中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (カテゴリー: スポーツ観戦

両国国技館 大相撲観戦 割烹吉葉でちゃんこ食べました

   ↑  2017/05/25 (木)  カテゴリー: スポーツ観戦
貴乃花が2003年1月に引退して以来、待望久しい日本人力士の横綱、稀勢の里が誕生(ちなみに武蔵丸は横綱昇進時は帰化して立派な日本人)。そして先場所の連続優勝。でも稀勢の里だけではありません。同部屋の高安、ハンサムで実力がある遠藤や勢や輝など人気力士が大勢出てきて、現在大相撲が盛り上がっています。

で、大相撲が大好きにもかかわらず
まだ一度も国技館に足を踏み入れたことのない旦那さんを
連れていってあげることに
「大相撲観戦と割烹吉葉で本葉ちゃんこ」のツアー(9,990円)を予約
(席は、指定席では土俵から一番遠い2階イス席C)


3月に五月場所を申し込んでから
稀勢の里のラオウの化粧まわしを見た~い
稀勢の里の取り組みが見た~い
指折り数えて待っていたのですが…
場所に入って毎日心配していたのは、稀勢の里のけがのようす
なんとか頑張って欲しいと思ってましたが…
ツアー当日の休場の悲しいお知らせ
万全な体調で戻ってきてほしいですね


気を取り直して
両国駅11:44

集合時間12:15には、ちょっと早いですが、少し両国を散策しようと早めに到着。駅のホームを下りるともう大相撲一色。雰囲気が盛り上がってきます。
改札を出る前にトイレへ。女子トイレはドアにお相撲さんの絵。個室内には荷物を余裕で置けるところもあり、駅のトイレにしてはとっても綺麗ですが、4つしかありませんでした。混雑は必須ですね。並んでいるようでしたら、国技館へ。


IMG_2505-ryougokuisu1.jpg  

両国駅西口改札を出てすぐ隣、旧駅舎に-両国- 江戸NOREN

IMG_2533-ryougokuisu.jpg 
IMG_2530-ryougokuisu.jpg


2016年11月にオープンした「-両国- 江戸NOREN」

館内奥の中央には、土俵
寿司、天ぷら、蕎麦、ちゃんこなどの和食のお店がずらり
両国案内所やお土産屋さんもあります


IMG_2525-ryougokuisu.jpg 


IMG_2529-ryougokuisu.jpg 

さて集合12:15
今回のツアーの参加者は総勢50人の満員御礼
北海道や大阪からも熱心な大相撲ファンが参加です


添乗員さんから注意事項や説明を受けて

12:20、添乗員さんの旗の後について団体で出発
割烹吉葉まで歩いて12分
ちょっと歩きます


IMG_2514-rryougokuisu.jpg


国技館通りを直進

IMG_2558-ryougokuisu.jpg


途中旧安田庭園があります(入場無料)


IMG_2560-ryougokuisu.jpg


12:32 全員無事に吉葉に到着

IMG_2537-ryougokuisu.jpg

割烹吉葉は、アド街ック天国(5月13日放送)で
両国第4位ちゃんこ鍋で紹介されたお店です



第43代横綱・吉葉山が作った「吉葉山道場」が年寄・宮城野襲名に合わせ宮城野部屋になり、その宮城野部屋をそのままお店として使っています。由緒正しいお店なんですね。


IMG_2557-ryougokuisu.jpg



店に入るとまず下駄箱に靴を入れます
すぐに土俵が目に入ります
当時のままの土俵だそうです
外人観光客や接待に好まれそうです
団体さんの私たちは2階へ
階段はかなり急です


IMG_253-.jpg




2階はお座敷。イス席ではありませんので、足の悪いかたは、座布団を折って対応。
今日のツアーの目的のひとつ、「ちゃんこ鍋」です。
お店のホームページと見比べると「ちゃんこ吉葉鍋コース3,300円」とソックリ。
しかしよく見ると若干の具の違いが…ツアー特別ランチメニューなんですね

 


鍋の蓋を開けると
HPにはあった海老さんと
鮭さんがいませんでした

(めかじきのつみれはいました)

IMG_2545-ryougokuisu1.jpg

煮えてきました
これで2人前です
10時間以上かけて作る、鶏ガラスープだそうです
しょうゆベースであっさりしてます
私たちには、ちょっとあっさり過ぎるかなぁ…

 IMG_2546-ryougokuisu.jpg   
お刺身と香の物とごはん、ライチチャーベット
IMG_2541-ryougokuisu.jpg IMG_2549-ryougokuisu.jpg 
IMG_2552-ryougokuisu.jpg IMG_2543-ryougokuisu.jpg


ちゃんこ鍋の量はそれほど多くないのですが
ごはんの量が多くお腹がいっぱいになりました
しかしせっかくなので
雑炊を1人前追加しました

雑炊は、卵、のり、三つ葉、ご飯で1人前250円
写真写りはいまいちですが
雑炊は美味しかったです




IMG_2550-ryougokuisu.jpg




13:15 相撲甚句&よもやま話

相撲甚句とは、七五調の歌で「ドスコイ ドスコイ」と合いの手が入ります
合いの手はみんなで練習、歌と共に盛り上がります
大相撲の話や質問コーナーもありました

IMG_2551 - ryougokuisu


14:00土俵での記念撮影
希望者は順番に草履に履き替えて土俵の上で記念撮影
添乗員さんが2枚とってくれますよ

撮影が済んだ人は各々来た道を引き返し両国国技館へ
両国国技館の前でチケットを受け取り
全員で団体入り口から入ってそこで解散、自由行動になります
さぁいよいよ両国国技館に入ります


スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-369.html

2017/05/25 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

東京ドーム 野球観戦

   ↑  2009/09/22 (火)  カテゴリー: スポーツ観戦

 

2009年9月22日に東京ドームに野球観戦に行ってきました。もうすでに巨人がマジック3。今日は、2位中日との直接対決なので巨人が勝つとマジックが1になり、明日にでも原監督の胴上げです。連休中なこと、そして何よりも巨人が強く優勝が真近だということで相当の混雑が予想されます。東京ドームのアクセスは、総武線の水道橋駅ですが飯田橋からお散歩がてら行くのが好きです。もちろん中野駅からだと東西線1本ということもありますが、それよりも道が空いているのでお勧めです。東西線の飯田橋駅A1出口を出たら神田川を渡って外堀通りを水道橋方面に歩いて10分弱で東京ドーム到着です。

 

IMG_5946-do.jpg IMG_5951-do.jpg
▲神田川沿いの遊歩道▲東京ドームの前の歩道橋

 

東京ドームシティーのゲートをくぐり、東京ドームに着いたのは、12:15。開場は11:00。プレイボールは14:00。まだプレイボールには、早いですがユニフォームを着た方があちこちにいます。これぐらい早く来ると東京ドームを探索出来ますよ。

 

IMG_5961-do.jpg 
▲東京ドームの歩道橋上

 

お土産屋さんの前にも入場する列が。東京ドーム21ゲート右側には野球殿堂野球体育博物館(大人500円・小学中学生200円)があります。野球の殿堂入りをした人々の肖像レリーフや野球の話題性や歴史性のある資料が展示されているそうです。またアディダスのお店の前には、原監督像がお迎えしてくれます。これまた記念写真ですね。

 

IMG_5962-do.jpg IMG_5964-do.jpg
▲続々と人の波が東京ドームへ

IMG_5973t-do.jpg IMG_5971-do.jpg
▲お土産へ入るために列が ▲野球殿堂野球体育博物館

 

IMG_5967tp-do.jpg
▲原監督像

 

東京ドームに野球観戦に行ったら、やっぱりこの写真。もちろん一緒に記念写真。

 

IMG_5977t-do.jpg
▲東京ドーム

 

東京ドームとしっかり記念写真を撮ったあと、さっそく入場することにしました。まずは荷物検査。ペットボトルや缶などは持ち込み禁止なので、紙コップにうつします。水筒は、大丈夫です。お茶は、ドーム内では160円しますから、水筒を持っていくのがお勧めです。

 

IMG_5984-do.jpg
▲荷物検査

 

12:30分、荷物検査を終え22ゲートから中へ。まずは、東京ドーム内を一周します。外野席や立ち見席はいっぱいです。お弁当屋さんも繁盛。席は、内野席でしたが外野から見るとグラウンドがとても広く見えます。

 

IMG_6004-do.jpg IMG_6001-do.jpg 
▲立ち見席は満員です ▲売店も繁盛してます

 

 

ジャビット君がいたので、ファンサービスの一環で無料で写真撮影をさせてくれるのかと思ったら、1000円で記念撮影でした。緑のスクリーンの前で写真をとると合成で東京ドームのホームベースの所からジャビット君と写真を撮ったようになります。なかなか商売上手です。

 

IMG_5990t-do.jpg IMG_6017t-do.jpg
▲ジャビット君も営業です

 

3月19日~4月12日まで展示し好評だった原監督グータッチ像がドーム内に7月28日~9月27日まで巨人戦の時に再展示されてました。原監督のグーにタッチすると原監督が「よくやった」と声をかけてくれます。意外とひっそりと展示されているので逃さないように是非記念写真を。東京ドーム内のトイレは、とても綺麗でした。もちろん5~6分は並びますが、数が多く意外とスムーズでした。巨人の攻撃の時に行くのが一番空いています。またドーム内は禁煙なので、タバコを吸う方は決められた外で吸うみたいです。

 

IMG_6006-do.jpg
▲原監督グータッチ像 

 

13:10ドーム一周の探索を終了し席に着きました。席に着く前に売店の方が「昨日は試合開始前にはお弁当は売り切れました」。と叫んでいるので、急いでお弁当は購入。ジャビット弁当(1300円)とホームラン弁当(1000円)です。ジャビット7月からVの字が入っています。前は、ジャビコ弁当もあったのですが、なくなっていました。旦那さんは、いつもジャビット弁当の容器を大事そうに持って帰りますが使ったことはありません。食器棚にたまってしまってます。。。

 

IMG_3830-do.jpg IMG_3832-do.jpg 
▲Vの字入りのジャビット弁当1300円

IMG_3835-do.jpg IMG_3838.jpg
▲ホームラン弁当1000円(どこがホームランなのか。。。わかりません)

IMG_3874-do.jpg IMG_3880.jpg
▲東京ドーム限定モナカアイス260円(ちょっと角がかけてます) 

 

打撃練習、守備練習が終了しグラウンドを整備した後、13:50からジャビットガールとの応援ダンスやキャッチ&スロー。プロゴルファーの古閑美保さん始球式。そして定刻通り14:00プレイボールです。

 

IMG_3846-do.jpg IMG_3847-do.jpg  
▲ジャビットガールとの応援ダンス  ▲  古閑美保さん始球式

 

3回、7回の巨人の攻撃には、ジャビットガールの応援ダンスが。7回には、応援歌とともに外野席に横断幕も出ます。試合は、巨人が6回に亀井選手の2ランで2対0で勝利。マジックを1に減らしました。試合は、投手戦というほどピッシャーがピリッとせず、その割には両チームあまりヒットも出ず地味な試合でした。でも巨人は、強い!!

 

 

IMG_6029-do.jpg
▲満員の東京ドーム

IMG_6038.jpg IMG_3876-do.jpg
▲中日応援外野席      ▲巨人応援外野席

IMG_3888-do.jpg IMG_3894-do.jpg
▲亀井選手の2ランで喜ぶファン ▲7回のジャビットガールズ応援ダンス

IMG_6045-do.jpg
 ▲巨人軍の選手勝利のあいさつに

IMG_6052-do.jpg
▲ヒーローインタビューの亀井選手

 

さて、亀井選手のインタビューを見届けないうちにドームを出ることに。試合終了8分後にはドームの外はもう大混雑

 

IMG_6060-do.jpg
▲ドームの外の混雑

IMG_6066-do.jpg IMG_6078-do.jpg
▲ドームシティからの橋もひとひとひと  ▲水道橋駅西口も混雑

 

でも何事もなかったかのように空いているJR飯田橋駅東口と東西線飯田橋駅。やっぱり10分弱歩いても空いている方がいいですね。お勧めです。

 

IMG_6080-do.jpg IMG_6082-do.jpg
▲飯田橋駅東口    ▲東西線飯田橋駅

 

 

今年も巨人は、強いですね。でもちなみに私は、中日ファンです。。。。。東京ドームでは、目立たぬよう応援してます。

 

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-90.html

2009/09/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

両国国技館 桝席(ますせき)相撲観戦

   ↑  2009/06/11 (木)  カテゴリー: スポーツ観戦

2009年5月場所両国国技館に相撲観戦に行ってきました。午後2:00時両国駅集合。「早めに」と思いましたが、もう既に両国は、相撲一色のムードに。それほど早くなかったみたいです。駅にはかわいいお相撲さんの石の像。人の流れにそって右に行くと風格がある両国国技館がすぐに見えます。両国国技館正門の両脇には力士の名前が鮮やかに描かれたのぼりが風になびいています。

IMG_6065.jpg   IMG_6067.jpg
▲さすが相撲観戦の雰囲気です  

IMG_6069.jpg
▲両国国技館正面(JR両国駅西口徒歩約2分、大江戸線都営両国駅A3出口徒歩約5分 ) 

  IMG_6213.jpg IMG_6207.jpg 
▲JR両国駅            ▲両国国技館に描かれた絵

 

両国国技館の正面向かって右の出入り口から力士が入るのをファンの方が待って写真を撮ったり声援を送くったりしています。もちろん警備員の方がいますので、力士にさわったりすることは出来ませんが真近に見ることが出来ます。さっそく両国国技館の中に入ります。木戸でチケットを切ってもらい国技館の中に。館内の入り口は、一般入り口と相撲案内入り口と2つあります。相撲案内所を通じて桝席チケットを購入した方は、相撲案内入り口から入ります。桝席でもそれ以外で桝席チケットを買った方(チケットの裏に案内所の名前がない方でお弁当とか予約してない方)は、一般入り口です。ただ席にかかわらず相撲案内所でお弁当とかを予約した方は、案内所に寄るのでこちらからみたいです。(よくはわからないので詳しくは、相撲案内所国技館サービス株式会社にお問い合わせ下さい)

 

【桝席の相撲案内入り口】

IMG_6074.jpg IMG_6166.jpg
▲相撲案内入り口(案内所が20軒あります)

 

赤い提灯と水色の案内所の名前が書かれたのれんが相撲観戦の雰囲気を盛り上げます。タイムスリップしたみたいで情緒たっぷりです。案内所は、20軒ありチケットの裏に書かれた番号の案内所に行きます。そこの案内所のたっつけ袴姿の「出方さん」が桝席まで急須セットと共に案内してくれます。

 

IMG_6079.jpg
▲桝席(座布団は投げては、いけません)


桝席の大きさは、約125センチ×約125センチ(自分で測ったので誤差があると思いますが)。以前(若貴兄弟が活躍していた時なのでかなり前)に来た時より少し大きくなったような気がします。(気のせいかなぁ)座布団は、約57センチ×約57センチです。大人4人だとやっぱり少し狭いですね。靴は、 桝席の下に空間があるのでそこに入れます。ブーツなどは、入れにくいし、脱ぐのが大変なので普通の靴にした方が無難です。桝席の魅力は、力士のぶつかる音をまじかに聞きながら、靴を脱ぎリラックスしての飲食です。案内された後注文してあったお弁当やつまみを持ってきてくれます。また適宜、出方さんは、飲み物等の注文も聞きに来てくれます。もちろん館内には、お弁当等や飲み物、軽食などの売店もあります。国技館の名物「焼き鳥」は、地下に焼き鳥工場が場所中に出来るくらい、相撲観戦には欠かせない存在です。機会があったら、ぜひ食べて下さい。席にかかわらずお土産やお弁当は、相撲案内所(国技館サービス株式会社)のホームページまたは電話で注文することが出来ます。3250円から10690円のセットから単品のお弁当や焼き鳥やお菓子やパンフレットもあります。さて、心付けですが、だいだい3000円~5000円くらいと思うのですが(あくまで主観ですが)、飲み物とかを多く運んでもらいサービスを沢山受ける方や常連さんではもっと多い方もいるみたいですし、高いチケット代やお土産を払っているのだから一切しないという方もいるみたいなので、お気持ちだと思います。

 

IMG_6076.jpg  
▲午後2時5分の土俵(幕下の取り組み)

 

相撲の取り組み開始は、午前8時45分から序ノ口、序二段、三段目、幕下と続きます。午後2時30分から、十枚目の土俵入りと取り組み、午後3時50分から幕の内土俵入り、両横綱土俵入りと取り組みがあります。テレビ中継があるせいか、時間通りに進行していきます。私たちが両国国技館に着いた午後2時頃には、お客さんは3割位の入りでした。まだ下の番付けなので、仕切り直しや塩もまかないので、取り組みは早いスピードで進んで行きます。番付けが上がるに従って、行事さんの衣装が艶やかになり、力士も段々体格がよくなりお相撲さんらしくなっていきます。せっかく桝席が取れたなら、出来るだけ早めに行かれた方がいいと思いますが時間がない時は、午後2時30分の十両の土俵入り。最低でも3時50分の幕内の土俵入り、両横綱土俵入りはまでには是非入館して欲しいです。

 

IMG_6132.jpg IMG_6141.jpg
▲幕内の土俵入りと横綱の土俵入り (午後3時50分頃) 

IMG_6175.jpg  IMG_6181.jpg
▲満員御礼の垂れ幕は出ません  ▲懸賞は白鵬が一番でした 

 

 

5月場所は、最終日横綱白鵬と大関日馬富士が優勝決勝戦になり、日馬富士が下立て投げで初優勝。盛り上がった場所でした。しかし私たちの観戦した日は中日。2階席のいす席はもちろんの事、桝席の後ろにも空席が目立ち満員には程遠い状態、懸賞金も少なくちょっと寂しかったです。やっぱり日本人の力士も頑張ってほしいですね。でも席は、取りやすいと思います。

 

IMG_6189.jpg IMG_6191.jpg
▲土俵にはあっという間に幕がかけられてしまいました

 

一番盛り上がる横綱の取り組みが終了。でも余韻を楽しんでいる時間は残念ながらありません。弓取り式が終わった午後6時1分、儀式の後土俵はすぐに幕が張られてしまい、館内の出口も閉められてしまいます。近くで土俵を見て、余韻を楽しみたかったですが…。帰りは、行きに入った案内所出入り口から出ます(お土産を注文した方は案内所に寄ります)。両国駅は、少し混みますが、思ったほどではなく来た電車にすぐ乗れました。 

 



【館内】

1階エントランスホールのつきあたりには、優勝旗や優勝カップ等が飾られています。また近くには相撲博物館展示室もありますので、ぜひ早めに行って見てください。2階のいす席にはエスカレーターで上ります。5月場所では、親方の握手会やちゃんこ会場のイベントがありました。行かれる方は、イベントも事前にチェックですね。

 

IMG_6170.jpg IMG_6106.jpg 
▲優勝カップ優勝旗  ▲エスカレーター

IMG_6093.jpg IMG_6089.jpg
▲お土産屋さん(見るだけでも楽しいですね)

 

お土産屋さんは各所にあります。お弁当、お菓子、タオル、フィギュアなど色々売っています。2階には、ホットドックやハンバーガー等の軽食もあります。今回感心したのは、トイレがとても綺麗だったことです。手を洗う所は、水や石鹸が自動に出るのはもちろんのこと、それぞれに乾かす為の温風設備がありました。ただ館内の冷房がかなり効いていて、寒かったです。女性は、念の為何か羽織るものがあれば安心だと思います。相撲観戦を満喫して、相撲を盛り上げましょう~。

 

   

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-54.html

2009/06/11 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |