中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2011年08月 → )

新野地温泉 相模屋旅館 日帰り温泉

   ↑  2011/08/21 (日)  カテゴリー: 野地温泉・新野地温泉・赤湯温泉・鷲倉温泉

応援します!!福島

訪問日2011年7月中旬平日。半ズボンとTシャツの湯めぐりしやすい服装に麦わら帽子をかぶり、野地温泉ホテルをチェックアウト。向かうは新野地温泉(相模屋旅館・福島県)の日帰り温泉です。 アクセスはわかりやすく、 野地温泉ホテルを出て前の道を左へ上がって行くと、すぐに新野地温泉の看板が見えます。この道(たぶん「福島県道30号宮土湯温泉線、旧国道115号」)というようです)は、新野地温泉だけでなく、徒歩で赤湯温泉、鷲倉温泉へ行けるまさに秘湯街道です。
 




 徒歩約5分  10:24到着(近い!)


IMG_1327-nojionsen.jpg 
▲新野地温泉 相模屋旅館
IMG_1331-sinnojionsen.jpg 
▲新野地温泉正面玄関、玄関前には犬小屋があり、人懐っこいワンコがいます



フロントで日帰り温泉の料金500円を払いさっそく温泉へ。日帰り温泉は10:00~15:00(受付14:30)。時間制限はありません。
新野地温泉のお風呂は、野天風呂(男女別各1)、内風呂(男女別各1)と本館2階大浴場(男女別各1)・露天風呂(女)。本館の女性大浴場と露天風呂(女性)はつながっていますが、それ以外は別々のお風呂ですので、その都度着替える必要があります。Tシャツ・半ズボンは大正解でした。
本館大浴場(女性のみ露天もあり)は、エレベーターで行けますが、他の野天風呂&内風呂は急な階段があるので脚の悪い方は注意です。 ロッカー(古い)は、野天風呂の入り口の所にありましたが、荷物は入れず脱衣所に持って行きました。貴重品は脱衣所に置かず、巾着ビニールに入れて目の届くところに持ってました。


IMG_1378-sinnojionsen.jpg IMG_1373-sinnojionsen.jpg
▲フロント▲お土産コーナー(バスタオル1000円)


【野天風呂(男女別)&内湯(男女別)】

まずは、1番人気の野天風呂へ行きます。フロントの前を通り、左へ。そしてちょっと急な階段を下ります。

IMG_1335-sinnojionsen.jpg IMG_1336-sinnojionsen.jpg 
▲有名な野天風呂(男女別)と内湯(男女別)への階段






手前を左へ入ると男女別内風呂


戸を開け外に出ると有名な野天風呂



IMG_1366-sinnojionsen.jpg 
▲内風呂と野天風呂の入り口 (手前にコインロッカーあり、ちょっと古いけど)




そこには大自然が待ってます 
 
足場はあまりよくないですがすぐです


途中で男湯と女湯とで道が分かれます

IMG_1339-sinnojionsen.jpg 
▲途中に看板があり、左へ下って行くと男性の湯、右へ上がって行くと女性の湯


振り返るとこんな感じ


IMG_1368-sinnojionsen.jpg 
▲振り返った風景、男女別の内湯の建物


【男性野天風呂】

湯は底が見えないくらい濁っていますが、刺激のない優しい湯。たぶん野地温泉とほとんど同種類の湯ではないかと思います。 

 
IMG_1341-sinnojionsen1.jpg 
▲分岐点から少し下ると


野天という雰囲気満天

これぞ秘湯です


IMG_1352-sinnojionsen.jpg 
▲男性野天風呂

IMG_1344-sinnojionsen.jpg 
▲男性野天風呂


【女性野天風呂】

男性は、下りますが、女性は、上って行きます。

IMG_5039-sinnojionsen.jpg
▲分岐点から少し上ると



目かくしの竹の塀はありますが屋根はなく、青空のもと大自然の中での着替えです。満員(4~5人くらい入ると)だと外で待っているのが難しい雰囲気です。
女性の野天風呂は源泉に近いので、風向きによっては硫黄の匂いがプンプン。苦手な方は注意です。


 IMG_5033-sinnojionsen.jpg
▲女性野天風呂(4~5人くらい入ればいっぱいの感じです)

IMG_5027-sinnojionsen.jpg
▲近くで源泉がもくもく。ちょっと硫黄臭いです






【内湯】
野天風呂の入り口にある男性と女性の内湯は、壁を挟んで左右対称の造り。天井が高く開放感があり、ぬるめの湯でゆっくり出来る感じが気に入りました。
       

IMG_5043-sinnojionsen.jpg IMG_5046-sinnojionsen.jpg
▲女性更衣室 ▲女性の内湯

IMG_5041-sinnojionsen.jpg
▲女性内湯(壁の向こうが男性内湯)





【本館2階の大浴場(女性のみ露天風呂あり)】


大浴場に行くには、エレベーターも利用できます

IMG_1364-sinnojionsen.jpg 
▲本館2階の大浴場への廊下
IMG_1353-sinnnojionsen.jpg 
▲本館2階にある大浴場入り口 (「日本秘湯を守る会」のおなじみの大きな提灯)


【男性大浴場】
木の壁が落ち着きます。

IMG_1355-sinnojionsen.jpg IMG_1361-sinnojionsen.jpg
▲脱衣所         ▲湯口

IMG_1360-sinnojionsen.jpg 
▲シャワーがあるのは大浴場のみ

IMG_1363-sinnojionsen.jpg 
▲大浴場(男性)


【女性大浴場&露天風呂】
女性の露天風呂は最高です。源泉より遠い奥の方が湯がぬるく、景色も眺められとてもいいです。女性にだけあると思うと嬉しさ倍増。 

IMG_5097k-sinnojionsen1.jpg IMG_5072-sinnojionsen.jpg   
▲左が内風呂入り口、まっすぐ露天風呂入り口▲  脱衣所(古いドライヤーあり)

IMG_5090-sinnojionsen.jpg IMG_5069-sinnnojionsen.jpg
▲内風呂(シャワー4本あり)▲露天風呂の湯口

IMG_5092-sinnojionsen.jpg 



12:45 新野地温泉相模屋旅館の日帰り温泉終了
所要時間約2時間21分





 
玄関で記念写真を撮ろうとしたらわざわざ小屋から出てきて
一緒に写ってくれたワンコちゃん
 
 IMG_1384t-sinnojionsen.jpg
▲人懐っこい看板犬ちゃん




例年日帰り温泉は、大混雑とのことですが、ほとんどお湯を独占(7月中旬平日午前中)湯船が比較的小さいので秘湯気分を満喫するには、混雑していない方が嬉しいのですが、震災の影響かなぁ思うと複雑な気持ちです。 私たちが訪れたときは、浪江町の方々が前日に宿泊し昼食を食べて帰られるところでした。旦那さんは、1人でお湯に入りにこられた福島の酪農家の方とお風呂で一緒になり、厳しい現実を聞きました。
『福島県の温泉地・観光地に沢山の旅行客が訪れ、元の福島に一日も早く戻れることを切に願うばかりです』。
野地温泉でちょっと寂しい気持ちになりましたが、大自然の開放感満点な新野地温泉の素晴らしい湯と可愛いワンコちゃんのおかげで、気持ちも
宿泊先の鷲倉温泉へ向かいます(途中で赤湯温泉を偶然見つけ日帰り温泉)。




赤湯温泉好荘日帰り温泉へつづく 
 


スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-225.html

2011/08/21 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 ナスの剪定

   ↑  2011/08/15 (月)  カテゴリー: ナス

7月8日からブログに登場していないナス今年は、ナスづくしの献立だぁと期待していたのですが…… まだたった4つしか収穫出来ていません。
ハダニの大量発生で葉は弱り、なぜか出てくる芽は乾燥したような硬い芽ばかり。つぼみは見当たりません。
そこで、思い切って剪定することにしました。秋ナスを収穫するときに7月下旬から8月中旬に3分の2から2分の1に剪定するそうですが、その時期にはピッタリなので、出直すつもりで先端を20センチくらい剪定(3分の2にする勇気ななかった)。



これが、乾燥したような硬い芽


IMG_1913-nasusentei.jpg 
▲乾いた芽



思い切って8月4日に剪定


IMG_1858-nasusentei.jpg IMG_1867-nasusentei.jpg
▲8月4日ナス2号          ▲8月4日ナス1号



8月10日、綺麗な芽が出て来て花が咲きました

IMG_1899-nasusentei.jpg IMG_1916-nasusentei.jpg 
▲8月10日ナス2号     ▲8月10日ナス1号



8月15日新しい芽が次々出てきました



IMG_1956-nasusentei.jpg IMG_1960-nasusentei.jpg
▲8月15日ナス2号     ▲8月15日ナス1号



ナスの全体の姿は
8月4日剪定直後のナス。葉抜けです


IMG_1863-nasusentei.jpg  
▲8月4日


8月10日葉が増えました

IMG_1926-nasusentei.jpg 
▲8月10日

 
8月15日 葉も増え、実が1つなりました 

  IMG_1954-nasusenteim.jpg
▲8月15日




でも、花の色やかたちが悪いです


IMG_1949-nasusentei.jpg IMG_1952-nasusentei.jpg
▲不良の花



花の色やかたちが悪く、その上実にならず落ちます。栄養不足だと思い、有機肥料の液肥を説明書通りにあげ、ナスの復活を祈ります。幸いにも、ハダニがあまりいなくなりました。なぜだろー??
秋ナスの収穫を期待します。がんばって ナス!!
  

ナス残念につづく

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-228.html

2011/08/15 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

野地温泉 野地温泉ホテル 温泉編

   ↑  2011/08/14 (日)  カテゴリー: 野地温泉・新野地温泉・赤湯温泉・鷲倉温泉

応援します!!福島

訪問日2011年7月中旬平日。さて、野地温泉ホテルのお湯(福島県・訪問日7月中旬平日)はというと、豊富な湯量の源泉が絶え間なく流れ、底が見えないくらい白く濁っています。硫黄の匂いをとっても感じますが、優しい湯でした。
風呂は、男性大浴場(剣の湯)、女性大浴場(扇の湯)&露天風呂(羽衣の湯)、そして男女入替の趣きの異なる3つのお風呂。この3つのお風呂「鬼面の湯」・「千寿の湯」・「天狗の湯」は、3時間ごとの男女入替制(入替の順番も3カ月ごとに変えているようです)で、同じ宿の湯とは思えないくらい雰囲気が違うので、1日何回湯めぐりをしても飽きることはありません。
日帰り温泉も時間制限はなく何度でも湯に入れるので(日帰り湯の入浴時間内であれば)、男女入替のタイミングにうまく合えば全てのお湯が制覇出来ます。団体客と一緒になってしまうとゆっくりとは楽しめませんが…。



IMG_1320-nojionsen.jpg 
▲3時間ごとの男女入れ替え(時期により時間は変わります)


お風呂の入り口で「男性タイム」か「女性タイム」かが点灯して表示されます
表示は入替時間がくると自動で切り替わるそうです
チャイムなどのお知らせはありませんから
自分で時間をしっかりチェックすることが必要です

大浴場と天狗の湯のみシャワー・シャンプー・リンス・ボティーソープあり。アメニティー(化粧水とか)はありません。ロッカーやドライヤーは大浴場にありました。

【鬼面の湯】

近くの鬼面山からその名をとられた、旅行会社のパンフレットや温泉ガイドブックなどでお馴染みの一番人気の露天風呂。でもパンフレットの写真よりもずっと開放感があります。壁にしっかり時計が見られるので、男女入替の時間にはここは安心です。
 
IMG_1183-nojionsen.jpg 
▲鬼面の湯 入り口 いまは男性タイム

IMG_1319-nojoonsen.jpg 
▲階段を上がっていきます 




緑のなかで開放感たっぷりです
 



IMG_1282-nojionsen.jpg
▲脱衣小屋の外にはデッキがあり休憩出来ます
 IMG_1272-nojionsen.jpg
▲鬼面の湯 福島の名石、鮫川石が 配されています

IMG_1237-nojionsen.jpg IMG_1247-nojionsen.jpg
▲夜はライトアップされます (緑がいいのかはちょっと疑問)

【天狗の湯】
入れ替えの湯の中で唯一洗い場(シャワー、シャンプー&リンス、ボティーソープ)があります。 露天で源泉が湯筒から勢いよく流れる音は、圧巻です。風呂の所に時計がないので、時間を一番気にする風呂です。

IMG_5019-nojionsen.jpg 
▲天狗の湯入り口


湯量が一番豊富なので

一番温度が高いです

IMG_4945-nojionsen.jpg  
▲写真右にの洗い場には、シャワーがあります(写ってませんが)




露天風呂には内風呂と洗い場から両方行けます  

音を立てて湯筒から源泉が勢いよく流れてます 

 
IMG_5014-nojionsen.jpg 
▲露天風呂
IMG_4952-nojionsen.jpg  IMG_5013-nojionsen.jpg
▲露天には屋根があり、壁には天狗▲露天と内湯の間には戸の仕切り(お湯に入ったまま移動できます)




【千寿の湯】 
3つの入れ替えの湯では、一番渋い感じで、檜の香りがし天井が高く落ち着く湯です。湯殿は3つに仕切られていて、手前の湯はぬるめでゆっくり入れます。

IMG_1179-nojionsen.jpg 
▲千寿の湯の入り口
IMG_1289-nojionsen.jpg IMG_1291-nojionsen.jpg   
▲窓の外には源泉が噴き出すのが見られます
IMG_1296-nojionsen.jpg IMG_1256-nojionsen.jpg 
▲湯口    ▲夜はライトアップ




檜の香りが漂うなか

高い天井を見上げると… あれ



IMG_1305-nojionsen.jpg 
▲3つの湯殿は木の仕切りに穴があいているので、源泉に近いほうが温度が高い

【男性大浴場(剣の湯)】
男性には、露天がありませんが、広々とした大浴場です。サウナもついています。
IMG_1314-nojionsen1.jpg IMG_1171-nojionsen.jpg 
▲男性大浴場


【女性大浴場(扇の湯)&露天風呂(羽衣の湯)】

 IMG_4955-nojionsen.jpg IMG_4966k-nojionsen.jpg
▲脱衣所▲女性大浴場、そのまま露天風呂へいけます




この女性専用露天風呂もなかなかいいです


お湯がゆるめで落ち着けます



IMG_500-nojionsen.jpg 
▲女性専用露天風呂(羽衣の湯)


通常なら大混雑する人気の湯をもったいないくらい贅沢に独占しました(特に奥さんは、一度も風呂で他の女性客には会いませんでした)。 これも震災の影響なんですね。
秘湯という感じではありませんが、緑豊かで開放感があったり、源泉が筒から流れる音の演出があったり、檜の香りがしたりと趣向を凝らした温泉はとても良かったです。
これで接客が良ければ…いやせめて普通なら最高なんですが…。ほんと残念なかぎりです(宿泊記は前のページに書きました)。

野地温泉ホテルチェックアウト後は、徒歩で新野地温泉(相模屋旅館)の日帰り温泉へ向かいます


『野地温泉ホテル日帰り温泉(宿のパンフレットによると)』
※変更することがあるので、詳細はご確認下さい。

日帰り温泉は、大人800円、小人(4歳以上小学生まで)400円、幼児(3歳以下)無料。
入浴時間内(平日10:00~16:00、土日祝10:00~15:00※受付は1時間前まで)なら何度でも入浴出来きます。
※掃除等の為(10:00~14:00頃)まで利用出来ないお風呂があることもあり。
※男女入替の湯の時間。月によって入れ替わってます。
【1,2,3,7,8,9月】
男性
 10時~13時 天狗の湯 13時~16時 鬼面の湯・千寿の湯
女性 10時~13時 鬼面の湯・千寿の湯 13時~16時 天狗の湯

【4,5,6,10,11,12月】
男性
 10時~13時 鬼面の湯・千寿の湯 13時~16時 天狗の湯
女性 10時~13時 天狗の湯 13時~16時 鬼面の湯・千寿の湯


無料休憩所(10:00~14:00)が利用出来る※土日祝等は混雑することあり。他有料個室休憩プランあり(要予約)

野地温泉ホテルホームページ→こちら

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-224.html

2011/08/14 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 朝顔の花観察

   ↑  2011/08/08 (月)  カテゴリー: 朝顔


つるがネットの上まで次々到達し、摘心した朝顔。脇芽は、摘心したところの近くから出るので、横のネットに誘導。 この頃は、花も多く咲くようになりました。種の袋には、青・濃いピンク・淡いピンクと三色楽しめるはずなのですが…
淡いピンクは、まだ一度も咲きません。もしかして、淡いピンクは間引きしてしまったのかも…。
さて朝顔は、つぼみからどれくらいで咲くのか観察してみました。




朝顔咲くまで観察

スタート

IMG_1831-asagaosaku.jpg IMG_1846-asagaosaku.jpg
▲7月27日葉とつるの間から小さなつぼみがでました ▲7月31日   
                                      
 IMG_1868-asagaosaku.jpgIMG_1848-asagaosaku.jpg  
▲8月5日つぼみが少し膨らみます  ▲8月4日
             
IMG_1872-asagaosaku.jpg IMG_1874-asagaosaku.jpg
▲8月6日少し花びらが見えます。ここから早い!▲8月7日 ピンクの花が咲くかと思ったら



つぼみから12日間で青い朝顔が咲きました
(途中夏にしては、涼しい日もありました)


IMG_1885-asagaosaku.jpg 
▲8月8日 7:14


夕方にはなぜか色がいつも変化
もしかしてこれが淡いピンク?



 IMG_1904.jpg
▲8月8日 16:45



現在の朝顔グリーンカーテンの状況
つぼみが沢山ついてます

IMG_1889-asagaosaku.jpg 
▲手前のヒマワリはもう終わりかなぁ


グリーンカーテンにつづく



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-226.html

2011/08/08 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

野地温泉 野地温泉ホテル宿泊記

   ↑  2011/08/07 (日)  カテゴリー: 野地温泉・新野地温泉・赤湯温泉・鷲倉温泉

応援します!!福島

訪問日(2011年7月中旬平日)。Maxやまびこ号とつばさ号の切り離しを見学してから、福島駅西口を出ると既に野地温泉ホテルの送迎バス(指定時刻13:30)が待っていました。ここからバスに約50分揺られて(この日は道路が空いていたので約40分でした)野地温泉ホテル(福島県)に向かいます。福島駅からの他のアクセスとしては、吾妻スカイライン定期バス(5月頃~11月上旬)もあります(私たちが訪れたときは、震災の影響で土日のみの運行)。送迎バスに宿泊者は私たちだけ。市内を抜け山道になるにつれて耳が詰まりだし、標高の高さを実感。送迎してくれた方は、大変丁寧で親切。でも…詳しくはのちほど。


IMG_1132t-noji1.jpg 
▲野地温泉送迎バス



到着です


標高1200メートル、市内より約8℃くらい気温は低いです


先週まで猛暑(東京36℃、福島市38℃)。いくら標高が高いとはいえ温泉に入るには暑いなぁと思っていたら、旅行直前の台風の影響で一転冷夏に。福島市内は最高気温が24℃位(東京も)、野地はそこから約8℃低いので、半袖だけでは肌寒くパーカーも着てます(7月中旬)。
通常なら暑いこの時期に、温泉を楽しむなら最適の気温です。

 IMG_1187-noji.jpg
▲野地温泉ホテル(霧が出ています)



宿に着くと、前の駐車場には大型バスがど~んと止まっていました(日帰り温泉ツアーのようです)。
入ってみると、山の温泉宿の雰囲気とは違い、ロビーはとてもモダンな感じ
私たちがチェックインをしているとき、館内にポスターが貼ってある(CDを出しているみたいです)女将らしき方が何度か通りましたが、私たちは眼中にないのか挨拶どころか会釈もなし。忙しいのかもしれませんがこういう対応って寂いですね。残念ながら、この女将の対応が全てを象徴している感じのホテルでした(電話で問い合わせたときに予感はしたのですが…)。 チェックアウトも事務的に終了し、挨拶もなくもちろん見送られることもなくホテルを後にしました。悲しい
今回は、福島を応援しようと企画した旅行だったので、特に悲しいし寂いしい
温泉が素晴らしいことで有名なホテルですから、営業が強く、団体客も多く、接客などを気にしなくても客には困らないのでしょうね…。


IMG_1232-noji.jpg 
▲ロビー(奥にお土産の売店) 自由に読める本あり
IMG_1323t-noji.jpg IMG_1321-noji.jpg 
▲フロント               ▲廊下  
  

JRとのセットプランでしたが、宿泊のみだと14600円(平日2人)の部屋。ちと高い~!!たぶん別館のいい部屋の方だと思います。部屋は清潔感あり広く感じます。バス(使いませんでしたが)、トイレ付き。エアコンあり。
※携帯は、ドコモはOKでした。他は確認していませんが、近くの鷲倉旅館はドコモも以外はダメとのこと(2011.7時点のことなので、詳細は確認下さい。)

IMG_1139-noji.jpg 
▲部屋
IMG_4930-noji.jpg IMG_1137-noji.jpg
▲丹前には野地のマーク



部屋に置いてあるアメニティーは、シャワーキャップ・カミソリ・くし・シャンプー &リンス・男性用トニック類。女性用化粧水類はありません(大浴場にもなし)。


 IMG_1145-noji.jpg IMG_1148-noji.jpg
▲トイレの水の流れは悪い▲バスもあります


【食事】
食事は、夕食・朝食とも大広間で(お膳に座布団)。宿泊者は7、8組で10人あまり。ひとりで温泉巡りをしている男性客同士、各地の温泉話に盛り上がっていました。食事内容は一般的なものでしょうかぁ。料金からすると豪華ではないです。
ここの仲居さんの接客は悪くはありませんが、料理の説明等はなく淡々と仕事をする感じです。

IMG_1220-noji.jpg 
▲夕食 前沢牛のしゃぶしゃぶなど
IMG_1269-noji.jpg 
▲朝食 朴葉味噌など


次のページでは、温泉を紹介します。温泉は、文句なく素晴らしいです。
 


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-223.html

2011/08/07 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |