中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 花巻温泉郷鉛温泉

total 2 pages  次のページ →  

花巻城時鐘から本丸まで花巻城址観光

   ↑  2017/09/09 (土)  カテゴリー: 花巻温泉郷鉛温泉
鉛温泉藤三旅館で2泊(3月中旬平日)した後、戻りの無料シャトルバスは、終点新花巻駅のひとつ手前、花巻駅で下車。わんこそばを初体験し、やぶ屋総本店を出たのがお昼前の11:50。満腹になったところで、午後は花巻市内観光です。帰りの新幹線は、新花巻15:19発やまびこ52号。花巻駅から新花巻までは釜石線でたった10分ちょっとですが、思ったより本数がありません。運行時間の間隔が2時間以上あいている時間帯もあり、電車の時刻には注意が必要です。


さてどこを観光しようと考えましたが
お城や城跡は観光の基本だし
わんこそばのやぶ屋総本店からすぐ行けるようだし
ということで、行先は花巻城址に決定

市役所の方へ歩くこと5分
花巻城大手町門跡の碑が立ってました
花巻駅から徒歩15分
(花巻駅からやぶ屋総本店まで徒歩10分なので)

IMG_1346-4001.jpg


すぐ近くに花巻城時鐘がありました
現在も夕方6時に時を告げているこの時鐘は市指定文化財
正保3年(1646年)に盛岡城の時鐘として鋳造され
延宝7年(1679年)に花巻城に移されたそうです



IMG_1349-401.jpg  
▲花巻城時鐘

花巻城は、古くは鳥谷ヶ崎の城と呼ばれ、南部氏が花巻城に改称したそうです

花巻城時鐘から本丸に行きたいのですが
方向音痴なのでいまいち地図を見てもわからず
表示も見つからず
地元の方に聞きましたがよくわからず
とりあえず、まっすぐ奥の方に行くことにしました


途中、花巻城案内図をやっと見つけました

IMG_1383-402.jpg 


円城寺門

1614年南部利直公が二子城の追手門を円城寺坂に移築したものだそうです
(現在の位置ではない)
花巻城の搦手門として花巻市指定有形文化財(建造物)に指定されています



IMG_1385-402.jpg



 IMG_1386-4002.jpg
▲円城寺門

立派な建物です
武徳殿(花巻市営の柔道場・剣道場・弓道場)
隣には小学校があります
このへんは、二の丸だそうです
武徳殿の前を通り本丸へ行きます


IMG_1389-402.jpg
武徳殿


武徳殿より約4分で
本丸に着きました
現在は公園となっています。
本丸には天守閣はなく、藩主が花巻を訪れる時に使われる御殿があったそうです


IMG_1393-402.jpg


初代二所ノ関軍右エ門墓碑
南部侯お抱えの力士。シコ名を滝ノ上音蔵、さらに錦木塚右ェ門と改め、文化三年(1806)最高位大関。その後二所ノ関初代年寄となった豪の力士だそうです。 


IMG_1394-402.jpg
▲初代二所ノ関軍右エ門墓碑


かつてはお殿様も城下が一望できたでしょう
素晴らしい見晴らし
写真にセブンイレブンの看板が見えますが
花巻城址散策を終えた後、釜石線の発車時間まで
まだ肌寒く、雨も降っていたので
こちらのイトーヨーカドーのイートインで時間調整しました
花巻駅には観光客が気楽に時間をつぶせる場所が見当たりませんでした



平成7年に復元した西御門

IMG_1395-402.jpg
▲花巻城本丸の西御門

IMG_1397-402.jpg


二の丸と本丸を隔てる水堀が今も残っています

IMG_1400-402.jpg
▲雲井橋と内堀

IMG_1401-402.jpg
▲花巻城跡

本当なら本丸はここから入るのですね

IMG_1402-402.jpg
▲花巻城本丸入り口


花巻城址は、現在は、市役所や体育館や学校などがあり
市民生活の中に完全に溶け込んでいました
さぞかし大きく立派なお城であっただろうと往時が偲ばれました
もう少し分かり易く道案内の看板などあれば
方向音痴の私たちも楽に観光出来たのになぁと思いました


花巻城大手町門跡の碑から本丸、本丸入り口まで徒歩で約30分
(やぶ屋総本店でわんこそばを食べたので、逆にまわっています)
花巻駅から徒歩でスタートし花巻城大手門跡の碑や本丸などを観光し
花巻駅に戻るコースだと所要時間は約60分という感じです
(もちろんじっくり見て回れば時間はもっとかかります)


スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-402.html

2017/09/09 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

花巻駅徒歩10分 やぶ屋総本店 わんこそば初体験

   ↑  2017/09/01 (金)  カテゴリー: 花巻温泉郷鉛温泉
岩手県の名物といえば「わんこそば」が有名ですよね。一度はトライしてみたいと思っていました。わんこそば発祥の地については、盛岡という説と花巻という説があり、それぞれのエリアにお店があります。せっかく花巻温泉郷の鉛温泉まで来ているのですから、これは食べない訳にはいきませんよね。

事前に花巻市内でわんこそばを食べられるお店を調べると、「やぶ屋総本店(花巻駅より徒歩10分)」「嘉司屋(花巻駅より車で10分)」「金婚亭(新花巻駅より車で10分、大型レストラン)」「山猫軒(新花巻駅すぐ)」の4軒。
今回は花巻駅付近の観光もしたいと思っていたので、花巻駅から徒歩10分で行ける「やぶ屋」を選びました。
ちなみに花巻駅から車で10分の「嘉司屋(かじや)」は、全国的に有名になった「わんこそば全日本大会」の発祥のお店で、マッチ棒で杯数を数えるそうです。宮沢賢治も良く来店し「かしわ南蛮」を食べたというお店です。 


さて、藤三旅館(お湯や食事を堪能)をチェックアウトし、9:47発の無料シャトルバスで鉛温泉に別れを告げました。10:30に花巻駅に到着すると、まずは花巻市内の観光マップはないかと花巻観光案内所(花巻駅に向かって左側すぐ)に寄りました。花巻観光案内所は、小さいですが担当のかたがとても親切で、「やぶ屋総本店でわんこそばを食べたい」と言うと、地図で場所を教えてくれて、予約までとってくれました。


IMG_1404-400.jpg
▲花巻観光案内所


教えてもらった通りに、迷わず「やぶ屋」に到着

昼の部11:00-15:00(ラストオーダー14:50 わんこそば14:30)
夜の部17:00-20:00(ラストオーダー19:50 わんこそば19:30)
休日は月曜日(祭日の際は火曜日)

IMG_1344-400.jpg 
▲やぶ屋総本店


わんこそばの写真が貼ってあります


IMG_1350-400.jpg 


11:05お店に入ります
予約してもらっていたのでスムーズに席に案内されました


IMG_1351-400.jpg 


店内には、花巻出身の宮沢賢治の展示がありました
賢治はやぶ屋総本店さんによく訪れて
「天ぷらそばとサイダー」を注文していたそうです
このお店のことは

「BUSH(ブッシュ_英語で「薮」の意味)」と呼んでいたとのことです


IMG_1355-400.jpg 

開店まもなくだったので、
ほとんどお客さんはいませんが
お昼頃に出るときは地元のお客さんで混雑していました
地元のお客さんの人気のお店みたいです


IMG_1381-400.jpg 



やぶ屋総本店は、給仕の方が1杯1杯
お椀にお蕎麦を入れてくれる
本来のわんこそばです


やっぱり給仕してくれないと雰囲気が出ないし
お椀が積まれているのを見るのが楽しいですよね
蓋を閉めるまでお蕎麦は食べ放題です


わんこそばにもコースがあります
上わんこそば(中学生以上)3,000円
特上わんこそば4,000円(中学生以上)(てんぷら、デザート付)
ちびっこわんこそば(小学生未満)2,000円
お子様わんこそば(小学生)2,500円

※すべて税別
料金が高めなのは、給仕の方がいるからでしょうね


上わんこそばを注文
(特上わんこそばは豪華すぎて、肝心のそばが食べられそうもありません)
席に着くと

エプロンとその上にわんこそばの心得と
その裏が証明書になるパンフレットが置いてあります

黒い器は、わんこそばの御汁を入れるものです


IMG_1356-400.jpg 


続いて刺身や薬味が運ばれてきました
これだけでお腹いっぱいになりそう…

IMG_1358-400.jpg 
上わんこそば(中学生以上)3,000円



私たちの隣の席では
既に男性3人組がわんこそばに挑戦中
いかにも出張に来たサラリーマンという感じ




私たちも準備ができ、
男性3人組と一緒のお給仕でにわんこそばが始まりました
励まされながら楽しく進行
急がされる訳ではありませんが
やはりお椀にお蕎麦が入ると食べない訳にはいかない感じがするので
人数が多いほうが楽しいし
給仕がゆっくりとなるので気持ちに余裕が持てます
先にスタートしていた男性3人が次々と終了し
私たちだけになるとペースが速くなりました


わんこそばの心得には
たくさん食べるコツは、そばをかまない
おつゆをあまり飲まないと書いてあります


おつゆはそれほど味はついていないので、薬味で味の変化を付けながら食べます
薬味も美味しいです
やっぱりそばはかまないと食べられませんでした

お椀に入れられるそばは、量が1杯1杯ちょっとずつ違い
少ないとラッキーなんて感じになります
食べている途中は数えないで…と言われますが
やっぱり何杯食べたのか気になります

でもまだ11時ちょっとすぎ
藤三旅館で美味しい朝食を沢山食べたのであまり食べられませんでした




わんこそば初体験
約20分弱で終了


お椀が目の前に積まれた写真
(旦那さんの分だけでなく、奥さんの分も写っています)


なんかとってもいい写真
今年の年賀状候補


IMG_1372-400.jpg


10杯でかけそば1杯分だそうで

100杯以上で横綱と認定されるそうです

わんこそば終了後に食べたお椀の数を記入してくれます
頑張ればもっと食べられそうでしたが、美味しいと思えるくらいで終了



旦那さん53杯、奥さん27杯
まあまあ平均点という感じでしょうか!?

IMG_28422-400.jpg
▲わんこそば大食い証明書

 IMG_28412-400.jpg


人生初めてのわんこそば体験
元は取れてないとは思いますが
とっても楽しかったです

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-400.html

2017/09/01 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

鉛温泉 藤三旅館 温泉好きなら一度は入りたい白猿の湯

   ↑  2017/08/25 (金)  カテゴリー: 花巻温泉郷鉛温泉
鉛温泉藤三旅館は、湯治風の雰囲気によらず食事がとても美味しく大満足。でも宿のいちばんの特徴は、パンフレットでもよく見かける有名な「白猿(しろさる)の湯」をはじめ、すべてのお風呂が源泉かけ流し、加水・加温なしというお湯の良さ。白猿の湯は、日本一深い自噴天然岩風呂の湯だそうです。


藤三旅館にはお風呂は
白猿の湯、桂の湯、白糸の湯、銀の湯と
4つあります
何回も言いますが
その全てが
加水や加温などは一切していない
源泉かけ流しです


加水すれば温泉成分は薄まりますので
加水してないということは、100%温泉成分を楽しめるということです
「源泉かけ流しの宿」と言っている旅館はありますが
全ての湯がこのように素晴らしい状態であるという宿は貴重です

IMG_1266-398.jpg
▲館内のお風呂の案内(撮影禁止の注意書きも)


IMG_1228 (2)-398

浴場内の撮影はご遠慮下さいと立て看板があるので
パンフレットの写真でご説明します



まずは一番のおすすめ白猿の湯




【白猿の湯(しろさるのゆ)】混浴(女性時間あり)

旅館部から1階の廊下を湯治部の方へ向かったところにあります。廊下の障子を開けると下に白猿の湯。注意書きもありますが、女性が入浴しているときもありますので、絶対に開けてはいけません。

旅行のパンフレットにも掲載される白猿の湯。その独特の雰囲気に私たちもパンフレットを見るたびいつか行ってみたいと思っていました。

写真だけではわからず、実際に入ってわかったことは

入り口が旅館部からと湯治部からとの
2つ
あったこと

すごい開放感と
湯舟は予想以上に深かったこと


「白猿の湯」は、1階の入り口から階段を下りて、湯舟は地下1階。天井は2階までの吹き抜けになっているので、湯に浸かって見上げると3階分の高さの抜群の解放感です。

写真で見る入り口と石造りの階段。実は浴場の反対側に対になるように同じ入り口と階段があります。それぞれ旅館部と湯治部の入り口になっています。階段を
下りていくと、壁際に脱衣カゴ、衝立がある簡易的な脱衣場があります。そして真ん中に白猿の湯。シャンプーやせっけんなどはありません。
入り口を間違っても結局は同じお風呂なので脱衣所を移動出来ますから、それほどのことではありませんが、奥さんが女性時間に入浴しているとき、旅館部宿泊の女性が間違って湯治部の入り口から降りてきました。

これも写真ではわかりづらいですが、天然の岩をくり抜いて作った岩風呂の深さは約1.25メートル。お風呂のなかでは立ち湯です。底は平坦ではなく岩でごつごつしていて、不規則に深さが違います。比較的浅いところから(旅館部入り口の近いところ)、ゆっくり様子を見ながら入ることをお勧めします。小柄の私は立っていられるところと、ちょっとジャンプしないと顔まで浸かってしまうところが少しありました。
全身に湯圧を感じながらの立ち湯は貴重な体験でした。ひとりで入っている時間もけっこうあったので、歩いてみました。湯舟の下からふつふつと湯が湧いているのを足の裏で感じることも楽しかったです。

photo_398.jpg
▲反対側にも入り口と階段があります。障子の向こうは廊下
(藤三旅館パンフレットより)


白猿の湯は混浴です
女性にとって難易度は?
結論からいうと難易度は高いです


入り口・脱衣場は 男女別ではなく、お湯もほとんど透明


でもご安心を
女性時間は、いっぱいあります
(6:00~7:00、14:00~15:00、19:30~21:00)



日帰り温泉の方は、女性時間をチェックして入って下さい
なお、金曜日10:00~14:00は、清掃のため利用が出来ないようです

日帰り料金 大人700円 こども500円
日帰り営業時間 7:00〜21:00 受付は20:00まで
※変更もあるので詳しくはホームページでご確認下さい


IMG_20170807_0003 (3)IMG_20170807_0003 (2)
▲白猿の湯(藤三旅館パンフレットより)




次にお勧めは桂の湯の露天
 

【桂の湯】男女別 内湯と露天
藤三旅館では、「白猿の湯」とこの「桂の湯」を堪能しました。男女別なので時間を気にせずゆっくり入れます。お湯の温度が絶妙で、川のせせらぎを聞きながら、いつまでも入っていることが出来ました。男湯と女湯は、反対側にあります。
泉質は、表示によると硫化水素臭が僅かにあり、ph7.8。昔の表記で含芒硝硫化水素単純泉だそうです。
実際には、硫黄水素臭は感じませんでした。肌が弱い私たちですが、まったくダメージはなく、とても滑らかで優しいお湯でず~っと入っていられました。

IMG_20170815_0002 (4)398 IMG_20170815_0002 (5)398
 ▲桂の湯の内湯(男)▲桂の湯露天(男)※パンフレットより

【白糸の湯】半露天  男性午後3時~午前6時、女性午前6時~午後3時
湯舟が広く、室内から川を眺めることが出来ます。私たちが入ったとき(3月中旬)は、窓は開いていませんでした。気温の変化をうけず、ちょっと外を眺めて露天風に入りたい方にはいいと思います。洗い場、脱衣場は新しくきれいです。

IMG_20170815_0002 (2)398
▲白糸の湯(パンフレットより)

【銀の湯】貸切午後3時から9時、女性午後9時から午前6時、男性午前6時から午後3時
貸切の時間は有料です。貸切でない時間は無料で入れますが、白猿の湯と桂の湯にいっぱい入ったので、入りませんでした。

IMG_20170815_0002 (3)398
▲銀の湯 パンフレットより




パンフレットで見た「白猿の湯」に入れたのと
川のせせらぎを聞きながらの「桂の湯」での長湯

そして肌に優しい極上のお湯に大満足でした

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-399.html

2017/08/25 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

鉛温泉 藤三旅館 湯治風だがフカヒレの姿煮も! 食事が美味しい

   ↑  2017/08/18 (金)  カテゴリー: 花巻温泉郷鉛温泉
ひさびさの旅行は、やっぱり東北応援からということで、これまで訪れていなかった岩手県に決定。お湯がよくて湯治のように何もせずゆっくり過ごせる宿を探して、鉛温泉藤三旅館(3月中旬平日)を選びました。調べてみると鉛温泉の一軒宿でいかにも落ち着けそうな趣き。しかも、湯舟すべてが源泉かけ流しとのこと。私たちの好みにぴったりです。
 ※「びゅう」で基本プラン(JR+1泊、33,700円)+延泊(1日、15,800円)
 ※他にもお得なお手頃プランあり
なので、接客や食事には正直あまり期待してはいなかったのですが…。

泊まってみたら接客もよかったし
食事もとても美味しい宿でした



それでは、その食事をご紹介

朝夕とも1階食事処の「灯」でいただきます

IMG_1249-398.jpg 



テーブルとテーブルの間は十分に距離があり
他のお客さんの話声も気にならず、落ち着いた雰囲気です
平日だからかグループ客はなく、ほとんどがご夫婦でした







【1日目夕食】
すっかり湯治の気分で来ていた私たち
食膳には山菜とかきのこがいっぱい・・・という光景を想像していたのでしたが


あにはからんや
テーブルにところ狭しと並べられた品々
見た目がとっても豪華です
しかも1品1品がしっかり美味しいです

白金豚やフカヒレの姿煮!!
感動です


IMG_1240-398.jpg 



メロンも熟れ頃食べ頃バッチリ


IMG_1248-398.jpg 



フカヒレの姿煮
こんなところでお目にかかれるとは
スープに隠れてしまっているのですが
立派なお姿でした

IMG_1243-398.jpg




【2日目 夕食】
2日目も品数豊富で豪華!連泊の私たちはメニューが違います


IMG_1305-398.jpg



フカヒレの姿煮でもよかったのですが

2日目のメインは
こんな立派な霜降りの牛肉さん
しかもたっぷり




IMG_1306-398.jpg




魚もあります。1日目は焼魚、2日目は煮つけ


IMG_1311-398.jpg 



もちろんデザートも違いますよ
キウイもイチゴも甘くて美味しかったぁ


IMG_1312-398.jpg 



【1日目朝食】

御飯とお味噌汁は別にあり、自分のタイミングでよそえます。お味噌汁は、冷えないように温めてあります。晩御飯のようなボリュームや豪華さはありませんが、満足です。



IMG_1257-398.jpg 



IMG_1261-398.jpg



【2日目朝食】

IMG_1321-398.jpg



晩御飯のときは
他のテープルからも「美味しいねぇ~」という声が聞こえてきました

美味しいお料理もいただけて
夫婦でゆっくり過ごす宿にはぴったりだと思います



 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-398.html

2017/08/18 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

鉛温泉 藤三旅館 湯治好みのご夫婦にお勧め

   ↑  2017/08/11 (金)  カテゴリー: 花巻温泉郷鉛温泉
新花巻駅から無料シャトルバスに揺られ50分ちょっとで鉛温泉のバス停へ。そこで宿の送迎バスに乗り換え、今回(3月中旬平日)の2泊3日の宿「藤三(ふじさん)旅館」に到着です。今年は雪が少ないらしく、道中あまり雪が積もってませんでした。無料シャトルバスは、花巻で補助席を全部使い切るほどの超満員になりましたが、途中にある温泉のバス停で次々と降り、終点ひとつ手前の鉛温泉で降りたのは、私たち夫婦の他に1組のご夫婦のみ。
藤三旅館の送迎バスは、宿の旅館部(今回の宿泊)、湯治部、別邸の十三月と回ります(徒歩でも行けます)が、他の1組のご夫婦も旅館部の宿泊でした。


IMG_1280-396.jpg



藤三旅館は
鉛温泉の一軒宿
「新日本百名湯」「日本温泉遺産」
に選ばれています


本館は昭和16年に建てられた総ケヤキづくりの3階建て
赤い屋根が印象的ですね
田宮虎彦の小説「銀心中(しろがねしんじゅう)」の舞台にもなりました


IMG_1278-396.jpg
▲旅館部の玄関になります




玄関を入ると赤い絨毯が目に入ります


IMG_133-396.jpg 
▲玄関・フロント

IMG_1286-396.jpg
▲ロビー


IMG_1265-396.jpg
▲ロビー


ここ藤三旅館は
「海街diary」のロケ地にもなりました
ロビーには、出演した女優さんのサインが飾ってありました
映画のなかでは、山形県河鹿沢温泉の「旅館あずまや」として登場
宿の入り口の戸のガラスには「藤三旅館」と書いてありますが
撮影の時はそれを書きかえたそうです

IMG_1330-396.jpg

IMG_1267-396.jpg 
▲ロビー脇の寛ぎ処


エレベーターが可愛いです


IMG_1255-3961.jpg IMG_1251-3961.jpg


エレベーターを上がり部屋へ
ドアは引き戸かと思いましたが、普通のドアです


IMG_1256-396.jpg




今回の温泉旅行は東北新幹線を利用するので、交通費の割引が高いびゅうで予約
びゅうの「地・温泉」(3月中旬平日)
大人1人33,700円(東北新幹線+1泊)+連泊15,800円

宿泊だけなら宿のホームページから予約すると
8,000円くらいからのお得なプランもあります
もちろん部屋の大きさや料理は違うと思いますが…



藤三旅館は、この木造3階建ての本館と鉄筋の別館があります
今回泊まった部屋は本館。8畳+3畳(荷物置き?)+窓側のスペース
2人には十分な広さです
窓からは眼下に流れる豊沢川を眺められます

洗面台はありますが…
本館は部屋にトイレがありません
(別館にはトイレがある部屋があります)
部屋から出ていくのは面倒なのですが
平日で宿泊客が少ないこともあり、トイレで人とカチ合うことはありませんでした


IMG_1232-396.jpg 


接客は予想以上によく
落ち着いた雰囲気で、居心地が良かったです
お湯が素晴らしいのはもちろんのこと食事も美味しかったので
湯治好きなご夫婦にはとてもお勧め
2連泊中どこにも行かず部屋でゆっくり贅沢な時間を過ごしました
Wi-Fiもありますが、折角こういう所に来たのですから、のんびりしたいですね

外出するなら、新鉛温泉(愛隣館)まで歩いて10分弱なので湯めぐりも出来ます



IMG_1233-396.jpg IMG_1235-396.jpg
▲右の写真、奥に見えるのが洗面台

IMG_1237-396.jpg IMG_1238-396.jpg


窓からの風景


IMG_1317-396.jpg 


旅館部の他に湯治部(食事があるプランもあります)があり
廊下でつながっています
湯治客が旅館に入館出来るのは入浴のみとなります


白猿の湯や湯治部へ行く途中に売店がありました
日常品や食料も売ってます
売店のマドンナは、超ベテランのおばあちゃん
とっても小柄なおばあちゃんで
レジに座っていたのに品物で隠れていて気づかずびっくり



IMG_1252-396.jpg
▲売店



食事は次のページでご紹介します(予定)


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-396.html

2017/08/11 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |