中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2009年09月 → )

ベランダ菜園 白菜 ただ今成長中

   ↑  2009/09/30 (水)  カテゴリー: 白菜


追肥をした白菜は、ウッドメッシュプランターで順調に成長してます。少しでも太陽に当てるためベランダの中で移動させていますが、それも大変になってきました。21日には、本葉が15枚(1枚枯れました)。葉もとても大きくなってきています。日射しが強すぎるのか、ベランダが暑いのか、ウッドメッシュプランターが小さいのか、晴れの日は葉がぐったり。白菜をよく見ると、葉の先の方には、トゲみたいのがあります。

 

IMG_5929-ha.jpg
▲9月21日(本葉15枚 1枚は枯れました)

IMG_6112-ha.jpg
▲白菜の葉のトゲトゲ 

 

9月26日、順調。白菜を植える間隔が50センチから60センチ離さないといけないという段々意味がわかってきました。まるで食虫植物のように大きくなってきました。本葉は17枚です。

 

IMG_6139-ha.jpg
▲9月26日(本葉17枚 2枚は枯れました)

 

あれから毛虫さんは見つからなかったのですが、きゅうりからうつったのでしょうか?ハモグリバエのお絵かき跡があちこちに出てきました。ハモグリバエの対策としては、薬剤やネット(1ミリ以下)で覆うということみたいですが、白菜は1つしかないので、地道にハモグリバエを葉の上から潰すことにしました。プチという感触があればいいということなんですが、感触があるのかないのかはっきりはわかりません。もう蛹になってしまたのかなぁ~。でも蛹になって落ちても下がコンクリートなのでわかるので、まだ葉の中でしょう!!プチプチやらないといけませんね。ちなみにマメハモグリバエ(ハモグリバエは色々種類があるみたいです)は、卵からハエまで20℃なら約30日、25℃なら約19日だそうです。ちゃんと葉をチェックして、早めの駆除しないと。

 

IMG_6193-ha.jpg 
▲ハモグリのお絵かき

 

9月29日。写真に入りきれなくなっていたので、ひいて写しているため、もの凄く成長しているのがわかりづらいですが、ほんと大きいです。直径は70センチ。白菜様のようにベランダを占領しています。本葉19枚。白菜は、20枚くらいで結球するということなのでそろそろなんでしょうか~。楽しみです。

 

IMG_6275-ha.jpg
▲9月29日(本葉19枚、1枚は枯れました) 

IMG_6278-ha.jpg
▲直径70センチにも成長

 

でも

心配ことが


発生!!

 

今日(9月30日)、白菜の中心が茶色くなっていました(写真ではわかりづらいですが)。このまま結球しないで枯れてしまうのでしょうか。。。とっても心配です。どうしたのかなぁ~。

 

IMG_6283ha.jpg
▲中心が茶色くなってきました。                     

 

スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-91.html

2009/09/30 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

高尾山 茶屋 香住(かすみ)の天狗焼き・だんご

   ↑  2009/09/25 (金)  カテゴリー: 高尾山

訪問日2009年9月5連休中。さて、高尾山ハイキング下りのページは4号路のつり橋香住(かすみ)の天狗焼き・炭火焼だんご、薬王院の境内にある喫茶小坊一福の権現力ソフト(ごんげんりきソフト)などの高尾山名物や混雑状況についてお伝えします。上りは、ケーブルカーから高尾山自然研究路の1号路を通って、極めて順調に9:20に高尾山頂(標高599m)に到着。山頂は広場になっていて、この時間ではさすがにまだ人は多くありませんでしたが、展望台には人だかりが。その正面には雲ひとつない秋晴れの下、くっきりと富士山がみられ、歓声があがります(「雪があるともっといいのに」という贅沢な?声も)ミシュラン3つ星の高尾山からみるミシュラン3つ星の富士山は最高です。

 

 

AM9:20 高尾山山頂到着

 

IMG_5744-ta.jpg
▲高尾山山頂から望む富士山

 

高尾山の山頂は広場になっていて、ベンチも結構設置されています。高尾山常連の方は、茶店が開いていないことをよく知っていて、お弁当をちゃんと持参されています。高尾山は、犬のお守りがあるからでしょうか、ハイキングのお供する犬ちゃんを見かけました。ケーブルカーならバスケットに入れれば一緒に乗れるみたいですし、エコーリフトなら抱いて乗ればいいみたいです。(おとなしい犬でないと無理ですが)。ただ高尾山のホームページでは、「ペットを連れていいですか?」のよくある質問ページには、「東京都によると法的には禁止ではありませんが、自然生態に及ぼす影響を考慮し出来る限り遠慮して下さい」と書かれていました。

 

IMG_5749-ta.jpg IMG_5753-ta.jpg
▲高尾山山頂

 

私たちも今日は朝5時台の起床。軽く朝食をとって出発しましたが、お腹が空いてきました。茶店は朝10:00の開店と聞いていましたので、早すぎたかなあと思っていたら、幸い、展望台近くの茶店「曙亭」が9:40頃に開きました。早速とび込んで予定どおり(時間は大幅に早まりましたが)山頂でお昼にします。この日は、秋晴れで気温が高かったので、冷やしとろろそばに。平打ちのそばは腰があり、器まで冷やしてあるつけ汁は濃いめの味付け、とろろは粘りがあります。美味しいのですが量が少ないのと料金がちょっと高いのが難点ですが、富士山を見ながら外でも食事が出来るので、「曙亭」は人気です。すぐに混んできたのでゆっくりは出来きませんでした。


【曙亭】

IMG_5767-ta.jpg IMG_5761-ta.jpg
 ▲「曙亭」   ▲冷やしとろろそば(950円)

 

 

AM10:00 下山します

 

山頂を後にして、帰りの下山ルートは、つり橋のある高尾山自然研究路の4号路にしました。上りのときにはまだ開いていなかった茶屋の高尾山グルメも大チェックです。

 

IMG_5773-ta.jpg IMG_5774-ta.jpg
▲高尾山頂側からの4号路への入り口  ▲いきなり急勾配の階段です

 

高尾山自然研究路の4号路は、高尾山頂と浄心門とを結ぶ森のなかの登山道ルートです。うっそうとした森のなかを進んでいくと、道幅が途中狭くなったり、急な勾配のところは階段になったりと、1号路とはうってかわって本格的な山道です。私たちは、このルートを下っていったのですが、途中上りの人たちと多くすれ違い、道を譲りあいながら歩きました。階段は段差が大きいところもあり、上りは結構きついと思います。でも子供は、元気。小学生くらいの子供さんでも元気に上ってきます。さすが若い!!

 

IMG_5788-ta.jpg IMG_5787t-ta.jpg
▲木漏れ日のなかを ▲途中で他のルートとの分岐があります

 

AM10:27 つり橋に到着

 

4号路でのいちばんの見どころは、「みやま橋」といつり橋です。緑に囲まれていましたが、カエデも多く、紅葉の時期はまたすばらしいと思います。つり橋と記念写真を忘れずに。

 

IMG_5802-ta.jpg
▲つり橋

IMG_5805-ta.jpg
 ▲渡りきった側から全体を

 

ここまで来ればあと一息です。

 

AM10:39 浄心門の所に到着

 

 

4号路は、1号路路と合流し浄心門のところに出ます。着いてみると、行きのときとは比べ人がかなり多くなっているのにびっくり。普通は、ここからケーブルカーやエコーリフト乗り場に下ればすぐですが、今回のもう1つの目的である高尾山グルメを求めて、ここから少し戻り再び1号路を上って行きます(4号路なので戻りますが、1号路ならそのまま行けます)。お目当ては、朝早かったので上りのときに開いていなかった茶屋の「権現力ソフト(ごんげんりきソフト)」です。

 

IMG_5810-ta1.jpg IMG_5819-ta.jpg
▲浄心門に戻ってきました ▲今度は右手の女坂を行きます

 

女坂を登りきって、男坂と合流するところに、権現茶屋があります。そっそく注文しようと探してみると、普通のソフトクリームはあるのですが、権現力ソフトが見当たりません。店員さんに聞くと「境内で販売してます」との答え。行きに薬王院境内を通ったとき横目に見たあそこ?そこまで戻る予定はなかったのですが、せっかく高尾山まで来たら食べない訳にはいきません!!また1号路を戻りもう一度薬王院の境内まで行くことに。

 

IMG_5829-ta.jpg IMG_5835-ta.jpg
▲権現茶屋      ▲山門の手前にある「もみじや」

 

再び薬王院の山門(四天王門)をくぐり境内へ。ありました!!鮮やかな紫の「権現力ソフト」ののぼりが目に飛び込みます。

 

【喫茶小坊一福】
境内にある薬王院直営の喫茶・売店

 IMG_5838-ta.jpg IMG_5839-ta.jpg
▲境内にある「小坊一福」、「権現力ソフト」ののぼりあり ▲薬王院境内(お守りもあります)

 

これが、薬王院のオリジナル葡萄酢「権現力(ごんげんりき)」を使ったソフトクリームです。とっても美味しい!!たしかに葡萄の風味とともに甘すっぱさが。でもすっぱすぎず爽やかな味で、ハイキングの疲れも癒されそうです。食感はソフトクリームというよりシャーベットに近いです。写真を撮ってる間にもとけてきます。そうそうこの「小坊一福」の「権現力ソフト(ごんげんりきソフト)」を販売している女性の方の接客がとてもよく、美味しさ倍増でした。満足。満足。あ~ここまで戻ってきた甲斐がありました。

 

AM11:00 権現力ソフトを堪能 

これです!!

IMG_5846-ta1.jpg
▲これが権現力ソフト(300円)だ!境内から山門をバックに 

 

 

権現力ソフトを食べ、次の茶屋を目指します。薬王院の山門を出て、女坂、浄心門、たこ杉、サル園・野草園を過ぎ十一丁目茶屋に到着。「天狗だんご」というのぼりがあったので予定外でしたが、つい列に並んでしまった。注文を受けてから焼いているので5分ほど待ち、テイクアウトして秋晴れの下外のベンチで(直射日光が強すぎました)食べました。美味しかったですが、普通のお団子。事前勉強不足でしたが、十一丁目茶屋の魅力は、店内のテラスからが絶景らしく横浜ランドマークタワーや江の島まで見えるそうです。次回は、テラスですね。

 

 

【十一丁目茶屋】 
 

AM11:26 天狗だんご堪能

 IMG_5857-ta.jpg IMG_5865-ta.jpg
▲十一丁目茶屋(テラスがお勧めだそうです) ▲天狗だんご(甘だんご・焼きだんご )

 

 

十一丁目茶屋を後にし、かすみ台を通過するとケーブルカー乗り場の所前辺りに大行列が出来ています。なにかと思い先頭を確かめると香住(かすみ)の高尾山名物天狗焼きでした。行きは、早く閉まっていのでわかりませんでした。

  

 

高尾山で楽しみにしていた

香住(かすみ)です。

 


【香住(かすみ) 高尾登山電鉄直営】

香住(かすみ)は、高尾山の大人気店。最近では、はなまるマーケットでも紹介されるなど色々なテレビ雑誌に紹介されてます。

 

IMG_5867-ta1.jpg
▲天狗焼きの行列。左が列です。(25分待ち。でも食べたい)

 


天狗焼きの料金は、1個120円130円
。とても良心的です。お土産用の5個600円を買いました。中には、天狗焼を作る時の「はね」がおまけで入っていました。アツアツです。もちろんその場で食べるのが一番美味しいですが、お土産用に持って帰った後の食べ方まで親切に書いてあります。袋には「当日食べて下さい」とは書いてありますが、帰宅後すぐに冷蔵庫に入れ食べる時に電子レンジで温め、オーブントースターで焼いたら次の次の日まで美味しく食べれました(季節や持ち帰り状態により異なると思うので保証は出来ませんが。。。m(__)m)

 

IMG_5874-ta.jpg IMG_5875-ta.jpg 
▲天狗焼。手焼きです

 

 

25分並んで無事天狗焼きをゲット

 

 AM12:00 天狗焼き堪能

 

焼き立てのほやほやで火傷しそうなくらいアツアツです。美味し~い!!中のあんは、黒豆のつぶあんがたっぷり入っていますが甘すぎません。皮はそとはパリパリで中はしっとり、噛むと優しい甘さが。皮がとっても美味しいです。2007年(意外と最近ですね)から発売しているそうですが、リピーター客が多いとのこと、この美味しさならうなずけます。

IMG_7566-ta.jpg  
▲天狗焼き120円130円(可愛い天狗です。2011.1に写真を撮りなおす)

 

無事天狗焼きをゲットし

ケーブルカー乗り場から下にすぐ下ったところににまた列が

あれは一番楽しみにしていた同じく香住(かすみ)の団子。

ここに売っていたのですね。

 

IMG_5883t-ta.jpg
▲香住(かすみ)の炭火焼きだんご(三福だんご)。思ったほど、待ち時間はありません。 

  IMG_5884t-ta.jpg IMG_5888-ta.jpg
▲炭火でじっくり焼いて、くるみ味噌たっぷり

 

 

AM12:08 炭火焼だんご(三福だんご)堪能

 

これがめちゃめちゃ美味しかったです。予想以上の大満足。もちもちした食感は、普通のだんごとは全く違います。くるみ味噌もたっぷりかかっていてほんと美味しいの一言です。とてもボリュームがありますが、これは絶対食べて欲しい。私の高尾山グルメナンバーワン。お勧めです。中野でも売ってほしいよ~。

 

見て下さい。このくるみ味噌たっぷり

  

IMG_5889-ta.jpg
▲炭火焼きだんご300円『別名 三福(みつふく)だんご。大福、幸福、裕福の事だそうです』

 

 

高尾山グルメを堪能しまくりお腹いっぱいになり、いよいよ海抜462メートルの山頂駅から、全長878メートルの二人乗りエコーリフトに乗って高尾山を後にします。エコーリフトの切符売り場は6分くらい並びましたが、乗車はすぐでした。往復切符を買っている方は待たずに乗れます。

 

AM12:29 山頂駅下りのエコーリフトに乗車

IMG_5894-ta.jpg IMG_5898-ta.jpg
 ▲エコーリフト山頂駅(荷物は前にして乗車します)

 

エコーリフトは、下りの方が絶景が見られて断然お勧めですが、あまりの高さにちょっと目がくらみそうです。安全バーがないので思わず手すりを握りしめてしまいましたが、所要時間12分と贅沢な空の散歩です。天気や気候が良ければ気分は壮快ですし、眺望が綺麗なので是非乗って見て下さい。

 

IMG_5902-ta.jpg
▲エコーリフトからの風景

 

 

AM12:42山麓駅(海抜224メートル)に到着

 

満腹で美しい風景を眺めながら、ゆったりとした幸せな気分で山麓駅で降りてみてびっくりです。なんと人人人。リフト乗り場は、ロープが張られ何列もディスニーランドみたいに多くの人が並んでいました。大混雑です。50分待ちだそうです。高尾山の人気を改めて思い知らされます。

 

IMG_5918-ta.jpg IMG_5920-ta.jpg 
▲リフト乗り場(待ち時間は、私達がいる間にも増えていきました)

 

またエコーリフトから降りてちらりとケーブルカーが見えましたが車内は、ラッシュよりも恐ろしいくらい混んでいました。ケーブルカーは、25~30分待ちだそうです。(もっと長くなりそうです)

 

IMG_5923-ta1.jpg 
▲ケーブルカー乗り場の列

 

 

AM12:45 高尾山に別れを告げる

 

 

まだまだ続々と人が高尾山に向かって歩いてきます。これからもっと混雑するでしょう。案内の方に聞いたところ、いつもの9月よりは混雑しているとのことですが、紅葉シーズンは、これ以上の混雑は必須だそうです。混雑するとケーブルケーやエコーリフトの待ち時間はもちろんのこと、天狗焼や炭火焼だんご(三福だんご)の高尾山名物やトレイなども混んできて時間がもったいないです。またせっかく自然に癒されそうと来ているのに、人ごみでかえって疲れそうです。やはり来れる方は、出来るだけ早く高尾山の山頂を目指す計画を立てましょう。AM8:15のケーブルカーに乗り高尾山ハイキングをスタートさせAM12:45で終了です。ミシュラン3つ星の高尾山は、とても楽しいハイキングでした。自然は言うまでもなく、乗り物もあり、名物もあり素晴らしい山です。

 

IMG_5926-ta1.jpg 
▲続々と人が。混雑していきます

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-89.html

2009/09/25 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

東京ドーム 野球観戦

   ↑  2009/09/22 (火)  カテゴリー: スポーツ観戦

 

2009年9月22日に東京ドームに野球観戦に行ってきました。もうすでに巨人がマジック3。今日は、2位中日との直接対決なので巨人が勝つとマジックが1になり、明日にでも原監督の胴上げです。連休中なこと、そして何よりも巨人が強く優勝が真近だということで相当の混雑が予想されます。東京ドームのアクセスは、総武線の水道橋駅ですが飯田橋からお散歩がてら行くのが好きです。もちろん中野駅からだと東西線1本ということもありますが、それよりも道が空いているのでお勧めです。東西線の飯田橋駅A1出口を出たら神田川を渡って外堀通りを水道橋方面に歩いて10分弱で東京ドーム到着です。

 

IMG_5946-do.jpg IMG_5951-do.jpg
▲神田川沿いの遊歩道▲東京ドームの前の歩道橋

 

東京ドームシティーのゲートをくぐり、東京ドームに着いたのは、12:15。開場は11:00。プレイボールは14:00。まだプレイボールには、早いですがユニフォームを着た方があちこちにいます。これぐらい早く来ると東京ドームを探索出来ますよ。

 

IMG_5961-do.jpg 
▲東京ドームの歩道橋上

 

お土産屋さんの前にも入場する列が。東京ドーム21ゲート右側には野球殿堂野球体育博物館(大人500円・小学中学生200円)があります。野球の殿堂入りをした人々の肖像レリーフや野球の話題性や歴史性のある資料が展示されているそうです。またアディダスのお店の前には、原監督像がお迎えしてくれます。これまた記念写真ですね。

 

IMG_5962-do.jpg IMG_5964-do.jpg
▲続々と人の波が東京ドームへ

IMG_5973t-do.jpg IMG_5971-do.jpg
▲お土産へ入るために列が ▲野球殿堂野球体育博物館

 

IMG_5967tp-do.jpg
▲原監督像

 

東京ドームに野球観戦に行ったら、やっぱりこの写真。もちろん一緒に記念写真。

 

IMG_5977t-do.jpg
▲東京ドーム

 

東京ドームとしっかり記念写真を撮ったあと、さっそく入場することにしました。まずは荷物検査。ペットボトルや缶などは持ち込み禁止なので、紙コップにうつします。水筒は、大丈夫です。お茶は、ドーム内では160円しますから、水筒を持っていくのがお勧めです。

 

IMG_5984-do.jpg
▲荷物検査

 

12:30分、荷物検査を終え22ゲートから中へ。まずは、東京ドーム内を一周します。外野席や立ち見席はいっぱいです。お弁当屋さんも繁盛。席は、内野席でしたが外野から見るとグラウンドがとても広く見えます。

 

IMG_6004-do.jpg IMG_6001-do.jpg 
▲立ち見席は満員です ▲売店も繁盛してます

 

 

ジャビット君がいたので、ファンサービスの一環で無料で写真撮影をさせてくれるのかと思ったら、1000円で記念撮影でした。緑のスクリーンの前で写真をとると合成で東京ドームのホームベースの所からジャビット君と写真を撮ったようになります。なかなか商売上手です。

 

IMG_5990t-do.jpg IMG_6017t-do.jpg
▲ジャビット君も営業です

 

3月19日~4月12日まで展示し好評だった原監督グータッチ像がドーム内に7月28日~9月27日まで巨人戦の時に再展示されてました。原監督のグーにタッチすると原監督が「よくやった」と声をかけてくれます。意外とひっそりと展示されているので逃さないように是非記念写真を。東京ドーム内のトイレは、とても綺麗でした。もちろん5~6分は並びますが、数が多く意外とスムーズでした。巨人の攻撃の時に行くのが一番空いています。またドーム内は禁煙なので、タバコを吸う方は決められた外で吸うみたいです。

 

IMG_6006-do.jpg
▲原監督グータッチ像 

 

13:10ドーム一周の探索を終了し席に着きました。席に着く前に売店の方が「昨日は試合開始前にはお弁当は売り切れました」。と叫んでいるので、急いでお弁当は購入。ジャビット弁当(1300円)とホームラン弁当(1000円)です。ジャビット7月からVの字が入っています。前は、ジャビコ弁当もあったのですが、なくなっていました。旦那さんは、いつもジャビット弁当の容器を大事そうに持って帰りますが使ったことはありません。食器棚にたまってしまってます。。。

 

IMG_3830-do.jpg IMG_3832-do.jpg 
▲Vの字入りのジャビット弁当1300円

IMG_3835-do.jpg IMG_3838.jpg
▲ホームラン弁当1000円(どこがホームランなのか。。。わかりません)

IMG_3874-do.jpg IMG_3880.jpg
▲東京ドーム限定モナカアイス260円(ちょっと角がかけてます) 

 

打撃練習、守備練習が終了しグラウンドを整備した後、13:50からジャビットガールとの応援ダンスやキャッチ&スロー。プロゴルファーの古閑美保さん始球式。そして定刻通り14:00プレイボールです。

 

IMG_3846-do.jpg IMG_3847-do.jpg  
▲ジャビットガールとの応援ダンス  ▲  古閑美保さん始球式

 

3回、7回の巨人の攻撃には、ジャビットガールの応援ダンスが。7回には、応援歌とともに外野席に横断幕も出ます。試合は、巨人が6回に亀井選手の2ランで2対0で勝利。マジックを1に減らしました。試合は、投手戦というほどピッシャーがピリッとせず、その割には両チームあまりヒットも出ず地味な試合でした。でも巨人は、強い!!

 

 

IMG_6029-do.jpg
▲満員の東京ドーム

IMG_6038.jpg IMG_3876-do.jpg
▲中日応援外野席      ▲巨人応援外野席

IMG_3888-do.jpg IMG_3894-do.jpg
▲亀井選手の2ランで喜ぶファン ▲7回のジャビットガールズ応援ダンス

IMG_6045-do.jpg
 ▲巨人軍の選手勝利のあいさつに

IMG_6052-do.jpg
▲ヒーローインタビューの亀井選手

 

さて、亀井選手のインタビューを見届けないうちにドームを出ることに。試合終了8分後にはドームの外はもう大混雑

 

IMG_6060-do.jpg
▲ドームの外の混雑

IMG_6066-do.jpg IMG_6078-do.jpg
▲ドームシティからの橋もひとひとひと  ▲水道橋駅西口も混雑

 

でも何事もなかったかのように空いているJR飯田橋駅東口と東西線飯田橋駅。やっぱり10分弱歩いても空いている方がいいですね。お勧めです。

 

IMG_6080-do.jpg IMG_6082-do.jpg
▲飯田橋駅東口    ▲東西線飯田橋駅

 

 

今年も巨人は、強いですね。でもちなみに私は、中日ファンです。。。。。東京ドームでは、目立たぬよう応援してます。

 

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-90.html

2009/09/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

高尾山 初心者コースハイキング

   ↑  2009/09/21 (月)  カテゴリー: 高尾山


訪問日2009年9月5連休中。ミシュラン3 つ星に富士山と一緒に堂々紹介されている高尾山。自然豊かなのに都心からのアクセスが抜群。またケーブルカーやリフトの乗り物があり、茶屋には高尾山名物があり、由緒ある高尾山薬王院まであり、ハイキングだけでなく色々と楽しむことが出来るのが魅力です。体力や見どころによりハイキングコースは6コースと稲荷山コース(と言ってもスタートは、1号路、6号路、稲荷山コース。あとケーブルカー、エコーリフトです。6号路・稲荷山コースは頂上まで茶屋はありません。)があり、ご年配から子供まで楽しめます。紅葉にはまだ早いですが、5連休の日曜日その高尾山にハイキングに行ってきました。

   

 

では、行ってきます。

JR中野駅AM6:48発

JR高尾駅AM7:31到着

 

中央線特別快速で約43分。無事到着です。連休のため朝早いにもかかわらず電車は混雑していて、立川でやっと座れました。車内には、リュックを背負い登山やハイキング風の方が目につきます。

 

IMG_5628-ta.jpg
▲高尾駅

 

京王高尾線高尾駅AM7:48発 

 

高尾山口駅AM7:51着

 

 

京王高尾線へ乗り換えです。乗り換えは中央線の中央の車両に乗車しているとスムーズです。高尾駅で下車した方々は高尾山に行くのかと思ったら、ほとんどの方が山梨方面の他のJRに乗り換えました。人の流れについていけば、京王高尾線に乗り換えられると思ったら、大違いでした。この時間は、高尾山に行く方はまだまばらです。京王高尾山口駅のトイレには、すでに列が(当たり前ですが、京王高尾駅のトイレの方が空いていました)。早めがいいですね。

 

IMG_5632.jpg IMG_5634-ta.jpg
▲京王高尾線の高尾山口駅


高尾山口の改札を出て右に行き、遊歩道を約3分くらい歩くと高尾山です。途中に公衆トイレがありますが、あまり綺麗ではありませんでした。

IMG_5638-ta.jpg IMG_5639-ta.jpg
▲高尾山に行く遊歩道 

 


AM8:00高尾山の入り口に到着

 

朝早いので駅前のお店はまだ閉まっていて寂しい感じです。今回の高尾山ハイキングは、ケーブルカーとエコーリフトを利用したお手軽な超初心者コースにしました。上りは、ケーブルカーで中腹まで行き、一番有名な自然研究路1号路で薬王院を通り山頂へ。帰りは、吊り橋があり自然豊かな自然研究路4号路、自然研究路1号路を通り、中腹からエコーリフトで下りました。4号路は、少し傾斜のある山道です。ケーブルカーとエコーリフトの両方を使うと物足りない方は、片方のみ利用するなど自分の体力に合わせたコースを。
※ケーブルカーとエコーリフトを利用せず、1号路を登るコースは、「初詣薬王院1号路上り編(2011)」、下るコースは「初詣1薬王院号路下り編(2011)」に書きました。また薬王院のご利益スポットが増えていました。進化し続ける薬王院です。


 

IMG_5644s-ta1.jpg 
▲高尾山の入り口(入って左にケーブルの清滝駅、右にリフトの山麓駅)

 

ケーブルカーとエコーリフトの切符は、ここで買います。ここにもトイレがありますので、ハイキング前に行かれた方がいいかもしれません。もちろん、ハイキングコースの随所にトイレはありますが、高尾山のこの頃の人気はすごく、トイレの数が追いついてないような感じです(1号路山頂付近に立派なトイレが2012年の中ごろには完成するとのことですが…)。行ける時に行きましょう。ケーブルカーの乗り場は切符売り場のすぐ左。リフトは、右のゲートから少し歩いたところにあります。幸いにも8:15分に来たのにすぐ乗れましたが、車内は満員です。ケーブルカーは、日本最高勾配31度18分人気があり難しいとは思いますが、乗るなら先頭か後方がお勧め。先頭は進行方向を見上げると、ケーブルが垂直に上っているように見えますし、後方は逆さのような感じに見えます。車内は発車前から斜めになってますが、運行中は特に手すりをしっかり握っていないと転びそうな感じさえします。(ちょっと大げさかなぁ?)でも迫力満点。1度は是非乗って体感して下さい。8時始発、終発は季節や曜日により異なる。15分間隔で運行所要時間5分。京王線・井の頭各駅から高尾山口までの往復乗車券とケーブル・リフト(往復または片道)のお得な「高尾山きっぷ」あり→詳細は京王グループ

 

 IMG_5647-ta.jpg IMG_5651-ta.jpg
▲切符売り場とケーブル乗り場

IMG_5656-ta.jpg IMG_5917-ta.jpg
▲ケーブルは2種類。「もみじ」と「あおば」 

  

 

AM8:18ケーブルカー「高尾山駅」到着

 

ケーブルカーを降りてすぐに「香住(かすみ)」があるのですが、朝早いのでまだ開店してません。人気の「三福だんご」「天狗焼(香住売店)」を絶対に食べたかったので、帰りにまた寄ることにしました。

 

IMG_5663-ta.jpg
▲ケーブルカー「高尾山駅」

 

 

AM8:20 1号路の途中からハイキングスタートです

 

 

AM8:24 かすみ台通過

 

休憩できるベンチがあり、山々の景色をゆっくり眺めることができます。

IMG_5672-ta.jpg IMG_5671-ta.jpg
▲かすみ台 

 

AM8:28 たこ杉通過

 

サル園野草園の前を通過し思ったよりすぐに、観光スポットのたこ杉に。八王子市指定の天然記念物。看板には、伐採しようとしたら一夜にして根が後方に曲折したという伝説と、その根がたこに似ていることから「たこ杉」と呼ばれるようになった由来が書いてありました。根っこを踏んだり幹や根を触らないで下さいとの「たこ杉からのお願い」の看板も。以前には金網はなかったようです。樹齢450年のたこ杉を守るため設置されたのでしょうね。大切にしましょう。

 

IMG_5680-ta.jpg
▲たこ杉 

 

AM8:31 浄心門通過

 

浄心門をくぐり、高野山薬王院へ。参道の両脇には鮮やかな赤い灯篭が連なっています。

IMG_5683t1.jpg
▲浄心門

 

 AM8:34  男坂と女坂の分岐点に到着

 

参道は途中で、男坂と女坂に分かれます。下の写真でもわかるように男坂は息切れしそうな急な階段を上っていきます。途中には、北原白秋の歌碑があります。女坂は、距離は少し長いですが、なだらかな坂が続きます。こちらの道は、とくに緑豊かです。別々の道を行っても権現茶屋で合流し薬王院の山門に着きます。私たちは、上りの時に男坂。下りの時に境内の「力ソフト(りきそふと)」を食べるため戻ってきた時に女坂と両方通りました。

IMG_5691-ta1.jpg 
▲左 男坂、右 女坂 

IMG_5694.jpg IMG_5697.jpg
▲男坂 ▲北原白秋歌碑

IMG_5822-ta.jpg IMG_5823-ta.jpg
▲女坂(自然豊かです)

 


AM8:47 天狗の腰掛け杉通過



男坂と女坂の合流地点から少し行くと樹齢700年以上と言われる天然記念物の杉。この杉の枝に天狗が腰掛けて、参拝者を見守っていると言われています。

IMG_5705-ta.jpg
▲天狗の腰掛け杉

 
 

AM8:50 高尾山薬王院の山門(四天王門)到着

 

さっそく境内に(ちょっと急な階段とかもあります)。高尾山薬王院は、1200年の歴史ある真言宗の寺院で、成田新勝寺、川崎大師平間寺とともに真言宗智山派の三大本山です。境内には、高尾山の天狗伝説や信仰がある天狗さまの像があります。また寺直営店小坊一福の名物「力ソフト(りきそふと)も境内で販売されています。
 

IMG_5708-ta.jpg IMG_5710-ta.jpg
▲山門(四天王門) ▲大天狗・小天狗像

 

  

AM8:56 大本堂到着

 

IMG_5715-ta.jpg
▲大本堂

 

AM8:59 本社飯縄権現堂(東京都有形文化財)到着

 

ここでも天狗さんがお迎えしてくれます。向かって左の魔よけの剣を持っているのが、小天狗。右の開運をもたらすうちわを持っているのが大天狗です。なかなかポーズが決まってます。本社飯縄権現堂(東京都有形文化財)は、朱色を基調とした色鮮やかなお堂です。いたるところに動物など綺麗な彫刻があります。

IMG_5727-ta.jpg IMG_5720-ta.jpg  
▲小天狗     ▲大天狗  

IMG_5723-ta.jpg
▲ 本社飯縄権現堂(東京都有形文化財)




本社飯縄権現堂を過ぎいよいよ高尾山の頂上を目指します。ここからの道は、今までの1号路とは違い少しアップダウンがある山道になります。もうすぐ山頂です。

  

IMG_5734-ta.jpg IMG_5756-ta.jpg
▲頂上へ向かう1号路山道         ▲頂上広場

  

 

AM9:20 高尾山山頂に到着

 

 

ケーブルで中腹まで上がってきているので、所要時間は約1時間5分。男坂の階段と本社飯縄権現堂から山頂への道が少し大変なくらいで、お手軽なハイキングコースでした。高尾山頂上からは秋晴れに富士山がくっきり見え感動です。



IMG_5742-ta.jpg 
▲高尾山山頂から見える富士山(雪はまだありませんが)



高尾山山頂到着9:20。普段の休日ならまだ夢の中。でも、休日や紅葉など人での混雑が予想される時は 出来るだけ早く山頂に着くことが大事だということがよくわかりました。前日に高尾山の公式ホームページが開かなかったことから予想は出来ましたが(きっとアクセスが集中して)、ミシュラン3つ星の高尾山の人気は恐るべしです。
その混雑状況ともうひとつの魅力の茶屋の名物については、「高尾山茶屋香住(かすみ)の天狗焼き・だんご」のページに書きました。そばや団子や力ソフト(りきそふと)や天狗焼きと高尾山グルメに舌鼓。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-88.html

2009/09/21 | Comment (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 キャベツの白い粉と追肥

   ↑  2009/09/18 (金)  カテゴリー: キャベツ


9月4日に白菜と同じ日にポットから植え付けたキャベツ「トンガリキャベツのみさき」。植え付けた翌日水をあげるタイミングが遅くなってしまい、葉がしおれてびっくりしましたがその後復活。ほっとひと安心でした。本葉は8枚くらいです。キャベツは、水分を好むので水やりはたっぷりだそうです。

 

IMG_4945-ky.jpg 
▲9月5日

順調に本葉が増え11枚くらいになりました。

 

IMG_5030-ky.jpg
▲9月10日

 

本葉の数はあまり増えず13枚くらいです。でも葉がとっても大きくなり勢いが出てきました。

 

IMG_5529-ky.jpg 
▲9月15日

 

本葉は、14枚くらいです。15日には綺麗に弧を描くように葉が生えていましたが、今はあちらこちらに好きなように生えてます。結球のために葉が立ってきたのでしょうか!?(前向きな思い込み??)でも結球は、本葉が18枚~21枚なので早いようなぁ。球のキャベツではなく「タケノコ型のとんがりキャベツのみさき」成長過程違うのかなぁ??しばらく様子を見ます。植え付けしてから、14日経ちましたので追肥します。(追肥は、15日~20日前後ですが、植え付けが遅かったので早めにしました)幸いまだ虫さんには気づかれていません。

 

IMG_5546-ky.jpg
▲9月18日 

IMG_5557-ky.jpg 
▲キャベツについた白い粉と膜(手で擦ると取れます)

 

前から疑問だったのは、買ってくるキャベツを剥いていくと白い粉が付いていることです。農薬かもしれないとよく洗い外葉もたくさん取り除いていました。でも無農薬のうちのキャベツにも葉の表面が白くなっていたり、少しですが葉の根元に白い粉が付いています。どうしてかと調べました。するとこの白い粉の正体は、ワックスブルームだそうです。ワックスブルームとは、粉の状態に分泌されたロウ成分のこと。これにより干ばつ、低温、太陽の光や虫など自然環境から自らを守っているそうです。キャベツに限らず、ブロッコリーやぶどうにもあるそうです。そう言えば、ついてますね。その他に、BT(バイオ農薬)の可能性もない訳ではないみたいですが、これは人間には無害だとのことです。均等にある粉ならワックスブームの可能性大とのこと。安心。安心。

  

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-87.html

2009/09/18 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 白菜 追肥と虫さん

   ↑  2009/09/17 (木)  カテゴリー: 白菜


9月4日にポットから植え替えた白菜「中生白菜黄ごころ85」。苗を買ったのが遅かったので、自動的に植え替えの時期が遅くなってしまいました。植え替えの翌日水をあげるタイミングが遅くなったら、白菜はぐったり。干ばつに強いと言われていますがやっぱり当たり前ですが、植え替えた直後は水を沢山あげないとダメですね。ゴメンネ。葉も細くよわよわしく、これがあの白菜になるとは思えません。

IMG_4941-h.jpg
▲9月5日

 

もうダメかなぁと心配してましたが、5日後本葉8枚くらいに成長。葉も大きくなってきました。思ったよりずーっと早いのでびっくりです。連作は不可というのがうなずけます。 

  

IMG_5027-h.jpg
▲9月10日

 

5日後、本葉11枚くらいになりました。すごい!!葉もとっても大きくなって元気です。

 

IMG_5525-h.jpg
▲9月15日

 

本葉13枚くらい。外の葉より新しく出てくる葉の方が元気がよく大きいです。段々葉が立ちあがってきているような感じです。1回目の追肥は本葉が10枚~15枚ということなので、さっそく追肥しました。またちょっとタイミングが遅いかなぁ。畑だったら1回目は苗から離れた土手の上にするそうですが、植木鉢なのでちょっと掘って肥料をやりました。肥料の説明書によると土の上でもいいとのこと、また根ぐされしませんと書いてありました。頼りになります。2回目(最後)の追肥は、結球し始めた時だそうです。

 

IMG_5538-h.jpg
9月17日

 

追肥の時よくよく白菜の葉を見ると丸い穴が。昨日はなかったのに。なにかの虫にやられたようです。

 

IMG_5535-h.jpg 

▲9月17日 白菜に穴が

 

 

すると発見!!

 

正体をつきとめるためズーム。

 

なんと

  

 

IMG_5532-h1.jpg
▲デジタルズーム4倍

 

危ない危ない!!毛虫さんかしら。。手で触るところだった!!食欲旺盛そうだからもう1日遅かったらもっと大変なことに。他の葉にもいるのではないかと確認しましたが、この1匹だけでした。割り箸でつまんで、ゴメンナサイ。でも1匹だけのはずはないので、これから毎日虫さんチェックです。それから、きゅうりさんから歩いてくるのでしょうか!?ハダニさんも2~3匹。これにも要注意です。ベランダなのにもう虫さんに見つけられてしまいました。ほんと虫さんってすごい。 

  

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-86.html

2009/09/17 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

水上バス(船)で行くお台場観光

   ↑  2009/09/15 (火)  カテゴリー: 中野から日帰り

訪問日2009年9月中旬、日曜日。お台場に行くなら水上バス(船)がお勧めです。自由の女神・フジテレビ・公園・海岸・夜景・観覧車・買い物・食事等々、東京の観光スポット・デートスポットとして欠かせないお台場。最近では機動戦士ガンダムまで登場し話題でした。公共交通機関を使っての交通(アクセス)としてはゆりかもめりんかい線、バスが一般的ですが、海から上陸する水上バス(船)のアクセスがあります。これがなかなかお勧めです。ゆりかもめの一日乗車券800円に100円追加した「お台場・有明ぐるりきっぷ共通一日券」900円は、ゆりかもめ、りんかい線、水上バス(船)にも乗れます。それでは、新橋からのアクセスを。

 

IMG_5183-o.jpg
▲ゆりかもめ新橋駅

 

JR新橋駅の烏森改札口を出て左に50メートル行く(看板が出てます)とゆりかもめの新橋駅があります。エスカレーターを上る前にインフォメーションセンターがありガイドマップがあるので持って行きましょう。エスカレーターを上り、コインロッカーや自販機や売店がある通路を直進すると切符売り場があります。 看板が立っていますが、水上バス(船)も乗れる「お台場・有明ぐるりきっぷ共通一日券」(900円)を買う場合は、切符の自動販売機の左の3列です。

 

 IMG_5185-0.jpg IMG_5193-o.jpg
▲通路と切符売り場

 

「お台場・有明ぐるりきっぷ共通一日券」は、回収されません。記念になりますね。

 

IMG_5522-o.jpg 
▲「お台場・有明ぐるりきっぷ共通一日券」

 

ゆりかもめは運行間隔が短いので、席がなくゆっくり座って行きたい時は次に発車する反対側のゆりかもめを待ちましょう。水上バス(船)の乗船は、新橋駅から約6分3つ目の「日の出駅」下車となるのですぐに着きます。

 

IMG_5195-o.jpg IMG_5197-o.jpg 
▲お台場駅とゆりかもめ車内

 

日の出駅の改札を出たら、右に。階段とエレベーターがあります。階段の方は少し遠回りなので子供つれの方やご年配の方はエレベーターを利用した方がいいです。

 

IMG_5200-o.jpg
▲日の出駅

 

新橋方面に少し歩くと手前に立派な乗船所があるのですが、これは東京湾クルーズのシンフォニー乗り場です。 何度か乗船しましたが、シンフォニーもなかなか楽しいですよ。

 

IMG_5206-o.jpg IMG_5219-o.jpg
▲シンフォニー乗り場とシンフォニー

  

 ここの前を通り過ぎ少し行くと。ここです。日の出駅から徒歩約3分くらいです。

   

IMG_5213-o.jpg 
▲水上バス乗り場の日の出桟橋   

 

待合所の中には、トイレやカフェがあります。「お台場・有明ぐるりきっぷ共通一日券」でない方は、乗船券を買います。日の出桟橋からお台場海浜公園間は、460円です。やっぱり「お台場・有明ぐるりきっぷ共通一日券」はお得ですね。日の出桟橋からはお台場方面だけでなく、浅草方面にも行きます。浅草方面ははとバスのツアーがあるのか団体客も多く、大変人気があるようで船がいっぱいでした。また外国人観光客の方も多く見られます。(浅草方面は、「お台場・有明ぐるりきっぷ共通一日券」では乗れません)

 

IMG_5215-o.jpg
▲待合所

 

海を見ながら船を待つことも出来ます。また隣にはシンフォニーが停泊しています。海の向こうには、お台場のフジテレビやパレットタウンの大観覧車が見え、記念写真を撮っている方が多いです。

 

IMG_5233-o.jpg IMG_5234-o.jpg
▲日の出桟橋の外の待合所

 

 

船が着くとアナウンスがあり乗り場に並び、乗船します。入り口で係員に「お台場・有明ぐるりきっぷ共通一日券」を見せます。

 

IMG_5240-o.jpg
▲水上バス(船)乗り場

 

乗り場で待っていると浅草方面から道灌が入船。お台場海浜公園の乗船所ではヒミコが入船したのを目撃。浅草~お台場に行くヒミコは松本零士氏が「ティアドロップ(涙滴)」をイメージコンセプトとして設計を手掛け、船内アナウンスは銀河鉄道999のキャラクターの星野鉄郎やメーテルや車掌さんを起用しているとのことです。「お台場・有明ぐるりきっぷ共通一日券」では残念ながら乗れませんが見れてよかったです。未来的な船でした。

 

IMG_5255t-o.jpg IMG_5339-o.jpg 
▲道灌      ▲ヒミコ

 

 

さて、お台場海浜公園へ行く船は、この「海船」です。屋上には広々したデッキ。サイドにもデッキがあります。船の中に光が入り開放的な感じです。一番人気は、やはり屋上デッキ。乗客のほとんどは、屋上デッキに上り潮風に吹かれながら、海からの風景を楽しんでいました。屋上デッキはかなりの日射しですが、日傘は禁止。1階、2階の席の方は空いてました。トイレや売店もありお台場海浜公園まで、所要時間約20分の快適な運航です。船内は禁煙。

 

 

IMG_5263-o.jpg
▲海船

IMG_5273t-o.jpg IMG_5287-o.jpg 
▲2階     ▲屋上デッキ

IMG_5277-o.jpg IMG_5276-o.jpg  
▲1階、突き当りはトイレ   ▲1階、突き当り売店

 

水上バス(船)は、レインボーブリッジの真下を運航ます。乗船しないとこの風景は見れませんね。

 

IMG_5299-o.jpg 
▲真下からのレインボーブリッジ

 

お台場海浜公園に近づいてくると水上バス(船)はの速度が落ちゆっくり景色を眺めることが出来ます。

 

IMG_5317-o.jpg IMG_5332-o.jpg
▲水上バス(船)からの風景

IMG_5328-o.jpg IMG_5343-o.jpg 
▲水上バス乗り場▲待合室(お台場海浜公園の)

 

お台場に無事到着。さっそく定番のお台場観光。まず、自由の女神。案内板によると自由の女神は、日本のフランス年を記念してパリ市セーヌ川シーニュー島から初めて海を渡りお台場海浜公園に1998年4月~1999年1月まで設置。フランスへの帰国が近づくにつれ復刻像再建の願いが高まり、フランスに帰国した自由の女神から型をとり2000年12月22日序幕したそうです。次は、フジテレビに。フジテレビの25階球体展望室「はちたま」は、晴れていればレインボーブリッジ、東京タワーはもちろんのこと富士山も見れます。有料ですが、1度行って見る価値ありです。以前に行ったことがあるので、今回は球体展望室「はちたま」を見上げるだけにしました。真下からだと迫力があります。

 

IMG_5346-o.jpg IMG_5380-o.jpg
 ▲自由の女神   ▲フジテレビの展望球体室「はちたま」

 

 

水上バスから機動戦士ガンダムの一部が見えたので潮風公園に見に行くことに。「緑あふれる都市東京の再生シンボル」「東京でオリンピック開催の願い」として2009年7月11日~8月31日、18メートルの実物大立像がお台場に登場。。もちろんもう終了していましたが、解体途中のガンダムの足だけ見ることが出来ました。足だけでもなかなかの迫力。大人気だったのがうなずけます。

 

IMG_5364-o.jpg
▲潮風公園の機動戦士ガンダムの足

 

 

お台場からパレットタウンへプロムロードを散歩の途中、大観覧車がキティちゃんになっているのを旦那さん発見(奥さんは、気づきませんでした)。耳が残念ながら片方消えてますが、よくよく見るとキティちゃんです。大観覧車のキティちゃんの謎を解くためと、旦那さんが大の観覧車好きなので、何度も乗っているのですが大観覧車にまた乗ることにしました。

 

 

IMG_5507-o.jpg
 ▲パレットタウンの大観覧車がキティちゃんに!!

 

なぜキティちゃんかというと、2009年6月20日~9月23日の期間、ハローキティ誕生35周年とパレットタウン大観覧車10周年を記念して、ハローキティ観覧車にしているとのことでした。。観覧車にはキティちゃんが貼られアナウンスもキティちゃんでした。いつもお台場に来ると大観覧車には乗ってしまいますが、今回はシースルーに挑戦。64台のうちシースルーは4台しかなく、普通のは待ち時間なしでしたがシースルーは25分待ち。料金は、同じで900円。実際に乗ってみると予想以上にスリル満点でした。さすがに床は傷などで少しくもっていましたが、横から下が見え足がすくみました。

 

IMG_5453t-o.jpg IMG_5484-o.jpg
▲期間中はキティちゃんが▲4台しかないシースルーゴンドラ 

 

IMG_5457-o.jpg
▲シースルーゴンドラ。下がよく見えます

 

パレットタウンは、りんかい線東京テレポート駅が近いのですが、新橋に戻るためお台場海浜公園まで歩きゆりかもめで帰りました。お台場海浜公園駅に行く途中の通路サントリーのビル付近からキティちゃんの大観覧車がいい角度で見えみんな写真を撮っていました。以上水上バス(船)で行くお台場観光でした。

 

IMG_5500-o.jpg IMG_5518t-o.jpg
▲お台場海浜公園駅  


 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-85.html

2009/09/15 | Comment (6) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 ベビーキャロットの種まきました

   ↑  2009/09/14 (月)  カテゴリー: ベビーキャロット


ベビーキャロット
の種を見つけました。(セリ科のニンジン属、原産地はアフガニスタン)。ベビーキャロットは、ソーセージ型の超早生(わせ)のミニニンジンで家庭菜園向きだそうです。甘みがありサラダや野菜スティックのようにそのまま食べるのにぴったりだということです。早生(わせ)とは、字のごとく種まきから収穫まで早いということですが、早いと言っても収穫は種まき後70~80日、ニンジンは時間がかかるのですね。

 

IMG_5100-ni.jpg
▲ベビーキャロットの種

 

上記の袋の中にベビーキャロットの種が1000個も入っているそうです。小さい袋の中のそんなに沢山入っているのかなぁとを出してみたら、とっても小さく綺麗な緑色をしてます。無くしてしまいそうな小ささです。

 

IMG_5144-ni.jpg 
▲ベビーキャロットの種

 

さて、種の袋の説明文によるとベビーキャロットの育て方は、種まきは東京周辺だと3月上旬から4月中。7月から9月中旬の2回。15センチ間隔でスジまきをし、薄く土をかけ、本葉4~5枚で3センチ間隔に間引き。さすが小さいと間隔は3センチでいいのですね。プランター向きです。発芽まで水は、たっぷり。追肥は年明け収穫するもののみ、最終まびき後1回行うとのこと。種まきから70~80日くらい、長さ10センチになったら収穫だとのことです。10センチなんてほんとにかわいいニンジンですね。なんか簡単に収穫出来そうな感じですが、もう9月中旬なので種まきはギリギリ。早く種をまかないと。急いで、ちょっと深い新しいプランターと新しい土を買ってきました。ニンジンは、3回まで連作出来るそうでその点もアブラナ科に比べると楽ですね。

 

IMG_5157-ni.jpg
▲ちょっと深めのプランター (9月13日晴れ)

 

プランターに列の間隔を15センチにして2列のスジをつけ、種を入れて土を薄く掛け水をたっぷりやりました。

 

IMG_5159-ni.jpg
▲緑色の種が小さくてわかりずらい。

 

発芽までの日数は、5~14日。発芽適温(地温)は15℃~22℃。生育適温は20℃前後だそうです。無事に芽が出るといいのですが。。もちろんニンジンを栽培するのは、初めてです。収穫が楽しみ。

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-84.html

2009/09/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 きゅうり親・子・孫・ひ孫蔓全員集合!!

   ↑  2009/09/13 (日)  カテゴリー: きゅうり


8月21日以来の久々のきゅうり2本の収穫(9月12日)です。今年は、すっかり秋の気配の9月。きゅうりはもう終了かと思いきや素晴らしい頑張りぶりです。相変わらず葉の裏には赤い点。そうハダニがたくさんで毎日セロハンテープで200ひきくらいは駆除しています。もう手が赤くなって。。。 そんな私の頑張りに応えてくれたのでしょうか。きゅうりは実をいっぱいつけています。

 

IMG_5057-ky.jpg  IMG_5064-ky.jpg
▲まだ子蔓(つる)から収穫できそうです。9月10日

 

 

下の写真を見て下さい。親蔓(つる)の葉はなくなり、もう枯れてしまっているような感じです。しかしながら、親蔓(つる)しか根とはつながっていないので、枯れてはいないのです。そこから子蔓(つる)が出て、また子蔓(つる)から孫蔓(つる)が出て、孫蔓(つる)からひ孫蔓(つる)まで出ています。すごいと思う事は、親蔓(つる)を摘芯(先を切ること)すると子蔓(つる)が親蔓(つる)より太く元気になり、子蔓(つる)を摘芯すると今度はは孫蔓(つる)が太く元気に成長していきます。摘芯をすると自分の成長を止め、出てくる新しい蔓(つる)に栄養を与えるところは驚きと感動です。こうしてきゅうりは、蔓(つる)を増やし自分たちの子孫を少しでも多く残そうとするのですね。

 

 

IMG_4932moji.jpg
 ▲きゅうりの家族たち

 

『追記』

4月3日に我が家のベランダに来てくれた「きゅうりのなるなる」。ベランダで日照時間も短いなか、天候不順のなか「きゅうりなるなる」は頑張ってくれました。葉が病気になったり、ハダニ、ハモグリバエ、アブラムシにやられたり。。。

 

 

でも「きゅうりなるなる」は

 

40本の収穫の喜びを与えてくれました

 

IMG_6348-kyu.jpg
▲最後の収穫

 

そして

今日(10月5日)旅たちました。

きゅうりさん長い間楽しませてくれて、ありがとうございました。

 

IMG_6386-kyu.jpg
 ▲きゅうりなるなるの親蔓(もうこれは木ですね!)

 

おわり

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-83.html

2009/09/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

エアコン 自分で掃除(ちょっと分解)大作戦!!

   ↑  2009/09/10 (木)  カテゴリー: つれづれなこと
この記事は、2009年9月のものです(ちょと古い機種)。エアコンは、年々進化してますので、構造は、機種や発売年等により異なるみたいです。とくに、自動掃除がついてるエアコンは、難しそうみたいです。
また、この記事は、体験記です。


なんのジャンルのブログかわからなくなってきましたが、まぁ「エコ」が共通ということで。。。今回は我が家の夏のエアコンクリーニング大作戦を。この頃エアコンをつけると雑巾の臭いが漂ってきます。。。臭~いよ~!!取扱書通りに季節ごとにフィルターの掃除はやっていましたが、臭いがどんどん強烈に。エアコン掃除のプロに依頼しようかとも思いましたが、料金が高い。思い切って買い換えようかと思いましたが、まだ使えるので自分で掃除をすることにしました。まずは、エアコンをよく観察することにしました。

 

脚立にのりフィルターを外し

冷却フィンをじっくり見るとすみに汚れが

うちのフィルターはホコリを全部ブロック出来なかったみたいです

 

IMG_4532-e.jpg
▲フィルターをとった冷却ファン。すみにホコリ(写真①)


  

懐中電灯で照らし

エアコンの吹き出し口をもぞいて見みると

ホコリなのかカビなのか

あまりの汚さにびっくり!!

 

IMG_4146-e 1  
▲エアコンの吹き出し口(回転して風を送ります。シロッコファンと言うらしいです)

 

 

寝室にある5年目のエアコン。夏冬、寝るときの数時間しか使用していません。布団の綿ボコリか!?それとも部屋が汚いのか!?なんでこんなに汚れているのでしょうか?!エアコンの吹き出し口は、使用してない時は閉じているのにこんなに汚いとは。。ここは1度ものぞいたことはありませんでした。説明書には「吹き出し口も掃除」とは書いてありません。これが汚れが臭いに直接関係しているかわかりませんが、身体に良くないのは間違いない!!で、さっそく自分で掃除することにしました。

   

まずは、道具を揃え

 

 

使えそうなものをホームセンターや100円ショップで買って来ました。では実際にやった方法を紹介します。エアコンの説明書には書いてありませんので、故障の原因になるかもしれません(専門家ではないのでよくわかりませんm(__)mm(__)m)。また洗浄剤が汚れを含んでモーター部分に流れ込みショートし、火が出ることもあるとニュースでやってました。


「エアコン自分で掃除(ちょっと分解)大作戦」は
エアコン掃除のプロではなく素人(しかも文系)の自己流体験記です

もしやられる場合は、エアコン本体の取扱説明書・エアコン洗浄の使用書
をよく読み

自己責任でお願いします。m(__)mm(__)mm(__)m

 

IMG_4135-e.jpg

 ▲エアコン洗浄剤、ブルーシート、バケツ、ガムテープ、雑巾、ゴミ袋、新聞紙、ブラシ、水を吹き付けるもの(100円ショップで買った霧吹きが一番良かったです。霧ではなく、水をストレートに調節出来るの)、ゴーグル等(水鉄砲は水流が弱く役に立ちませんでした)

 

 

では、準備に。(吹き出し口をやる場合のみ)

 

洗浄液やホコリが落ちるので床にブルーシートを敷いてその上に新聞紙を敷いて下さい。コンセントを必ず抜き、ホコリなどを綺麗にした後、濡れないようにビニールで保護。ゴミ袋の長い方を切りガムテープでエアコンの下を覆うように付けて下さい。エアコンのつなぎ目から洗浄液が流れるので、つなぎ目より奥にビニールに貼り、つなぎ目から洗浄液が漏れてもビニール袋に入るようにして下さい。 (それでも少しは洗浄液が漏れますので気をつけて下さい。)横を留めるのも忘れずに。

 

IMG_4156-e.jpg
▲ゴミ袋長い方を切って利用 

 IMG_4154e1.jpg  
 ▲エアコンの隙間から水が漏れないようにガムテープでとめる

 

 

では、さっそく冷却フィンからエアコン内部の掃除

エアコン洗浄スプレーの説明通りにやります


 ↓エアコン洗浄スプレ冷却フィンの掃除は、ここから
フロントパネルを開きエアフィルターや空気清浄フィルター等(エアコンの種類によって違いますが、冷却フィンの前にあるものすべて)を取り冷却フィンを露出させます。取ったエアフィルターは、ゴミを取り除いとく。上の写真①のようにエアーフィルターがあるにもかかわらず、冷却フィンがホコリがある場合は、歯ブラシでやさしくとり掃除機でゴミを取り除きます(冷却フィンは、押すとへこんでしまうので、注意です)。
それから、エアコン洗浄スプレー缶の説明とおりに5~6回よく振り冷却フィンから5センチくらい離してフィンの向きに沿ってスプレー。(絶対に冷却フィンの右にある電気部分には、液体類をかけないで下さい。故障や火災の原因になる可能性あります)この洗浄液は、排水管からから出てきます。(冷却フィンだけの掃除なら、ビニール袋を貼ったりする準備はいりません。)
排水管からは期待するほど汚れている洗浄液は出てきませんが、念入りに2缶やりました(※いっぺんにやり過ぎると排水管に流れる前にエアコンから漏れ故障・火災の原因になる可能性あり。また冷却フィンの汚れが凄すぎると、排水管への通路がつまり漏れ、故障・火災の原因になる可能性あり)。環境保護のため、排水管から流れてくる洗浄液はいちごのパックなどで受け止め、外には流さないようにした方がいいと思います。
エアコンフィルターや空気清浄フィルターをもとの場所にセットし、フロントパネルを閉めて冷却フィンの掃除は終了。

↑ここまで


 

ここまでは、毎年やってました

今年は

汚かった吹き出し口(内部の風を送っているところ)の掃除にチャレンジ



↓ シロッコファンの掃除はここから
まずは、汚れをハブラシ等でこそげ取ります。ゴーグルをつけ汚れを目指しエアコン洗浄スプレーをかけ霧吹き(霧じゃない方にセット)の水で洗い流します。またハブラシ等でこそげ、エアコン洗浄スプレー、水と繰り返します。吹き出し口からは、真黒い洗浄剤がゴミ袋に流れ出ます。(外に伝わって少し漏れるのでちゃんと下には、敷物を敷いて下さい、また液が飛びますのでやる場合はフロントパネルを取らない状態で)。ここの作業では、高圧洗浄機があれば楽なのにと思いました。それより取り外せて丸洗い出来ればものすごく簡単なんですが。

 

 IMG_4159-e.jpg IMG_4172-e.jpg
▲ホコリを取り、洗浄剤や水で洗い流す 

 

 ゴミ袋が汚い洗浄液が溜まってきたら、新しいのに交換。液がそこそこきれいになるまで何セットかやります。

 

IMG_4181-e.jpg IMG_4179-e.jpg
▲こんなに汚れた洗浄液が出ます259 

 

洗浄がひとまず終了したら、再度ゴミ袋を新しいのに変え、エアコンを運転させます。(濡れた手でコンセントは触らないように注意)吹き出し口から液やホコリが出てくるので、押さえながら運転させて下さい。液やホコリが出なくなったら押さえるのをやめ、乾燥させるためにしばらく運転します。

 

IMG_4211-e.jpg

 

しかしながら、吹き出し口の汚れは全て取り除くことは出来ませんでした。その後、濡らした綿棒を鉛筆に付けたので、吹き出し口の風を送るところの溝の汚れをこそげとる作業がこつこつ続きました(翌年やったときは、鉛筆に付けるより割り箸の方が良いと思いました。エアコンの機種によっては、綿棒を鉛筆(割り箸)等に付けたのにウエットティッシュを巻いてやった方が良かったです)。順序としては、汚れをある程度除去した後洗浄した方がいいと思いました。

 

IMG_4230-e1.jpg IMG_4234-e.jpg 
▲綿棒にはまだまだ汚れが取れます

 

 

根気よくやった結果278!!

  

IMG_5040-e.jpg
▲綺麗になった吹き出し口 

 

使用状況により汚れは違うと思いますが、溝のホコリを除去するのは大変です。上を向く作業なので長時間やると首や肩を痛めるので、暇な時に根気よくやって下さい。(シロッコファンを簡単に取り出せて洗えれば、簡単なんですが。。。メーカーの方も考えて欲しいですね。)臭いの根本的な原因は、内部だと思うのエアコンを全部分解し洗浄しないと完全にはよくならないみたいですが、かなり改善させました。またエアコンの効きがとてもよくなり(個人的な感想ですが)エコにもなりました。付属品も新しいのに交換し、これからは定期的にエアコンの掃除をやりたいと思います。

 ↑ここまで

 

追記 エアコンを自分で掃除ちょっと分解編

後日、自分で少しエアコンを分解して綺麗に掃除しようということになり、出来るところまでやってみました。まずフロントパネルを取り外し。これはエアコンの取扱書にも書いてあるので、その通りにやり外してみました。ホコリを丁寧に取ります。もちろんコンセントは外して下さい。

 

IMG_5583-e.jpg
▲フロントパネル

 

さて、今回のメインイベントの外装パネルを外します。分解の仕方はまずネジを外します。メーカーによって違うと思いますが、だいたいこの近辺にあります。もう一台のエアコンは左右のネジはなく3ヵ所でしたが、このエアコンは5か所でした。特に吹き出し口の下にあるネジは隠してありますので、探して見て下さい。ネジは、くれぐれもネジをつぶさないように注意して下さい
※本体と壁を固定しているネジではないことは絶対確認して下さい
(本体が落ちちゃいます)。

 

IMG_5626m-e 
▲エアコンの機種によりネジの位置は違います 

IMG_5576-e.jpg IMG_5578-e.jpg
▲吹き出し口のネジ。隠してあります 

 

 

外装パネルを両手で押さえ上に持ち上げるような感じで取ります。上部がつめで引っ掛けてあるタイプのは、つめを折らないように慎重に。またエアコン本体を上に持ち上げると本体が取れてしまいますので、持ち上げるのは外装パネルだけです。下の吹き出し口がつかえ易いので、気を付けて下さい。

 

IMG_5622-e.jpg
 ▲外装パネルを外します

 IMG_5585-e.jpg
 ▲冷却フィン丸出し写真②

 

少しエアコンが分解出来ました。これが自分でやる限度です。でも外装パネルを取ると、邪魔になって前回掃除出来なかったところにホコリや汚れが。さっそく取り除きます。
右にある電気配線には絶対液体類をかけない(故障・火災の原因となることあり)で下さい。
写真②の冷却フィン丸出しの状態でもしエアコン洗浄剤を使用する時は、サランラップなどで絶対保護した方がいいと思います。またエアコン洗浄剤の使用方法には、外装パネルを取るとは表記してありませんので、やるとするなら自己責任となりますね…m(__)m。

 

IMG_5589-e.jpg 
▲冷却フィンのすみが汚れてます

IMG_5590t-e.jpg 
▲エアコンの外装パネル

IMG_5593-e.jpg IMG_5596-e.jpg
▲外装パネルも汚れています

IMG_5618-e.jpg IMG_5617-e.jpg
▲綺麗になりました

 

後は、外装パネルを装着しネジを留めて終了です。慣れると意外と簡単ですが外装パネルと取るところに少しコツがいります。でも自分で出来る範囲ですがエアコンを無事分解でき、全体的にとても綺麗になって大満足。5年目のエアコンは、今はまったく臭わなくなりました。10年目のエアコンの方もかなり改善。これからも続けます。


長文となりましたが最後まで読んでいただき有難うございます。皆さんのエアコン掃除のご健闘をお祈りします

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-82.html

2009/09/10 | Comment (32) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 キャベツ初めて育てます

   ↑  2009/09/04 (金)  カテゴリー: キャベツ


白菜と一緒にキャベツの苗も衝動買いしてしまいました。もちろんキャベツの苗を見るのも初めてでした。品種は、「トンガリキャベツみさき」です。ちょっと変わった品種(キャベツは、品種が300くらいあるそうです) だと思いましたが、他の品種が4つのセット売りだったので4つは狭いベランダで無理ということでこの「トンガリキャベツのみさき」になりました。帰ってから調べると、「トンガリキャベツのみさき」は、タケノコ型で早く収穫でき家庭菜園向き。葉は柔らかく味に甘みがあり生食向き。1.2キロ前後で小玉だそうです。え!!丸くないの?!トンガリという意味がやっとわかりました。でも栽培しやすいということ早く収穫出来るということは、嬉しいですね。白菜と同様、キャベツもアブラナ科(他には、大根、かぶ、ブロッコリーなど)なので連作はダメだそうです。

 

IMG_4898.jpg
▲トンガリキャベツのみさき 75円

 

キャベツの育て方を調べると種まきは、春まき、夏まき、秋まきとあるそうで、発芽温度は15℃~28℃と広く比較的育てやすいみたいです(春まきは難しいみたいです)。種をまき本葉が5~6枚くらいになったら35~45センチ間隔で植え付け。肥料は、植え付けてから15日~20日と結球(結球とは葉が内側に巻いて球になること)を始める直前の2回だそうです。外側の葉が18枚~21枚になると結球が始まるそうです。
※育てて分かったのですが、下の鉢では小さかったようです(収穫出来ましたが)。予想以上に大きくなります。

 

IMG_4914.jpg
▲9月4日

 

キャベツは、シソが植わっていたところに植えました。白菜を植えたのと同様、土が消毒できてなく病気が発生しやすいのと土に栄養がしっかりあるのかが心配です。既に、葉も9枚くらい出ているので植え付け時期も遅いみたいです。(売れ残ってみたいです)葉がよく成長しないと結球されないみたいなので心配です。そうそうキャベツは、虫がとてもつくということなのでこれから虫さんチェックも欠かさずやります。収穫予定は、11月上旬。こちらも色々心配はありますが、頑張ってキャベツさんを育てます


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-81.html

2009/09/04 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 白菜初めて育てます

   ↑  2009/09/04 (金)  カテゴリー: 白菜


ホームセンター島忠に白菜の苗を見つけ、初めて白菜の苗を見てちょっと感動して衝動買いしてしまいました。(別ページに書いたキャベツも一緒に買ってしまいました)あとから考えるとベランダで大きい白菜が出来るか心配ですがとりあえあずチャレンジ。白菜は、中国が原産地アブラナ科だそうです。アブラナ科には、大根、ブロッコリー、かぶ、小松菜、キャベツなどがあり、連作してはいけないみたいです。買った苗の品種は、「中生白菜黄ごころ85」。調べてみると、中心は浅黄色で葉は柔らかく甘みがあり、根コブ病、ウイルス病、ナンプ病などの病気に強いそうです。85というのは、種をまいてから85日くらいで収穫出来るということで、他に65や75という品種もありました。そっちの方が早く収穫出来るからよかったのに。。。約3キロくらいで収穫出来るとのことです。

 

IMG_4893.jpg
▲中生白菜黄ごころ85 68円 

 

白菜の育て方を調べると、種だと8月くらいにまき、約3日くらいで発芽。本葉が4~5枚くらいになったら、50~60センチ間隔で植え付けるそうです。発芽温度は、20℃~25℃と幅が狭く、種をまく時期が大切。大きくなるので、土壌の栄養を充分にすることと水はけに注意が必要だそうです。追肥は本葉が10~15枚くらいと結球(結球とは、葉が内側に巻いて球になること。)が始まった時の2回。葉が約20枚くらいになると結球が始まるそうです。また結球の大きさは外葉の大きさできまるので、それまで大きくするのが肝心だということです。

 

IMG_4921.jpg
 ▲9月4日

 

植えかえる前にポリポット(ポリ鉢)に水をやるのが遅くなったら、外葉がぐったりしていてびっくりしましたが、復活してひと安心。次の日さっそく以前に朝顔が植わっていたところに植えかえました。水はけはよいのですが、まだしっかり土を消毒していなので病気になりそうなのと、土に養分があるか心配です。50センチ間隔が必要ということは、少し鉢が小さかったかもしれません。種からではなく苗からですが本葉がもう8枚もあるので植え付けの時期も遅かったみたいです。(植えかえる時葉が取れてしまいました) 問題山積みですが、順調にいけば11月頃に収穫できる予定です。これから頑張って白菜さんを育てます。  


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-80.html

2009/09/04 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

季の葩(ときのは) 中野店 誕生日ケーキ

   ↑  2009/09/03 (木)  カテゴリー: 中野


季の葩(ときのは)は、中野にある有名なケーキのお店。お店の前は草花で彩られ、大きなショーウインドウにはケーキがたくさん飾られ、店の奥にはガラス越しにパティシエの方がケーキを作っているのを見ることが出来ます。お店で作っているので、人気である「満福でシュー」が売り切れそうになり心配していると、出来たてのが無事に追加されます。普通のケーキはもちろんのこと季の葩(ときのは)では、誕生日やお祝いのときのホールケーキがお気に入りでよく注文します。

 

季の葩(ときのは)の普通のケーキのページもよかったら見て下さい

  

IMG_3973-tot.jpg
▲季の葩(ときのは)中野店 

IMG_3974-tot.jpg IMG_3975-tot.jpg   
▲お店の前は、草花でいっぱいです 

 

【季の葩(ときのは) 中野店】

東京都中野区新井5-5-10 

【アクセス・交通】

西武新宿線の新井薬師駅より徒歩約8分か沼袋駅より徒歩約10分
JR中野駅北口より徒歩で約20分(北口から中野通りをまっすぐ北に行き、早稲田通りを越えて新井薬師の少し先です)
駐車場があります。

 

誕生日やお祝いのケーキは、ホールケーキが雰囲気が出ますよね。注文は、来店だけでなく電話でも出来ます。特別に大きいサイズでない限り前日でも大丈夫だそうです。(タルト生地を使っているモンブランやセゾンタルトは前々日の方が確実だそうです。)もちろん電話でも説明してもらえますが、来店するとホールケーキの見本写真があり、種類や大きさなど詳しくわかります。持ち帰れるホールケーキの説明のパンフレットがあると便利なんですが、残念ながらありません。

IMG_3990-tot.jpg
▲ショートケーキ4号 1700円

 

やはりホールケーキと言えば、いちごが載っているショートケーキ。上の写真は、4号です。2人で2回に分けて食べました。5号2600円、6号3500円。スポンジも柔らかく生クリームも甘すぎずとても美味しいです。いちごも完熟。他の種類は、タルトセゾン4号1300円、モンブラン4号1600円、クラシックショコラ、チョコ生クリーム、フルーツショートケーキなどあります。一般的には、4号は直径約12センチ2~3人分、5号は直径約15センチ4~6人分、6号は直径約18センチ6~8人分だそうです。(ケーキの種類や食べ方によって違うと思いますが)もちろんローソクとクッキーに文字入れサービスがあります。文字が入れられる厚めで大きいクッキーも美味しいですよ。誕生日の方は、お店の黒板に「誕生日おめでとう」とともに名前が掲示されます。旦那さんの誕生日ケーキの時に、その黒板を見て中野近辺の同じ誕生日の人だぁと少し感動してしまいました。(旦那さんよりかなり若いと思いますが)

 

IMG_3992-tot.jpg IMG_4018-tot.jpg
▲誕生日の定番ショートケーキ  ▲文字入れクッキーも美味しい。

 

モンブランは、とってもかわいいです。栗のクリームが綺麗に積み上げられ、頂上には大きな栗のアクセント。中には、タルト生地に生クリームとカスタードと栗がたっぷり入っています。とっても美味しいく、友人にも大人気です。

IMG_6520-to.jpg
▲モンブラン4号 1600円

 IMG_6509-to.jpg IMG_6558-to.jpg
▲モンブラン断面(綺麗に撮れなくてゴメンナサイ)



タルトセゾンは、カスタードと沢山のフルーツのタルト。カスタードは、満福でシューと同じ感じ。他のケーキの4号サイズより少し小さく感じられます(約直径11センチ、高さ7センチ)。2人で一気に食べてしまいました。見た目はとても綺麗ですが、カットが難しく、大勢で食べるにちょっと大変かも。

IMG_5566t-tokinoha.jpg 
▲タルトセゾン4号 1300円

 

誕生日ケーキは以前はデパートで買っていましたが、スポンジや生クリームが固くいつ作ったのか疑問に思う時もあり今は季の葩(ときのは)で注文してます(^O^)/。  
 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-75.html

2009/09/03 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |