中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 箱根

total 2 pages  次のページ →  

箱根 富士屋ホテル アクセス編(ロマンスカー・箱根登山電車・バス)

   ↑  2017/09/13 (水)  カテゴリー: 箱根
今回の旅行は、箱根宮ノ下温泉の富士屋ホテル花御殿(※2015年1月下旬日曜日泊で内容は宿泊時のものです)。富士屋ホテルの利用はこれまで何回かのランチのみ。憧れのクラシックホテルにいつかは宿泊したいと思っていました。今回、小田急トラベルのお得な値段で花御殿が宿泊できるプランが空いていたので、思い切って予約。このプランはいつも人気で早めに予約しないと取れないのですが、今回はラッキーでした。やっぱり冬の方がチャンスがありますね。
富士屋ホテルでは、宿泊者だけの館内ツアーに参加したり、ホテルを満喫した旅でしたが、それは次のページ以降にご紹介するとして

みなさんご存知だとは思いますが、アクセスのご紹介からさせてもらいます
今回も小田急ロマンスカーを利用します


新宿(ロマンスカー)箱根湯本


IC乗車券(Suica・PASMO)って便利ですよね
小田急新宿駅の切符販売機で特急券(890円)のみ購入し、IC乗車券(1,184円)で乗車。箱根湯本の改札を出ずに、箱根登山電車にそのまま乗れます。
今回、初めて運賃を確認したら、切符を購入(1,190円)するより6円安い。たった6円ですが安い



箱根湯本から富士屋ホテルへは、①電車(箱根登山電車の宮ノ下駅)と②バス(箱根登山バスのホテル前バス停)の2つの選択肢。
運賃、所要時間、駅(バス停)からホテルまでの徒歩時間など、それぞれの長短があるのでそれを考慮して選択して下さい。
※料金は、箱根フリーパスがあればもちろん無料
※Suica・PASMO使えます



①箱根湯本駅(箱根登山電車)宮ノ下駅
運賃270円、 所要時間約26分、宮ノ下駅から富士屋ホテル徒歩7分
車輪の力だけで登る日本一の勾配を登る電車。スイッチバックを3回し、急勾配を走るため所要時間が長くなります。電車好きとしては、スイッチバックを体験して欲しいし、窓からも風景も楽しんでほしいので、ぜひ乗車して欲しいです。宮ノ下駅を降りると急な長い坂があるので注意。



箱根登山電車の運賃・時刻表等→箱根登山電車



②箱根湯本(箱根登山バス)ホテル前バス停
運賃410円、所要時間約13分、ホテル前バス停から富士屋ホテル徒歩1分
バスのメリットは、なんと言っても所要時間が短いこと。複数方面のバスもホテル前バス停には停車しますので、便数はあります(方面によりバス停の場所がちょっと違うのでどのバスに乗るか決めておいた方がいいです)。所要時間は短いですが運賃は高め。バス停到着時刻は道路事情によります。
帰りのバスは、途中から乗車するので座れない可能性が高いと思いますが、かなり急勾配・急カーブの山道を蛇行するので、踏ん張るのに脚力がいります(運転はとっても上手でしたが…)。高齢者の方は、座れないと厳しいですね。

箱根登山バスの運賃・時刻表・乗り場等→箱根登山バス



さて今回の実際のアクセスは
行きは、箱根登山電車、帰りは箱根登山バスを利用
(行き日曜日、帰り月曜日)

【行き】

新宿10:40発ロマンスカー はこね17号】

乗車したロマンスカーは、1980年に登場したLSE(7000形)。この頃あまりお目にかかれません。でもロマンスカーといえばこれ!!ウルトラマンに似ていると思うのは、私だけでしょうか~。新宿出発時は空いていたのですが、町田では9割くらいの乗車率に。さすが日曜日。

IMG_7549-fujiyaa.jpg IMG_7550-fujiyaa.jpg
IMG_7546-fujiyaa.jpg 



【箱根湯本12:10着】


 IMG_7551-fujiyaa.jpg


ホームのパンフレットが置いてあるところで箱根の交通時刻表をゲットします
乗り物を乗り継ぐ方・箱根フリーパスを利用する方は
ぜひ手に入れて下さい

IMG_8047-fujiyaa.jpg 


ここで、箱根登山電車に乗り換えます
2、3両の可愛い電車なので、座るためにはすぐに並んだ方がいいです




【箱根湯本12:25発 箱根登山電車】


IMG_8020h-fujiyaa.jpg


箱根湯本から宮ノ下までは、箱根湯本→塔ノ沢→大平台→宮ノ下の4駅。
その標高差340m。途中に鉄橋あり、急カーブあり、スイッチバックありと
登山電車の魅力を味わえます
スイッチバックは、出山信号場、大平台駅、上大平台信号場と3回も!
運転手さんと車掌さんが入れ替わるという珍しい風景が見られます

下の写真の緑色の橋が有形登録文化財「出山の鉄橋」
塔ノ沢と出山信号場の間で早川に架かり
最も古い鉄道橋(現存する)だそうです
この箱根登山電車もその出山の鉄橋を通ってきました
出山の鉄橋上と出山の鉄橋が見えるここで
風景を見られるようにちょっと停止
(出山の鉄橋上は、うまくシャッターが切れませんでした。
皆さん、カメラを用意して待ってて下さい)

見ることが出来なかったのですが
上大平台信号場から約1分後
(強羅行)右手に「ネコ団子」が
見られるかもしれないという看板がありました

(ネコたちが寒いので温水タンクの上に居るそうです)
う~ん。箱根登山電車、やっぱり楽しいですね


IMG_7561-fujiyaa.jpg

 
【宮ノ下12:51着】
 

 IMG_7575-fujiyaa.jpg

いのしし出没地帯だそうです

IMG_7576t-fujiyaa.jpg 


駅にトイレがあります


IMG_7574-fujiyaa.jpg 

IMG_7577-fujiyaa.jpg


新宿で入ったSuicaをピッ!!
便利です

IMG_7578-fujiyaa.jpg

 IMG_7580-fujiyaa.jpg

駅降りてすぐのところに足湯カフェがありますが、冬季はお休みでした
宮ノ下駅からの坂は、すごいんです
振り向くとこんな感じ
この急な坂を下りるとセピア通りに出て
そのまま行くと富士屋ホテルがあります



IMG_7582-fujiyaa.jpg 


 
【帰り 月曜日】
富士屋ホテルを満喫し12:00にチェックアウト
有名な渡邊ベーカーリーで「温泉シチューパン」を食べ
太閤石風呂を見て
(別のページでご紹介します)
帰りは、ホテル前バス停から箱根登山バスに乗車しました
ホテル前バス停(箱根町線)は、富士屋ホテル別館菊華荘の前にあります
※桃源台線は、国道138号線のところ

IMG_8012-fujiyaa.jpg

月曜日だったのですが、バスは満員
時刻表とは数分違いましたが(バスだから当たり前ですね)
順調に箱根湯本バス停に到着

 IMG_8014h-fujiyaa.jpg

箱根湯本からバスに乗車するときは駅前のここです
バス停がずら~っと並んでいます

IMG_8015-fujiyaa.jpg 

IMG_8016-fujiyaa.jpg


箱根湯本駅には切符の自販機が改札の外にないので、窓口でいちばん早く乗れるロマンスカーの特急券を購入
改札の中にはあるそうですが、直近のロマンスカーで空がないと買えないとのことでした。ちょっと不便。


【箱根湯本13:49発ロマンスカー はこね24号】
時刻表によると13:49発のロマンスカーは運転日によって列車が異なるみたいですが、なんとフェルメールブルーが鮮やかな青いロマンスカーMSE(60000形)
登場当時、北千住から箱根湯本への直通運転は、インパクトがありました。MSEの車両は最近増えていますが実は初めて乗車。今回の旅は、新旧のロマンスカーに乗車できて嬉しかった


IMG_8024t-fujiyaa.jpg

 IMG_8027-fujiyaa.jpg


車内は落ち着いた色合いで、座席はゆったりしています


IMG_8030-fujiyaa.jpg IMG_8033-fujiyaa.jpg

今回もまた爆睡のうちに新宿到着


【新宿13:45着】
次のページは
富士屋ホテルティーラウンジ「オーキッド」でのお茶をご紹介します

スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-347.html

2017/09/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

箱根湯本温泉 知客茶家(しかぢゃや)で食事編

   ↑  2014/07/05 (土)  カテゴリー: 箱根
日帰りで箱根湯本までホタルを見に来た私たち
ホタルの飛ぶ時間まで
箱根湯本を楽しむ第1弾は、「茶のちもと」でお茶
第2弾は、かっぱ天国で日帰り温泉

最後の第3弾は
知客茶屋(しかぢゃや)で食事です

箱根湯本温泉の夜(平日)は、早いんです
食事処もお土産やさんも多くは18:00頃には
ガラガラとシャッターが閉まっていきました
宿泊客は宿で食事の時間ですから
当たり前と言えば当たり前ですね…

それで、19:30(ラストオーダー18:45)まで営業している
「知客茶家(しかぢゃや)」に決定

向かいの「はつ花本店」でそばを食べるたびに
風情ある外観が気になっていました


IMG_9076-sikadya.jpg

 
「知客茶家」の道を挟んだ向かい
そばで有名な「はつ花本店」


IMG_7003-hakoneyumoto.jpg 

知客茶家です

IMG_9026-sikadya.jpg

IMG_9074-sikadya.jpg 

2階は、予約席

IMG_9073-sikadya.jpg 

予約をしなかったので
(予約の場合は、2,360円以上の料理の注文とサービス料10%となるので)
入れるかなぁと思っていたのですが
平日だったためか、ほぼ同時に入った1組と私たちだけでした


IMG_9072-sikadya.jpg 

IMG_9054-sikadya.jpg 


知客茶家は、こだわりの豆腐・山芋料理のお店

なので
「山芋点心」1,900円 と「豆腐点心」1,900円 を注文

まずは
「山芋点心」

まぐろ山かけ

IMG_9056-sikadya.jpg 

早雲豆腐
知客茶家の名物だとのこと
味噌仕立てのとろろが豆腐の上にかかってます  


IMG_9061-sikadya.jpg

とろろ(味噌仕立て)
麦ごはん、吸い物、香の物

ごはんは、お代わり自由です

IMG_9062-sikadya.jpg 

山芋点心というだけあって、山芋がふんだんに
でもあれよあれよという間に料理が運ばれ
もう一組の方(男性2名)がこれで終わり?と確認…
男性にはちょっと物足りないかも…ごはんのお代わりで調整


「豆腐点心」

わさび味噌奴

IMG_9055-sikadya.jpg 

早雲豆腐
「山芋点心」と同じです   

 IMG_9058-sikadya.jpg

豆腐ステーキ、ごはん、吸い物、香の物 

IMG_9067-sikadya.jpg 

豆腐点心の名のとおり、豆腐づくし
(ホームページで確認してわかっていたのですが)
豆腐のバリエーションがあれば、まだ良かったのですが 
次第に豆腐に飽き動物性タンパク質が恋しくなりました 

ここまで豆腐にこだわるなら
ぜひ豆乳アイスやプリンなどのデザートを加えて欲しかったなぁ~


前から気になっていた風情ある建物で食事ができ
接客も良かったので、満足はしましたが
豆腐や山芋のこだわりの味が分からない私たちには
コストパフォーマンスがちょっと気になったお店でした…
食事後は、メインイベントのホタルを見て箱根湯本を後にしました


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-320.html

2014/07/05 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

箱根湯本温泉 かっぱ天国 日帰り温泉編

   ↑  2014/06/29 (日)  カテゴリー: 箱根
ホタルを見に箱根湯本に日帰りで来た私たち
ホタルが飛び始める時間まで箱根湯本を満喫する計画第2弾
それは「かっぱ天国
明快な名前と目をひく看板で前々から気になっていたのですが
今回ついに初めての訪問

箱根湯本駅を出て駅前商店街から山側を見ると
ど~んとそびえている、そう、それです
それが「かっぱ天国」です 


IMG_9027-kappa.jpg  

箱根登山鉄道の線路を潜り
案内看板通りに坂道を上がっていくと


IMG_9028-kappa.jpg 

箱根登山鉄道を上から見られます

IMG_9050-kappa.jpg 

なだらかな坂を上がっていくと
昭和レトロな看板と急な階段
あまりの怪しさに
入るのにちょっとためらってしまいましたが


IMG_9048-kappa.jpg 

せっかくここまで来たので
頑張っていくことに
途中には足湯もあります(別料金)


IMG_9031-kappa.jpg 

やっと見えてきました 

IMG_9047-kappa.jpg  

「かっぱ天国」到着です 

IMG_9046-kappa.jpg  

受付でうとうとされていた係の方に入場料(800円)を払い
靴を下駄箱に入れてあがり(スリッパなし)
廊下の途中で男女分かれます

男湯は暖簾を潜り
階段を上っていくと

IMG_9039-kappa.jpg 

脱衣場には、100円ロッカーと木枠だけのロッカー
(女湯も配置や広さは違いますが、雰囲気的にはほとんど同じ)

 IMG_9038-kappa.jpg IMG_9037-kappa.jpg
▲男湯脱衣所


脱衣場からすぐ露天風呂
一応シャワー(リンスインシャンプー&ボディーソープ)があります
※ちゃんとお湯が出るかは、確認してません


肝心のお湯はというと
贅沢な源泉かけ流し
肌に優しくとてもいい感じでした

加温加水なしなので、この時期はちょっと熱め

平日だったからか他に誰もいなく、ゆっくり入れました
女湯もほぼ同じ造りつくりですが、湯舟はもう少し大き目です


IMG_9036-kappa.jpg 
▲男湯

無料休憩所もあります
そこで休憩していると、外人さんが受付に
聞こえてくる声のやりとりからすると、どうやら宿泊するらしい
 受付の方は、堂々と日本語のみで対応していましたが
なんとか無事にチェックイン出来たみたいでした
 「かっぱ天国」は宿泊もあるんですね~
(ここに宿泊するなんて外国人の方って通なんですね。しかしどこで調べてくるのでしょう)

かっぱ天国
アメニティグッズは、最低限しかありませんし
リラクゼーションや清潔感を求める方には、ちょっとおすすめ出来ません
でも
お湯重視の方にはいいと思うし、箱根湯本駅からも近いし
日帰り温泉としていいかと思います 

私たちは、無料休憩場でゆっくりし、「かっぱ天国」を満喫出来ました


IMG_9041-kappa.jpg

無料休憩所からの眺め 
湯本富士屋ホテルですね

 IMG_9044-kappa.jpg



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-319.html

2014/06/29 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

箱根湯本温泉 湯もち本舗ちもと「 茶のちもと」でお茶編

   ↑  2014/06/21 (土)  カテゴリー: 箱根
ホタルを見るために、日帰り(6月中旬平日)でいざ箱根湯本へ
新宿13:40発のロマンスカーに飛び乗り、箱根湯本15:07着
早くホタルを見たい~
でもまだ明るいので
ホタルが飛び始めるまで、箱根湯本の開拓です
まず第一弾は
「湯もち本舗ちもと」に隣接する
「茶のちもと」でお茶です 

IMG_9010-timoto.jpg 

「湯もち本舗ちもと」と言えば
箱根で大好きなお土産のひとつ
「湯もち 」が有名ですよね


IMG_7105-hakoneyumoto.jpg 


箱根湯本駅前商店街から湯本橋へ折れるところ
湯もち本舗ちもとに隣接する

和菓子とお茶のカフェが
「茶のちもと」です

IMG_9011-timoto.jpg



平日のラストオーダーが早いので注意(平日16:00、土日祝17:00)   
ラストオーダー近くに行ったので
先客のひと組が出て、すぐに私たちだけに 

店内はあまり広くなく、席は十数席 
 席数が少ないので、週末は混雑していると思います
すごく落ち着いた感じで、接客も良かったのですが
イスが小さくてちょっと座りにくかったかなぁ~ 
 

 
IMG_9022-timoto.jpg 

メニューは
ちもとのお菓子とお茶セット(700円)
季節のお菓子(お茶含む)の あじさい(700円)
お茶屋さんのあんみつ(お茶含む)(900円)
お茶のお代わりは、500円
(専門店は、お茶はお代わり自由じゃないのね~

IMG_9017-timoto.jpg 



注文したのは
「お茶屋さんのあんみつ」(お茶含む)

こういうお店に入ったときは、二人で別のメニューにするのですが
ここでは互いに「あんみつ食べたい」とど~しても譲らず
このメニューのみのご紹介となってしまいました

申し訳ございません<m(__)m>

寒天は2層、普通の寒天の上に、抹茶寒天が乗ってます
茶色いのは、ほうじ茶アイス
(食べているときは、きな粉アイスかなぁと思いました)
とっても香ばしくて美味しかった 
お煎茶(冷煎茶と抹茶もあります)は
急須を含めたっぷり2杯くらい飲めます



 IMG_9018-timoto.jpg  


席数が少ないので、あまりゆっくりは出来ない雰囲気ですが
ちょっと甘味で休憩というときには、いいお店だと思います

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-318.html

2014/06/21 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

箱根湯本温泉 ほたる公園でホタルを見てきました

   ↑  2014/06/17 (火)  カテゴリー: 箱根


昨日、日帰りで箱根湯本の「ほたる公園」に
ホタルを見に行ってきました
(6月中旬平日)

以前ブログにコメントをくれた方から
ホタルについて色々と教えてもらい   
 本物を見てみたいなぁとず~っと思っていたのと
昨年、箱根湯本温泉で宿泊した宿の方から
「ほたる公園には ホタルがたくさんいますよ~」という話を聞いたので… 

今年こそと
箱根湯本のほたる公園へGO

新宿13:40発 はこね29号
初めてVSE(50000形)に乗車です
小田急の箱根のCMにも登場してますね

IMG_8983-hotaru.jpg 

カッコいいですね

IMG_8986-hotaru.jpg 


展望席が前と後ろにあります
私たちが特急券を購入した時には、残念ながら既に満席

車内販売は注文するとアテンダントさんが持ってきてくれます



IMG_8988-hotaru.jpg IMG_8987-hotaru.jpg
IMG_8998-hotaru.jpg IMG_8996-hotaru.jpg

箱根湯本駅15:07着

IMG_8999-hotaru.jpg


「ほたる公園」には、前回箱根湯本温泉に来た時にも行ったので
 場所はわかっているのですが 、一応下見に
赤い「あじさいばし」を渡って行きます
この時期、案内の看板がありました

IMG_9005-hotaru.jpg 

「あじさいばし」からの風景 
 

 IMG_9006-hotaru.jpg

「あじさいばし」を渡り

IMG_9007-hotaru.jpg 

あっという間に「ほたる公園」到着です

IMG_9008-hotaru.jpg 

入り口から30秒くらい歩くと行き止まり
(そこにホタルが一番いました)
歩道は、竹筒の灯で
真っ暗でも歩けるようにしてありました

IMG_9080-hotaru.jpg

「ほたる公園」を下見した後
湯もち本舗のちもとに併設されている「茶のちもと」でお茶
(詳しくは別のページで…アップ予定)
「カッパ天国」で汗を流し、
(詳しくは別のページで…アップ予定)
「知客茶家(しかぢゃや)」で夕食をとり
(詳しくは別のページで…アップ予定)

ホタルが飛ぶ時間まで
箱根湯本を満喫し待つことに



ホタルが光るのは19:30~21:00頃
20時台に一番多く光るそうです

なので
19:10頃「ほたる公園」カムバックし待機
(まだ明るかった…)
肝心のホタルですが…
19:30くらいから、あちらこちらで、ポツポツ光を放ち
なかなか飛ばなかったのですが
20:00くらいに、1つ2つと飛び出しました
20:25くらいに一番多く飛び
1か所で同時に5匹くらい見られました

乱舞という感じには、ほど遠い感じでした
(今年は少ない雰囲気でした)
でも、はじめてホタルを見たので感動
ホタルの光って、はかなくってか弱いんですね 
 
(これでは、ホタルの光では勉強はとても出来ないなぁと)
思った以上に高く舞い上がったり、ふわふわ漂ったり
人に引っ付ついて休憩し光っているホタルもいたり… 
「あそこ光ったよ」「あっ、あっちも」と 
見ていて飽きず、とても楽しかった



ロープの上で光るホタルをデジカメでチャレンジ…
無理でした
(もちろんフラッシュ禁止

ホタルは
肉眼で見るのが一番ですね
IMG_9096.jpg

平日のためか、人出はあまりなく
皆さん、10分くらい見て宿に帰られていましたが

私たちは、1時間35分もホタルを眺め楽しい時間を過ごし
20:45ほたる公園を後にしました


さて、帰りですが


土日は、箱根湯本20:50発のロマンスカー(はこね号)がありますが
平日は、19:46発が最終となります
なので、箱根登山鉄道で小田原まで行き、特急さがみ94号に乗車
(急行でも15分位しか新宿着は変わりません)
 もちろん、小田原駅ならJRにも乗り換えれます

IMG_9099-hotaru.jpg IMG_9102-hotaru.jpg

箱根湯本21:19発 箱根登山鉄道
(前から2両目に乗ると、特急さがみの乗り換えがスムーズと小田急の方からアドバイス)

IMG_9104-hotaru.jpg 

小田原11番線 21:33着 

IMG_9108-hotaru.jpg IMG_9106-hotaru.jpg  

11番線ホーム着の箱根登山鉄道から
9番線ホーム発の特急さがみに乗り換えるのだから
普通は、階段の上り降りがあると思いますが

小田原駅ではホームの中央へ進むとそのまま乗り換えられます
ちょっと変わったホームです
(箱根湯本の駅のような感じ)

IMG_9110-hotaru.jpg



22:53新宿着
また機会があれば、ホタルを見に行きたいですね



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-317.html

2014/06/17 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |