中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2011年01月 → )

地獄温泉 清風荘 宿泊記

   ↑  2011/01/30 (日)  カテゴリー: 雲仙温泉・地獄温泉・垂玉温泉、熊本城


公共交通機関(電車・バス・フェリー)を利用した九州にごり湯の旅4泊5日も半分終了。雲仙温泉2泊を堪能したあとは、露天風呂「すずめの湯」が有名な「秘湯地獄温泉清風荘」2泊です(訪問日2010.11月中旬平日連泊)。 雲仙から路線バスで諫早へ向かい、そこからフェリーで有明海を渡って熊本へ、熊本駅から九州横断特急、南阿蘇鉄道と電車を乗り継ぎ、最後は南阿蘇ふらっとバスに揺られてやっと到着。バスは旅館からちょっと下がったところにある、日帰り温泉用駐車場に停車。宿へ向かう坂から見上げると、青い空に紅葉の赤と黄そして緑のコントラストがとても綺麗。わくわくしながら坂道を急ぎます。
地獄温泉には、他の宿はなく、地獄温泉イコール清風荘。宿泊は、「本館」と「別館」と「トレーラーハウス村の清風」があります。徒歩で行けるお店や飲食街はなく、山奥の秘湯という雰囲気です。野鳥の里でもあるようですが、響き渡っていたのはニワトリの時の声でした。夜は星が綺麗です。
 

IMG_6510-jigoku.jpg 
▲日帰り駐車場からの坂を上がります




旅行雑誌でよく見かける

歴史を感じる本館正面玄関



【本館】
館内も風情たっぷり、歴史と木のぬくもりが感じられます。エレベーターがない(新館も)ので、曲水庵(食事処)へ行くのに高齢の方は少し大変そうでした。

IMG_6516-jigoku.jpg 
▲地獄温泉清風荘本館(いのししがお出迎え)
IMG_6557-jigoku.jpg IMG_6555-jigoku.jpg 
▲本館フロント▲お土産もあります




今回の宿泊は、本館の向かいにある新館。

本館と違い、いたって簡素な外観

本館のような秘湯の雰囲気は感じられないのに 

本館より宿泊料金は高く 

お風呂に行くにも、曲水庵(食事処)に行くにもちょっと不便。 

それでも選んだ理由は

部屋にトイレがあるのが新館だけだったから

トイレは、重要です(2泊もするので)


【新館】 

IMG_7012-jigokusei1.jpg 
▲新館(写真左の屋根があるところが、本館への連絡通路)
IMG_6728-jigokusei.jpg IMG_6520jigokusei.jpg 
▲新館ロビーと受付(ふだんは人がいないので、用があるときは本館のフロントへ)


地獄温泉 清風荘は、古くからの湯治場というイメージがあったのですが、新館の部屋はとっても近代的で綺麗。床や壁が薄いのか足音と話声は少し響きますが(22:00頃には皆さんすっかり寝てしまったようです。早い!!)、その他はとても快適でした。そうそう本館にある曲水庵(食事処)や風呂(元湯、家族風呂)に行く時には、少し不便ですが。チェックインし部屋に案内されると、係の方が来て、地獄温泉の敷地内の見取り図で各施設やお風呂の説明、食事の時間の予約など丁寧にしてくれます。私たちの係の方は、若いのに物腰が柔らかく気が利き、ずば抜けて接客のいい方でした。2泊しましたが、部屋の掃除をなしにしてもらったので、布団は敷きっぱなし。お風呂に入っては、ゴロゴロするというこの上ない贅沢を。掃除をなしにしても、アメニティーやお茶は、新しいものに替えてくれます。
 

 IMG_6522-jigokusei.jpg
▲新館、部屋はとても綺麗です
IMG_6526-jigokusei.jpg 
▲冷蔵庫の上にはティファールのポットまで
IMG_6572-jigokusei.jpg IMG_6529-jigokusei.jpg
▲バスタオルはもちろん、たびソックスもありました▲あって良かった。大切なトイレです。





敷地内もあちらこちら紅葉しています



 

IMG_6668-jigokusei.jpg 




新湯の方へ歩いていくと



【トレーラーハウス村 清風】
本館から南の方角にあります。私たちが宿泊した間は、利用客はいませんでした。

IMG_6801-jigokusei.jpg 
▲トレーラーハウス村 清風



さて、次は曲水庵(食事処)をご案内します。


地獄温泉清風荘公式ホームページ→こちら


スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-181.html

2011/01/30 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

中野マルイオープン

   ↑  2011/01/28 (金)  カテゴリー: 中野
2007年8月26日に惜しまれながら営業休止した丸井中野店

2011年1月28日に「中野マルイ」としてオープンです

10日くらい前から、パンフレットが配られ

ちゃくちゃくと準備が進んでいるようでした  
 


IMG_7618-maruio-pun.jpg
▲1月17日にもらった「中野マルイオープン」のお知らせ (クッキーも入っていました)

IMG_7624-maruio-pun.jpg 
▲1月28日のオープンを待つ丸井中野店 



そして今日2011月1月28日、いよいよオープン
  

 
5分前の9:55に駆けました


でも既にオープンしているようなぁ



IMG_7630-maruio-pun.jpg 
▲中野マルイオープン
IMG_7637-maruio-pun.jpg
▲中野マルイ入り口(西側) 



今までのマルイにはなかった

マルイの西側にある

四季の庭


 IMG_7678t-maruio-pun.jpg IMG_7677-maruio-pun.jpg
▲両脇には緑

IMG_7676-maruio-oun.jpg 
▲ウッドデッキの脇には水が流れています

店頭に列が出来ていたので、入場制限かと思ったら、ピーコックの入場制限でした。もちろんマルイも開店セールで混雑していましたが、まだ10時(通常は10:30~)ということでそれほどではありませんでした。でも今週末は、大混雑するでしょうね。売り場面積は、かなりコンパクトになりましたが、店内は明るくなり買い物しやすい雰囲気です。
ハンズが提案するライフスタイルショップ「ハンズビー」、無印良品など雑貨が充実している感じがしましたが、洋服の売り場面積はあまりないです。中途半端なら思い切って、スイーツなどを充実させた方がいいような気がしました。


1階のロブロス(スイーツ&ベーカリー)で

限定10個という文字を発見

さっそく

その「マルイオープン限定商品のスーパープレミアムロール」を購入。


IMG_7641t-maruio-pun.jpg 
▲長さは16センチ(ちょっと生クリームが重い感じですが、スポンジはとってもしっとりしてます)
IMG_7655t-mauio-pun.jpg IMG_7669-maruio-pun.jpg
▲中野マルイオープン限定商品 2310円


「中野マルイ」がオープンして嬉しいですね。やっぱりマルイは中野のシンボルです。


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-179.html

2011/01/28 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

地獄温泉のアクセス(電車・バス・タクシー)編

   ↑  2011/01/15 (土)  カテゴリー: 雲仙温泉・地獄温泉・垂玉温泉、熊本城


長崎県雲仙温泉を堪能し、オーシャンアローで海を渡り熊本県に上陸。熊本港からオーシャンアローシャトルバスで熊本駅11:29に着いたところまでは、「雲仙から熊本アクセス(オーシャンアロー)編」のページに書きましたが、いよいよ地獄温泉へ行きます。アクセスを調べると、おもに車みたいです。でも公共交通機関(バス・電車)を出来るだけ利用したいと更に調べてみましたが、ちょっと分かり難い。で、参考になればと思い実際に利用したアクセスを紹介します。 



その実際に利用したアクセス(訪問日2010.11月中旬平日)は

【行き】熊本駅(JR九州横断特急)立野駅(南阿蘇鉄道)阿蘇下田城ふれあい温泉(南阿蘇ゆるっとバス)地獄温泉(清風荘
※九州横断特急の時間が合わなければ、JR豊肥本線でも。
※南阿蘇ゆるっとバス(1日2便)とうまく接続出来なければタクシー。

【帰り】地獄温泉(清風荘)タクシー立野駅(JR九州横断特急)熊本駅
※残念ながらチェックアウトする時間帯の南阿蘇鉄道と九州横断特急の接続がわるく、時間のロスを少なくしたかったこと、九州横断特急に乗車したかったことで、立野駅までタクシー(約25分)を利用。 
※期間限定のトロッコ列車が走行している時(席があれば)は、九州横断特急とうまく接続出来る可能性あり。時刻表の確認必要です。
※九州横断特急にこだわらないのなら、南阿蘇鉄道で阿蘇下田城ふらあい温泉→立野駅。立野駅からJR豊肥本線でも。 


南阿蘇鉄道・トロッコ列車の時刻表等→南阿蘇鉄道



11:29に熊本駅。でも乗車する九州横断特急は、14:37発。
ということで、熊本ラーメンを食べることに。熊本駅より大人気店「黒亭」へ。
(熊本のグルメは別のページに書きます。予定)。 



IMG_6394-jiaku1.jpg
▲熊本駅(周辺を工事中)


さて、熊本ラーメンを食べ14:17改札通過

 IMG_6429-jiaku.jpg
▲改札




改札を入ると色分けされた線が引いてあります

その線に沿って行くと乗り場に着きます。 とっても分かりやすい。熊本駅!!  
 
私たちは4番乗り場の水色です 




IMG_6430jiaku.jpg 
▲乗り場へ色分けした線で案内してます


【熊本駅】14:37発 九州横断特急6号
九州横断特急という立派な名前なので、何両編成で入線するのかと思い、駅員さんに聞いたら、「2両編成(時期により3両)です」と。 「えっ!たった2両なの」。ちょっと拍子ぬけ。指定席を買っていましたが(11月平日)、行き(帰りはほぼ満員)は4割位の乗車率でした。乗務員(女性)は、車内販売と車内アナウンスを1人2役で大活躍。 意外と本数が少ないので、時刻表の確認が必要です。
 


レトロ調で渋く、好きな顔です。

IMG_6445t-jiaku.jpg
▲九州横断特急 (トイレあります) 
 IMG_6447-jiaku.jpg IMG_6459-jiaku.jpg
▲九州横断特急 ▲車内(木目調で、落ち着いています。シートは、ブルーに見えますがグリーン)
 

【JR立野駅】15:20着
スイッチバックで有名な立野駅
九州横断特急のシートの向きを乗客も手伝って逆にします。ここで、南阿蘇鉄道に乗り換えます。

IMG_6476-jiaku.jpg IMG_6470-jiaku.jpg
▲立野駅




JRの立野駅で記念写真を撮っていたら、

南阿蘇鉄道の方が、「写真、撮りましょうか?」とわざわざ来てくれました。
(たまたまお時間があったのだと思いますが)

「お忙しいのにありがとうございます」と言うと

「記念になれば嬉しいです」と。 
 
南阿蘇鉄道の方はなんていい方なんでしょう




JRの改札を出たらすぐそこに南阿蘇鉄道。 



【南阿蘇鉄道 立野駅】15:40発 南阿蘇鉄道
1両のワンマン列車です。平日ですから乗客は、まばらです。3駅目です。のんびりしいて、綺麗な風景があり、癒し系の電車です。是非乗車して欲しいです。


IMG_6483-jiaku.jpg 
▲南阿蘇鉄道(ホームにトイレあります)




途中絶景を楽しめるように、停車してくれました。 
 

IMG_6493-jiaku.jpg 
▲車窓からの風景(たぶん白川大渓谷?)

IMG_6501-jiaku.jpg IMG_6498-jiaku.jpg
▲のどかな阿蘇下田城ふれあい温泉駅


【阿蘇下田城ふれあい温泉】15:52着 15:55発
ラッキーなことに15:55発(平日)のゆるっとバスとうまく接続。1日2便しかありません。
 
IMG_6504ts-jiaku.jpg 
▲ゆるっとバス




【地獄温泉】16:12着
地獄温泉清風荘の日帰り客用の駐車場の所に到着。ここから坂をすこし上り清風荘へ。熊本駅から地獄温泉まで 所要時間1時間35分

IMG_6507t-jiaku.jpg IMG_6510-jiaku.jpg
▲バスが停まった日帰り温泉用の駐車場から坂を上がり地獄温泉へ




風格ある建物です


IMG_6513-jiaku.jpg 
▲地獄温泉清風荘


【帰り】

行き同様に、南阿蘇ゆるっとバスで阿蘇下田城ふれあい温泉駅。南阿蘇鉄道で立野駅。そして九州横断特急で熊本駅のアクセスを利用したかったのですが、チェックアウトの時間と九州横断特急の乗り換えがうまくいかず、宿からタクシー(予約)を呼び、立野駅までタクシーで行き、10:43の九州横断特急に乗車し熊本駅へ。 
タクシーは、約25分くらいで2700円でした。


【地獄温泉清風荘】9:52発
タクシー(約25分2700円でした)


【立野駅】10:16着  
スイッチバックで有名な立野駅をゆっくり見たかったのと、何かあり九州横断特急に乗り遅れると困るので余裕を持って着くようにしました。
IMG_7016-jiaku.jpg IMG_7017s-jiaku.jpg
▲立野駅(歩道橋を渡って)


時間があったので、立野駅の写真を撮っていたら、

今日(11月平日)はお休みの期間限定のトロッコ列車がなぜか立野駅に停車

ラッキーなことに見ることが出来ました


IMG_7043-jiaku.jpg IMG_7045-jiaku.jpg
▲トロッコ列車(期間限定走行)

【立野駅】10:43発

九州横断特急が入線。ここで方向が変わるので、シートの向きを乗客も協力し変えます。

IMG_7057-jiaku.jpg
▲立野駅 九州横断特急

IMG_7062-jiaku.jpg IMG_7063-jiaku.jpg
▲マークがかわいいです(写真より落ち着いた赤です)


【熊本駅】11:30着
帰り(11月中旬金曜日)の九州横断特急は、ほぼ満員でした。立野駅までタクシーを利用したアクセスは、南阿蘇鉄道には残念ながら乗車出来ませんが、乗り換えが1回しかないので、非常にスムーズです(タクシーがいれば)。地獄温泉から熊本駅まで所要時間1時間38分(立野駅での待ち時間が長かったのに)。

IMG_7078-jiaku.jpg 
▲熊本駅

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-180.html

2011/01/15 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

初詣 高尾山 薬王院 1号路 下り編

   ↑  2011/01/08 (土)  カテゴリー: 高尾山

2011年元旦の7:58に1号路を上り始め高尾山山頂を目指し、9:23に雪化粧した美しい富士山を拝めたことを前のページでお伝えしましたが、 その富士山とお別れし、薬王院の初詣と愛犬ケン(15歳の柴犬)のお守りを買いに山頂を後にします。




ありがとう富士山


9:35 下山します


IMG_7458-takaohatu.jpg 
▲元旦の富士山


下りも1号路で

IMG_7465-takaohatu.jpg IMG_7467-takaohatu.jpg
▲頂上から下っていきます




奥の院を通り



9:49 ご本社お参り

IMG_7476-takaohatu.jpg 

IMG_7471-takaohatu.jpg 
▲ご本社



9:55 ご本堂お参り 



 IMG_7486-takaohatu.jpg IMG_7487-takaohatu.jpg
▲ご本堂には両脇に天狗さま
IMG_7483-takaohatup.jpg 
▲ご本堂


お参りは、ほとんど並ぶことなく無事に終了しました。



IMG_7492t-takaohatu.jpg IMG_7493-takaohatu.jpg
▲お正月は華やかです



さて、次は愛犬ケンのお守りです
売り場にはいろいろなお守りが並んでいますが、肝心なものが見つからない

「犬のお守りはありますか?」と売り場の方(たぶんバイト)に聞くと
「ペットのお守りならご本堂の所にあります」と
「えっ!!犬じゃなくてペットくくりかぁ」と思いつつも




10:01  ご本堂の売り場で高尾山薬王院のペットのお守り購入
(ワン・ニャンお守り)
    
 

ちょっとお守りにしては、現代的ではありますが…
(健脚健康、交通安全、延命長寿) 


ケンちゃん、いつまでも元気でね



IMG_7494-takaohatu1.jpg 
▲ペットのお守りと言ってもワン・ニャンでした。色はピンクもあり。 ケンはオスなのでブルーです





薬王院の境内に

前回来たときは見当たらなかった、ご利益がありそうなものが…  




【願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり】10:00~10:07
願いが叶うように念じながら「願叶輪潜」をくぐって、その先にある大錫杖を鳴らし祈念するそうです。少し並びましたが、祈念出来ました。
IMG_7505t-takaohatu.jpg IMG_7522t-takaohatu.jpg 
▲ 願叶輪潜


【縁結び】
願叶輪潜の向かいにあります。
IMG_7511-takaohatu1.jpg 
▲縁結び

【銭洗い弁天】10:07~10:09 
縁結びの隣にありました。金運アップのため、もちろんお金を洗い、小槌を持って記念写真

IMG_7513-takaohatu1.jpg
 
IMG_7518-takaohatu.jpg IMG_7520-takaohatu.jpg
▲「小槌と一緒に写真を」と書かれています▲金運を願いお金を洗います。今年こそ!!



薬王院を後にし、帰りは女坂で。男坂に比べるとかなり楽です。


IMG_7530-takaohatu.jpg 
▲女坂  上りの人が増えてきました




浄心門をくぐりケーブル乗り場まで1号を下ります   


 


【天狗焼き】10:26~10:51

ケーブル高尾山駅前で、黒豆あんの高尾山名物「天狗焼き」に並びます   
25分並び、アツアツの天狗焼きをゲット  
 そとはカリカリ、なかは黒豆餡がもちもち!おいし~い

 
 IMG_7566-takaohatu.jpg IMG_7570t-takaohatu.jpg
▲天狗の顔がかわいい▲混雑時は、1人10個までに制限されます



すごいはやわざ!!職人芸です



IMG_7561-takaohatu.jpg IMG_7558-takaohatu.jpg




天狗焼きをベンチで食べてから、トイレタイム(空いていました) 
ご来光を見に来た人々で8:47位は、大混雑でしたが
10:51位には、ケーブルとリフトの下りの混雑は解消されていました(元旦)。    
 



1号路を下ります


途中で金比羅台による道へ


八王子市内が一望できます 
 

IMG_7584-takaohatu.jpg IMG_7586s-takaohatu.jpg
▲金比羅さま ▲金比羅台園地標高387メートル(八王子市内一望)。 
                            
 IMG_7600-takaohatu.jpgIMG_7593-takaohatu.jpg 
▲また1号路につながります▲金比羅台から1号路へ続く道(ちょっと山登りの雰囲気を味わえます)





11:42高尾山下山


この時点で、ケーブルの上りの待ち時間は10分だそうです。

それほど混んでいませんね。


 IMG_7606h-takaohatu1.jpg
▲清滝駅



元旦の7:58分、1号路で高尾山山頂を目指し、富士山を拝み、犬のお守りを買い、三福だんごと天狗焼きを食べ、1号路を下り11:42に高尾山初詣は無事終了。所要時間は約3時間44分でした。1号路は、舗装されていますが思ったより急勾配(子供も多く上っていたので言うほどではありませんが…)だったことと、ご来光を見た大勢の人が下っていた時間にあたり、上りは歩き難かったことはありましたが、元旦の7:58→11:48の間は、思ったほど高尾山は混雑してなく順調でした。(きっと除夜の鐘の時とご来光の時はすごい混雑だとおもいますが)。
雪化粧をした富士山を山頂で拝み、犬のお守りを買え、初詣もでき大満足のうちに帰路に就きました。
今年もいい年でありますように。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-178.html

2011/01/08 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

初詣 高尾山 薬王院 1号路上り編 

   ↑  2011/01/04 (火)  カテゴリー: 高尾山


2011年の初詣(元旦)は、高尾山薬王院。高尾山の山頂から富士山を拝んでパワーをもらうためと、愛犬のケン(15歳の柴犬)にお守りを買うためです。今人気の高尾山なので、混雑は覚悟。前回(2009年9月)は、上りにケーブルカー、下りにリフトと超初心者コースを利用しましたが(ブログ内「高尾山ハイキング初心者」・「高尾山茶屋香住の天狗焼きとだんご」のページをご覧ください)、今回は、上り、下りとも1号路で山頂と薬王院を自らの脚で目指します。ちなみに高尾山のホームページでは、1号路(表参道コース)は、3.8キロ約1時間30分。健脚度★★★。服装は、ヒートテックのシャツとフリースのタートルネック、フリース、ジャンバー、毛糸の帽子、手袋。しっかり防寒しているので、上っていくうちに汗が流れてくるのでタオルも必要。冬ですし頂上は、さすがに寒いので、防寒はしっかりとした方がいいですよ。
富士山を見るには朝早い方が良いだろうし、少しでも混雑しないうちにと、元旦早々あんぱんをかじって日の出前に家をでました。




でも、元旦は普段の高尾山の混雑とは違ったのです

実際どうだったかというと




元旦




中野6:48発(JR中央線中央特快)⇒高尾7:31着(西荻窪付近から) 

(京王高尾駅でトイレタイム)

高尾駅発7:46発(京王高尾線)⇒高尾山口7:49着



IMG_7337-takiaohatu.jpg 
▲駅から向かうところ 電車到着時なので混雑


IMG_7344t-takaohatu.jpg 
▲高尾山ケーブル乗り場



元旦7:57。上りのケーブル・リフトとも空いています


IMG_7346t-takaohatu.jpg IMG_7348-takaohatu.jpg
▲高尾山ケーブル(清滝駅)▲高尾山リフト乗り場(山麓駅)





でも今日は乗り物を使わず、1号路を歩きます!


7:58スタート




御来光を拝んだ人が次々下山。1号路下りの人で大混雑
 


御来光時の山頂は、かなり混雑したようす



流れに逆行して歩きにくい


上りは途中まで端に一列で




道は滑り止めの石が埋め込まれた舗装された道



でも勾配かなり急です汗だく。



エコーリフト乗り場まで



自動販売機・トイレはありません。




IMG_7338t-takaohatu.jpg
▲1号路入り口(ケーブル乗り場向かって右)


IMG_7355-takaohatu.jpg IMG_7365t-takaohatu.jpg
▲段々下りの人が減って来ました





8:33  リフト乗り場(山上駅)通過。下りは整理券まで出る大混雑

IMG_7367-takaosanhatu.jpg 
▲リフト乗り場(下り)





8:37~8:46  三福だんご販売所。三福だんごを食べちょっと休憩
(こんなに早くやっていたっけ??今日は特別?)



IMG_7371-takaohatu.jpg IMG_7375-takaohatu.jpg
▲意外とすいていました
IMG_7377-takaohatu.jpg 
▲三福だんご これもお目当てのひとつ 大好きなのです






8:47 ケーブルカー乗り場(高尾山駅)を見に行くと、下り50分待ちの大混雑




1号路に戻り


8:53 たこ杉通過


IMG_7392-takaohatu.jpg
▲たこ杉、脇には真新しいオブジェ?も登場



8:55 浄心門


IMG_7397-takaohatu.jpg
▲浄心門


8:58 百八段階段の男坂を行きます。 



 IMG_7401-takaohatu.jpg
▲左男坂、右女坂


9:06 薬王院到着。お参りは、後でゆっくりと。

まずは富士山を拝みに山頂へ急ぎます


IMG_7412-takaohatu.jpg  IMG_7419-takaohatu.jpg
▲四天王門(9:06)         ▲仁王門(9:08) 
             
 IMG_7423t-takaohatu.jpg IMG_7421-takaohatu.jpg
▲ご本堂の左の階段を上りご本社へ   ▲ご本堂 (9:09)          
             
IMG_7426-takaohatu.jpg IMG_7429-takaohatu.jpg
   ▲ご本社(9:11)           ▲奥の院(9:13) 
                 
 IMG_7464-takaohatu.jpg IMG_7430-takaohatu.jpg
▲高尾山山頂            ▲あともうひと頑張り








9:23 山頂到着。所要時間約1時間26分
(高尾山のホームページとほぼ同じですね)



さて、肝心の富士山は?



見ることが出来ました 
 



今年もいい年でありますように。



IMG_7437-takaohatu.jpg 
▲元旦9:23高尾山頂上より 富士山を拝む



雲が出始めていましたが、富士山を拝むことが出来ました。富士山のみ、スポットライトのように光があたりとても感動的です。
さて元旦の高尾山の混雑は、どうだったかというと、上りはじめた時間(7:58)元旦の上りのケーブル・リフト(この時間なら普段も比較的空いていますが)、高尾山の山頂(9:23)、茶屋は予想外にすいていました。どうやら、御来光を拝んだ方は既に下山し(そのため下りは早い時間なのに大混雑)、おせちを食べてから初詣の方(私たちはあんぱんでした)はまだ来ていない時間帯だったようです。また元旦は忙しいのか、上っても急いで下山するみたいで高尾の滞在時間が短い感じがしました。

さて、無事富士山が拝め大満足して、薬王院の初詣と犬のお守りを購入しに山頂を後にします。


それは、次のページで。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-177.html

2011/01/04 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2011年 明けましておめでとうございます

   ↑  2011/01/01 (土)  カテゴリー: 未分類


明けまして 
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
 



 

今年当ブログ「中野発あちこち」も早いもので3年目になります。
また10月4日には、ユニークアクセスが10万件に達成しました。
ほんとうに有難うございます。
 


さて、昨年のブログ内アクセスランキングは



1 エアコン自分で掃除(ちょっと分解)
エアコンの掃除は、皆さん苦労されているのですね。

IMG_5626m-e-a 

2 国立新美術館 ゴッホ展に行ってきました
アルルの寝室の展示は、よかったです。 

IMG_5456t-gohhoten-a.jpg  
 

3 オルセー美術展2010に行ってきました
ゴッホ、ルソー、モネ、など名画が勢ぞろいでした。 ゴッホ展と同じく、国立新美術館で開催しました。

IMG_4434-oruse-a.jpg 

4 高尾山初心者コースハイキング
ロープウェイやリフトもあります。天気が良ければ頂上からは富士山が眺められます。

IMG_5656-ta-a.jpg 

5  高尾山茶屋香住(かすみ)の天狗焼きとだんご
三福だんごは絶品です。

IMG_5889-ta-a.jpg  

6 草津温泉への草津号とバスの行き方
やっぱり草津は電車で行きたい。電車内で食べるダルマ弁当が美味しいです。

7 ライ麦くるみ饅頭 ホミル 中野 
しばらくお休みしていましたが、復活しました。

8 八幡平 後生掛温泉 後生掛温泉旅館
オンドルが有名ですが、箱湯や泥湯も好きです。

9 大哺乳類展 国立科学博物館
パンダのりんりんの剥製も展示されていました。

10  水上バス(船)で行くお台場
船で行くお台場は、雰囲気が違いますね。



エアコン掃除が予想通り、トップ。やっぱり自分で掃除すると無料ですからね。結構大変なんですが…。
今年の特徴は、オルセー展・ゴッホ展など魅力的なイベントがアクセスを伸ばしたことと、中野スイーツが減ったこと。不況のせいか、閉店も多かったです。しかしながら残念なことに、閉店のお知らせすらしないお店も多く、そのことだけではないような感じはしますが…(そのため中野情報から遠ざかっています)。ベランダ菜園では、てんとう虫が孵化し観察出来ました。

肝心の旅行ですが、手軽に行ける近郊が多いのは当然なんですが、秘湯人気もあり東北地方もアクセスが徐々にアップしてきました。トップ10には、とどきませんでしたが、「乳頭温泉郷 鶴の湯」は、皆さんに紹介したい温泉ですね。
昨年の旅行は、寝台特急北斗星に乗車出来たり、にごり湯の雲仙・地獄温泉に行けたりと楽しかったです。



今年も公共交通機関(電車・バス)を利用した旅行をマイペースで皆さんにお伝えしようと思っています。
引き続きよろしくお願い申し上げます。



今年も皆様にとってよい年になることを
お祈り申し上げます。



旦那さん、奥さんより

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-176.html

2011/01/01 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |