中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2011年02月 → )

垂玉温泉 山口旅館 日帰り温泉

   ↑  2011/02/26 (土)  カテゴリー: 雲仙温泉・地獄温泉・垂玉温泉、熊本城

訪問日2010.11月中旬平日。地獄温泉清風荘にチェックイン時に、清風荘の宿泊者は「垂玉温泉山口旅館」の日帰り温泉も無料で利用できると教えてもらいました(全ての宿泊プランの方が利用出来るかは、確認していません)。バスで来る途中に見たあそこ?そもそも歩いて行けるところに別の温泉があるとは知りませんでした。とっても得した気分。次の日清風荘のフロントで日帰り温泉の時間を聞くと、11時からとのこと。さっそく利用券をもらっていそいそと垂玉温泉山口旅館へ向かいました。





地獄温泉から日帰り駐車場を通り


徒歩5~6分で垂玉温泉到着


 
IMG_6753-tatutama.jpg 
▲坂を下ったところに垂玉温泉山口旅館




旅館の入り口の左(向かって)にある受付へ行くと

「今の時間はかじかの湯と大浴場には入れますが、滝の湯は入れません」  

「15:00からなら滝の湯もはいれますよ」と。

垂玉温泉は滝の湯(混浴)というのが有名とのこと

で、もちろん出直すことにしました



後で調べると、帰り温泉は、11:00~15:00 滝の湯は、15:00~とのこと。つまり滝の湯は、日帰り温泉客は入れず、 垂玉温泉山口旅館と地獄温泉清風荘の宿泊者のみ入れる湯だったのです。益々お得な感じです。 



15:06 出直して来ました


今度は無事に日帰り温泉の受付を済ませ



 IMG_6756-tatutama.jpg 
▲垂玉温泉山口旅館  




まずは滝の湯へ



橋を渡ったところにあります 

 
IMG_6770-tarutama.jpg 
▲橋を渡り




紅葉している山に目をやると



中腹より滝が流れています




IMG_6759-tatutama1.jpg 
▲金龍の滝(夕日に映え金色の龍が昇天するさまが連想されるためだそうです)





11:00に来た時は閉まっていた戸が 




 IMG_6778t-tatutama.jpg
▲滝の湯の入り口




15:00に開きます

 
  
 IMG_6817-tarutama.jpg IMG_6824-tatutama.jpg 
▲入り口から進んでいきます




つきあたり脱衣所。男女別です



なかはものすごく簡素



IMG_6818t-tatutama1.jpg 
▲脱衣場 




1番風呂です


金龍の滝の音が山に響き


湯は少し白く濁り

鉄分を含んでいるのか岩は少し茶色く変色しています


この混浴の滝の湯は、山口旅館と清風荘の宿泊者のみ入れるのですが、山口旅館の宿泊者の女性には、湯浴み衣が用意(紙みたいな素材で、上にゴムがあるそうです)されているそうです。もちろん清風荘の宿泊者には、ありません(清風荘宿泊者がバスタオルを巻いていいのかは確認し忘れました。次回行かれる方是非確認して教えて下さい)。湯浴み衣がないので、最初はドキドキしていましが、誰も来そうもなかったので、自然の中で滝の音を聞きながらゆっくり入泉。

IMG_6820-tatutama.jpg 
▲滝の湯




次は山口旅館へ戻り

かじかの湯と大浴場へ行きます

宿の左側にある通路から



IMG_6826-tarutama.jpg 
▲山口旅館の広大な敷地へ入ります






趣きのあるかやぶき屋根の


かじかの湯
 



かじかの湯は、ハーブ湯などがある方と半露天檜風呂などがある方の2種類あり、朝夕の男女入れ替え制だそうです。私たちが入った時は(たぶん日帰り温泉の方も同じだと思われますが)、ハーブ湯がある方が女性でした。ハーブ湯のあるかじかの湯からは通路を通って女性の大浴場へ行くことが出来ましたが、半露天檜風呂がある方からは、男性の大浴場には行けませんでした。脱衣場は、かじかの湯より大浴場の方が大きいので、ハーブ湯が女性時間のときは大浴場の脱衣所を利用し、かじかの湯へ通路で行かれた方がいいと思います。


IMG_6828-tarutama.jpg 
▲かじかの湯



お湯は、鉄分を感じるお湯


少し茶色のような気がしました。


地獄温泉の泉質とは違います


IMG_6831-tarutama.jpg IMG_6846-tarutama.jpg
▲かじかの湯、檜風呂がある方(男女入れ替え制)▲大浴場 天の湯




広大な敷地を少し散歩



正面奥に見えるのがあの金龍の滝です



紅葉が綺麗です(11月中旬)


IMG_6863-tarutama.jpg 
▲山口旅館の敷地より



山の傾斜を利用した山口旅館は大自然を感じることができ、地獄温泉とはまた違った良さがありました。

垂玉温泉山口旅館公式ホームページ→こちら



スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-185.html

2011/02/26 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

地獄温泉 清風荘 風呂②(仇討の湯)

   ↑  2011/02/19 (土)  カテゴリー: 雲仙温泉・地獄温泉・垂玉温泉、熊本城


訪問日2010.11月中旬平日連泊。すずめの湯のご紹介(詳細は前ページ)に続いて、敷地内の雰囲気が異なる2か所(男女別)の露天風呂を紹介します。すずめの湯から、敷地の端にある新湯までは3分くらいで行けます(案内の看板もあります)。ひとつひとつの風呂が離れているので、 その都度脱衣がちょっと面倒ですが、せっかくですから散策しながら湯めぐりを楽しんで下さい。 






本館の玄関をまっすぐ行きます



振り返るとこんな風景です




IMG_6658m-jigokufuro.jpg 
▲本館玄関の前をまっすぐ行ったところ






途中に自動販売機コーナーがあります



自動販売機コーナーにはロッカー100円(約50コくらい)もあります。脱衣所には、ロッカーはありませんでしたので(気がつく限りでは)、ロッカーを利用するならここになります。自動販売機の料金は割増もなく(安いのまであります)大変良心的です。


 IMG_6792-jigokufuro.jpg
▲自動販売機コーナー(ロッカー100円)




左に曲がり曲水庵の方向へ



【露天岩風呂(男性)・仇討の湯(女性)】
すずめの湯の次にお勧めの露天風呂です。露天風呂の入り口は2階建の建物(風呂は男性1階、女性2階)。斜面を利用した露天風呂かなぁと思っていたのですが、女性の仇討の湯へは入り口で靴を脱ぎ、階段で2階に上がって行くとは意外でした。女性の風呂から男性の風呂を見降ろせるということで、仇討の湯というみたいです(もちろん見ませんでしたが)。





仇討の湯(女性)でご一緒になった方が
「露天岩風呂の紅葉が綺麗でしたが、入りましたか?」
「あそこは、男性専用のお風呂ですよ」
「えっ?そうなんですか!!間違えちゃったぁ」
というやりとりを。 
どちらも混浴と間違われたみたいですが、確かに少し分かりづらい。
でもすずめの湯以外、混浴はありません。
男女別(入れ替えなし)。

誰もいなくて良かったですね



IMG_6657-jigokufuro.jpg 
▲右の2階建の建物が入り口です(奥の入り口が女性)
 

【露天岩風呂(男性)】

IMG_6675-jigokufuro.jpg 
▲1階、露天岩風呂(男性) 男女入替制ではありません





【仇討の湯(女性)】



階段を上がり2階の脱衣所へ



IMG_6714-jigokufuro.jpg 
▲脱衣所



廊下を抜けると



IMG_6716-jigokufuro1.jpg 
▲脱衣場から廊下を通って仇討の湯へ





そこは仇討の湯 



高い所にあると思うと気持ちがいいですね



IMG_6717-jigokufuro.jpg
▲仇討の湯(女性)





お風呂からあがって、本館玄関からの道に戻り、 今度はまっすぐ


次は新湯へ


紅葉がとても綺麗です





IMG_6662-jigokufuro.jpg 
▲新湯へ



すずめの湯から南に約3分のところです(トレーラーハウス村から近いです)。何回か入りましたが、他の方とご一緒になったことはありませんでした。ちょっと寂しくなるくらい。トレーラーハウスの宿泊客が大勢いれば、この新湯が便利なので混雑すると思います。



IMG_6669-jigokuofuro.jpg 
▲新湯の入り口



古い木の造りが印象的です


落ち着いた雰囲気


IMG_6663-jigokufuro.jpg 
▲新湯(男性)
 

IMG_6799-jigokufuro.jpg
▲新湯(女性)


 

人里離れた山奥で、温泉の他にはなにもありません。温泉地に観光など色々な事を求める方は別ですが、源泉掛け流しと秘湯の雰囲気が好きな方には、地獄温泉清風荘は素晴らしい温泉宿だと思います。同じ宿に連泊することは、とても贅沢ですが、東京から九州の秘湯に来ることはそうそう出来ません。2泊したことにより、すずめの湯を初めゆっくりとお湯を独占でき大変満足。ほんとうに遠くまで来た甲斐がありました。
すずめの湯はもちろんのこと、雰囲気が異なる風呂を楽しみながら是非湯めぐりをして下さい。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-184.html

2011/02/19 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

地獄温泉 清風荘 風呂①(すずめの湯)

   ↑  2011/02/13 (日)  カテゴリー: 雲仙温泉・地獄温泉・垂玉温泉、熊本城


訪問日2010.11月中旬平日連泊。さて、部屋や食事をご紹介しましたが、地獄温泉清風荘の楽しみはやっぱり温泉。本館に内湯の元湯(男女各1)、家族風呂2つ、敷地内に仇討の湯(女性露天風呂)、露天岩風呂(男性露天風呂)、新湯(露天風呂、男女各1)、そして有名なすずめの湯(混浴露天風呂、脱衣所に内湯あり)があります。

 

駐車場から坂を上がり

突き当りが本館。その左手に温泉雑誌のお馴染みの本館玄関

では、まずは本館のお風呂から 



IMG_6516-jigokufuro.jpg
▲本館玄関

【元湯】本館1階
本館内湯(男女各1)です。湯治場が感じられる雰囲気です。元湯だけシャワーがあります。備え付けのシャンプー&リンス、ボディーソープあり。

IMG_6942-jigokufuro1.jpg  
▲元湯(男性)


【家族風呂2つ】本館2階
予約なしで空いていれば、いつでも入れます。滞在中は高い確率で空いてました。備え付けのシャンプー&リンス、ボディーソープあり。2人入るといっぱいの浴槽には、源泉が絶え間なく注がれていてとっても贅沢です。お湯の入れ替わりが早いためか、地獄温泉ではにごり方が一番薄いです。かなり熱いので、入るときは水を入れます(水の出しっぱなしに注意)。

IMG_6696-jigokufuro.jpg IMG_6701-jigokufuro.jpg
▲家族風呂、洗い場が畳み。防水加工なのか、ビショビショにはなりません





やっぱり地獄温泉清風荘と言ったらすずめの湯   
 

本館の前の敷地に入り口があります 



IMG_6689-jigokufuro.jpg 
▲すずめの湯入り口(女性専用時間には、ここに人がいます)






階段を下って行くと




IMG_7003-jigokufuro1.jpg  
▲階段は、70段くらいあります




長屋のような屋根の下に


古い木枠で仕切られ


乳白色ににごっている湯


すずめの湯登場です



ぬるめの湯とあつめの湯と2種類。入ってみると木枠で仕切っているように見えたのは、湯の上に木を渡してあるだけで、下で湯が繋がっていました。また読んだ本には、すずめの湯は泥湯で、顔に塗ったり、体に塗ったりと紹介してありとても楽しみにしていましたが、湯底には泥はありません(私たちが入った時)。温泉は、変化するのですね。ちょっと残念。向かって左に、男女別脱衣所(中に内湯あり)があります。

IMG_6965-jigokufuro.jpg 
▲すずめの湯(手前に「ぬるめの湯」、奥の一段高いところに「あつめの湯」の2種類) 

IMG_6968-jigokufuro.jpg 
▲下からフツフツと源泉が噴き出しています

IMG_6985-jigokufuro.jpg IMG_6731-jigokufuro.jpg
▲脱衣所&内湯







いつまでも入っていられるぬるめの湯
   

 

一番乳白色に濁っています



IMG_6971-jigokufuro.jpg
▲ぬるめの湯の底には、石がゴロゴロあるので注意です





長い時間は入っていられませんが、


冷えた空気(11月中旬)には


からだ温まる調度いい温度のあつめの湯
 
(夏は熱いと思います)
 

IMG_6969-jigokufuro.jpg   
▲あつめの湯



平日(11月中旬)で宿泊客が少なかったこと、贅沢にも2泊したことで、すずめの湯を貸切状態で入ることが何回か出来ました。混雑状況は、その時の運だと思いますが、午前中の早い時間帯が比較的空いている感じでした(運悪く団体客とあたってしまうと残念な結果になりますが)。やはり日帰り温泉の方が来やすい時間帯は、混雑しますね。混雑時(私たちが宿泊していた時では午後3時くらい)には、男性グループが入り、平日にもかかわらず木枠の中に、男性が3~4人くらい入っていたそうです。これだとちょっと女性にはハードですね。 
すずめの湯は、バスタオルや水着の着用は、衛生面からの理由で禁止です(脱衣所の注意書きより)。女性は、脱衣所からバスタオル等を巻き浴槽に入る直前にとり、出るときに素早く巻いて脱衣所へ行きます巻く用のバスタオル等を持ってくることをお勧めします。とってもいいアイディアで長めのウインドブレーカーをすばやく着脱していた方もいました。浴槽に入ってしまえば、底が見ないくらい白く濁っているので心配はいりません。それでも混雑時には、ちょっとハードですね。
宿泊すると、女性専用時間(20:30~21:30)があったり、専用時間でなくても日帰りの方が来ない時間帯に入ることができたりと比較的楽に入れました。すずめの湯に絶対入りたい女性には宿泊をお勧めします。   女性専用時間には、開始時間と終了時間に、館内にアナウンスが流れ、間違って男性が入らないように入り口に人がいます。

あと、気を付けないといけないことは、すずめの湯は、月に1回ポンプでお湯を出しての清掃があります。夕方くらいまでは、入れないので確認した方がいいです。


次は、すずめの湯以外の露天風呂をご紹介します。




(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-183.html

2011/02/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

地獄温泉 清風荘 曲水庵(食事処)

   ↑  2011/02/04 (金)  カテゴリー: 雲仙温泉・地獄温泉・垂玉温泉、熊本城


地獄温泉清風荘(訪問日2010.11月中旬平日連泊)の夕食のプランは、1日目は「人気の地獄鍋を食べる14,280円」、2日目は「囲炉裏を囲んで野鳥いろり焼き13,230円」をホームページより予約。そのホームページからは、食事処「曲水庵」の賑やかな雰囲気が伝わってきます。秘湯である「すずめの湯」はもちろんのこと、食事も楽しみにしていました。曲水庵は、敷地内の少し離れた所にありますが、本館2階から通路でつながっており、私たちも新館から渡り廊下で本館に行ってから通路で曲水庵へ。


IMG_6634-jigokukyo.jpg 
▲曲水庵外観



中央に水路が流れ


照明が落とされとても落ち着いた感じです

IMG_6643-jigokukyo.jpg
▲曲水庵



そうそう、まず気をつけることが

女性の方は、「秘湯混浴すずめの湯」の女性専用時間は、20:30~21:30
(変更されることもあるので、詳細は確認して下さい)

入る予定の方は、夕食の予約時間に注意です。





【地獄鍋】18:30~20:10 
1日目夕食は、名物の地獄鍋。席はあらかじめ決まっています。宿泊客全員が水路側の席になる訳ではないみたいです(水路側の席が空いていても)。水路側でない席の人は、普通に材料が運ばれます。「水路の席と普通の席は、どうやって決めているのか?」と宿の方に尋ねてみましたが、明確な答えはなく、たぶん宿泊料金が高い人が水路なんだろうと勝手に想像(本当かどうかはわかりません)。
お酒は飲みませんが、配膳が少し遅いことと、地獄鍋・鉄板焼きと内容が充実しているので食べるのに時間がかかったこと、鉄板焼きで楽しく盛り上がったことで時間があっと言う間に過ぎていました。早くすずめの湯に行く用意をしないと」。とあせってコーヒーとデザートを食べ部屋に急ぎました。   
接客は、若い方(部屋でも担当してくれた方)と年配の方は、もの凄くいいのですが、他の人は普通です。 



私たちは水路の席だったので

材料を入れた桶が2つ 

流れてきました 


 
IMG_6589-jihokukyo.jpg IMG_6591-jigokukyo.jpg
▲手前に見えるのがボタン。流れてきました           
           

 
自分の所まで流れてきたら

ボタンを押す。


ライトがつき、水が逆流し桶が止まり取りやすく。



 IMG_6594-jigoku.jpgIMG_6592-jihoku.jpg
    2つ目の桶もゲット 1つ目の桶無事にゲット



童心に帰って楽しんでしまいました(単純です)


では、さっそく地獄鍋開始


まわりは、炭火鉄板焼きみたいな感じで頂上が地獄のイメージ


IMG_6596-jigokukyo.jpg 
▲地獄鍋(量は充実してます)



頂上の地獄鍋


自家製の味噌味。美味しいです。


IMG_6607-jigokukyo.jpg
▲グツグツと地獄鍋(イノシシ)
 IMG_6604-jogokukyo.jpg IMG_6610-jigokukyo.jpg
▲トウモロコシごはんとのっぺい汁▲デザートとコーヒーがあるのが嬉しい


【野鳥囲炉裏焼きプラン】18:30~19:55
2日目の夕食は、野鳥囲炉裏焼き。地獄鍋と同じように、小鉢やご飯ももちろんあります。そして、水路から野菜や肉などの材料が流れてくる大イベントを盛り上がった後、焼き方を教わり自分たちで焼きます。「この肉は何かしら?」ということは、深く追求せず美味しく完食。裏返すタイミングがうまくいかず、焦げることもありますが、炭火で焼くと美味しい。


IMG_6896-jigokukyo.jpg IMG_6937-jigokukyo.jpg 
▲野鳥囲炉裏焼きの材料は1回だけ流れてきました▲食後のデザートとコーヒー




さっそく焼きます

いわなは、新鮮過ぎて口をパクパク

ごめんなさい。美味しく食べるからね
 


IMG_6904-jigokukyo.jpg 
▲串を持って、外側に掛けます



片面焼けたら

串を回して裏返します
 
タイミングが遅くちょっと焦げても

自分で焼けば美味しいです


IMG_6913-jigokukyo.jpg
▲だんだん焼けてきました、豆腐には味噌を付けて焼きます





【朝食】1日目8:00~ 2日目7:00~   
夕食同様に水路の席でした。水路から卵や海苔が流れてきます。朝食は、バイキングです。ここでも炭火が大活躍。手作り料理もありますが、やはり網で目玉焼き・パンやソーセージ・ベーコン・鮭などを焼くのが楽しかったですね。強い火が当たっている網の上にパンを置きっぱなしにしていたら焦げてしまったり、フタをしたまま忘れてしまった目玉焼きは、ウエルダンになったりするハプニングも(もちろん、全部美味しく食べました)。色々変化があり充実していた朝食も楽しく終了。大好物の濃厚な牛乳も、食後のコーヒーもありました。

IMG_6950t-jigokukyo.jpg 
▲卵や海苔も流れてきます

IMG_6959-jigokukyo.jpg 
▲朝食 煙が出てます
IMG_6637-jigokukyo.jpg IMG_6638-jigokukyo.jpg
▲目玉焼きは、フタをします。自分で網で焼くのが楽しいですね



「人気の地獄鍋を食べるプラン」、「囲炉裏を囲んで野鳥いろり焼きプラン」、朝食2回と曲水庵の食事を満喫。


次は、清風荘のお風呂をご案内します。




(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-182.html

2011/02/04 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |