中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2011年12月 → )

骨折しました日記 リハビリテーション室卒業

   ↑  2011/12/27 (火)  カテゴリー: 骨折日記

【骨折112日目】 
待合室で骨折お仲間と再開。「良くなりましたね」と励まし合い、「冷えると痛い」「朝起きてすぐは調子が悪い」と骨折話で盛り上がる。やっぱりみんなそうなんだと安心。

診察、レントゲン、剥がれた骨の移動なし。

「先生、ちゃんと歩けるようになりました
「前は歩く時に足が痛いと言ってたけど、どう?」
「つっぱり感やピリピリとした痛みはあるけど 歩く時の痛みはありません」
レントゲン写真を見て
「剥がれた骨がやっと甲に戻りだしてきた。良くなってきたよ
「ジョギングや水泳をしていいですか?」
「ジョギングも水泳も軽くなら。平泳ぎが良いけど、クロールならゆっくりね」
「サッカーとか甲に衝撃があるものはまだダメ
(なるほど。じゃあ旦那さんに蹴りを入れるのもまだダメなんだぁ

「リハビリのほうは、先生はそろそろ卒業しても大丈夫だと。
診察でも聞いて下さいとのことですが…」
(カルテにもその趣旨が書いてあるらしく)
足首の拘縮を念入りにチェック
「だいぶ動くようになってきたね
(そうそう、だって毎日努力してるもの…)
「そうだねぇ、患者さん本人がもう大丈夫というならいいですよ」
「はい。拘縮のリハビリを教えていただいたので自分でやります
病院の卒業はまだですか?」
「2か月後に、骨の状態と拘縮・筋力がちゃんとしてたら診察も卒業。
自分でリハビリ続けてね」

「頑張ります」 




【骨折113日目 リハビリテーション室7回目(最終回)】
診察の次の日。最後のリハビリテーション室。初めての先生。

「今日が最後になりました」
足首を念入りにチェック
「左腿の表の筋力が右に比べ50%だけど、歩くの大丈夫?」
(マシンで測定した結果)
「ダッシュはまだ出来そうもないけど、1時間歩いても大丈夫です
左足の筋肉力を念入りにチェック
「これなら充分歩けるね。 でも、左足の筋トレは続けてね」
「拘縮がまだ治ってないんです」
「まだ左右差があるね。でもここまでくれば温めて正座・前曲げや
アキレス腱伸ばしをすれば治っていくよ。
浮力があるからお風呂の中での正座もいいよ」
(もちろんお風呂の中での正座を自己リハビリーに追加)

リハビリステーション最後は、いつものマシーンでの筋トレ。これがめちゃめちゃキツイ。マシーンが「頑張って!!頑張って!!」と声で励ましてくれるが、足が言う事を聞かない。終了してマシーンから降りると、筋肉へのダメージですぐには歩けない。
それだけまだ筋力がないのねぇ


【リハビリ7回目内容】
歩き方・足首・足の筋肉・左足バランス・拘縮のチェック。マシーンでの筋トレ。


リハビリの先生たちにお礼を言ってリハビリステーション室は終了
お世話になりました
(いつもの先生に会ってお礼が言えず残念)



【今後の自己リハビリメニュー】

まずは、歩くこと。左足の筋力強化のため、左足スクワット100回(軽く)、左足の腿上げ100回(健足で立ち左足を床につけないで。腿の表の筋肉に効く感じ)、風呂での足首上下運動(足首を横にした方がやり易い)・足首回し左右100回(足の指と手の指を組んで回す)・足首曲げ100回・正座3分、お風呂から出て正座5分。
もちろん暇なときは、常に筋トレとストレッチだ。
まだ、足の甲や足首は、少し腫れているし、突っ張る感じがするし、靴が足に当たると痛いし、チクチクする感じもある。
でも今後の自分のためだから、頑張って続けるぞ

 

次回の骨折日記は、2カ月後の診察のとき、来年の2月に更新予定
その時には、めでたく最終回として
皆様に拘縮がみごとに治ったところを是非お見せしたいです
では、ご報告できることを楽しみに…
(その前になんとか東北応援旅行に行きたいなぁ…)



※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです(足舟状骨剥離骨折、左足)。



スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-254.html

2011/12/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

骨折しました日記 拘縮リハビリ

   ↑  2011/12/25 (日)  カテゴリー: 骨折日記

 お風呂のなかで、足首を回したり(手を足の指に組んで左回り・右回り各100回)、上下に動かしたりと、拘縮の自己リハビリメニューは続けているものの、歩けるようになったら筋トレはちょっとおろそかに…。やっぱり 喉元過ぎればなんとやら…。


【骨折98日目 リハビリテーション室5回目】
いつものリハビリの先生。まずは歩き方のチェック。

「もうちゃんと歩けているね
そろそろいいかなぁ~。自分でもわかるでしょ?」
「え~っ、リハビリ終了まだ拘縮が左足の片足ジャンプも出来ないよ

「リハビリテーション室では最後まではやらないんだよ。後は、自分でね」
(なるほど、それもそうかぁ)
「カルテに書くから、次回診察時に医師と相談してね 」
(私も毎週リハビリに通院するのは大変なので、そろそろ卒業したい
でも中途半端で終わって拘縮の後遺症が残っては困る...)
「じゃあ、拘縮のリハビリの方法を教えて下さい」

ということで教えてもらいました


まずは、伸ばす方のリハビリの仕方 
それは、「温めてから(お風呂上がりとか)座布団に正座」 

 …ってかなり地味。やっぱりストレッチ系しかないのね…
(その後、お風呂のなかでの正座も追加


ポイントは、関節が曲がらず隙間が出来た所へ痛くないように
タオルを入れること。そしてタオルが段々小さくなるように頑張る
はじめのうちは下が薄い座布団だと痛いので、クッションの方が楽ちん
(私は、ソファーの上ではじめた)


次に、曲げる方のリハビリの仕方
「右足(健足)を正座のまま、左足を立て前に曲げる」

伸ばしてすぐに曲げるのはとっても大変だ
でもギプスとれたての頃のような激痛はない 
 
IMG_3113-kossetu.jpgIMG_3109-kossetu.jpg
▲拘縮のため足が曲がらず、座布団と足に隙間ができる▲曲がらない所にタオルを入れ正座
(まだ恐くてまだ体重はあまりかけられません。焦らずやります)



「1ヵ月くらいで正座出来るように頑張ってよ」
(先生にそう言われるとちょっとあせる)
「1ヵ月くらいで出来なかったら、治りにくくなって後遺症になる
「出来なくても毎日やれば少ずつ改善されるから大丈夫
早く良くなった方がいいけど、焦らず1歩1歩やってね」
 「頑張ります
(自己リハビリメニューに正座が追加されたことは言うまでもない)


【リハビリ5回目内容】
足首・足の筋肉・拘縮のチェック。歩き方のチェック、階段の上り下りのチェック、バランスボードでの左足のチェク、筋トレと筋力チェック(新しいマシーンを使って、左の太もも上の筋力は、右の半分しかない)  


 
【骨折99日目】
骨折して以降初めて電車に乗った。いちばん心配だったのは駅の階段。電車からどっと降りた人に押し流されたらどうしようとか、自分がもたもたしているせいで大混雑にでもなったらどうしようとか不安だったが、手すりを触りながらではあるが無事にクリア。もちろん足元はよく確認。
そもそも階段で転んで骨折したので、階段の上り下りには恐怖心があるかなぁと心配していたが、実際はまったくなかった(ギプスをしているときは、テレビで階段を降りるシーンを見ても恐いなぁと思ったから)。
ただ、マンションの短い階段とは違い、長い階段の上り下りだったので、体力的に疲れ、足は夜にはいつもより腫れた。
でもとても自信になり、また一歩普通の生活が出来るようになったと実感



【骨折104日目 リハビリテーション室6回目】
前々回の女性の先生。

【リハビリ6回目内容】
足首・足の筋肉・拘縮のチェック。歩き方のチェック、階段の上り下りのチェック、踏み台(高め)での上り下りのチェック、バランスボードの左足チェック、新しいマシーンでの筋トレ(まだ左太もも上の筋力は、右の半分だった)



※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです。


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-253.html

2011/12/25 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

骨折しました日記 松葉杖返却

   ↑  2011/12/18 (日)  カテゴリー: 骨折日記

靴下が無事履けるようになり、左足クロックスから両足スニーカーに。もちろん装具をつけているので、左靴ひもは固結び。 スニーカーだと、クロックスより歩く時に足の甲や足首が曲がるので、拘縮の痛さが大きい
でも、これもリハビリだと思うと、その痛さは快感になってくる

リハビリは、歩くことを重点的にやっている。もちろん、日課になっているスクワット500回、かかと上げ200回、アキレス腱伸ばし、お風呂で足首回し左右100回と、自己リハビリメニューも続ける。

IMG_3106-kossetu.jpg
▲久々の両足靴と靴下だぁ




【骨折84日目】
今日は、リハビリ室と診察だ。
そして今まで大変お世話になった松葉杖を返却だぁ。長い間ほんとうに有難う
松葉杖さんがいなければ、トイレに行けなかったのは言うまでもなく、離れた電気のスイッチを押すことも、遠くの洗濯物を釣り上げて持ってくることも出来なかった。本当に私の手足(足だけではない)となって支えてもらいました。

朝、松葉杖を綺麗に拭いてあげ、大切に抱かえて病院へ行く 

 
 
IMG_3080-kossetu.jpg 
▲お世話になった松葉杖


【リハビリテーション室 3回目】
まずはリハビり。松葉杖を2本持っている私を見て、(前回は片手松葉杖だったので)悪くなっちゃったのかと不安そうなリハビリの先生。

「今日、診察時に返却するんです
「あ、そうなんだぁ歩くの大丈夫?もう自信がついたんだね」
 

まずは歩きをチェック。1歩1歩歩くたびに痛いけど、何も知らない人が見たら、ほとんど気がつかれないレベルまでの状態に。


【リハビリ内容3回目】
左足の筋肉・足首の状態・歩き方のチェック、階段の上り下り(なるべく音を出さずに、つま先で早く)、ストレッチ台、マシンで筋トレ(5分、2回目の筋トレは筋肉痛がそれほどなかった)


【診察】
前回より2週間後診察。レントゲン。剥がれた骨の移動なし。


「先生、歩けるようになりました」と報告
(2週間前はまだ左足の体重加重70%だったのだから大進歩だ
「でも歩くたびに痛いです」
「それは拘縮と筋肉痛。6週間強もまったく体重をかけていなかったからね。
体重をかけるということは、とってもすごいことなんだよ」
「もう骨は完全に治ったのでしょうか?」
「触っても痛みもないし、剥がれた部分も新しい骨で止まっているから
治ったとも言えるけど、まだ完全ではないよ」
「常に動かすところだし、骨は常に新陳代謝しているから
しっかりと固定されるまでには時間がかかるし
剥がれた骨が甲に元通りに戻るまでにはまだ先だね」
私の足の状態は、甲から角が出ているみたいに骨が剥離し、下に出来た新しい骨で甲から動かないようになった。レントゲンを見ると甲から骨がでっぱっている感じ。 でも骨には元に戻る能力があって、それが甲に戻るらしい)

「だから、まだ甲には絶対衝撃を与えないでね」 
(ぶつけたりしないように細心の注意を払わないと) 

(そうそう

「先生、松葉杖を返納します。ほんとうに有難うございました」
ということで、保証金8000円も無事に戻った 
 次回診察は1ヵ月後となった



【91日目 リハビリリハビリテーション室4回目】

今日のリハビリの先生は、若い女性の先生。


「調子はどうですか?」
「歩く方は、順調ですもう60分くらい歩いても大丈夫です」
(骨折75日目によちよち歩きが出来てから、劇的進歩。もう歩いても足や心臓や肺も疲れません
(でもまだ小走りが出来ないので、信号は青になりたてしか渡りませんけど)

「でも拘縮がなかなか治らないんです」と言うと
丁寧に足首をチェックしマッサージをしてくれた
「力をかけると曲がるけど固いですね。 特に曲げる方がまだまだです。
家でもストレッチやアキレス腱伸ばしをして下さいね」
(伸ばす方は、無理をするとまだ剥がれると先生に言われたので、リハビリが遅れている)



【リハビリ内容4回目】
足のマッサージ、左足の筋肉・足首の状態・歩き方のチェック。階段の上り下り、ストレッチ、マシンでの筋トレ(5分)




さて、一番気になっている拘縮は、歩くこと中心のリハビリとストレッチで
どれくらい改善したかというと


改善
最初の頃のような激痛はなくなる

伸ばす方は、90センチ
でもまだ甲のところがつっぱる感じ

IMG_3102-kossetu.jpg
▲伸ばす方(壁に背をつけ足の裏をつけどこまでいけるか 90センチ)


曲げる方は、7センチ
最初の頃より曲がるようになりました
アキレス腱はつっぱり、前の方はつかえた感じ

IMG_3100-kossetu.jpg 
▲左足前曲げ 7センチ 


※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-252.html

2011/12/18 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

骨折しました日記 二足歩行

   ↑  2011/12/14 (水)  カテゴリー: 骨折日記

リハビリの先生から与えられた課題「片手松葉杖で美しく歩ける」をクリアするために、部屋のなかの移動はもちろんのこと、買い物も積極的に片手松葉杖。
そのほか、スクワット500回、かかと上げ200回、アキレス腱伸ばし、お風呂で足首回し左右100回と自己リハビリメニューも続ける。




するとビックリ
『日に日に回復していくとはこういうことかぁ』と





【骨折72日目】
今までお風呂は一苦労。浴室には這って入るし、着替えは子供のように床に座ってやっていた。
 


しかし72日ぶり
浴室には、つたい歩きで入れ
着替えは洗面台に片手をついて、立ってパンツがはけたのだ 
感動
(手で支えれば立てるくらいに、左足の加重不足が少なくなったということ)


【骨折74日目】
右足を一瞬だけ上げることが出来た

【骨折75日目】
家の廊下をよちよち歩きが出来た

【骨折76日目】
家の外に歩いてゴミを捨てに行けた


【骨折77日目リハビリテーション室2回目】
家に1本松葉杖を置き、片手松葉杖で病院(距離があるので)へ。今日は、診察はなくリハビリだけだ。


「どう?片手松葉杖で美しく歩けた?」
「頑張りました
(片手松葉杖歩きの成果を見せる)
「じゃぁ今度は、平行棒を触りながらゆっくり歩いてみて」
(ほとんど触らず歩く)
「実はもうゆっくりですが、室内なら少し歩けるようにもなりました」 
「すごい早いねぇ
(とても感心してくれたが、リハビリが一段と進んだ)



 

【リハビリ2回目内容】
左足の足首・筋肉状態の確認、美しく歩く練習、つま先上げ運動(足の甲が痛い)、マシンでの左足筋トレ5分(めちゃめちゃキツイ)、ストレッチボード、拘縮の角度を測ると曲げる方が10→20、伸ばす方30→40。少し改善されていた。 



次回(1週間後)までに、『松葉杖なしで、美しく歩く』が課題となっ




病院に行くときは片手松葉杖だったが、
帰りは松葉杖を小脇に抱えて2本足で歩いて帰ってきた


靴は、左足クロックスで右足スニーカーだが、課題をクリアーすべくとにかく歩きまくるぞ



この週も日に日に回復


【骨折78日目】
リハビリテーション室の次の日。もの凄い筋肉痛が左足を襲った(5日間くらい治らなかった)。
階段の上りでは、足を交互に出すことが出来る。下りでは、筋力がまだないのと、拘縮で足が曲がらず、足が届かない為足を交互に出すのは無理。

【骨折79日目】
丸井まで歩いていく。速度は、杖のご老婦人に抜かれるくらい。肺や心臓まで疲れる。丸井のなかで、一休み。 下りのエスカレーターで、左足から着地したら、激痛だった。

【骨折82日目】
今日も丸井に歩いていく。速度は、携帯でメールを打っている人くらい日に日に早くなるぞ

【骨折83日目】
ばたばたながら、下りの階段を足を交互に出して降りられた(ひと目で足が悪いとわかる状態レベル)。

骨折してわかったこと
足が悪い人にとって、階段は上りの方が大変だと思われるが、実は下りの方が危険で足に負担があり大変である
本当は、エスカレーターは下りこそあってほしい




2週間で、片手松葉杖からあっという間に歩けるようになった
次回は松葉杖を返却しよーっと



もちろん、朝起きてすぐや夜になると歩けなくなるし、歩くたびに足の甲、拘縮している足首、そしてアキレス腱や筋が痛むので、美しい歩き方には程遠くペタペタ歩きや足を引きずっているときもある。もちろん全身筋肉痛や疲労感もある。


でも日に日に、回復していくことの幸せ
2足歩行出来ることの幸せをしみじみ感じる





※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです。


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-251.html

2011/12/14 | Comment (10) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

骨折しました日記 本格リハビリ開始

   ↑  2011/12/10 (土)  カテゴリー: 骨折日記

の終わりに骨折し、家に閉じこもっているうちに世間はすっかり寒くなってきた足は依然腫れていて、足首を曲げると痛いのでは?と恐くて靴下が履けずにずっと素足のまま。でも、さすがにこの頃足が冷える。で、待合室で見た、先輩患者さんが履いていた内側が起毛温かそうなクロックスをさっそく通販で購入。色がちょっと渋かったけど、確かに温かい。 
 

IMG_3095-kossetu.jpg 
▲冬用のクロックス購入(でもちょとクッションが固い)


【骨折70日目】
前回より2週間後の診察。レントゲン。剥がれた骨の移動なし

先生に報告
「60~70%体重加重は達成でも80%にするとまだ痛い」
「でもやっぱり気になるのは拘縮です」
「思いっきり曲げたら、アキレス腱が切れそうだし、バキッと音するし、
伸ばしたら、足がケイレンして、めちゃめちゃ痛いです」
すると先生、
「伸ばす方は無理すると、せっかく付いた骨がまた剥がれるからダメだよ
(え~っもっと早く言って欲しかった。でも剥がれなかったから良かった。)

「じゃあ、リハビリテーション室に通ってリハビリする?」
そう、その言葉を待っていました
というよりもっと早く言って欲しかった
だって拘縮なんて、どうやってリハビリするのかわからないもん。


次回の診察は2週間後だが、リハビリはさっそく明日の予約を入れた。20分かけ(普通に歩くと15分)両手松葉杖歩きで家に帰る。今日でタクシーと母の付き添いは卒業だ長い間お世話になりましたm(__)m

【骨折71日目 リハビリテーション室1回目】
次の日両手松葉杖歩きで20分かけ病院へ。ゆっくり歩きくらいのペース。
1回20分だが、初回は問診があるので2回分だ。 短パンにポロシャツ、そして首にはタオルのいつもの格好

まずはリハビリの先生との問診。
これまでの症状や努力を報告した後、先生が、
「どれくらいまで治りたい?まだ若いからスポーツが出来るまで?」
「もちろんスポーツをやれるまでですよぉ
「じゃぁ3月くらいまでかなぁ。左足で片足ジャンプがちゃんと出来るまでね」
(えっ全治7カ月になっちゃうよー リハビリ頑張って早く治そーっと)

そして、一番気になっていたことをリハビリの先生に聞く

「先生、この拘縮を治すには、どうすればいいですか?」と尋ねると
「歩くと拘縮はある程度治るよ。早く歩こう
(初めて聞いたもっと早く知ってれば歩くリハビリに専念したのに)
(ある程度なので、歩けるようになったのち、地道な拘縮のリハビリも教わる)



【リハビリテーション1回目内容】
問診、左足の筋力低下の確認、、片手松葉杖の正しい歩き方(70%体重加重)、片手松葉杖で階段上り、下り(一歩一歩)、ストレッチボード、拘縮の確認と角度の測定(曲げる方が10度。伸ばす方が30度。立派な拘縮。でも自分でやっていたので、少しは改善されているとのこと


ここで骨折豆知識
リハビリテーション医療には、日数の上限期間が決まっている。
運動器疾患150日(骨折や関節障害など)
脳血管疾患等180日(脳梗塞や神経障害など)
呼吸器疾患等90日(肺炎等)
※もちろん、医師の判断で改善・治療上有効・現状維持のために必要の場合は継続出来る。


両手松葉杖歩きで病院へ行ったが、
帰りは1本を小脇に抱え、片手松葉杖歩きで帰れた


次回(1週間後)のリハビリまでに
『70%の加重で片手松葉杖歩きで美しく歩く』が課題



※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです。


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-250.html

2011/12/10 | Comment (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

骨折しました日記 拘縮の激痛

   ↑  2011/12/05 (月)  カテゴリー: 骨折日記

【骨折63日目~69日目】
体重加重のリハビリは、順調。両手松葉杖歩きで、部屋のなかを移動するのも慣れ、日常生活のなかでリハビリが出来る。
ふと、片手松葉杖(つまり松葉杖1本)が出来るのではと思い立ち、トライしたら出来たギプスがとれたてのときは、出来るなんて想像もつかなかったのに。私の場合、加重が70%可能になったところで、片手松葉杖が出来た。足りない30%は、1本の松葉杖で補う(このレベルでは普通の杖では歩けない) 。
片手松葉杖は、もう片方の手が自由になるので、物を持って移動するのが容易になる。これで自分で飲むお茶だって、ベランダの花に水をあげるジョウロだって楽々持って歩ける
注意点としては、片手松葉杖のタイミングが合わないと、悪い足に予想以上に体重がかかってしまうこと。こうなると、また痛くなって腫れる。


ここで、骨折豆知識
片手松葉杖や杖は、患側(痛めている方)と反対側の手で持つ。私は、左足が骨折しているので、右手で松葉杖を持つ。そして左足を出すときは、ほぼ同時に松葉杖を突き、左足にかかる負担を軽くする。
それまでなんとなく左足をカバーするためには左手に松葉杖を持つものと思っていたけれど...実際に経験しないとわからないことが多い。



段々自信がついてきたぞってことで、コンビニへ初めて1人で買い物 に
外出時はまだ両手松葉杖だが、短い距離ならほとんど普通に歩くのと変わらない速度
松葉杖で両手がふさがっていたが、なんとかカゴを持ち、デザートを選んでいたら
2歳くらいの女の子が満面の笑みを浮べ、小走りに私の方に近寄ってきて松葉杖につかまった
この光景、どっかで見たなぁ
そうだぁ!初めて松葉杖を使ったときだぁ!あの時は、道で汗だくボロボロになっていたのに
同じように子供が喜んで走って寄ってきて、私の目の前に立ちふさがったのだ
 


そう、松葉杖は子供にはロボットやマスコットに見えるのだろう


私は、もうリハビリの段階で骨折した足にも50%以上体重をかけられるから、松葉杖を取られたとしても倒れることはないが、ギプスの段階では大変危険 松葉杖の方は、子供にはくれぐれも気をつけた方が良い。子供って予想外の動きをするから。

良い子のお母さんにお願い
子供に松葉杖の人に近寄らせない
ましてや松葉杖に絶対触らせない



さて、拘縮の方ですが、お風呂だけだと1日1回なので、押し入れの奥にあった、温める電気器具を追加。1日3回30分足首を温めて、お風呂でするのと同様に、足首回し左右100回、足首上下運動100回。膝を前に曲げる運動20回。アキレス腱伸ばし20回。そのほかストレッチ。

ということで拘縮リハビリは、これを1日4セット (気分的にも体力的にも疲れる)
さてその成果は



足首を伸ばす方は(壁に背をつけて座り、足の裏をつけたままでどこまで行くか)

70センチ→80センチ

少しだけ良くなりました。でもまだ正座なんかは、とても出来ません。
 

IMG_3071-kossetu.jpg IMG_3072-kossetu.jpg 
▲壁から70センチ ▲壁から80センチ(散らかっている部屋とともに…)


これしか足首が伸びないと


正座なんて無理

IMG_3043-kossetu.jpg 
▲足の甲は伸びません、正座は無理。すねには湿布



足首を曲げる方は、壁から0センチ→4センチ。こちらも少しだけ良くなりました。



こんなスローペースでいいのかなぁ と焦り
思いっきり、足首を前に曲げると
アキレス腱が切れそうになったり、骨がバキッ
左足首を右足で上から押さえ、思いっきり伸ばすと
すねが裂けそうになりピクピクとケイレン
私の剥離状態だと、無理に伸ばそうとするとまた剥がれることが 後日診察時にわかる)
(剥がれなくって良かった)

「痛ー-ーっ!!」

で、自分では上手く出来ないし、激痛は絶対良くない…と
明日の診察の時に先生に相談することにした
その後、拘縮は歩くとある程度改善するということを知った
(実際歩いて関節をほぐしてから拘縮のリハビリをした方がスムーズだった
(言うまでもなく、激痛は良くなかった



【火曜日】
60%で60秒の加重を10回、拘縮リハビリを4セット
【水曜日】
60%で60秒の加重を10回、70%で30秒の加重を5回、拘縮リハビリを4セット
片手松葉杖で室内を歩けるようになる。
【木曜日】
60%で60秒の加重を10回、70%で30秒の加重を5回、拘縮リハビリを4セット
コンビニに松葉杖歩きで、1人で買い物。
【金曜日】
60%で60秒の加重を10回、70%で30秒の加重を5回、拘縮リハビリを4セット 
【土曜日】
60%で60秒の加重を10回、70%で30秒の加重を5回、軽いスクワット300回、拘縮リハビリを4セット 
初めて片手松葉杖で近くのコンビニへ→夜足が腫れる。
【日曜日】
60%で60秒の加重を10回、70%で30秒の加重を5回、軽いスクワット300回、拘縮リハビリを4セット 
【月曜日】
60%で60秒の加重を10回、70%で30秒の加重を5回、軽いスクワット、拘縮リハビリを4セット 



※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです(足舟状骨剥離骨折、左足)。


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-249.html

2011/12/05 | Comment (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

骨折しました日記 足首が拘縮

   ↑  2011/12/01 (木)  カテゴリー: 骨折日記

【骨折56日目】
新任の先生は慣れたのか、1週間前とは違い順調に診察の順番が回ってきた。
前回から1週間後の診察。レントゲン。剥がれた骨の移動なし。   


「先生!!無理やり加重50%は達成しましたが   
くるぶしや甲が押し潰されそうな痛みで、 象さんの足のように腫れたんです
と1週間の努力を報告。続けて
「今無理なく出来るのは30%位。次の目標は2週間後60%でどうでしょう?」
と、まずは60%で持ち出して、80~90%位で手を打とうかなぁと思っていたら
「いいですよ。リハビリには個人差がありますから」とすんなり
「で、先生、今一番気になるのは拘縮なんです。どうすればいいですか?」
と尋ねると
「とりあえずお風呂のなかで少しずつ動かして」 

えっ!!そんなんで治るのかなぁ??? まだかなり腫れてるからシャワーなんだけど…
まぁ加重目標がゆっくりになったから、腫れも引いてお風呂にも入れるだろ~
自分でやってみよーっと
(実は次回の診察後本格的なリハビリになりましたが…)



拘縮がとても気になるが、加重の目標が2週間後60%ということになったので
かなり気が楽になった


私が一番気にしている拘縮(こうしゅく)とは、関節を動かさないと、関節の動く範囲が狭くなること。脳卒中のような病気でもなるが、ギプスの固定でもなる。3週間くらいの固定でなるみたいだから、47日間固定された左足は、すっかりギプスのかたちで拘縮。しかも骨折箇所は足首の動かすところ。恐くてなかなか動かせないし…。
でも治らないと後遺症になってしまう…。

足首が曲がらず、床に足がつきません
すっかりギプスと同じ角度
立派な拘縮です

IMG_2953-kossetu.jpg
▲足首が曲がらない


こんな状態です

足首を思いっきり前に曲げた写真(左)
思いっきり後ろに伸ばした写真(右)
これ以上は、まったく動かない
無理に動かそうとすると、
曲げる方は前方につかえる感じがし、無理にやるとアキレス腱が切れる痛さ
伸ばす方は、すねの骨が裂かれような痛さ
ストレッチで関節を伸ばすのとは全くレベルの違う激痛が走る

これでは、ペタペタ歩きしか出来ないし、走れないし、階段なんて無理   

 IMG_2967-kossetu.jpg IMG_2969t-kossetu.jpg
▲足首を前に曲げる方(これで精いっぱい) ▲足首を後ろにのばす方( これが限界)



早く完治させたいと、加重と同時に拘縮のリハビリもやることにした

お風呂に入りよく温まったところで、足首回しを右回り、左回り100回。足首上下運動100回。浴槽に手をかけお風呂の中での膝を前に曲げる20回。アキレス腱伸ばし20回。結構地道
飲み物持参でお風呂でリハビリ。長時間湯船にいるので汗が大量にお湯に溶け込む…
その後旦那さんは、その湯船にまさに自家製天然温泉だわぁ
 

頑張っても成果がわからないとやる気が出ない
足の曲がる角度を測る分度器でもあるといいけど…
で、床にメモリをつけてみました 

 

我が家のリハビリルーム

 IMG_3084-kossetu.jpg
▲我が家のリハビリルーム(体重計もいつも乗れるところに)  


 


の写真は、壁に背中をつけ、足の裏を床につけたままで何センチまでいけるかを測るもの。足首が伸ばせれば伸ばせるほど遠くに行く。右足は、100センチでも楽勝だが、左足は、足首が伸びないため70センチがやっと。

の写真は、両手を上につけ足首の曲げ伸ばし運動するもの。ソファーなので、膝が当たっても痛くなりません。

の写真は、足首を曲げて膝がつくかを測るもの。足首が曲がれば、足の指先がどんどん壁から離れる。現在0センチがやっと。右足は、楽勝で13センチ。

IMG_2982-kossetu.jpg IMG_3087-kossetu.jpg   
▲①足首を伸ばす方の改善をみる   ▲②足首を曲げる練習をするところ 


これ以上は、足首は曲がりません
(アキレス腱も切れそうです)

IMG_3013-kossetu.jpg 
▲③足首の曲がる方の改善をみる

 


【骨折56日目~62日目】

【病院診日 火曜日】
足首が腫れているので、ちょっと休憩 
【水曜日】
40%で30秒の加重を10回、50%で30秒の加重を10回、60%で30秒の加重を5回(足首やくるぶしが痛い)
松葉杖歩き10分を5セット
腫れが少し良くなってきたので、骨折後初めてのお風呂(温めても痛みや腫れはなかった)。そして、拘縮のリハビリ
【木曜日】
50%で30秒の加重を10回、60%で30秒の加重を5回
室内の日常生活で松葉杖歩きが出来るようになる。のなかでは歩いていた足もきっと歩きたがっているに違いない風呂で拘縮のリハビリ
【金曜日】
50%で30秒の加重を10回、60%で30秒の加重を5回、日常松葉杖歩き、風呂で拘縮のリハビリ
筋肉が少し付いてきた。
【土曜日】
50%で60秒の加重を10回、60%で30秒の加重を10回、日常松葉杖歩き、風呂で拘縮のリハビリ
60秒の加重は、まだ足が疲れる
【日曜日】
60%で30秒の加重を10回、日常松葉杖歩き、風呂での拘縮リハビリ
近くのコンビニに松葉杖歩きで行く。往復8分だった(1週間前は往復37分が今回は往復16分)。体力をかなり消耗するが、短い距離なら、ほとんど普通に歩くのと変わらい速度になった。
【月曜日】
60%で30秒のの加重を10回、日常松葉杖歩き、風呂での拘縮リハビリ
昨日のコンビニへの松葉杖歩きのため、ちょっと筋肉痛。でもこうやって徐々に筋肉がついていくのだろう
 


加重は順調だが、拘縮の方はあまり改善が見られない
(その後、拘縮は歩くとある程度改善されるというとを知るが、この時は知らずに焦ってた)



※体験記であり、骨折は、折れた箇所、折れ方、程度、個人差(性別・年齢・体力等)で、症状や治療等は大きく異なりますので、ご注意下さい。特に私の箇所は珍しいところらしいです(足舟状骨剥離骨折、左足)。




(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-248.html

2011/12/01 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |