中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2012年01月 → )

高湯温泉 安達屋 宿泊記

   ↑  2012/01/22 (日)  カテゴリー: 高湯温泉

応援します!!福島
高湯温泉1日目の宿泊は、安達屋(訪問日:2012年1月上旬、平日)。
高湯のバス停を降りるとなんと目の前。小雪舞うなか宿の方が私たちの到着を迎えてくれました。赤い暖簾が印象的な玄関では迎え火が焚かれています。チェックインできる時間になったばかりでしたが、ロビーの囲炉裏と暖炉にはすでに赤々と火が入れられ、ステンドグラスにも明かりが灯されています。そしてもちろん館内暖かくなっていて用意万端。 正月休み後で宿泊客も少ないはずなのに…と、きちんとした対応にまず感心。
秘湯や有名温泉地では、接客やもてなしにはそれほど期待をしないようにしているのですが、安達屋はこの出迎えを初め、細かいところまで気配りがあり、大変気持ち良く過ごせた宿でした。 


IMG_3503-adatiya.jpg
▲安達屋(写真は翌朝)、到着日には迎え火あり


靴を脱がずそのまま上がります
(楽ちんです)
IMG_3513-adatiya.jpg
▲フロント、右奥にお土産売り場    
 


入るとすぐに囲炉裏とステンドグラス
奥には暖炉に火が灯されてるロビー


 IMG_3274-adatiya.jpg
▲ロビー(食後には、コーヒー等飲み物が用意されています)


まずはWelcome抹茶
甘くて美味しいほっとします


IMG_3270-adatiya.jpg IMG_3334-adatiya.jpg
▲チェックイン時の抹茶のサービス(囲炉裏にはちゃんと炭火) ▲生け花とお正月飾り
IMG_3517-adatiya.jpg IMG_3518-adatiya.jpg IMG_3520-adatiya.jpg
▲館内にはすてきなステンドグラス
IMG_3347-adatiya.jpg IMG_3505-adatiya.jpg IMG_3521-adatiya.jpg




welcome抹茶を頂いた後、部屋へ案内してもらいます


予約が直前だったので、宿に直接電話。 宿泊プランは、1月平日14,850円(消費税・入浴税込)のトイレ付の部屋です。プランにより違いますが、 高湯温泉の価格帯では高い方だと思います。
ゆっくり寛いでほしいとのことで、チェックイン14:00、チェックアウト11:00と滞在できる時間が長いうえに、朝の布団上げをしません。そのため朝食後もゆっくり温泉に入れ、布団の上でゴロゴロと至福の時を過ごせます。宿によっては、チェックアウトの時間が遅くても送迎バスの帰りの時間が早くて、マイカーではない宿泊客にはメリットがないことが割と多いのですが、安達屋の送迎バス(送り)は11:00発。有り難いです。
少し気になるところは、木造2階建ての館内にエレベーターがなく階段がとても多いこと(温泉旅館では良くあることですが…)部屋の位置によって異なりますが、私たちの部屋があった離れ2階は、大浴場へたどり着くまでに、階段で1階に下り、ロビーの横を通り、階段を上り、廊下を直進、最後に階段を少々降りて…。もうひとつの露天風呂、薬師の湯もそれなりに…。何回も何回も温泉に入ったので(入り過ぎです)、次の日はふくらはぎが少々筋肉痛(骨折リハビリ中の奥さんには、かなりのトレーニングにはなりました)。 有名な大気の湯(混浴・女性時間あり)も足場が少々悪いです。
普通の方は問題ないと思いますが、高齢者や足の悪い方はちょっと検討が必要だと思います。

IMG_3313-adatiya.jpg
▲部屋 ガスファンヒーターでとても暖か


冬の東北。宿のなかも相当寒いのでは?と思っていたのですが、部屋はガスファンヒーターのパワーが凄くとても暖かです。濡れたタオルも前で干しているとすぐに乾きました。布団も掛け布団が2枚あり寒くありません。寝る時はそれにプラスして、 私たちの冬の旅行の必需品で自宅でも愛用のネックウォーマーを着用。暖かいうえに、喉にもいいですよ。


 IMG_3303-adatiya.jpg IMG_3316-adatiya.jpg
▲トイレ、洗面所▲部屋の鍵は2本(とても便利)、足袋ソックス、普通の丹前・綿入り丹前


【夕食】
囲炉裏端です。
炭火を囲んでの食事は楽しいですね。囲炉裏焼きは、さすがに初めから炭火で焼いてはいませんが、雰囲気は味わえます。牛肉の朴葉焼きは、お肉も柔らかくてとても美味しく、残った朴葉味噌でのご飯がまたいけました。また芋鍋のだんごも大層気に入りました。 
食事の量は、かなりボリュームがあります。


IMG_3398-adatiya.jpg IMG_3384-adatiya.jpg
▲牛肉朴葉焼き  ▲見た目も綺麗です

IMG_3390-adatiya.jpg  
▲囲炉裏焼き(岩魚、 軍鶏つくねなど)。お造り、茶碗蒸しも

  IMG_3409-adatiya.jpg IMG_3426-adatiya.jpg
▲芋鍋▲デザートはロビーラウンジの囲炉裏端でいただきます



お腹いっぱい、ちょっと食べ過ぎ…
ごちそうさまでした
完食

IMG_3412-adatiya.jpg 
▲全て空です




【朝食】7:30~9:00 バイキング
朝食は前日の夕食とは別の会場で。夕食とは全く雰囲気の異なる洋の部屋です。

IMG_3485-takayu.jpg
▲朝食会場
IMG_3499-takayu.jpg
▲バイキング

食を食べ過ぎているので、
さすがに朝は控えめに 
 (写真が寂しくなってしまうのですが…)
大好きな牛乳があり大満足

IMG_3494-adatiya.jpg IMG_3488-takayu.jpg 
▲バイキングは洋風、和風あり、もちろんコーヒー・牛乳等あり▲ここの暖炉にも火が

源泉掛け流しの名湯の宿には珍しく、炉端・ステンドグラス・暖炉と和と洋の両方の雰囲気を兼ね備えた、女性に好まれる宿だと思います。大広間やカラオケがなく、団体客がいないのもいいですね。 
正月休み直後で空いていましたが、宿泊者はほとんどまだ休暇中の温泉好きのご夫婦(アラフォー&アラヒィフティー)でした(女湯は温泉話で盛り上がり、男湯は挨拶程度)。
大気の湯(大露天風呂・混浴・女性専用時間あり)の女性専用時間(混浴は難易度が高い方だと思います)をゆっくり楽しむには、女同士もいいかなぁとも…。    


 
安達屋の温泉編へつづく


スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-257.html

2012/01/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

高湯温泉のアクセス(電車・バス)編

   ↑  2012/01/14 (土)  カテゴリー: 高湯温泉

応援します!!福島

奥さん骨折復帰後初の温泉旅行先は、もちろん福島県。名湯秘湯が多い福島ですが、今回はその中でも「いい温泉はどこですか?」と福島出身の方に聞くと必ず薦められる「高湯温泉」です。
高湯温泉は、東北で初めて「源泉掛け流し宣言」を行った温泉。この宣言をするには、温泉街の全ての宿が、源泉をそのまま浴槽にいれ、溢れたお湯は循環させず掛け流していることが条件だそうです。「源泉掛け流しの宿」と宣伝していても、よくよくパンフレットを見ると1か所のお風呂だけという宿も多いなか、そこにある宿泊施設全てが源泉掛け流しということは、すばらしく贅沢で貴重。それを維持する高湯温泉の努力は大変なものだと思います。
前からずーっと行きたいと思っていたのですが、なぜか機会に恵まれず、今回やっと行けることに。奥さんの骨折の湯治にもなると期待しつつ、2泊3日高湯温泉の旅(訪問日:2012年1月上旬平日、宿泊先:安達屋・ひげの家、日帰り:あったか湯)へ GOです。
東京から高湯温泉への電車・バスでのアクセスは、東北新幹線(1時間40分弱)で福島駅。そこから路線バスで約35分。市内からもとても近く、東北の温泉地としては行きやすいですね。



では、さっそく実際のアクセスのご紹介


東京駅で昼食の駅弁探し本当は新幹線の車内で買いたいのですが、短い乗車時間で車内販売がいつ来るかわからず、駅弁の種類も少ないと思い、不本意ながら改札に入る前に購入することに(結局、車内販売は、行きは2回、帰りは1回きました。お弁当はほとんどありませんでした)。

福島の駅弁を食べて行きの新幹線から福島気分を盛り上げよう!!
...と必死に探すがない
(で、せめて東北つながりで、秋田県と山形県の駅弁を購入)
ちょっと駅弁屋さん福島の駅弁もお願いしますよ!!

IMG_3175t-takayu.jpg 
▲東京駅構内のお弁当屋さん



新幹線改札を入りホームで待っていると


向かいのホームに
憧れのE5系はやてとこまちが…



IMG_3183-takayu.jpg IMG_3185-takayu.jpg 
▲鼻が長ーいE5系▲こまちとの連結です


私たちの乗車する11:08発MAXやまびこ135(つばさと連結)は
お掃除中(がんばるぞ!日本


IMG_3192-takayu.jpg 
▲お掃除中


MAXやまびこ135(11:08発)も2階建でカッコイイ!! 
日本の新幹線は世界一だ
 

IMG_3195t-takayu.jpg IMG_3200-takayu.jpg 
▲MAXやまびこ   ▲つばさと連結



乗車してすぐに駅弁タイム


秋田県の比内地鶏100%の「鶏めし」、山形県の米沢名物「牛丼どまん中」 

「鶏めし」は、さっぱりしていて女性向き。「牛丼どまん中」は、濃い目の甘い味付けで大好きです

IMG_3204-takayu.jpg IMG_3209-takayu.jpg
▲950円▲1100円 



12:46 福島駅到着
路線バスの時間(13:41発)にはかなり早めの到着
(切り離しの見学のためと、余裕をもって着きたかったため。バスには次のMAXでも間に合います)
 
さぁ切り離しです
これは福島駅でないと見られませんよ
(乗っていた車両が切り離しの近くだったので、すぐに行けた)
切り離され、まずはつばさが発車(12:49)

IMG_3220-takayu.jpg IMG_3221t-takayu.jpg
▲切り離され、つばさ発車

 
そしてMAXやまびこ135も仙台へ発車(12:51)

もちろんお見送り

IMG_3226-takayu.jpg 
▲MAXやまびこ



西口を出て、左前方にバス乗り場。高湯温泉行きバスは3番
 
(西口は、宿の送迎バスも多い)


13:41分発(実際は43分。高湯まで料金800円)のバスに乗車


乗客は、観光客が私たち以外に4人、一般の方が5人。後ろ乗りで、乗車券をとり、料金を降りるとき払うシステムのバス。
時刻表・料金福島交通(路線バスより)


IMG_3238-takayu.jpg IMG_3243-takayu.jpg
▲福島駅西口のバス乗り場    ▲3番乗り場に高湯行きバス 到着



20分走行すると銀世界
山を上って行き、高湯温泉に近づくにつれ雪
玉子湯の辺りではバスの中にもうっすらと硫黄の匂いが 
 
(帰る時は、自分も匂っているので感じません)


IMG_3249-takayu.jpg IMG_3255-takayu.jpg
▲山に入ると急に雪景色に▲有名な玉子湯(玉子湯バス停には小さい待合室が見えた)



私たちが宿泊する安達屋とひげの家は、「玉子湯」の次のバス停「高湯」
(料金は同じ)

IMG_3260-takayu.jpg IMG_3263-takayu.jpg
▲バスの車内、もうすぐ高湯▲高湯バス停を降りたところ


14:24到着(定刻14:17)


「高湯」でバスを降りた途端、硫黄の匂いが鼻をつきます

なんと安達屋はバス停のすぐそこに  
 
(安達屋は送迎がありますが、少しでも早くとの思いと、地元バスの応援もあり、今回は路線バス)
ちなみにひげの家は、ここから少し坂を下ったところです
 
(ひげの家には送迎バスはありません)

IMG_3581-takayu.jpg 
▲高湯バス停。安達屋は目と鼻の先

1月の高湯温泉の服装はというと。
スノーシューズ。ヒートテックのインナー、フリースのタートルネック、フリース、ダウンジャケット(フード付き)、暖パン。あと寝るときのためにネックウォーマー持参。安達屋に宿泊するなら、バス停が目の前なのでスニーカーで大丈夫ですが、バス停から距離がある宿やあたりを散策するつもりなら、靴底の溝が深い滑らない靴の方が安心だと思います。

IMG_3591-takayu.jpg 
▲靴はスノーシューズ(泡の湯以来の出動)



安達屋とひげの家で高湯温泉のにごり湯を堪能して


帰り

がガンガン降ってます
(コートにフードがあって良かった


バス停の前の高湯観光協会(あったか湯)の中で、バスを待たせてもらい

IMG_3904-takayu.jpg 
▲あったか湯と高湯観光協会




待望のバス(時刻表10:15分発、実際10:17発)がきました


正月休みの後で宿泊客が少ないためか、宿の送迎があるためか、観光客の乗客は私たちだけ
そもそも皆さん車のようです

IMG_3915-takayu.jpg 
▲バス



途中でチェーンを外し


福島駅西口10:56(定刻10:46)到着  
市内はなんと快晴   

  
 IMG_3931-takayu.jpg
▲福島駅(快晴です)


新幹線の時間(13:18)までは、あと約2時間半
(えきねっとトクだ値でちょうど良い時刻の席が満席だったので…)
 
でも、この待ち時間を利用し、「福島観光物産センター」へ
(西口より4分くらい。福島観光物産センターは別のページで紹介します(予定))


福島観光物産センターで楽しんだ後
福島駅の新幹線改札入ります

そうそう、福島の駅弁は、改札入った所で購入して下さい
ホームに売店はありますが、駅弁は売っていません


IMG_3968-takayu.jpg 
▲ここにもお土産がいっぱい 駅弁は左の売店で



またかぁ
思われるかもしれませんが…
やっぱり福島駅に来たらこれでしょう
連結です

MAXやまびこ140(13:18発)が待っていて
つばさが入線 そして連結
是非見て下さい

IMG_3978-takayu.jpg IMG_3980-takayu.jpg 
▲MAXやまびこが先に入線 ▲つばさが入線

                   
 IMG_3982-takayu.jpg IMG_3981t-takayu.jpg 
▲連結です  ▲つばさが近づいてきます

 

新幹線の中で2人とも爆睡
14:56無事東京駅到着。今回も楽しい旅でした

お正月の余韻のせいかもしれませんが 、前回(2011年7月)訪れた時より、活気を感じました
また行きますね。福島



ところで、東京都は、東北を応援する為に宿泊の助成金をしています(23年9月~24年2月まで、延べ50000泊)。また来年度も福島県限定で、宿泊・日帰りに助成金を継続するそうです。東北を応援することは、都民として大変嬉しく思いますが、運営の仕方には疑問があります。手続き上の理由かもしれないのですが、指定旅行代理店の「東京都被災地応援ツアー」しか対象でなく、指定代理店の他のツアー、宿への直接予約、インターネットでは助成金は出ません。旅行代理店と契約していない小さな宿などでは、この恩恵を受けられません。
またなぜか、同じ日程でも「被災者応援ツアー」のプランになると料金が高くなっていた宿があり、これでは、どこを助成金で応援しているか疑問です。
でも、着眼点はとてもいいと思うので、運営を見直しながら是非続けて欲しです。


温泉旅行を計画の方、ぜひ福島県高湯温泉も検討してみて下さいね



安達屋宿泊記へつづく

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-256.html

2012/01/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2012年 明けましておめでとうございます

   ↑  2012/01/01 (日)  カテゴリー: 未分類


明けまして
おめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします



当ブログ「中野発あちこち」もなんとか4年目を迎えることができました
ブログにコメント・拍手を下さった皆さま
訪問して下さった皆さまのおかげです
本当に有難うございます
今年も東北を初め日本を元気にするために
微力ながら旅行で応援したいと思ってます 
今後ともよろしくお願いいたします

中野発あちこち 旦那さん・奥さんより
 



さて、昨年のブログ内アクセスランキングです
やっぱり近場が人気ですね。東日本大震災の影響からか、旅行のページは全体的に低調でした近場では、断然高尾山が人気。ロープウェイやリフトもあるし、色々なグルメも楽しめるし、薬王院のお参りもできるし、富士山も拝めるし、素晴らしいパワースポットですからね。
旅行では、「草津温泉への電車・バスの行き方」が後半追い込み9位に。やっぱり草津温泉はすごいです。
昨年アップした記事は、アクセスはいまいちでした福島県の素晴らしい秘湯(野地温泉・新野地温泉・赤湯温泉・鷲倉温泉)のページもありますので、是非ご一読を。


1 位 エアコン自分で掃除(ちょっと分解)
 皆さん、掃除するのですね…もちろん私たちも今年も掃除しました。

IMG_5626m-e-a

2位  高尾山初心者コースハイキング 
 頂上からは、富士山を拝むことができます。

IMG_7437-takaohatu1.jpg 

3 位 上野動物園パンダ見てきました 
 閉園3時間前くらいに行ったら、ほとんど並ばずシンシン、リーリーとご対面。食欲旺盛です。

IMG_0177-uenopanda1.jpg

4 位 高尾山茶屋香住(かすみ)の天狗焼きとだんご 
 もちもちした黒豆のあんが美味しい天狗焼き。高尾山に上ったら是非食べて欲しいですね。 

IMG_7566-takaohatu1.jpg 

5 位 水上バス(船)で行くお台場 
 お台場も船で行くとちょっと贅沢な気持ちになれます。

IMG_5263-o1.jpg 

6 位 東京ドームふるさと祭り東京
 2010年の「ふるさと祭り東京」の記事でしたが、2011年も盛況だったみたいですね。 

7位  シーバス(水上バス)で行く横浜ベイエリア 
 横浜には、海と船が似合いますね。

8位  パティスリーODA(織田学園製菓専門学校)中野
 パティシエの卵の学生さんが作るお得なケーキ屋さんです。

9位  草津温泉への草津号とバスの行き方
 震災後しばらく運休だった草津号。後半もの凄い勢いで追い上げてベスト10入り。

10位  東京国立博物館特別展「写楽」 
 ずらりと並んだ大首絵は圧巻でした。まさに「役者は揃った」。


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-255.html

2012/01/01 | Comment (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |