中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城

total 2 pages  次のページ →  

弘前の洋館と「キャラりんこ」

   ↑  2014/05/10 (土)  カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城

弘前と言えば、弘前城だと思っていたんですが
他にも、重要文化財・登録有形文化財や趣のある建物が多くあるみたいです
「ひろさきガイドマップ」や「趣のある建物」などパンフレットも充実

IMG_8397-hiro.jpg 


市内循環100円バスもあり、観光客には大変便利ですね

ただ、やはり雪国での冬の観光の注意点
時間の短縮、休館があるので、事前に調べておくことが大切です


の弘前城観光で既にへとへとだったので
弘前城近くの洋館を少しだけめぐることにしました
弘前に明治から大正に立てられた洋館が多く残っているのは
英語教育のため、明治初期に外国人教師を招いたからだそうです



追手門からほど近く
白い壁に緑の窓枠そして赤い屋根の洋館
とてもメルヘンチック
ルネッサス様式だそうです
旧弘前市立図書館
IMG_8012-hiro.jpg

入場料無料 休館日なし
靴を脱いで館内見学出来ます

IMG_8017-hiro.jpg IMG_8015-hiro.jpg IMG_8016-hiro.jpg IMG_8019-hiro.jpg

こちらもかわいい
青森県初の私立学校東奥義塾の外人宣教師の家だったそうです

旧東奥義塾外人教師館
IMG_7993-hiro.jpg 

一階は、カフェ  
「 サロン・ド・カフェ・アンジュ 」
もちろんお茶します


IMG_8028-hiro.jpg 

建物の中も可愛いですよ

IMG_8034-hiro.jpg 

青森旅行なので
迷わず「弘前アップルパイ」を注文すると
なんと売り切れ
しかたなく
「キャラりんこ」を注文

大福の中に、白あんと刻んだリンゴが入っています
リンゴと白あんが合うかなぁと思ったのですが…
写りはちょっと地味ですが
これが意外とイケます
刻んだリンゴのシャキシャキ感も良かったです


IMG_8035-hiro.jpg 
IMG_8036t-hiro.jpg 

靴を脱ぎスリッパに履き替えて、2階を見学出来ます
入場料無料、休館日なし

IMG_8042-hiro.jpg 
IMG_8048-hiro.jpg IMG_8047-hiro.jpg

旧東奥義塾外人教師館の裏手に
弘前市内の洋館などの、10分の1のミニチュア14棟があり
「サロン・ド・カフェ・アンジュ」の窓から 
見えるみたいだったのですが…
の時期はバラックのような建物の中にあり見えず 
 
IMG_8009-hiro.jpg 

もちろん見学は出来ますが(無料)
鉄骨だらけで、ちょっと残念…

 IMG_8003-hiro.jpg

追手門から約6分
旧弘前市立図書館
冬季(雪燈籠祭り以外)は、休館

IMG_7991-hiro.jpg 


さて、青森のお土産は

アップルパイが食べられなかったので
やはりそれ系のリンゴのスイーツに


まず「パティシエのリンゴスティック」
刻んだリンゴをスポンジと一緒にパイ皮で包んだもの
スティックになっているので食べやすい
リンゴもやわらかく、パイ皮とマッチして美味しいです


IMG_6730-hiro.jpg IMG_6738-hiro.jpg
▲りんごスティック   ▲気になるリンゴ


こちら「気になるリンゴ」

IMG_8390 -hiro 


シロップ漬けのリンゴが丸ごとパイ皮に包まれています
アップルパイのように柔らかく煮たリンゴを想像していたのですが
思っていたものとは違って、リンゴが固い
薄いパイ皮なので、シロップ漬けのリンゴが主役
好みとしては、断然リンゴスティックの方です

IMG_8391-hiro.jpg

楽しかった酸ヶ湯温泉・弘前城の旅(2月下旬)もこのページで終了
また青森に旅行したいです
 
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-313.html

2014/05/10 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

冬の弘前城観光 やっぱり弘前城は桜!

   ↑  2014/05/02 (金)  カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城
酸ヶ湯温泉(2月下旬平日)を満喫した私たち
せっかく青森県に来たからにはと
青森から弘前まで足を延ばし、桜で有名な弘前城

IMG_7901-hirosaki.jpg
 IMG_7906-hirosaki.jpg
▲弘前駅


弘前駅から弘前城までは、歩くにはちょっと距離があります

弘前駅から弘前城へのアクセスは
市内循環100円バス
(土手町循環バス)が 
とても便利でした
 

バスに乗って、お城に一番近い「市役所前」停留所まで約15~20分
土手町循環バスは、約10分間隔で運行
弘前城観光に便利なことはもちろん
途中の病院では敷地に入って玄関前に横づけする市民の足でした

土手町循環バスの他にも100円バスがあり、市内観光にとても便利
 (1日券乗車券500円)
詳細は弘南バス市内循環100円バス→
こちら


IMG_7911h -hirosaki 

バス停の上にある「100円バス」の看板が目印

IMG_7912 -hirosaki 

「市役所前」で降り、徒歩約4分で
弘前城の入り口、追手門に到着 

ここで
雪国の冬季観光の注意点
それは
 通常どおりやっているか事前に確認

冬季休業・休館だったり
、営業時間短縮だったりすることがあります
あらかじめ調べてないとショックが大きいし、予定が狂ってしまいます 

冬の弘前城は…
植物園休園
天守内の弘前城資料館休館(つまり天守内には入れません)
武徳殿休憩場休館
そしてあちこち工事中
でも本丸の有料区間が無料

天守に上れないのは残念



2月の弘前城は、もちろん一面の雪景色
靴はスノーシューズが必須 

静寂で風情があるとも言えますが
あまりにも寂しすぎます

でも、せっかく来たので、城内一周観光してみます    

追手門

IMG_7921-hirosaki.jpg  



 IMG_7924-hirosaki.jpg

落雪の用心に
門にはカラーコーンでまわり道をするようになっています

杉の大橋、南内門、未申櫓、辰巳櫓

IMG_7928-hirosaki1.jpg IMG_7930-hirosaki1.jpg
IMG_7931-hirosaki1.jpg IMG_7933-hirosaki1.jpg 


追手門から約10分
ここが有名な写真スポット
天守と下乗橋 
手前の木は、もちろん桜
の季節はさぞ美しいことでしょうね 


この下乗橋と天守で記念写真を撮ったら
ここで弘前城を後に引き返すのも
一つの選択だとも思います  

    IMG_7937-hirosaki.jpg


さて、先に行きます
で埋まっていて
橋の違いがよくわからないと思いますが
鷹丘橋、波祢橋、春陽橋、護国神社

IMG_7947-hirosaki.jpg IMG_7950-hirosaki.jpg
IMG_7952-hirosaki.jpg IMG_7955-hirosaki.jpg

一陽橋、亀甲橋、亀甲門、賀田橋

IMG_7956-hirosaki.jpg IMG_7958-irosaki.jpg IMG_7959-hirosaki.jpg IMG_7961-hirosaki.jpg

丑寅櫓、与力番所、日本最古のソメイヨシノ、東内門 、石橋、東門

IMG_7963-hirosaki.jpg IMG_7966-hirosaki.jpg
IMG_7967-hirosaki.jpg IMG_7969-hirosaki.jpg
IMG_7970-hirosaki.jpg IMG_7975-hirosaki.jpg

お濠の氷が解けたところに、白鳥がいました

IMG_7977-hirosaki.jpg 


そしてまた天守の横を通って、追手門へ戻りました
観光というより、ただ写真を撮って巡っただけでしたが
所要時間約35分

この記事を書いているとき
ちょうど弘前城の桜が満開に
テレビで見るその景色は本当に見事ですね
私たちも桜が咲いていれば
さぞかし感動的な楽しい散策だったと思うのですが
スノーシューズがただただ重く
冬の弘前城観光は、疲労感大でした

次回は、絶対桜の時期に来よ~っと

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-312.html

2014/05/02 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

行って良かった! 青森 ねぶたの家 「ワ・ラッセ」

   ↑  2014/04/25 (金)  カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城

青森に行ったらぜひ行ってほしいのは

ねぶたの家「ワ・ラッセ」

赤いモダンな建物で、青森駅からたったの徒歩1分

IMG_7890-wara.jpg
▲ねぶたの家「ワ・ラッセ」

1階で荷物を預かってもらい
入場料は、2階の券売機で購入

IMG_7832-wara.jpg 

写真撮影はOK
もちろん人の迷惑にならないように…

 IMG_7840-wara.jpg IMG_7838-wara.jpg
▲ねぶたミュージアム


ねぶた祭りの歴史・情報などの紹介もありますが
メインは、やはり大型ねぶたの展示
「ただ置いてあるだけじゃない?」
なんて思ったらいけません

「ねぶた祭り」で実際に運行したねぶた
それが間近に見られるのですよ
しかも賞をとった立派なねぶたが勢揃い

「ねぶた祭り」を見に行ったとしても
ここまでじっくり見ることは出来ないでしょう

毎年8月の「ねぶた祭り」が終わると、ここの展示ねぶたも入れ替えるそうで
毎年来ても新しいねぶたが見られますね




題材を決めて(だいたい歴史上の出来事や逸話から)
下絵を描いて
立体の土台を作って…
針金に和紙を張って…
色を付けたり…

ねぶたを制作するには、約3か月もかかるそう
制作費用は、約2000万だそうです



IMG_7850-wara.jpg 

立体的で躍動感があり
とにかく色が鮮やか
刀の先まで光が放たれ
ほんと感動的です


IMG_7848-wara.jpg
▲観光コンベンション協会会長賞 優秀制作者賞  剣豪  足利義輝 
 
IMG_7846-wara.jpg 
▲市長賞・優秀制作者賞 八犬伝円塚山火遁の術  道節と壮助

IMG_7853-wara.jpg 
▲林冲・王倫を討つ

近くで見ると 今にも動きだしそうな
ど迫力
写真では伝わり切れないのが残念

IMG_7854-wara.jpg 

IMG_7862-wara.jpg 
▲知事賞 古事記 日本創生 



平日午前の早い時間だったため
お客さんがあまりおらず、係りの方に
ねぶたと写真を撮ってもらったり
ねぶたの由来や歴史など色々とご説明いただいたりしました


「ねぶたの明かりは、昔はろうそく
今は発電機を載せて電球や蛍光灯800~1000個なんですよ」
という説明を聞き

「ろうそくから電球ということは、そのうちLEDですね」
と冗談のつもりで言ったら
「それはいいご指摘です
「あのパナソニック協賛のねぶたは、すべてLEDなんですよ」と

さすが、伝統あるお祭りも
進化を遂げてますね



こちらがパナソニック協賛のオールLED
 
IMG_7864-wara.jpg 
▲十和田湖伝説 八ノ太郎と南祖坊

IMG_7870-wara.jpg 

IMG_7880-wara.jpg 


ハネトの衣装(レンタルOK)を着れば
誰でも「ねぶた祭り」に参加できるそうだ

青森県民は心が広いなぁ



とっても楽しかったねぶたの家「ワ・ラッセ」でした
電車の時間に余裕があったら、もっと見ていたかったよ~

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-311.html

2014/04/25 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

青森魚菜センター(古川市場) 「のっけ丼」の失敗編

   ↑  2014/04/18 (金)  カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城
酸ヶ湯温泉の送迎バスの時間までにお昼を食べようと
事前に青森駅付近のお店を調べていたら
「青森魚菜センター(古川市場)」の「のっけ丼」を発見
青森駅から徒歩約6分、送迎バス乗り場の近く 
 ここに決定
自分で具材を選んでオリジナル丼を作れるみたい
これはやらないわけにはいきません
楽しみです

IMG_7600-nokke.jpg   
▲青森魚菜センター(古川市場)火曜日定休

入るとすぐに
「初めてですか?」
「はい」
手際よく案内所に連れて行ってくれ
「のっけ丼」のシステムを説明してくれました 
 

  IMG_7601h -hoke

案内所

IMG_7602-nokke.jpg 

さて、そのシステムは
「のっけ丼食事券」(100円券の綴りで、1000円分と500円分の2種類 )を購入

場内のお店を回って、気に入った具材(50円~300円)を券で払って
丼にのせていく(少し足りない分は、現金でも購入できます

オリジナル「のっけ丼」の完成


私たちは一人1000円の予算で、各自の「のっけ丼」にチャレンジです

「のっけ丼食事券1000円」を購入

 IMG_7607h-nokke.jpg      
  
「赤い旗」があるお店でごはんをチケットで購入

IMG_7628-nokke.jpg 


普通盛(100円)と大盛(200円)
発砲スチロール製の丼がちょっとわびしい

普通盛
 
IMG_7611h-nokke.jpg 

大盛

IMG_7610h-nokke.jpg 

「青い旗」のお店で具材を購入
(ちょっと愛想がないお店も…)

IMG_7635-nokke.jpg 

購入すると丼の上にのせてくれます

IMG_7612 h-nokke

  IMG_7615 h-nokke 

IMG_7636h-nokke.jpg 

丼が完成したら
場内のところどころにある休憩所(2階にもあります)で食べます
しょうゆ・わさび・箸は休憩所にありますよ
 お茶もいただけます
味噌汁は、100円

IMG_7625-nokke.jpg 


さて「のっけ丼」ですが…


初めてのことで舞い上がり
場内のお店をしっかり観察せず、あまり考えずに具材を購入 
なぜか食べたい具材をのっけることが出来ないまま
券がなくなり終了  
(また券を購入すればいいのですが…)

そんなこんなで満足のいく丼には
ほど遠かった


その反省を込め皆さんにアドバイス 
①まず場内を1周し、どんな店があるか見てみましょう
②どんな丼にするか前もってイメージしましょう
③絶対食べたい具はなにか?優先順位をちゃんと決めておきましょう
④予算の範囲で収めるには値段の高い具材は出来るだけ避けましょう
⑤出来上がりの色合いを考えましょう





さて私たちの「のっけ丼」はというと


【旦那さんの「のっけ丼」】

色合いの失敗例

あまりの写真うつりの悪さに今更ながらびっくり
営業妨害かよ~と思うくらいの大失敗
同色でばかりで食欲のわかない丼となりました 
 ごはん大盛(200円)
いくら(200円)、ボタンエビ(200円)、たこ(100円 )
トロサーモン(100円)、寒ブリ(200円)、マグロのたたき(100円 )
合計1100円(奥さんよりチケット100円もらう)



【奥さんの「のっけ丼」】

高価な食材購入により
丼が貧相になりかけた失敗例

見栄えは旦那さんの「のっけ丼」より数段美味しく見えます
しかし
ウニ、いくらと高価な具材を購入したため
券が足りなくなりご飯が見えるスカスカの丼に…
最後に安価の大きな玉子焼きとボイルのえびでやっと体裁が整った
しかもほんとは
ホタテが食べたかったのよ~ 
 ごはん並盛(100円)
ウニ(300円)、いくら(200円)、ネギトロ(100円)
トロサーモン(100円)、たまご(50円)、えび(50円)
合計900円(旦那さんへチケット100円、あげなければ良かったか

 IMG_7622h-nokke.jpg  



もちろん、チケットを追加すれば
豪華な「のっけ丼」が出来上がります



コストパフォーマンスだけ考えるとちょっと割高の感じ
自分のオリジナル丼を楽しみながらつくるという
イベント料込の料金ですね 
初めての体験となりました
素敵な「のっけ丼」を作って下さいね



2階にも食べるところと、トイレがあります

IMG_7630h-nokke.jpg

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-310.html

2014/04/18 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

青森県酸ヶ湯温泉 売店・土産編

   ↑  2014/04/11 (金)  カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城
酸ヶ湯温泉での2泊3日(2月下旬日曜・月曜泊)
冬で館外に出ないので、売店を何回も散策させてもらいました
店員さんもとても親切でしたよ
 
営業時間は、7:00~20:00

お土産品はもちろんのこと
飲み物やお菓子
多くはありませんが、日用品、調味料や食材もありました
さすが湯治の宿です


IMG_7652th -sukayu 


売店入り口には女性の湯浴み着(1000円)
入ってすぐに
タオル(200円~)・バスタオル(1800円)
酸ヶ湯周辺の景色の柄が入ったタオルは
値段が350円に

IMG_7682-sukayu.jpg  

青森県の名物や酸ヶ湯温泉オリジナルのお土産もたくさんありますよ

IMG_7796 h-sukayu   


  せっかく宿泊したので「酸ヶ湯」と書かれたお菓子をお土産に購入


IMG_6724-sukayu.jpg 
▲左 酸ヶ湯限定焼1,100円 ▲そばもろこし1箱525円


酸ヶ湯オリジナル商品「そばもろこし」


味は、やわらかい瓦せんべいみたいな感じだったかなぁ(記憶が曖昧で…)

会社で配るお土産としても購入
個装で、ひとつひとつ「酸ヶ湯温泉」と書いてあり
どこに旅行したか一目でわかる優れもの
しかも、たくさん配るには有難い24枚入りで525円
お財布に優しい値段
売店の堂々「人気No.2 」
ちなみに人気No.1は発見することが出来なかった…

でも値段から想像出来るように、
1枚が小さい…
会社でみんなからお礼を言われ
ちょっと心が痛みました


IMG_8056-sukayu.jpg 


酸ヶ湯温泉石鹸
1個700円
無香料・無着色
コラーゲン・温泉水が配合
硫黄のにおいは、まったくしません
硬めでしっかりした石鹸で、泡立ちは少ないものの、きめ細かい泡です
これで
酸ヶ湯温泉の思い出に浸っています

IMG_6725-sukayu.jpg 



青森限定りんごサイダーやリンゴジュースも購入
リンゴジュースの方は
「レギュラータイプ」「すっぱいタイプ」「あまいタイプ」と三種類
写真は「あまいタイプ

タイトルに偽りなく
甘い…というか…甘すぎ
レギュラータイプをおすすめします



IMG_7750-sukayu.jpg



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-309.html

2014/04/11 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |