中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 骨折日記

total 4 pages  次のページ →  

骨折しました日記 最終回 病院卒業

   ↑  2012/02/21 (火)  カテゴリー: 骨折日記
【骨折171日目】 
レントゲン、診察。もちろん剥がれた骨の移動なし。
約2カ月ぶりの病院。待ち時間2時間半の大混雑。

レントゲン写真を見て
「骨は、ほぼ元に戻ったねその後どうですか?」
(まだちょっと隙間があるようには見えます)
「朝起きると痛いのと、つっぱり感や違和感がまだあります
あと、スニーカーだと大丈夫ですが、皮靴だと痛くなります」
「骨だけでなく、筋や筋肉も傷ついたし
長期間ギプスで固まっていたからね。もう少し時間が経たないと」
「右足首に比べて可動域が97%くらいの感じなんですが…
リハビリすれはもっと良くなりますか?」
「完全に元に戻るかはわからないけど、まだ若いから良くなるよ」
「今日で病院卒業でいいですか?」
「はい。長い間お疲れ様でした」
「運動は何をやっても大丈夫ですか?」
「うーん。まぁ大丈夫でしょうでも転ばないでね
また骨折しちゃうかもしれないから…」
「有難うございました
と、待ち時間が長かったわりには診察はあっさり終了。まぁ卒業なので当然ですかね。
しばらく足首に衝撃を与えないよう、転ばないよう気をつけながら生活しないと。





【骨折の経過】
夏の終わり旅行帰りの駅で階段を踏み外し、左足舟状骨剥離骨折。手術はせずギプスで治療ということに。
剥がれた骨が移動しないように、ギプスの足は床につけることは絶対禁止。足を下にすると腫れて痛くなるので足を上げ安静に過ごす。骨折49日目でギプスが取れ以後リハビリの日々。ギプスが取れてから歩けるには約2~3ヶ月くらいかかる(中年ですからね)と言われたが35日目で歩けたそして171日目にして病院卒業。

IMG_2687-kossetum.jpg



【骨折2日目】左足舟状骨剥離骨折と診断。ギプスに
【骨折14日目】ギプス12日目、足が腫れ痛くてギプス巻きなおし
【骨折35日目】ギプス33日目。普通のギプスからU字型の取り外しが出来るギプスになる
【骨折36日目】左足に久々シャワー、アカが大量に出る
【骨折49日目】U字型ギプスを卒業、筋力低下、ギプスのかたちで拘縮する 自己リハビリ開始 (筋力アップとストレッチ)
【骨折49日目~55日目】左足体重加重50%、目標達成するも足が腫れる
【骨折56日目~62日目】左足体重加重60%、両手松葉杖で歩く
【骨折62日目~69日目】左足体重加重70%、片手松葉杖で歩く
【骨折71日目】初めて病院のリハビリ室に通い、リハビリのやり方を教わる(早く教えてほしかった)
【骨折72日目】つたい歩きが出来る
【骨折75日目】廊下をよちよち歩きが出来る
【骨折76日目】室内より外に出てゴミ捨てにいける
【骨折79日目】買い物が出来る(歩く速度は杖をついたお年寄りに抜かれる程度)。心臓、肺とも疲れる
【骨折82日目】携帯メールを打っている人くらいの速さで歩ける
【骨折83日目】バタバタであるが階段を下りられる(足が悪いとひと目でわかる)
【骨折84日目】松葉杖返却 ギプスが取れてから35日目
【骨折91日目】1時間は歩けるようになる
【骨折99日目】雑踏のなかでの階段の上り下りができ、電車に乗れる
【骨折113日目】病院のリハビリ室(7回通う)を卒業 もちろん自己リハビリは継続 。ここからは回復のスピードがゆっくり。
【骨折135日~137日】福島県高湯温泉へ2泊3日の旅行。正座で食事が出来ないのと階段が少々つらかった。
【骨折171日目】病院卒業 

【ここまで回復しました


足首も前に曲がるようになりました(右に比べると97%の回復具合)

IMG_3013-kossetu.jpgIMG_4090-kossetu.jpg 
▲骨折56日目 ▲骨折171日目

足の甲も曲がるようになりました

IMG_3043-kossetu.jpgIMG_4085-kossetu.jpg 
▲骨折66日目 ▲骨折171日目

正座も出来るようになりました(まだ痛いけど)

IMG_3113-kossetu.jpgIMG_4074-kosstu.jpg 
▲骨折98日目 ▲骨折171日目



人生初の骨折

足が不自由なことは想像以上に大変なことでした。そして色々なことを思い学びました。
一番びっくりしたのは、6週間強のギプス(足をまったく床につけられない状態)をしたら、取れてもまったく歩けなかったこと。そしてギプスの形で足首の関節が固まったこと。それまで元気に歩いていたし、まだ高齢者という訳ではないのに…。 自分の体重を支え歩くことは、すごいことなんですね。
ギプスが取れてから、常に筋トレと拘縮のリハビリの日々。
今は日常生活にはほとんど問題はありませんが、足首の突っ張り感があり、関節のなめらか感まだ足りないです。ここから完全に元に戻るには、回復するスピードも遅く大変だと思うけど、ずーっとリハビリを続け100%まで治そうと思っています。


骨折している方、リハビリしている方、大変だと思うし、焦ることもありますよね。
でも毎日リハビリすると少しずつでも良くなっていきますから頑張って下さい。
1日でも早く良くなることを「骨折同士」としてお祈りいたします


※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです(足舟状骨剥離骨折、左足)。


おわり


スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-259.html

2012/02/21 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

骨折しました日記 リハビリテーション室卒業

   ↑  2011/12/27 (火)  カテゴリー: 骨折日記

【骨折112日目】 
待合室で骨折お仲間と再開。「良くなりましたね」と励まし合い、「冷えると痛い」「朝起きてすぐは調子が悪い」と骨折話で盛り上がる。やっぱりみんなそうなんだと安心。

診察、レントゲン、剥がれた骨の移動なし。

「先生、ちゃんと歩けるようになりました
「前は歩く時に足が痛いと言ってたけど、どう?」
「つっぱり感やピリピリとした痛みはあるけど 歩く時の痛みはありません」
レントゲン写真を見て
「剥がれた骨がやっと甲に戻りだしてきた。良くなってきたよ
「ジョギングや水泳をしていいですか?」
「ジョギングも水泳も軽くなら。平泳ぎが良いけど、クロールならゆっくりね」
「サッカーとか甲に衝撃があるものはまだダメ
(なるほど。じゃあ旦那さんに蹴りを入れるのもまだダメなんだぁ

「リハビリのほうは、先生はそろそろ卒業しても大丈夫だと。
診察でも聞いて下さいとのことですが…」
(カルテにもその趣旨が書いてあるらしく)
足首の拘縮を念入りにチェック
「だいぶ動くようになってきたね
(そうそう、だって毎日努力してるもの…)
「そうだねぇ、患者さん本人がもう大丈夫というならいいですよ」
「はい。拘縮のリハビリを教えていただいたので自分でやります
病院の卒業はまだですか?」
「2か月後に、骨の状態と拘縮・筋力がちゃんとしてたら診察も卒業。
自分でリハビリ続けてね」

「頑張ります」 




【骨折113日目 リハビリテーション室7回目(最終回)】
診察の次の日。最後のリハビリテーション室。初めての先生。

「今日が最後になりました」
足首を念入りにチェック
「左腿の表の筋力が右に比べ50%だけど、歩くの大丈夫?」
(マシンで測定した結果)
「ダッシュはまだ出来そうもないけど、1時間歩いても大丈夫です
左足の筋肉力を念入りにチェック
「これなら充分歩けるね。 でも、左足の筋トレは続けてね」
「拘縮がまだ治ってないんです」
「まだ左右差があるね。でもここまでくれば温めて正座・前曲げや
アキレス腱伸ばしをすれば治っていくよ。
浮力があるからお風呂の中での正座もいいよ」
(もちろんお風呂の中での正座を自己リハビリーに追加)

リハビリステーション最後は、いつものマシーンでの筋トレ。これがめちゃめちゃキツイ。マシーンが「頑張って!!頑張って!!」と声で励ましてくれるが、足が言う事を聞かない。終了してマシーンから降りると、筋肉へのダメージですぐには歩けない。
それだけまだ筋力がないのねぇ


【リハビリ7回目内容】
歩き方・足首・足の筋肉・左足バランス・拘縮のチェック。マシーンでの筋トレ。


リハビリの先生たちにお礼を言ってリハビリステーション室は終了
お世話になりました
(いつもの先生に会ってお礼が言えず残念)



【今後の自己リハビリメニュー】

まずは、歩くこと。左足の筋力強化のため、左足スクワット100回(軽く)、左足の腿上げ100回(健足で立ち左足を床につけないで。腿の表の筋肉に効く感じ)、風呂での足首上下運動(足首を横にした方がやり易い)・足首回し左右100回(足の指と手の指を組んで回す)・足首曲げ100回・正座3分、お風呂から出て正座5分。
もちろん暇なときは、常に筋トレとストレッチだ。
まだ、足の甲や足首は、少し腫れているし、突っ張る感じがするし、靴が足に当たると痛いし、チクチクする感じもある。
でも今後の自分のためだから、頑張って続けるぞ

 

次回の骨折日記は、2カ月後の診察のとき、来年の2月に更新予定
その時には、めでたく最終回として
皆様に拘縮がみごとに治ったところを是非お見せしたいです
では、ご報告できることを楽しみに…
(その前になんとか東北応援旅行に行きたいなぁ…)



※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです(足舟状骨剥離骨折、左足)。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-254.html

2011/12/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

骨折しました日記 拘縮リハビリ

   ↑  2011/12/25 (日)  カテゴリー: 骨折日記

 お風呂のなかで、足首を回したり(手を足の指に組んで左回り・右回り各100回)、上下に動かしたりと、拘縮の自己リハビリメニューは続けているものの、歩けるようになったら筋トレはちょっとおろそかに…。やっぱり 喉元過ぎればなんとやら…。


【骨折98日目 リハビリテーション室5回目】
いつものリハビリの先生。まずは歩き方のチェック。

「もうちゃんと歩けているね
そろそろいいかなぁ~。自分でもわかるでしょ?」
「え~っ、リハビリ終了まだ拘縮が左足の片足ジャンプも出来ないよ

「リハビリテーション室では最後まではやらないんだよ。後は、自分でね」
(なるほど、それもそうかぁ)
「カルテに書くから、次回診察時に医師と相談してね 」
(私も毎週リハビリに通院するのは大変なので、そろそろ卒業したい
でも中途半端で終わって拘縮の後遺症が残っては困る...)
「じゃあ、拘縮のリハビリの方法を教えて下さい」

ということで教えてもらいました


まずは、伸ばす方のリハビリの仕方 
それは、「温めてから(お風呂上がりとか)座布団に正座」 

 …ってかなり地味。やっぱりストレッチ系しかないのね…
(その後、お風呂のなかでの正座も追加


ポイントは、関節が曲がらず隙間が出来た所へ痛くないように
タオルを入れること。そしてタオルが段々小さくなるように頑張る
はじめのうちは下が薄い座布団だと痛いので、クッションの方が楽ちん
(私は、ソファーの上ではじめた)


次に、曲げる方のリハビリの仕方
「右足(健足)を正座のまま、左足を立て前に曲げる」

伸ばしてすぐに曲げるのはとっても大変だ
でもギプスとれたての頃のような激痛はない 
 
IMG_3113-kossetu.jpgIMG_3109-kossetu.jpg
▲拘縮のため足が曲がらず、座布団と足に隙間ができる▲曲がらない所にタオルを入れ正座
(まだ恐くてまだ体重はあまりかけられません。焦らずやります)



「1ヵ月くらいで正座出来るように頑張ってよ」
(先生にそう言われるとちょっとあせる)
「1ヵ月くらいで出来なかったら、治りにくくなって後遺症になる
「出来なくても毎日やれば少ずつ改善されるから大丈夫
早く良くなった方がいいけど、焦らず1歩1歩やってね」
 「頑張ります
(自己リハビリメニューに正座が追加されたことは言うまでもない)


【リハビリ5回目内容】
足首・足の筋肉・拘縮のチェック。歩き方のチェック、階段の上り下りのチェック、バランスボードでの左足のチェク、筋トレと筋力チェック(新しいマシーンを使って、左の太もも上の筋力は、右の半分しかない)  


 
【骨折99日目】
骨折して以降初めて電車に乗った。いちばん心配だったのは駅の階段。電車からどっと降りた人に押し流されたらどうしようとか、自分がもたもたしているせいで大混雑にでもなったらどうしようとか不安だったが、手すりを触りながらではあるが無事にクリア。もちろん足元はよく確認。
そもそも階段で転んで骨折したので、階段の上り下りには恐怖心があるかなぁと心配していたが、実際はまったくなかった(ギプスをしているときは、テレビで階段を降りるシーンを見ても恐いなぁと思ったから)。
ただ、マンションの短い階段とは違い、長い階段の上り下りだったので、体力的に疲れ、足は夜にはいつもより腫れた。
でもとても自信になり、また一歩普通の生活が出来るようになったと実感



【骨折104日目 リハビリテーション室6回目】
前々回の女性の先生。

【リハビリ6回目内容】
足首・足の筋肉・拘縮のチェック。歩き方のチェック、階段の上り下りのチェック、踏み台(高め)での上り下りのチェック、バランスボードの左足チェック、新しいマシーンでの筋トレ(まだ左太もも上の筋力は、右の半分だった)



※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです。


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-253.html

2011/12/25 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

骨折しました日記 松葉杖返却

   ↑  2011/12/18 (日)  カテゴリー: 骨折日記

靴下が無事履けるようになり、左足クロックスから両足スニーカーに。もちろん装具をつけているので、左靴ひもは固結び。 スニーカーだと、クロックスより歩く時に足の甲や足首が曲がるので、拘縮の痛さが大きい
でも、これもリハビリだと思うと、その痛さは快感になってくる

リハビリは、歩くことを重点的にやっている。もちろん、日課になっているスクワット500回、かかと上げ200回、アキレス腱伸ばし、お風呂で足首回し左右100回と、自己リハビリメニューも続ける。

IMG_3106-kossetu.jpg
▲久々の両足靴と靴下だぁ




【骨折84日目】
今日は、リハビリ室と診察だ。
そして今まで大変お世話になった松葉杖を返却だぁ。長い間ほんとうに有難う
松葉杖さんがいなければ、トイレに行けなかったのは言うまでもなく、離れた電気のスイッチを押すことも、遠くの洗濯物を釣り上げて持ってくることも出来なかった。本当に私の手足(足だけではない)となって支えてもらいました。

朝、松葉杖を綺麗に拭いてあげ、大切に抱かえて病院へ行く 

 
 
IMG_3080-kossetu.jpg 
▲お世話になった松葉杖


【リハビリテーション室 3回目】
まずはリハビり。松葉杖を2本持っている私を見て、(前回は片手松葉杖だったので)悪くなっちゃったのかと不安そうなリハビリの先生。

「今日、診察時に返却するんです
「あ、そうなんだぁ歩くの大丈夫?もう自信がついたんだね」
 

まずは歩きをチェック。1歩1歩歩くたびに痛いけど、何も知らない人が見たら、ほとんど気がつかれないレベルまでの状態に。


【リハビリ内容3回目】
左足の筋肉・足首の状態・歩き方のチェック、階段の上り下り(なるべく音を出さずに、つま先で早く)、ストレッチ台、マシンで筋トレ(5分、2回目の筋トレは筋肉痛がそれほどなかった)


【診察】
前回より2週間後診察。レントゲン。剥がれた骨の移動なし。


「先生、歩けるようになりました」と報告
(2週間前はまだ左足の体重加重70%だったのだから大進歩だ
「でも歩くたびに痛いです」
「それは拘縮と筋肉痛。6週間強もまったく体重をかけていなかったからね。
体重をかけるということは、とってもすごいことなんだよ」
「もう骨は完全に治ったのでしょうか?」
「触っても痛みもないし、剥がれた部分も新しい骨で止まっているから
治ったとも言えるけど、まだ完全ではないよ」
「常に動かすところだし、骨は常に新陳代謝しているから
しっかりと固定されるまでには時間がかかるし
剥がれた骨が甲に元通りに戻るまでにはまだ先だね」
私の足の状態は、甲から角が出ているみたいに骨が剥離し、下に出来た新しい骨で甲から動かないようになった。レントゲンを見ると甲から骨がでっぱっている感じ。 でも骨には元に戻る能力があって、それが甲に戻るらしい)

「だから、まだ甲には絶対衝撃を与えないでね」 
(ぶつけたりしないように細心の注意を払わないと) 

(そうそう

「先生、松葉杖を返納します。ほんとうに有難うございました」
ということで、保証金8000円も無事に戻った 
 次回診察は1ヵ月後となった



【91日目 リハビリリハビリテーション室4回目】

今日のリハビリの先生は、若い女性の先生。


「調子はどうですか?」
「歩く方は、順調ですもう60分くらい歩いても大丈夫です」
(骨折75日目によちよち歩きが出来てから、劇的進歩。もう歩いても足や心臓や肺も疲れません
(でもまだ小走りが出来ないので、信号は青になりたてしか渡りませんけど)

「でも拘縮がなかなか治らないんです」と言うと
丁寧に足首をチェックしマッサージをしてくれた
「力をかけると曲がるけど固いですね。 特に曲げる方がまだまだです。
家でもストレッチやアキレス腱伸ばしをして下さいね」
(伸ばす方は、無理をするとまだ剥がれると先生に言われたので、リハビリが遅れている)



【リハビリ内容4回目】
足のマッサージ、左足の筋肉・足首の状態・歩き方のチェック。階段の上り下り、ストレッチ、マシンでの筋トレ(5分)




さて、一番気になっている拘縮は、歩くこと中心のリハビリとストレッチで
どれくらい改善したかというと


改善
最初の頃のような激痛はなくなる

伸ばす方は、90センチ
でもまだ甲のところがつっぱる感じ

IMG_3102-kossetu.jpg
▲伸ばす方(壁に背をつけ足の裏をつけどこまでいけるか 90センチ)


曲げる方は、7センチ
最初の頃より曲がるようになりました
アキレス腱はつっぱり、前の方はつかえた感じ

IMG_3100-kossetu.jpg 
▲左足前曲げ 7センチ 


※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-252.html

2011/12/18 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

骨折しました日記 二足歩行

   ↑  2011/12/14 (水)  カテゴリー: 骨折日記

リハビリの先生から与えられた課題「片手松葉杖で美しく歩ける」をクリアするために、部屋のなかの移動はもちろんのこと、買い物も積極的に片手松葉杖。
そのほか、スクワット500回、かかと上げ200回、アキレス腱伸ばし、お風呂で足首回し左右100回と自己リハビリメニューも続ける。




するとビックリ
『日に日に回復していくとはこういうことかぁ』と





【骨折72日目】
今までお風呂は一苦労。浴室には這って入るし、着替えは子供のように床に座ってやっていた。
 


しかし72日ぶり
浴室には、つたい歩きで入れ
着替えは洗面台に片手をついて、立ってパンツがはけたのだ 
感動
(手で支えれば立てるくらいに、左足の加重不足が少なくなったということ)


【骨折74日目】
右足を一瞬だけ上げることが出来た

【骨折75日目】
家の廊下をよちよち歩きが出来た

【骨折76日目】
家の外に歩いてゴミを捨てに行けた


【骨折77日目リハビリテーション室2回目】
家に1本松葉杖を置き、片手松葉杖で病院(距離があるので)へ。今日は、診察はなくリハビリだけだ。


「どう?片手松葉杖で美しく歩けた?」
「頑張りました
(片手松葉杖歩きの成果を見せる)
「じゃぁ今度は、平行棒を触りながらゆっくり歩いてみて」
(ほとんど触らず歩く)
「実はもうゆっくりですが、室内なら少し歩けるようにもなりました」 
「すごい早いねぇ
(とても感心してくれたが、リハビリが一段と進んだ)



 

【リハビリ2回目内容】
左足の足首・筋肉状態の確認、美しく歩く練習、つま先上げ運動(足の甲が痛い)、マシンでの左足筋トレ5分(めちゃめちゃキツイ)、ストレッチボード、拘縮の角度を測ると曲げる方が10→20、伸ばす方30→40。少し改善されていた。 



次回(1週間後)までに、『松葉杖なしで、美しく歩く』が課題となっ




病院に行くときは片手松葉杖だったが、
帰りは松葉杖を小脇に抱えて2本足で歩いて帰ってきた


靴は、左足クロックスで右足スニーカーだが、課題をクリアーすべくとにかく歩きまくるぞ



この週も日に日に回復


【骨折78日目】
リハビリテーション室の次の日。もの凄い筋肉痛が左足を襲った(5日間くらい治らなかった)。
階段の上りでは、足を交互に出すことが出来る。下りでは、筋力がまだないのと、拘縮で足が曲がらず、足が届かない為足を交互に出すのは無理。

【骨折79日目】
丸井まで歩いていく。速度は、杖のご老婦人に抜かれるくらい。肺や心臓まで疲れる。丸井のなかで、一休み。 下りのエスカレーターで、左足から着地したら、激痛だった。

【骨折82日目】
今日も丸井に歩いていく。速度は、携帯でメールを打っている人くらい日に日に早くなるぞ

【骨折83日目】
ばたばたながら、下りの階段を足を交互に出して降りられた(ひと目で足が悪いとわかる状態レベル)。

骨折してわかったこと
足が悪い人にとって、階段は上りの方が大変だと思われるが、実は下りの方が危険で足に負担があり大変である
本当は、エスカレーターは下りこそあってほしい




2週間で、片手松葉杖からあっという間に歩けるようになった
次回は松葉杖を返却しよーっと



もちろん、朝起きてすぐや夜になると歩けなくなるし、歩くたびに足の甲、拘縮している足首、そしてアキレス腱や筋が痛むので、美しい歩き方には程遠くペタペタ歩きや足を引きずっているときもある。もちろん全身筋肉痛や疲労感もある。


でも日に日に、回復していくことの幸せ
2足歩行出来ることの幸せをしみじみ感じる





※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです。


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-251.html

2011/12/14 | Comment (10) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |