中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: スポーツ観戦

total 2 pages  次のページ →  

両国国技館 大相撲観戦 イスA席 C席との違いは?

   ↑  2017/09/21 (木)  カテゴリー: 大相撲観戦
両国江戸NOREN門前茶屋成る口で深川めしを食べて、いよいよ両国国技館へ。今回の席は、イスA席。前回はイスC席だったので、実際に観戦したらどう違うか楽しみです。


のぼり旗が鮮やかで綺麗ですね

IMG_2848-404.jpg


櫓には、本日の取組が書いてありました


IMG_2866-404.jpg 


団体入り口から入ります
一般の入り口では、錣山親方(元寺尾)がもぎってました

とっても人気でした





入り口には、今日の休場力士


横綱 白鵬・稀勢の里・鶴竜
大関 高安・照ノ富士
前頭 宇良


IMG_2850-404.jpg




 IMG_2868-404.jpg


前回のツアーでは、14時半に席に着きましたが
今回は13時に席に着きました

そうそう両国国技館は冷房がきついので
一枚羽織るものを持ってきた方がいいですよ



取組のスケジュールは

朝8時35分から序の口の取組がスタート
十枚目土俵入りが午後2時20分
幕内土俵入り・横綱土俵入りが3時45分

(テレビ中継があるのでとても正確です)

国技館は、大相撲観戦だけでなく
売店でグッズや食べ物やお土産を買うのも楽しいですね
せっかくの高いチケットですし、出来るだけ早く入って楽しんで下さい
今回のツアーは13時と前回より早めだったので
売店は空いていてスムーズに買えました
前回のツアーは14時半だったので売店は大混雑でした



イス席は全部2階です

1列~6列がイスA席(通路を挟みます)
通路隔て7列~11列がイスB席
通路隔て12列~13列がイスC席
一番後ろの14列が当日券

私たちの席は、イスA席東の4列
通路を隔てて前にイスA席があと3列あります


途中近くで土俵が見たいと思っても1階にはチケットがないと入れません



IMG_2869-404.jpg 
▲イス席東4列からみた土俵





イスC席とイスA席の席の違い

イスA席は、背もたれが高く座り心地も良いイスになっています
肘置きもありますよ
あと紙コップ用の丸い穴が開いている小さな折り畳みテーブルがあります


イスC席とイスA席の見え方の違い

イスA席は断然土俵が近い感じがします
またイスC席のときは、前の席の方々の隙間から土俵を見るという感じでした
背の高い方がいると
力士が取組が見難いのですが
イスA席は、視界が遮られることなく快適に見ることが出来ました


やはり、チケット料金
3,800円と8,500円の違いですね

IMG_2879-404.jpg 
▲イスA席



栓抜きがぶら下がっています


IMG_2892-404.jpg 



午後2時20分 十枚目土俵入り


IMG_2897-404.jpg 
 

午後3時45分 幕内土俵入り

IMG_2917-404.jpg 

横綱土俵入り
日馬富士一人頑張る


 IMG_2921-4041.jpg


横綱の土俵入りが少なかったり、休場力士が多かったりと
明日の取組を読み上げていました
前はあったかなぁ?時間稼ぎ??


IMG_2931-4041.jpg 


幕内の取組前に満員御礼の垂れ幕が出ました
若干イス席は空いていますが…



IMG_2947-404.jpg 



午後5時50分 結びの一番

日馬富士頑張れ!!

IMG_2951-404.jpg 

懸賞金32本

IMG_2953-404.jpg 


残念!!貴景勝に負けちゃいました
座布団が乱れ飛ぶ
(危ないからやめて下さい)

IMG_2957-404.jpg 

午後5時55分 弓取式

IMG_2958-404.jpg 


楽しい一日でした
次のページでは、両国国技館で購入したものを紹介します

ちなみに他の席のページは
両国国技館 桝席(ますせき)大相撲観戦→こちら
両国国技館 イスC席 大相撲観戦→
こちら


スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-404.html

2017/09/21 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

両国 江戸NOREN 深川めしの門前茶屋 成る口でランチ

   ↑  2017/09/20 (水)  カテゴリー: 大相撲観戦
このところの大相撲人気で切符を自分で購入するのが難しそうなので、両国国技館大相撲観戦ツアーを申し込みました。ツアーは今回で2回目。前回お目当ての稀勢の里が観戦当日に休場してしまい、今度こそと…残念ながらまたもや休場。しかも、3横綱2大関が休場という波乱な場所。こうなったら一人横綱日馬富士を思いっきり応援します。

さて今回のツアー内容は、「三宅あみ先生の大相撲観戦がより楽しめる事前講座」と「両国江戸NOREN門前茶屋 成る口で深川めし」、そしてメインイベントのイスA席での大相撲観戦、15,800円(ちなみにイスA席は7,820円)です。前回のツアーはイスC席だったので、同じ2階とはいえかなり前進。土俵の気迫がより近くに感じられるかと期待です。




集合は、両国 江戸NOREN 門前茶屋 成る口に11:00



両国駅に隣接する両国 江戸NORENは、土俵が中央にあり
それを囲むように食事処が12あります
またお土産屋さんもあり、国技館に入れなくても


国技館名物の焼き鳥が買えます


ただし人気ですぐに売り切れますから早めに購入して下さい

ちなみに焼き鳥は、東京駅、上野駅、新宿駅、大宮駅、八王子駅の駅弁屋でも買えるそうです


ここが江戸NOREN

IMG_2847-403.jpg 
▲両国 江戸NOREN



両国 江戸NOREN の右奥に門前茶屋 成る口があります



IMG_2844-403.jpg 
▲門前茶屋 成る口


集合時間15分前に行ったら一番のり
お店の奥が個室風になってます
3連休の次の日だったので、私たちの他は昼時でも空いていました


IMG_2859-403.jpg


集合時間までには、総勢20数名全員ちゃんと揃いました
まずは、三宅あみ先生の相撲の歴史などの講義1時間
三宅あみ先生は、和服が似合う綺麗な方でした


そしてお待ちかねの深川めしとなります

IMG_2861-403.jpg
▲切干だいこん、おさしみ、お漬物



食事の料金はツアーに含まれているのでわかりませんが
通常のランチメニューは、深川あさり蒸籠めし1,100円(お吸い物、漬物)
それに今回はお刺身と切干大根がプラスされています





若くてかっこいいご主人が
深川めしのこだわりの説明と挨拶しに来てくれました





門前茶屋 成る口店の
深川めしの特徴は

蒸籠に炊いたご飯と熟成したあさりをのせて
高温高圧の蒸し器で短時間に蒸すことで
あさりが硬くならないことだそうです



あさりは、豪華に大きいのがたくさん入っていました
あさりがとってもやわらかい
でもごはんもすごく柔らかい
(私には柔らかすぎ)


味はやや薄味ですが、量があるので、これくらいで丁度いいです
油揚げや玉葱も入ってます


ただ量が多く同じ味が続くのでちょっと
ちょっと飽きてしまいました
(旦那さんは美味しいと)

お漬物が種類があっても良かったと思います


IMG_2864-403.jpg
▲深川めし、お吸い物




食事時間は、1時間くらい
これから団体で両国国技館へ移動です



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-403.html

2017/09/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

両国国技館 2階イスC席で大相撲観戦デビュー

   ↑  2017/05/27 (土)  カテゴリー: 大相撲観戦
割烹吉葉のちゃんこ鍋のあとは、いよいよ旦那さんの国技館デビューです
枡席で観戦したかったのですが、今回のツアーは2階イスC席
でも今の大相撲人気なら両国国技館に入れるだけでも幸せです

IMG_2522-370.jpg
▲はためくのぼりにテンションもあがります


いったん国技館の団体入り口の前に再度集合
ここで添乗員さんからチケット(入場券)を受け取ります
ちなみにチケットには「8:00AM会場」とありました。すごい!

添乗員さんに先導されて国技館に入ったところで、ツアーは解散

あとは自由行動です


 IMG_2561-370.jpg




国技館の建物には正面入り口ではなく
脇の「相撲案内所」から入りました

入ると通路の両脇にはお茶屋さんがずらり
枡席のお客さんはここを利用されるのでしょうね
2階イスC席の私たちも気分が盛り上がってきます




IMG_2563-370.jpg
▲相撲案内所の入り口



IMG_2565-370.jpg
▲相撲案内所



エントランスホールに出ると正面に優勝の賜杯や副賞の品々が展示してあります




IMG_2579-370.jpg



まずは国技館内を一回り



国技館1階にある「相撲博物館」を見学

このときは「横綱」がテーマの展示会が開催されていました


IMG_2574-370.jpg
▲エントランスホールからの入り口



売店は当然すごい人だかり
お弁当はこの時間でかなりの種類が売り切れに



IMG_2572-370.jpg IMG_2571-370.jpg
▲グッズ           ▲お弁当   




ちゃんこ鍋(雑炊追加)でお腹はいっぱいですが、これだけは買わねば

国技館といえばやきとり(1箱650円)


やきとりはどんどん補充されていました
さすが国技館で焼いているだけのことはあります



IMG_2639-370.jpg
▲旦那さん国技館デビューの記念にパチリ



2階には食べ物やさんなども
館内はとてもきれい
自販機も雰囲気があります

でもペットボトルのお茶(小)が180円はちょっと…
ちなみに国技館、飲食持ち込み禁止です



IMG_2581-370.jpg
▲自販機も雰囲気あります



14:30頃
私たちが場内に入ったときは、ちょうど十両の土俵入りが行われていました
お客さんの入りはまだまだです

旦那さんは思っていた以上に広い館内にちょっとびっくり




IMG_2568-370.jpg
▲十両の土俵入り


さて、ここで国技館の観客席をチェックしてみましょう。

「館内マップ」によると
館内は、正、向、東、西それぞれ

1階席は、土俵から1~7列が溜席
続いてマス席がA席8列、B席4列、C席3列
その他ボックス席などがあります

2階席は、イス席
1~6列がA席、7~11列がB席、12~13列がC席
そして最後の14列が自由席

そして私たちのチケットは「2階イスC席」

2階の12列目、というか一番後ろから3列目
指定席としては2階C席がいちばん少ない、ある意味貴重!?
A席を見ると肘かけのところに簡単なテーブルがついていて
飲み物とかが置けるようになっている…B席C席にはありません…

でも場内が見渡せるし(前向き)、土俵上の取組も十分見えるし
2階イスC席でも十分楽しめました



 IMG_2588_370.jpg
▲広い館内 2階イスC席はこんなところです



IMG_2654-370.jpg
▲2階イス席A




そろそろ土俵に注目しましょう

五月場所11日目の上位陣の取組はこちら
本日から休場となった稀勢の里は不戦敗となり
日馬富士と御嶽海が結びの一番になりました

IMG_2583-ryougokuisu.jpg



15:40 幕内土俵入り
華やかな化粧回しに気分もあがります


IMG_2595-370.jpg  



続いて横綱の土俵入り
稀勢の里の土俵入りも見たかったなぁ

IMG_2607-370.jpg 
▲横綱白鵬の土俵入り




幕内の取組になるころには1階はほぼ埋まった状態に
満員御礼の垂れ幕が出ました

2階はまだ空席が目につきましたが、最後には満員に

 IMG_2609-370.jpg



幕内の取組は観客の声援にも熱がこもります
宇良や遠藤などの人気力士には一段と大きな拍手と声援が
高安には仕切りの間手拍子まで沸き起こりました
勝ってまた大歓声

 IMG_2626-370.jpg
▲高安

 IMG_2638-370.jpg
▲白鵬


白鵬が大関豪栄道を下し全勝を守ったあと
結びの一番で日馬富士が小結御嶽海に敗れる波乱に
場内のボルテージは最高潮
座布団が舞います



  IMG_2651-370.jpg
▲弓取式 
土俵の周りでは座布団を片付けてます


会場を出ると櫓のてっぺんではね太鼓が打ち鳴らされ
相撲見物を締めくくってくれます
どうやって降りてくるんだろうとずっと見ていたら
この櫓、エレベーターになっていました



IMG_2663-370.jpg   
▲櫓のてっぺんで太鼓打ってます


旦那さんも大相撲を初めて生で観戦して大満足
国技館のやきとりはこの日のうちの晩ごはんになりました
1箱(650円)焼き鳥3本、つくね2本
ボリュームもあって美味しくいただきました



 IMG_2668-370.jpg
▲もちろん2箱買ってます




(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-370.html

2017/05/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

両国国技館 大相撲観戦 割烹吉葉でちゃんこ食べました

   ↑  2017/05/25 (木)  カテゴリー: 大相撲観戦
貴乃花が2003年1月に引退して以来、待望久しい日本人力士の横綱、稀勢の里が誕生(ちなみに武蔵丸は横綱昇進時は帰化して立派な日本人)。そして先場所の連続優勝。でも稀勢の里だけではありません。同部屋の高安、ハンサムで実力がある遠藤や勢や輝など人気力士が大勢出てきて、現在大相撲が盛り上がっています。

で、大相撲が大好きにもかかわらず
まだ一度も国技館に足を踏み入れたことのない旦那さんを
連れていってあげることに
「大相撲観戦と割烹吉葉で本葉ちゃんこ」のツアー(9,990円)を予約
(席は、指定席では土俵から一番遠い2階イス席C)


3月に五月場所を申し込んでから
稀勢の里のラオウの化粧まわしを見た~い
稀勢の里の取り組みが見た~い
指折り数えて待っていたのですが…
場所に入って毎日心配していたのは、稀勢の里のけがのようす
なんとか頑張って欲しいと思ってましたが…
ツアー当日の休場の悲しいお知らせ
万全な体調で戻ってきてほしいですね


気を取り直して
両国駅11:44

集合時間12:15には、ちょっと早いですが、少し両国を散策しようと早めに到着。駅のホームを下りるともう大相撲一色。雰囲気が盛り上がってきます。
改札を出る前にトイレへ。女子トイレはドアにお相撲さんの絵。個室内には荷物を余裕で置けるところもあり、駅のトイレにしてはとっても綺麗ですが、4つしかありませんでした。混雑は必須ですね。並んでいるようでしたら、国技館へ。


IMG_2505-ryougokuisu1.jpg  

両国駅西口改札を出てすぐ隣、旧駅舎に-両国- 江戸NOREN

IMG_2533-ryougokuisu.jpg 
IMG_2530-ryougokuisu.jpg


2016年11月にオープンした「-両国- 江戸NOREN」

館内奥の中央には、土俵
寿司、天ぷら、蕎麦、ちゃんこなどの和食のお店がずらり
両国案内所やお土産屋さんもあります


IMG_2525-ryougokuisu.jpg 


IMG_2529-ryougokuisu.jpg 

さて集合12:15
今回のツアーの参加者は総勢50人の満員御礼
北海道や大阪からも熱心な大相撲ファンが参加です


添乗員さんから注意事項や説明を受けて

12:20、添乗員さんの旗の後について団体で出発
割烹吉葉まで歩いて12分
ちょっと歩きます


IMG_2514-rryougokuisu.jpg


国技館通りを直進

IMG_2558-ryougokuisu.jpg


途中旧安田庭園があります(入場無料)


IMG_2560-ryougokuisu.jpg


12:32 全員無事に吉葉に到着

IMG_2537-ryougokuisu.jpg

割烹吉葉は、アド街ック天国(5月13日放送)で
両国第4位ちゃんこ鍋で紹介されたお店です



第43代横綱・吉葉山が作った「吉葉山道場」が年寄・宮城野襲名に合わせ宮城野部屋になり、その宮城野部屋をそのままお店として使っています。由緒正しいお店なんですね。


IMG_2557-ryougokuisu.jpg



店に入るとまず下駄箱に靴を入れます
すぐに土俵が目に入ります
当時のままの土俵だそうです
外人観光客や接待に好まれそうです
団体さんの私たちは2階へ
階段はかなり急です


IMG_253-.jpg




2階はお座敷。イス席ではありませんので、足の悪いかたは、座布団を折って対応。
今日のツアーの目的のひとつ、「ちゃんこ鍋」です。
お店のホームページと見比べると「ちゃんこ吉葉鍋コース3,300円」とソックリ。
しかしよく見ると若干の具の違いが…ツアー特別ランチメニューなんですね

 


鍋の蓋を開けると
HPにはあった海老さんと
鮭さんがいませんでした

(めかじきのつみれはいました)

IMG_2545-ryougokuisu1.jpg

煮えてきました
これで2人前です
10時間以上かけて作る、鶏ガラスープだそうです
しょうゆベースであっさりしてます
私たちには、ちょっとあっさり過ぎるかなぁ…

 IMG_2546-ryougokuisu.jpg   
お刺身と香の物とごはん、ライチチャーベット
IMG_2541-ryougokuisu.jpg IMG_2549-ryougokuisu.jpg 
IMG_2552-ryougokuisu.jpg IMG_2543-ryougokuisu.jpg


ちゃんこ鍋の量はそれほど多くないのですが
ごはんの量が多くお腹がいっぱいになりました
しかしせっかくなので
雑炊を1人前追加しました

雑炊は、卵、のり、三つ葉、ご飯で1人前250円
写真写りはいまいちですが
雑炊は美味しかったです




IMG_2550-ryougokuisu.jpg




13:15 相撲甚句&よもやま話

相撲甚句とは、七五調の歌で「ドスコイ ドスコイ」と合いの手が入ります
合いの手はみんなで練習、歌と共に盛り上がります
大相撲の話や質問コーナーもありました

IMG_2551 - ryougokuisu


14:00土俵での記念撮影
希望者は順番に草履に履き替えて土俵の上で記念撮影
添乗員さんが2枚とってくれますよ

撮影が済んだ人は各々来た道を引き返し両国国技館へ
両国国技館の前でチケットを受け取り
全員で団体入り口から入ってそこで解散、自由行動になります
さぁいよいよ両国国技館に入ります


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-369.html

2017/05/25 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

東京ドーム 野球観戦

   ↑  2009/09/22 (火)  カテゴリー: スポーツ観戦

 

2009年9月22日に東京ドームに野球観戦に行ってきました。もうすでに巨人がマジック3。今日は、2位中日との直接対決なので巨人が勝つとマジックが1になり、明日にでも原監督の胴上げです。連休中なこと、そして何よりも巨人が強く優勝が真近だということで相当の混雑が予想されます。東京ドームのアクセスは、総武線の水道橋駅ですが飯田橋からお散歩がてら行くのが好きです。もちろん中野駅からだと東西線1本ということもありますが、それよりも道が空いているのでお勧めです。東西線の飯田橋駅A1出口を出たら神田川を渡って外堀通りを水道橋方面に歩いて10分弱で東京ドーム到着です。

 

IMG_5946-do.jpg IMG_5951-do.jpg
▲神田川沿いの遊歩道▲東京ドームの前の歩道橋

 

東京ドームシティーのゲートをくぐり、東京ドームに着いたのは、12:15。開場は11:00。プレイボールは14:00。まだプレイボールには、早いですがユニフォームを着た方があちこちにいます。これぐらい早く来ると東京ドームを探索出来ますよ。

 

IMG_5961-do.jpg 
▲東京ドームの歩道橋上

 

お土産屋さんの前にも入場する列が。東京ドーム21ゲート右側には野球殿堂野球体育博物館(大人500円・小学中学生200円)があります。野球の殿堂入りをした人々の肖像レリーフや野球の話題性や歴史性のある資料が展示されているそうです。またアディダスのお店の前には、原監督像がお迎えしてくれます。これまた記念写真ですね。

 

IMG_5962-do.jpg IMG_5964-do.jpg
▲続々と人の波が東京ドームへ

IMG_5973t-do.jpg IMG_5971-do.jpg
▲お土産へ入るために列が ▲野球殿堂野球体育博物館

 

IMG_5967tp-do.jpg
▲原監督像

 

東京ドームに野球観戦に行ったら、やっぱりこの写真。もちろん一緒に記念写真。

 

IMG_5977t-do.jpg
▲東京ドーム

 

東京ドームとしっかり記念写真を撮ったあと、さっそく入場することにしました。まずは荷物検査。ペットボトルや缶などは持ち込み禁止なので、紙コップにうつします。水筒は、大丈夫です。お茶は、ドーム内では160円しますから、水筒を持っていくのがお勧めです。

 

IMG_5984-do.jpg
▲荷物検査

 

12:30分、荷物検査を終え22ゲートから中へ。まずは、東京ドーム内を一周します。外野席や立ち見席はいっぱいです。お弁当屋さんも繁盛。席は、内野席でしたが外野から見るとグラウンドがとても広く見えます。

 

IMG_6004-do.jpg IMG_6001-do.jpg 
▲立ち見席は満員です ▲売店も繁盛してます

 

 

ジャビット君がいたので、ファンサービスの一環で無料で写真撮影をさせてくれるのかと思ったら、1000円で記念撮影でした。緑のスクリーンの前で写真をとると合成で東京ドームのホームベースの所からジャビット君と写真を撮ったようになります。なかなか商売上手です。

 

IMG_5990t-do.jpg IMG_6017t-do.jpg
▲ジャビット君も営業です

 

3月19日~4月12日まで展示し好評だった原監督グータッチ像がドーム内に7月28日~9月27日まで巨人戦の時に再展示されてました。原監督のグーにタッチすると原監督が「よくやった」と声をかけてくれます。意外とひっそりと展示されているので逃さないように是非記念写真を。東京ドーム内のトイレは、とても綺麗でした。もちろん5~6分は並びますが、数が多く意外とスムーズでした。巨人の攻撃の時に行くのが一番空いています。またドーム内は禁煙なので、タバコを吸う方は決められた外で吸うみたいです。

 

IMG_6006-do.jpg
▲原監督グータッチ像 

 

13:10ドーム一周の探索を終了し席に着きました。席に着く前に売店の方が「昨日は試合開始前にはお弁当は売り切れました」。と叫んでいるので、急いでお弁当は購入。ジャビット弁当(1300円)とホームラン弁当(1000円)です。ジャビット7月からVの字が入っています。前は、ジャビコ弁当もあったのですが、なくなっていました。旦那さんは、いつもジャビット弁当の容器を大事そうに持って帰りますが使ったことはありません。食器棚にたまってしまってます。。。

 

IMG_3830-do.jpg IMG_3832-do.jpg 
▲Vの字入りのジャビット弁当1300円

IMG_3835-do.jpg IMG_3838.jpg
▲ホームラン弁当1000円(どこがホームランなのか。。。わかりません)

IMG_3874-do.jpg IMG_3880.jpg
▲東京ドーム限定モナカアイス260円(ちょっと角がかけてます) 

 

打撃練習、守備練習が終了しグラウンドを整備した後、13:50からジャビットガールとの応援ダンスやキャッチ&スロー。プロゴルファーの古閑美保さん始球式。そして定刻通り14:00プレイボールです。

 

IMG_3846-do.jpg IMG_3847-do.jpg  
▲ジャビットガールとの応援ダンス  ▲  古閑美保さん始球式

 

3回、7回の巨人の攻撃には、ジャビットガールの応援ダンスが。7回には、応援歌とともに外野席に横断幕も出ます。試合は、巨人が6回に亀井選手の2ランで2対0で勝利。マジックを1に減らしました。試合は、投手戦というほどピッシャーがピリッとせず、その割には両チームあまりヒットも出ず地味な試合でした。でも巨人は、強い!!

 

 

IMG_6029-do.jpg
▲満員の東京ドーム

IMG_6038.jpg IMG_3876-do.jpg
▲中日応援外野席      ▲巨人応援外野席

IMG_3888-do.jpg IMG_3894-do.jpg
▲亀井選手の2ランで喜ぶファン ▲7回のジャビットガールズ応援ダンス

IMG_6045-do.jpg
 ▲巨人軍の選手勝利のあいさつに

IMG_6052-do.jpg
▲ヒーローインタビューの亀井選手

 

さて、亀井選手のインタビューを見届けないうちにドームを出ることに。試合終了8分後にはドームの外はもう大混雑

 

IMG_6060-do.jpg
▲ドームの外の混雑

IMG_6066-do.jpg IMG_6078-do.jpg
▲ドームシティからの橋もひとひとひと  ▲水道橋駅西口も混雑

 

でも何事もなかったかのように空いているJR飯田橋駅東口と東西線飯田橋駅。やっぱり10分弱歩いても空いている方がいいですね。お勧めです。

 

IMG_6080-do.jpg IMG_6082-do.jpg
▲飯田橋駅東口    ▲東西線飯田橋駅

 

 

今年も巨人は、強いですね。でもちなみに私は、中日ファンです。。。。。東京ドームでは、目立たぬよう応援してます。

 

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-90.html

2009/09/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |