またエコーリフトから降りてちらりとケーブルカーが見えましたが車内は、ラッシュよりも恐ろしいくらい混んでいました。ケーブルカーは、25~30分待ちだそうです。(もっと長くなりそうです)

 

IMG_5923-ta1.jpg 
▲ケーブルカー乗り場の列

 

 

AM12:45 高尾山に別れを告げる

 

 

まだまだ続々と人が高尾山に向かって歩いてきます。これからもっと混雑するでしょう。案内の方に聞いたところ、いつもの9月よりは混雑しているとのことですが、紅葉シーズンは、これ以上の混雑は必須だそうです。混雑するとケーブルケーやエコーリフトの待ち時間はもちろんのこと、天狗焼や炭火焼だんご(三福だんご)の高尾山名物やトレイなども混んできて時間がもったいないです。またせっかく自然に癒されそうと来ているのに、人ごみでかえって疲れそうです。やはり来れる方は、出来るだけ早く高尾山の山頂を目指す計画を立てましょう。AM8:15のケーブルカーに乗り高尾山ハイキングをスタートさせAM12:45で終了です。ミシュラン3つ星の高尾山は、とても楽しいハイキングでした。自然は言うまでもなく、乗り物もあり、名物もあり素晴らしい山です。

 

IMG_5926-ta1.jpg 
▲続々と人が。混雑していきます

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-89.html

2009/09/25 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

高尾山 初心者コースハイキング

   ↑  2009/09/21 (月)  カテゴリー: 高尾山


訪問日2009年9月5連休中。ミシュラン3 つ星に富士山と一緒に堂々紹介されている高尾山。自然豊かなのに都心からのアクセスが抜群。またケーブルカーやリフトの乗り物があり、茶屋には高尾山名物があり、由緒ある高尾山薬王院まであり、ハイキングだけでなく色々と楽しむことが出来るのが魅力です。体力や見どころによりハイキングコースは6コースと稲荷山コース(と言ってもスタートは、1号路、6号路、稲荷山コース。あとケーブルカー、エコーリフトです。6号路・稲荷山コースは頂上まで茶屋はありません。)があり、ご年配から子供まで楽しめます。紅葉にはまだ早いですが、5連休の日曜日その高尾山にハイキングに行ってきました。

   

 

では、行ってきます。

JR中野駅AM6:48発

JR高尾駅AM7:31到着

 

中央線特別快速で約43分。無事到着です。連休のため朝早いにもかかわらず電車は混雑していて、立川でやっと座れました。車内には、リュックを背負い登山やハイキング風の方が目につきます。

 

IMG_5628-ta.jpg
▲高尾駅

 

京王高尾線高尾駅AM7:48発 

 

高尾山口駅AM7:51着

 

 

京王高尾線へ乗り換えです。乗り換えは中央線の中央の車両に乗車しているとスムーズです。高尾駅で下車した方々は高尾山に行くのかと思ったら、ほとんどの方が山梨方面の他のJRに乗り換えました。人の流れについていけば、京王高尾線に乗り換えられると思ったら、大違いでした。この時間は、高尾山に行く方はまだまばらです。京王高尾山口駅のトイレには、すでに列が(当たり前ですが、京王高尾駅のトイレの方が空いていました)。早めがいいですね。

 

IMG_5632.jpg IMG_5634-ta.jpg
▲京王高尾線の高尾山口駅


高尾山口の改札を出て右に行き、遊歩道を約3分くらい歩くと高尾山です。途中に公衆トイレがありますが、あまり綺麗ではありませんでした。

IMG_5638-ta.jpg IMG_5639-ta.jpg
▲高尾山に行く遊歩道 

 


AM8:00高尾山の入り口に到着

 

朝早いので駅前のお店はまだ閉まっていて寂しい感じです。今回の高尾山ハイキングは、ケーブルカーとエコーリフトを利用したお手軽な超初心者コースにしました。上りは、ケーブルカーで中腹まで行き、一番有名な自然研究路1号路で薬王院を通り山頂へ。帰りは、吊り橋があり自然豊かな自然研究路4号路、自然研究路1号路を通り、中腹からエコーリフトで下りました。4号路は、少し傾斜のある山道です。ケーブルカーとエコーリフトの両方を使うと物足りない方は、片方のみ利用するなど自分の体力に合わせたコースを。
※ケーブルカーとエコーリフトを利用せず、1号路を登るコースは、「初詣薬王院1号路上り編(2011)」、下るコースは「初詣1薬王院号路下り編(2011)」に書きました。また薬王院のご利益スポットが増えていました。進化し続ける薬王院です。


 

IMG_5644s-ta1.jpg 
▲高尾山の入り口(入って左にケーブルの清滝駅、右にリフトの山麓駅)

 

ケーブルカーとエコーリフトの切符は、ここで買います。ここにもトイレがありますので、ハイキング前に行かれた方がいいかもしれません。もちろん、ハイキングコースの随所にトイレはありますが、高尾山のこの頃の人気はすごく、トイレの数が追いついてないような感じです(1号路山頂付近に立派なトイレが2012年の中ごろには完成するとのことですが…)。行ける時に行きましょう。ケーブルカーの乗り場は切符売り場のすぐ左。リフトは、右のゲートから少し歩いたところにあります。幸いにも8:15分に来たのにすぐ乗れましたが、車内は満員です。ケーブルカーは、日本最高勾配31度18分人気があり難しいとは思いますが、乗るなら先頭か後方がお勧め。先頭は進行方向を見上げると、ケーブルが垂直に上っているように見えますし、後方は逆さのような感じに見えます。車内は発車前から斜めになってますが、運行中は特に手すりをしっかり握っていないと転びそうな感じさえします。(ちょっと大げさかなぁ?)でも迫力満点。1度は是非乗って体感して下さい。8時始発、終発は季節や曜日により異なる。15分間隔で運行所要時間5分。京王線・井の頭各駅から高尾山口までの往復乗車券とケーブル・リフト(往復または片道)のお得な「高尾山きっぷ」あり→詳細は京王グループ

 

 IMG_5647-ta.jpg IMG_5651-ta.jpg
▲切符売り場とケーブル乗り場

IMG_5656-ta.jpg IMG_5917-ta.jpg
▲ケーブルは2種類。「もみじ」と「あおば」 

  

 

AM8:18ケーブルカー「高尾山駅」到着

 

ケーブルカーを降りてすぐに「香住(かすみ)」があるのですが、朝早いのでまだ開店してません。人気の「三福だんご」「天狗焼(香住売店)」を絶対に食べたかったので、帰りにまた寄ることにしました。

 

IMG_5663-ta.jpg
▲ケーブルカー「高尾山駅」

 

 

AM8:20 1号路の途中からハイキングスタートです

 

 

AM8:24 かすみ台通過

 

休憩できるベンチがあり、山々の景色をゆっくり眺めることができます。

IMG_5672-ta.jpg IMG_5671-ta.jpg
▲かすみ台 

 

AM8:28 たこ杉通過

 

サル園野草園の前を通過し思ったよりすぐに、観光スポットのたこ杉に。八王子市指定の天然記念物。看板には、伐採しようとしたら一夜にして根が後方に曲折したという伝説と、その根がたこに似ていることから「たこ杉」と呼ばれるようになった由来が書いてありました。根っこを踏んだり幹や根を触らないで下さいとの「たこ杉からのお願い」の看板も。以前には金網はなかったようです。樹齢450年のたこ杉を守るため設置されたのでしょうね。大切にしましょう。

 

IMG_5680-ta.jpg
▲たこ杉 

 

AM8:31 浄心門通過

 

浄心門をくぐり、高野山薬王院へ。参道の両脇には鮮やかな赤い灯篭が連なっています。

IMG_5683t1.jpg
▲浄心門

 

 AM8:34  男坂と女坂の分岐点に到着

 

参道は途中で、男坂と女坂に分かれます。下の写真でもわかるように男坂は息切れしそうな急な階段を上っていきます。途中には、北原白秋の歌碑があります。女坂は、距離は少し長いですが、なだらかな坂が続きます。こちらの道は、とくに緑豊かです。別々の道を行っても権現茶屋で合流し薬王院の山門に着きます。私たちは、上りの時に男坂。下りの時に境内の「力ソフト(りきそふと)」を食べるため戻ってきた時に女坂と両方通りました。

IMG_5691-ta1.jpg 
▲左 男坂、右 女坂 

IMG_5694.jpg IMG_5697.jpg
▲男坂 ▲北原白秋歌碑

IMG_5822-ta.jpg IMG_5823-ta.jpg
▲女坂(自然豊かです)

 


AM8:47 天狗の腰掛け杉通過



男坂と女坂の合流地点から少し行くと樹齢700年以上と言われる天然記念物の杉。この杉の枝に天狗が腰掛けて、参拝者を見守っていると言われています。

IMG_5705-ta.jpg
▲天狗の腰掛け杉

 
 

AM8:50 高尾山薬王院の山門(四天王門)到着

 

さっそく境内に(ちょっと急な階段とかもあります)。高尾山薬王院は、1200年の歴史ある真言宗の寺院で、成田新勝寺、川崎大師平間寺とともに真言宗智山派の三大本山です。境内には、高尾山の天狗伝説や信仰がある天狗さまの像があります。また寺直営店小坊一福の名物「力ソフト(りきそふと)も境内で販売されています。
 

IMG_5708-ta.jpg IMG_5710-ta.jpg
▲山門(四天王門) ▲大天狗・小天狗像

 

  

AM8:56 大本堂到着

 

IMG_5715-ta.jpg
▲大本堂

 

AM8:59 本社飯縄権現堂(東京都有形文化財)到着

 

ここでも天狗さんがお迎えしてくれます。向かって左の魔よけの剣を持っているのが、小天狗。右の開運をもたらすうちわを持っているのが大天狗です。なかなかポーズが決まってます。本社飯縄権現堂(東京都有形文化財)は、朱色を基調とした色鮮やかなお堂です。いたるところに動物など綺麗な彫刻があります。

IMG_5727-ta.jpg IMG_5720-ta.jpg  
▲小天狗     ▲大天狗  

IMG_5723-ta.jpg
▲ 本社飯縄権現堂(東京都有形文化財)




本社飯縄権現堂を過ぎいよいよ高尾山の頂上を目指します。ここからの道は、今までの1号路とは違い少しアップダウンがある山道になります。もうすぐ山頂です。

  

IMG_5734-ta.jpg IMG_5756-ta.jpg
▲頂上へ向かう1号路山道         ▲頂上広場

  

 

AM9:20 高尾山山頂に到着

 

 

ケーブルで中腹まで上がってきているので、所要時間は約1時間5分。男坂の階段と本社飯縄権現堂から山頂への道が少し大変なくらいで、お手軽なハイキングコースでした。高尾山頂上からは秋晴れに富士山がくっきり見え感動です。



IMG_5742-ta.jpg 
▲高尾山山頂から見える富士山(雪はまだありませんが)



高尾山山頂到着9:20。普段の休日ならまだ夢の中。でも、休日や紅葉など人での混雑が予想される時は 出来るだけ早く山頂に着くことが大事だということがよくわかりました。前日に高尾山の公式ホームページが開かなかったことから予想は出来ましたが(きっとアクセスが集中して)、ミシュラン3つ星の高尾山の人気は恐るべしです。
その混雑状況ともうひとつの魅力の茶屋の名物については、「高尾山茶屋香住(かすみ)の天狗焼き・だんご」のページに書きました。そばや団子や力ソフト(りきそふと)や天狗焼きと高尾山グルメに舌鼓。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-88.html

2009/09/21 | Comment (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |