中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 福島県

total 6 pages  次のページ →  

福島県 磐梯熱海温泉 観光(散策)とお土産

   ↑  2015/02/07 (土)  カテゴリー: 磐梯熱海温泉
 応援します!!福島


磐梯熱海温泉を観光(散策)します。まず散策マップ「あたみグルグルやっぽー」を駅に隣接している観光案内所でもらいます(磐梯熱海温泉旅館協同組合公式サイト→こちらでもダウンロードできます)。
磐梯熱海温泉は、郡山から近く、宿も駅から徒歩で行けるなど利便性抜群ですが、大自然があったり、観光名所があったりはしません。足湯は充実していて遊歩道などもありますが、徒歩圏内には、見るべきものはほとんどありませんでした。
ここでは、pH9以上の肌に優しい温泉を満喫しましょう。観光するなら、ここに宿泊して会津方面への展開がいいですね。


でも、散策マップを参考に歩いてみます
(実際は、宿に行くときと帰る時、二日に分けて散策しました)


IMG_7074h-bann.jpg
▲散策マップをもらった観光案内所

散策マップには足湯は3か所ありました

まず1か所目は駅の目の前にある「駅前の足湯」
広く屋根もあって立派です
壁側には、荷物を置ける棚や脱衣所もあります
地元の方とお話しながら20分くらい足湯
ご近所で1日3回足湯しているとのこと
週末は混雑しているそうです

IMG_7091h-bann.jpg

足湯の後
線路沿いの「熱海ゆけむり緑地公園」を歩きます


IMG_7372h-bann.jpg

IMG_7095h-bann.jpg



2ヶ所目の足湯は
熱海ゆけむり緑地公園の途中でちょっとそれたところ
萩姫の湯永楽館にある
足湯「お美あしの湯」
綺麗な足湯ですが、宿泊者でないと利用はしにくいですよね


IMG_7096h-bann.jpg

IMG_7100h-bann.jpg


熱海ゆけむり緑地公園に戻り、踏切を渡ります
山に見えるのが丸守発電所

IMG_7102h-bann.jpg

萩姫ふれあい通りを道なりに行き、逢山遊歩道へ入ります


IMG_7319h-bann.jpg

ケヤキの森散策路へ

IMG_7324h-bann.jpg

途中マムシ注意の看板
冬だから大丈夫だと思いますが、もちろん散策路以外は歩きません


IMG_7325-bann.jpg


IMG_7331h-bann.jpg


IMG_7338h-bann.jpg

ケヤキの森御神木「天空のケヤキ」

IMG_7339h-bann.jpg

道なりに行くと

IMG_7346h-bann.jpg

源泉神社
鳥居の前には「深沢の名水処」
雪で凍っている階段を滑りそうになりながらやっと登りきり
お参りをしようとしたら
御賽銭も入れるところが閉まってました


IMG_7349h-bann.jpg

IMG_7350h-bann.jpg


 IMG_7351h-bann.jpg


源泉神社を後にし
近くの3ヶ所目の足湯「ケヤキの森足湯」へ


IMG_7352h-bann.jpg

ここの足湯も屋根や荷物置き場、そして脱衣所があります
手前に手湯もありましたよ
とっても寒かったのでゆっくり足湯

IMG_7354h-bann.jpg


萩姫ふれあい通りを駅の方に向かい
湯泉神社へ

IMG_7363h-bann.jpg

そして駅へ

散策マップにあるウォーキングコースをだいたい一周した感じです
所要時間は、足湯をした時間を入れずに約65分
ウォーキングにちょうどいい時間ですね



【磐梯熱海温泉のお土産】

磐梯熱海温泉旅館協同組合公式サイトにも載ってますが、「湯のめぐみ」1,000円を宿で買いました。100%源泉だけの化粧水で化学成分・防腐剤を一切含まず、敏感肌・乾燥肌の方にも安心という、謳い文句が目に留まり購入。
なにせ、敏感&乾燥肌のもので…。
予想以上にミストが細かく、肌に浸透していい感じ。良かったです。
(個人的感想)


IMG_7536-bann.jpg




スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-346.html

2015/02/07 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

磐梯熱海温泉 守田屋 食事編

   ↑  2015/01/31 (土)  カテゴリー: 磐梯熱海温泉
 応援します!!福島


宿の食事は旅行の楽しみのひとつ。守田屋のホームページには、「温かいものは温かいうちに…冷たいものは冷たいうちに…」と。料理の基本だと思いますが、旅館では難しいですよね。やっぱり部屋数の少ない旅館にしか出来ない技。期待が高まります。
食事の場所は、部屋のランクや人数によって、部屋食か食事処「麗」(2014年に全面リニューアル)になります。食事処は個室ではありませんが、壁側の席は戸が目隠しになって半個室風、中央の席は開放的な席です。壁側の席の方が落ち着けてゆっくり出来ると思いますが、それはやはり部屋のランクによる感じがします(勝手に想像)。





IMG_7226h-mori.jpg
▲食事処(壁側)

器やお皿ががとてもおしゃれです
箸置きも「赤べこ」とまた可愛い


IMG_7228h-mori.jpg

食前酒
【先付】会津刺身こんにゃく
【前菜】 三色フルーツ串、蛸やわらか煮、穴子道明寺、栗きんとん

「会津刺身こんにゃく」が普通のこんにゃくと違い
しっとりしていてとっても美味しかったです
 
IMG_7221h-mori.jpg 
IMG_7222h-mori.jpg IMG_7223h-mori.jpg 


【煮物椀】会津郷土料理 こづゆ


IMG_7232h-mori.jpg


【造里】福島産メイプルサーモン、白身、ズワイ蟹


IMG_7235h-mori.jpg


【台の物】軍鶏肉朴葉自家製みそ焼き
宿の方から「みそが美味しいのでこそげて食べて下さいね」と
もちろん残さずいただきました

IMG_7236h-mori.jpg 

香の物

IMG_7239h-mori.jpg 


【小鍋】福島 麓山高原豚しゃぶしゃぶ


IMG_7242h-mori.jpg IMG_7245h-mori.jpg 
IMG_7243h-mori.jpg 


【八寸】銀むつ西京焼き 取り合わせ
この銀むつが美味しかったですねぇ~。焼きたてアツアツなんですよ


IMG_7253h-mori2.jpg


【蓋物】海老芋・棒鱈・梅人参炊き合わせ


 IMG_7257h-mori.jpg 
 
【洋皿】 モッツアレラチーズとフルーツトマトの冷製
ここまで和食の流れだったのですが、突然洋食の一皿(この一品必要かなぁ?)
でも他の旅館でもこのパターンは、よくあります
料理人の方は、常にチャレンジングなんでしょうねぇ



IMG_7254h-mori.jpg


【食事】十六穀米御飯 赤出汁


IMG_7260h-mori.jpg


【水菓子】クリームチーズプリン

添えられているブドウの皮がきちんと剥かれている心遣い
でも個人的にはチーズより抹茶プリンが良かったかなぁ~

IMG_7263h-mori.jpg



【朝食】
同じく食事処で。品数豊富で、見た目も楽しくきれいでした。

IMG_7279h-mori.jpg

IMG_7284t mori



ホームページの通り、作り立ての料理を運んでもらい、アツアツの一番美味しい状態でいただけました。品数も多く、お腹いっぱいになりました。宿泊料金は高かったけど、部屋の源泉かけ流しの寝湯と料理を満喫した宿でした。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-345.html

2015/01/31 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

磐梯熱海温泉 守田屋 お風呂編

   ↑  2015/01/24 (土)  カテゴリー: 磐梯熱海温泉
応援します!!福島
前ページでふれたように、磐梯熱海温泉守田屋のお風呂で一番良かったのは、部屋についていた源泉かけ流しの寝湯でしたが、共用のお風呂も数種類あります。貸切風呂がふたつ。露天風呂の「森のかくれんぼ」と檜漆塗りの家族風呂(源泉かけ流し)は、どちらも無料で、空いていれば予約なしで自由に入れます(利用時間15:00~22:00、7:00~9:30)。24時間入れる檜の男女別大浴場もあります。

まずは、露天風呂の「森のかくれんぼ」
チェックイン後すぐに行きました
手前には、休憩するところがありました
2014年5月にリニューアルしたそうです

IMG_7134-morita.jpg


露天風呂の「森のかくれんぼ」の入り口
「あいています」の札を裏にし、内側から鍵をかけます


IMG_7144-morita.jpg


緑豊かで開放感たっぷり
とてもいい雰囲気です



IMG_7143-morita.jpg IMG_7141-morita.jpg


屋根はあるものの露天風呂
着替えるのはめちゃめちゃ寒かったです
何しろさっきまで吹雪いていたのですから当然かもしれませんが…

ここは源泉かけ流しではなく、塩素の臭いを強く感じました



IMG_7147-morita.jpg

 IMG_7136-morita.jpg  


次は、室内の貸切檜漆塗りの家族風呂
こちらは源泉かけ流し
やや熱かったですが、新鮮な温泉の感じがしました
浴室内が狭いので湯気で暑くなり
露天風呂のように長湯は難しいですが
家族水入らずで入るのにいいと思います
高齢者には湯舟が高いのがちょっと気になりますが…

IMG_7156-morita.jpg

IMG_7157-morita.jpg  

あとは男女別の大浴場
こちらは、源泉かけ流しではないと思います
(塩素の臭いは気になりませんでした)

もともと部屋数が少なく、各部屋に源泉かけ流しの風呂がついているので
シャンプ―をしに来るくらいしか人はいない雰囲気
私たちもシャンプーをしてすぐに部屋に戻りました

女湯のシャンプーは5種類と充実

IMG_7181-morita.jpg


 IMG_7168-morita.jpg
▲男湯

IMG_7174-morita.jpg 
▲女湯


つぎのページは食事をご紹介します

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-344.html

2015/01/24 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

磐梯熱海温泉 守田屋 部屋編

   ↑  2015/01/17 (土)  カテゴリー: 磐梯熱海温泉
 応援します!!福島

それでは、宿泊(12月上旬平日)した「ひのき寝湯 露天風呂付き客室 蔵王の間(2万4,500円)」をご紹介します。実は、露天風呂付客室Aタイプ(2万3,000円)にしたかったのですが、残念ながら満室…どうしようかなぁと悩んだすえ「蔵王の間」を予約しました。料金はさておき、せっかく部屋にお風呂が付いていても、「露天の寝湯」では冬は寒くて無理なんじゃないかという心配が一番でした。でも久々の旅行、やっぱり行きたいという思いの方が強く、宿のホームページから予約しちゃいました(子供同伴場合は、入室できる部屋や日程が限られているみたいなので、電話で問い合わせが必要みたいです)

宿の方に案内され、部屋に向かいます
ちょっと急な階段を上り
(エレベーターはありません)


IMG_7130-morita.jpg



部屋に通されると宿の方は簡単な説明のみ
プライベートを重視する宿みたいです

窓からの景色はこんな感じです
真正面に小屋みたいなのが見えるのですが
「倉庫で人はいません」と説明がありました
川沿いなので、せせらぎが聞こえてとても良かったです
隣の部屋のテレビや話声は全く聞こえませんでした


IMG_7272-morita.jpg IMG_7271-morita.jpg

部屋がすごく広く豪華(値段の割に)ということはありませんが
綺麗に掃除され、お香も置いてあります
また畳は新しく、床暖房
座っているとほのかに暖かく快適です
部屋全体もガスファンヒーターがパワフルで寒さは全く感じません

IMG_7109-morita.jpg 

アメニティーには、足袋ソックスがあり、お風呂へ行く用のカゴもありました
湯のみの飾りの「赤べこ」見えますか?
すっごくかわいい


IMG_7124-morita.jpg IMG_7217-morita.jpg

部屋のお茶も種類豊富です
夕食後にはお菓子とハーブティーのサービス


IMG_7202-morita.jpg IMG_7268-morita.jpg
IMG_7121-morita.jpg IMG_7119-morita.jpg

さて、今回とっても気に入った露天風呂の寝湯です

IMG_7125-morita.jpg

シャワーがありシャンプーできますが
冬はさすがに寒いので大浴場のほうがいいですよ

IMG_7298-morita.jpg

露天風呂というより、半露天風呂です
前方のみが開いています
でも充分冷たい空気が入ってきて露天風呂のようにゆっくり入ることが出来ます

さすがに冬は、寒くてチェアーに座ることは出来ませんでしたが
お湯を楽しむなら最高でした


IMG_7294-morita.jpg 


写真でわかりますか?
枕から背もたれがちょっと傾斜していています
幅は、私たち(小柄)が2人が並んで入れるくらい
底までの深さは、女性(小柄)が座って肩が出るくらい

蛇口からは絶えず源泉がかけ流されていてすっごく贅沢
しかも湯加減が完璧
次の朝も入ったのですが、夜はとても冷えていたので
めちゃめちゃぬるいかと思ったのですが
これまた最高の湯加減で感激してしまいました
当初、冬は寝湯は寒いのではないかと心配したのですが
そんなことも全くなく
足を伸ばしてゆったり入れる
寝湯は最高でした

しかもpH9以上ですから、とっても肌に優しく長湯できました
源泉かけ流しの露天風呂付部屋に宿泊したのは初めてでしたが
(蛇口をひねると源泉が出る普通の浴槽付きの部屋には何度か宿泊したが利用はせず)
髪や浴衣を気にせず、寒い思いもせず、すぐに湯に入れることが
こんなに幸せなのかと初めて知りました
今後くせになりそうです



IMG_7303.jpg  

つぎは、ほかの無料貸切風呂などをご紹介します

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-343.html

2015/01/17 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

磐梯熱海温泉 守田屋宿泊記

   ↑  2015/01/10 (土)  カテゴリー: 磐梯熱海温泉
 応援します!!福島

(昨年の続きです)吹雪のなか、磐梯熱海温泉駅から歩いて15分、やっと「守田屋」にたどり着きました。門は和風ながら建物の外観はマンションぽい感じです(ホームページに外観の写真がなかったのが不思議だったのですが…)。
フロントで、貸してもらったタオルで雪まみれの服を拭き、ゴボウ茶で温まりながら、無事にチェックイン。守田屋は、全9室。そのうち8室は趣向が違うお風呂(源泉かけ流し)がついています。部屋のお風呂のほかに、無料貸切湯の露天風呂と家族風呂(源泉かけ流し)、あと24時間入れる男女別大浴場があります。
こじんまりしていて、貸切風呂が無料、そして源泉かけ流しとくれば、私たち好みの宿。宿泊サイトの評判も良かったのでこの宿を選びました。ただ値段はやや高めで、宿泊(12月中旬平日)した「ひのき寝湯 露天風呂付き客室 蔵王」は、守田屋ではほぼ真ん中のクラスで2万4,500円(税別)。でも露天風呂付きの部屋に宿泊するのは初めてなので、とっても楽しみです。お値段以上に楽しも~っと。

IMG_7106ht-morita.jpg

大寒波がやってきていました…
風が強く、写真以上に雪が降っていました

 IMG_7107-morita.jpg

2014年5月に、玄関や食事処やカフェラウンジをリニューアルしたそうで
外観とは打って変わって、館内はモダンでとても綺麗でした
その静な空間にジャズが流れ大人の宿という感じです

IMG_7186h-morita.jpg

床もピカピカ

IMG_7183h-morita.jpg

IMG_7153ht-morita.jpg IMG_7187-morita.jpg IMG_7198h-morita.jpg

カフェラウンジ
コーヒーやジュースが無料です
淹れたてのコーヒを飲めるのは贅沢ですね
チェックイン後と朝食後に利用させてもらいました
(夕食後は終了してました)

IMG_7189h-morita.jpg IMG_7191-morita.jpg


IMG_7194h-morita.jpg 

読書室
ここでもコーヒーが飲めます。色々なお香がありました
ここは利用しませんでしたが
本も読めるしパソコンも自由に使えます

IMG_7264h-morita.jpg IMG_7265h-morita.jpg
IMG_7131h-morita.jpg

マッサージチェアーが自由に使えます
夕食後、旦那さんが癒されてました

IMG_7286-morita.jpg



次は宿泊した「ひのき寝湯 露天風呂付き客室 蔵王の間」をご紹介します
ひのき寝湯は、すっごく良かったですよ



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-342.html

2015/01/10 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |