中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2008年12月 → )

栗まんじゅうの虎月堂(こげつどう) 中野

   ↑  2008/12/26 (金)  カテゴリー: 中野


虎月堂(こげつどう)は、中野では、有名で人気の和菓子店です。店内はあまり広くありませんが、ここでつくられているので、甘いいい匂いが漂っています。ちょっと駅から離れている所にあるお店ですが、お客さんがいつもひっきりなしに来ます。皆さん常連さんなんでしょうね~。

 

【虎月堂(こげつどう)】 
東京都中野区中央5-40-15-103 
【アクセス・交通】
丸の内線新中野駅、杉山公園方面改札より徒歩約5分
JR中野駅南口より徒歩約7分(中野通りを南にまっすぐ行き五又路、ロイヤルホストを越えたマンションの一階です。マンションは、ロイヤルホストと反対の側です。入口が小さいので、お見逃しのないように。

IMG_3292-ko.jpg
 ▲虎月堂(こげつどう)

IMG_3309-ko.jpg

  

 虎月堂(こげつどう)の箱や包装紙もとてもかわいいです。またお菓子の名前も凝っています。 

 

IMG_3317-ko.jpg  
▲黄玉満(こうぎょくまん)

 

これが一番人気の大きな一粒栗が入った栗饅頭(くりまんじゅう)の「黄玉満(こうぎょくまん)」250円(賞味期限7日)です。中の栗は、ほんとうに大きくて立派です。表面は、ぴかぴかに光っています。その大きな栗と白餡とぴかぴかに光った皮が絶妙な感じで調和してます。甘さはきつすぎず栗の味が存在感があります。250円となかなかのお値段の「黄玉満(こうぎょくまん)」ですが、とても美味しいので一度食べてみる価値ありです。

 

 

追記

 

おめでとうございます(^O^)/

虎月堂(こげつどう)の栗饅頭「黄玉満(こうぎょくまん)」

中野の逸品グランプリ2009

最優秀逸品賞「タイガース・マンスリー・栗ーミー賞」(中野猛虎会推薦)

を受賞。

 

 

私の一番のお気に入りは、えみまんじゅうです。白あんと割れている栗が贅沢に入っていて、とても美味しいです。表面がぴかぴかしている高級感は、黄玉満(こうぎょくまん)と同じ。栗が割れている分食べやすく、白あんとよく調和していて値段は、150円。黄玉満(こうぎょくまん)にもひけをとりません。

IMG_4851.jpg
▲えみまんじゅう(割れ栗入り、賞味期限6日)

 

ひととき梅は、梅のあまずっぱさがとてもいいです。皮は、栗饅頭の「黄玉満(こうぎょくまん)」とは、全然違いメレンゲしていような皮です(うまくは、表現できないでごめんなさい)。ですから、断面の写真がうまく撮れませんでした。ひとときの梅は、梅の時期には、ぴったりですね。どらやきは焼きたてだったので、皮がとってもやわらかくふわふわしていて、美味しかったです。すぐ食べてしまいましたが、あんことなじんだ皮も美味しいかも知れませんね。ぎっしり入ったあんこは、少し甘めです。どらやきは、売り切れることも多いです。他にも、虎月燕山(栗もなか)210円(賞味期限8日)、孫むすめ(梅ひとつぶ入り)200円、などがあります。

 

 IMG_3312-koge.jpg  
▲ ひととき梅200円(賞味期限5日) 

IMG_0151-koge.jpg

IMG_0159-koge.jpg 
▲どらやき180円(賞味期限4日)

 

※賞味期限は、季節により異なります。 
※人気の商品は、売り切れることもあります。電話で1つからでも予約してくれます。
※お店のデーター等は変更されることがありますので、詳しくはご確認下さい。

全国和菓子協会の虎月堂のページ



スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-19.html

2008/12/26 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

papabubble(パパブブレ) 中野

   ↑  2008/12/24 (水)  カテゴリー: 中野

中野に遊びに来たら、是非買って欲しいのが、このパパブブレの飴です。沢山の方がブログで紹介していますが、 百聞は一見にしかずです。サンプラザやブロードウェイなどに来られた時は寄ってみて下さい。

 

【パパブブレ】
東京都中野区新井1-15-13
【アクセス・交通】中野駅北口より徒歩8分くらいです。 

で、行き方は。北口を出ると目の前にサンモールの入り口があります。そのアーケードをまっすぐ早稲田通りまで行きす。ちなみにサンモール入口の右には、おやきのレフ亭。レフ亭の並びでケンタッキーの斜め前には、白いきらりの白いタイ焼き(残念ながら閉店)のお店があります。 ここも中野の話題店なのでチェックです。早稲田通りに出たらみずほ銀行の前の横断歩道を渡り、右に行くとすぐに薬師あいロード商店街の入り口があります。そこから少し行った右側にあります。 薬師あいロード商店街は、中野らしい風景ですが、突然オシャレなお店が登場します。それがパパブブレです。

IMG_3674 tori IMG_3673.jpg 
▲中野北口中野サンモール入口  ▲薬師あいロード入口

  

 【papabubble (パパブブレ)のお店】

IMG_3479.jpg
 ▲小さくてかわいいお店なので、見逃さないように注意して下さいね。  

 

 

平成17年の6月オープンしてから、あっという間に人気店に
今では、雑誌やテレビでも取り上げられています
 

 

IMG_3482.jpg

 

商品のディスプレイがとても斬新で、飴のお店と言うより、
雑貨さんに来たようなわくわく感 

 

 IMG_3483.jpg
▲いろいろな種類の飴が壁に 

IMG_3485.jpg
▲実際に飴を作っているところ(土曜、日曜は見てる人でいっぱい) 


店内で、実際に飴を作っている所を見ることができます。どんどん飴の形になっていくのを、見てるだけで楽しいです。運が良ければ、つくりたての飴を試食できる時もあります。とても人気なお店なので、お休みの日はゆっくり商品が見れないくらい混んでいます。できれば平日に来る事をお薦めします。商品を選んでいる間にも、新しい飴が、次々に出来てきますが追いつかない時も。本店は、スペインのバルセロナ。他にアムステルダム、ニューヨークがあるみたいです。もちろん日本は、ここ中野だけ(その後渋谷にも)です。

 

IMG_3484.jpg  IMG_3486papa.jpg  
▲ディスプレイもオシャレです 

 

小分けの袋を別々にもらえるので、結婚式やバレンタインデーのお返しなどにぴったりです。売り切れてしまう事もあるので、早めに用意したほうがいいですね。

 

IMG_3504.jpg

 

商品は、BAG(袋)60グラムが450円、JAR(瓶入り)のS(50グラム)が700円、M1500円です。自分で食べるなら、袋の方が飴の量はが多いのでお得です。写真は、BAGとJARのSです。賞味期限は、約4か月(パッケージに記載された賞味期限より)です。

 

IMG_3502.jpg
▲鮮やかな色どりです

 

かわいいハートとLOVEの文字が。。。とってもかわいいんです。飴なのに、甘ったるくなく、ラムネのような爽やかな味です。軽く色々な味がするので、甘いのが苦手な人でも食べると思います。綺麗でかわいいだけの飴ではなく、新しいスタイルの飴です。ほんとうに美味しかったです。※パパブブレのホームページは、なぜかまったく違う外国語のページになり、別に新しくホームページが出来ていました。もちろん英語で以前にましてイメージ的なホームページでしたが。。。とっても不思議です。 


 

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-17.html

2008/12/24 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

吉良上野介の墓

   ↑  2008/12/01 (月)  カテゴリー: 中野

訪問2008年12月。12月になると、テレビで忠臣蔵の豪華時代劇が放送される年も少なくありません。忠臣蔵と言えば、ご存じの通り、主人公は、忠臣 大石内蔵助をはじめとする赤穂浪士四七士。もちろん、赤穂藩主浅野長矩や正室瑶泉院も脇を固めています。 浅野家、大石内蔵助をはじめとする赤穂浪士47士の墓は、ご存じの通り泉岳寺にあります。

曹洞宋江戸三ヶ寺 泉岳寺の公式ホームページ→こちら

でも忠臣蔵で欠かせないのは、悪役の吉良上野介です。その吉良上野介のは、中野区の萬昌院功運寺にあります。

IMG_3155-ki.jpg  

萬昌院功運寺   〒164-0002 東京都中野区上高田4-14-1

【萬昌院功運寺へのアクセス(交通)】

①中野駅北口からサンモールを通り抜け、早稲田通りをまっすぐ早稲田の方に進み、青原寺駐在所前の信号を左折、ゆったりした坂を下った右にあります。歩いて、約25分位です。 ②東西線落合1番出口を出て左、青原駐在所前の信号を右折し、ゆったりした坂を下った右にあります。徒歩8分位です。③西武新宿線新井薬師前駅より徒歩約15分位です。

 

IMG_3156-ki.jpg  ▲萬昌院功運寺

萬昌院功運寺には、吉良の墓だけでなく、他にも放浪記で有名な作家林芙美子氏の墓など、歴史上有名な方々の墓があります。墓地内には、案内表示もあります。歴史上の有名人の方々とは言え墓なので写真は、遠慮しました。 

  

IMG_3153-ki.jpg

  

吉良家の墓所は、中野区登録文化財に指定されています。また 昭和55年義央の墓前には、「吉良家忠臣供養塔」「吉良邸討死忠臣墓誌」が建てられたそうです。

 

IMG_3166-ki.jpg

 

忠臣蔵の中では、悪役となっている吉良上野介ですが、地元では名君としてとっても慕われていたとの事です。忠臣蔵は、歴史の事実をもとに想像や創作で作られたものですから、もちろんすべてが真実ではありません(でもテレビで何回も忠臣蔵を見ると吉良氏は悪い人というイメージですよね)。吉良上野介氏も言い分が、ありますよねぇと思いながら、お参りしました。

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-15.html

2008/12/01 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |