中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2013年03月 → )

登別温泉のアクセス(フェリー・北斗星等)編

   ↑  2013/03/24 (日)  カテゴリー: フェリー・北斗星の旅(登別温泉)
今年の秋の旅行(2012.11月中旬)は、登別温泉に決定。 クマ牧場でクマにエサをあげるのが夢であった奥さんと、北海道の名高い温泉地へ一度は行きたかった旦那さんの意見が一致しました。

せっかくの北海道、道中だって楽しみたいと趣向をこらして、往路は初めてのフェリー(船の旅もしてみたかった)、帰路には大好きな北斗星(登別から乗車できます)の4泊5日(フェリー1泊、寝台特急1泊)を計画。 
空路はなし、フェリー19時間、北斗星15時間のゆっくり、のんびり、楽しみ満載の登別温泉旅行となりました(あまり皆さんの参考になりそうもないのですが…でも頑張って書きます) 。
でも、たまにはこんな旅もいいですよ


【往路】
上野駅(フレッシュひたち)→水戸(大洗鹿島線)→大洗駅(タクシー)→大洗フェリーターミナル(さんふらわあさっぽろ)~苫小牧フェリーターミナル(バス)→苫小牧駅前バス停(徒歩)→苫小牧駅(室蘭本線)→登別駅(バス)→登別温泉ターミナル

【復路】
登別温泉ターミナル(バス)→登別駅(寝台特急北斗星)→上野駅




ちなみに、東京方面からの登別への一般的なアクセスは、①新千歳空港→南千歳→登別→登別温泉、あるいは、②新千歳空港→登別温泉かなぁ。

登別観光協会オフィシャルウェブサイトに、アクセスについて大変詳しく書いてあります→こちら

※宿泊先によっては、千歳空港などからお得なバスプランがあるみたいですよ。



また、大洗フェリーターミナルや苫小牧フェリーターミナルへのアクセスは、商船三井のホームページに大変詳しく書いてあります。
商船三井のホームページ→
こちら



ではさっそく実際に行ったアクセスをご紹介


【往路】

まずは、茨城県大洗港のフェリー乗り場を目指します
(車なら直接フェリーターミナルへ向かえばいいのですが、私たちは、大洗までもちょっとした旅行です)

【上野駅発14:30→水戸駅着15:44】 

常磐線 特急「フレッシュひたち」で水戸へ

IMG_5373-nobori.jpg IMG_5376-nobori.jpg
▲特急フレッシュひたち


水戸駅で、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗り換え


【水戸駅発15:56→大洗駅着16:12】

ワンマン電車
震災の影響で一部不通になっていた大洗鹿島線
かわいい絵が描かれた車両で現在は元気に運行中



IMG_5379-nobori.jpg IMG_5383-nobori.jpg
▲乗り替え改札(大洗鹿島線はSuicaは使えません。訪問時点)▲大洗鹿島線

約15分の乗車
ガタンゴトンと懐かしい電車ぽく揺れました


IMG_5385-nobori.jpg IMG_5390-nobori.jpg
▲大洗駅

【大洗駅16:19→大洗港フェリーターミナル16:25】 タクシー750円


駅前にタクシーが数台待機
大洗町循環バス「海遊号」というのがありますが
時間が合わないためここはタクシー
徒歩ではちょっと遠いのでタクシーの方が無難です

約6分で到着


IMG_5394-nobori.jpg 
▲大洗港フェリーターミナル


1階のロビーで乗船手続き
インターネット予約の場合は乗船名簿を2枚ダウンロードしていくと早くて簡単
  (今回はなかなか計画が固まらず、私たちは3日前にインターネットで予約…) 
 
ホームページには17:00(混雑時は16:30)までに
ターミナルに来て下さいと記載されてましたが、
11月中旬で季節外れのうえ平日のためか空いていて、手続きはすぐに終了

出港は18:30…ちょっと時間が余り過ぎ…
(時間がなくて慌てるよりいいかぁ)
2階の待合室でガラス越しに「さんふらわあさっぽろ」を見ながらゆっくり過ごす


IMG_5408-nobori.jpg IMG_5402-nobori.jpg
▲1階ロビー▲売店(納豆をはじめお土産が中心。ビールやおつまみ、カップヌードルはあった)


「さんふらわあさっぽろ」は、思った以上に大きい

IMG_5401-nobori.jpg IMG_5407-nobori.jpg
▲待合室▲待合室から望む乗船予定の「さんふらわあさっぽろ」


※水戸駅北口→大洗フェリー乗り場までのバスもあります



【大洗港フェリーターミナル18:30出港



「さんふらわあさっぽろ」で19時間の航海を楽しむ
デラックスルーム洋室2名、40,860円
(2人分 11月中旬インターネット割引)
でも低気圧が来ていて、ちょっと揺れたのです
(「さんふらわあさっぽろ」での様子は次のページでご紹介)



【苫小牧フェリーターミナル13:30入港


IMG_5543-nobori.jpg 
▲苫小牧フェリーターミナル

フェリーターミナルを出ると右手にバス乗り場 
北海道中央バスの「札幌行き」のバスに乗車
フェリー乗客のみが、次の苫小牧駅前で下車出来ます(240円)
 
 次のバス停なので、荷物は座席に持ち込みます


※他にも道南バスで苫小牧駅~苫小牧フェリーターミナルがありますが、時間が合わず
※苫小牧フェリーターミナルからタクシーを利用すると、14:00発の北斗14号(約23分1,720円)の接続も可能。登別温泉ターミナルには30分早く着きます。料金がかかるのと初めてのところなので、余裕をもたせバスを選択。



【苫小牧フェリーバス停13:56】

IMG_5539-nobori.jpg IMG_5544s-nobori.jpg 
▲バス乗り場▲バス



苫小牧駅前バス停に到着。
下車したのは私たちだけ


【苫小牧駅前バス停14:10】

IMG_5547-nobori.jpg 
▲苫小牧駅前バス停(バスターミナルのなかにありました)



最新の時刻表や時間など詳細は北海道中央バスのホームページで→
こちら



苫小牧駅前バス停から徒歩でJR苫小牧駅へ 
バスターミナルを出ると右前に見えます
 

IMG_5549-nobori.jpg IMG_5553-nobori.jpg
▲苫小牧駅▲改札



苫小牧駅でも乗り継ぎに時間が余りますが
これも列車の旅として楽しむ


【苫小牧駅14:42発】
室蘭本線にのんびり乗車

IMG_5556-nobori.jpg IMG_5557-nobori.jpg
▲室蘭本線810円




【登別駅15:28着】

ショック
事前に調べていたところでは、登別では電車は15:28着。バスは15:30発。
当然接続し、バスは電車を降りた客を待っているものと思ったら、
駅を出た私たちの目の前を無情に発車
(このバスに乗車するためには、ホーム・階段を小走りにした方がいいみたいです)
次の15:47発のバスを待つことに
でもちょっと時間が出来たので、登別駅のクマと記念撮影


IMG_5568-nobori1.jpg 
▲登別駅
IMG_5565-nobori.jpg IMG_5567t-nobori1.jpg
▲手前の木彫りのクマには「乗って写真撮れます」と説明が…もちろん乗って撮りました▲歓迎鬼像


【登別駅15:47発】



次のバスには無事に乗れた(330円)
でもものすごいスピード
路線バスなのに思わずシートベルトを探す
気の荒い運転手さんなのかと思ったら、料金を払って下車するときの対応はとても丁寧でした 

(当然時刻表より早めに到着)
 
帰りもバスを利用しましたが、行きほどではないものの、やはり飛ばす…
地元のひとらしき乗客は平然としているので土地柄の運転
(そう言えば一般自動車も運転少々荒らいような…)

▲登別温泉ターミナル(宿泊先により最寄りのバス停が違います)




最新の時刻表・料金など詳細は道南バスのホームページ
こちら
※登別駅→登別温泉ターミナルに行くには、①室蘭港…登別温泉②足湯入り口…登別駅前があります。
※宿によりバス停が違います


【復路】


【登別バスターミナル17:30発】
バスターミナルの待合室で待ち、バスに乗車



【登別駅17:45着】※飛ばしているので、実際はもう少し早く到着

【登別駅18:35発】


列車の発車時刻7分前(函館方面)まで改札はしない


駅舎の待合で北斗星の改札を待っているあいだに、売店は閉まり、駅前の待合タクシーもいなくなり、駅員さんと私たち以外誰もいなくなった。 北斗星での夕食を自分で用意するなら、登別温泉(セブンイレブンあり)で調達した方が無難です(グランシャリオでパブタイムを楽しむ方は別ですが)。登別駅前にはそのテのお店はありません。北斗星の車内販売も、登別からの乗車だと売り切れているかも知れません。今回の私たちのときは、アテにしていた登別駅には駅弁はなく、北斗星でもお弁当が1つしか残っていませんでした…


IMG_6151-nobori.jpg 
▲登別駅待合室


誰もいないのよ~



 IMG_6158-nobori.jpg IMG_6157-nobori.jpg   
▲登別駅のホーム、ひっそりとしてます


暗闇の中ライトを照らした寝台特急北斗星が入線



IMG_6184-nobori.jpg 



登別で乗車したのはもちろん、私たちのみ
そして、すぐ発車
 

15時間の北斗星の乗車を楽しみ
(「北斗星、B寝台車デュエット」の様子は別のページでご紹介)
疲れて爆睡しちゃったのですが…)



【上野駅9:30着】
無事に到着
新型のEF510形です

IMG_6318-nobori.jpg
▲北斗星(上野駅)


登別温泉に行くには、北斗星は意外と便利でした(荷物も持ち込めるし)。

フェリーと北斗星を使った旅。時間がとってもかかるアクセスですが、道中も楽しめ、のんびりゆっくりとした旅です。
皆さんも良かったら試してみて下さいね。


※時刻・料金等は、訪問時のものですので詳細はご確認下さい。

スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-275.html

2013/03/24 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

伊香保温泉 千明仁泉亭 温泉編

   ↑  2013/03/17 (日)  カテゴリー: 伊香保温泉
訪問2012.10 月上旬平日。ここでは、伊香保温泉で千明仁泉亭を選んだ一番のポイントであるお風呂をご紹介します。お湯の色は底が見えないくらいの茶色、伊香保温泉の「黄金(こがね)の湯」です。すべての湯舟が源泉掛け流しで、4つの貸切風呂は無料でいつでも入れます。日帰り温泉はやってないので、宿泊客はゆっくりと温泉三昧出来ます。





まずは、大浴場
男女入れ替え制です

【仁乃湯】

連休前の平日ということで、ほとんど独占状態。大浴場と露天風呂は、脱衣所は清潔で替えの新しいタオルも置いてありました。


IMG_5149-ikaho.jpg
▲脱衣所



仁乃湯は、いちばんのおすすめです。一見普通の大浴場ですが、深さ1メートル。
誰もいなかったので、じゃばじゃばと歩くと、その水圧がなんとも言えないいい感じ。お湯の底に段差があって、途中から1メートルの深さに。頭では理解していたのですが、お湯のなかでコケそうになってしまいました。お子さんや高齢者の方はとくにご注意下さい。
女性時間は、深夜~翌朝9:30なので、朝食前に是非入って下さい。

 IMG_5150-ikaho.jpg
▲仁乃湯

【滝湯】
湯殿の奥の壁には「仁泉」という文字。その下には、湯が流れ落ちています。部屋にあったパンフレットに、「滝に打たせる温泉療法もお試し下さい」とのことなので、誰もいなかったのでやってみました。

IMG_5157-ikaho.jpg 
▲湯殿の奥では源泉が流れ落ちています



露天風呂は、離れにあります
階段を下りていくと


IMG_5164-ikaho.jpg 

【露天風呂】
男女別です。露天風呂と内風呂とサウナがあります。ここは、24時間ではなく、6:00~9:30、15:00~22:30です。まず内風呂で体を温めてから入って下さい。

 IMG_5198-ikaho.jpg IMG_5163-ikaho.jpg IMG_5204-ikaho.jpg IMG_5203-ikaho.jpg 
▲サウナもあります。内風呂


ここも底が見えないくらい濁っているので、足元には注意です 
湯の下で岩が出ているところがあります

 
IMG_5201-ikaho.jpg 
▲露天風呂



【貸切風呂】
2階と3階にそれぞれ2つづつ、合計4つの貸切風呂。24時間空いていればいつでも入れる贅沢さ。シャワー、シャンプー&リンス、ボディーソープあり。湯舟は、2人くらい入るといっぱいの大きさ。湯舟が小さいのに源泉が絶え間なく注がれ、めちゃくちゃ濁ってます。



2階

IMG_5166-ikaho.jpg IMG_5169-ikaho.jpg 
▲泉(IZUMU)▲憩(IKOI) 
 


3階

泉と仁はほぼ同じ湯舟。どっちに入っているかわからなくなる。違いは、壁が2階は白&ピンク。3階の仁は白&青


IMG_5171-ikaho.jpg  
▲仁(MEGUMI)



一番お勧めの貸切風呂
湯舟や洗い場は、一番大きい
湯舟に入るのに段差があるので注意です


IMG_5174-ikaho1.jpg 
▲精(KOKORO)


IMG_5192-ikaho.jpg IMG_5176-ikaho.jpg  
▲湯口▲脱衣場 
 
すべての湯舟が源泉掛け流しで底が見えないくらいにごっていて、24時間入れるというのはとても贅沢でした。お湯を重視する方には、お勧めな宿だと思います


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-270.html

2013/03/17 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

伊香保温泉 千明仁泉亭 宿泊記

   ↑  2013/03/09 (土)  カテゴリー: 伊香保温泉
今回、伊香保温泉の宿泊先(2012.10 月上旬平日)に選んだのは、千明仁泉亭(ちぎらじんせんてい)選択のポイントは、すべての湯舟が源泉掛け流しであること、規模があまり大きくないこと、そして一番心ひかれたのは、4つの貸切湯(1つは3~4人用。あとは2人用という感じ)が無料で、空いていればいつでも入れること。ご家族やカップルには最適ではないでしょうか…。
しかも、千明仁泉亭は日帰り湯をやっていない。ゆっくりお湯を楽しみたい宿泊客にとっては、なによりも有り難いことですね。

IMG_5145-ikaho.jpg 
▲石段街からの入り口(他の入り口もあります)

IMG_5303-ikaho.jpg 
▲千明仁泉亭 
IMG_5239-ikaho.jpg 
▲玄関、左にフロント
IMG_5235-ikaho.jpg 
▲ロビー&お土産売り場 


1泊(2012年10月上旬平日)で16,950円。私たちにしては大奮発
このときは宿のホームページから申し込むのが一番安かったです
(500円の利用券も付いていた)



部屋は、落ち着いた雰囲気で、2人には充分すぎる広さ  

 

IMG_5147-ikaho.jpg 
▲部屋
IMG_5148-ikaho.jpg IMG_5180-ikaho.jpg IMG_5206-ikaho.jpg IMG_5232-ikaho.jpg



夕食は、部屋食
手が込んでいて、美味しかったです。旦那さんは、すき焼き美味しいと
(肉好きだからね)

ちょっと惜しかったのは、天ぷらが冷めていたこと
天ぷらって、温泉宿では定番ですが、メニューに必要なのかぁ
それだけでお腹いっぱいになっちゃうし…(ボリュームも重要ですけど)
アツアツの美味しいのを出すのはなかなか難しいのでは…と


IMG_5225-ikaho.jpg 
▲夕食ボリューム満点


朝食も部屋食

夕食は頑張ってるけど朝食はちょっと…という宿が多いなか
品数も多く頑張っています


IMG_5231-ikaho.jpg
▲朝食


仲居さんの対応も良かったですね。
ただ、朝食の片づけがなかなか来なく、帰り仕度をしているタイミングで片づけにきたのはちょっとあせりました。トイレに入っていた旦那さんは、出るに出られず…。
石段から近いし、貸切湯も無料だし、対応も全体的にいいし、玄関で写真を撮ってもらったし、満足の宿でした(メールの質問には返信なかったけど…)


そうそう、宿の敷地内にあるカフェ(夜はバーになるらしい)が落ち着いていて良かったです。宿泊者以外にはわかり難いのか、ゆっくり出来ました


IMG_5300-ikaho.jpg IMG_5305-ikaho.jpg
▲ケーキセット ▲カフェ「楽水楽山 」

宿のお風呂は、次のページでご紹介です。

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-269.html

2013/03/09 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

伊香保温泉観光編

   ↑  2013/03/02 (土)  カテゴリー: 伊香保温泉
訪問日、2012年10月上旬平日。伊香保温泉と言えば、石段、茶色い「黄金の湯」、そして温泉饅頭。石段街は、365段の石段の両側に旅館、お土産屋、飲食店が軒を連ね、日帰り温泉、足湯などもあります。下から上までゆっくり歩いて10分弱くらい。歩くだけではあっという間なので、お土産屋さんを覗いたり、饅頭を食べたり、足湯に入ったり、伊香保の温泉街の雰囲気を味わいながら散策して下さい。 お土産屋さんの話では、連休や紅葉のシーズンなどは、この石段が早く歩けないほど混雑するそうです。
石段には手すりはありますが、けっこう急ですから足腰のわるい方は注意が必要ですね。 そうそう感心したのは、トイレがあちこちにありました。安心です。


石段街の地図は、渋川伊香保温泉観光協会のホームページにありました→こちら
(アクセスマップのページの下の方)


 
では、伊香保温泉観光(徒歩圏内)スタート
石段街を散策(2012.10月上旬平日)

石段の一番下、バスの停留所から、階段を上っていきます

IMG_5255-ikaho.jpg IMG_5050-ikaho.jpg
▲バス停前の階段▲ここから365段

すぐに、立寄りの「石段の湯」。お土産屋や飲食店もあります

IMG_5055-ikaho.jpg IMG_5292t-ikaho.jpg
▲石段の湯▲お土産屋でもんじゃまん購入(肉まんの皮にもんじゃが入っています)


ここが伊香保温泉の雰囲気がいちばん感じられるところです


IMG_5063-ikaho1.jpg 
すぐに

与謝野晶子の詩の石段は記念写真スポット、足湯はいつも大混雑

IMG_5320-ikaho.jpg IMG_5313-ikaho-ikaho.jpg 
▲与謝野晶子の詩が刻まれている石段▲岸権旅館の足湯(辰の湯)、一瞬空いた



赤いポストが見えたら石段もあとすこし 

  IMG_5263m-ikaho.jpg


やったぁ終点。抹茶アイスで休憩

  IMG_5287-ikaho.jpg 
▲写すまえに食べちゃった


しかし、まだその先の奥に階段が…
伊香保神社・河鹿橋・伊香保露天風呂へつづく階段 
(ここで有名な饅頭屋で饅頭を購入。でもちょっと愛想がなさすぎ…

  IMG_5069t-ikaho.jpg


最後の階段を上るとすぐに
伊香保神社

IMG_5070-ikaho.jpg  

社殿の左を道なりに行くと

IMG_5071-ikaho.jpg IMG_5075-ikaho.jpg
▲社殿の向かって左の道を入る▲道なりに行く


神社から歩くこと約8分
紅葉で有名な河鹿橋に到着
(10月上旬は新緑のような緑でした)

ここが紅葉の時期にはライトアップされるところ
そのシーズンにはよくテレビで放送されますが
テレビで見る印象より紅葉するところは少ない

IMG_5080-ikaho.jpg 
▲河鹿橋


河鹿橋を通ぎるとすぐに



飲泉所

飲んでみると
ぬるい鉄さびの味がしてまずかった

(でも慢性便秘・肥満症痛風・慢性消化器病・肝臓病に効果があるらしい)

IMG_5093-ikaho.jpg IMG_5090-ikaho.jpg
▲飲泉所


そこから更に3分くらい歩くと
伊香保温泉露天風呂
 
伊香保温泉に来たらやっぱりここに入らないと

入り口で料金を払い(私たちが行った時は、地元の「るるぶFREE」に割引券が付いていた)
男性は、ロッカーの鍵をもらい(女性は、ロッカーに鍵がついてます )
 暖簾をくぐるとすぐ男女別に分かれます
脱衣所(というより小屋みたいな感じ)には、ロッカー
振り向くとそこは大自然のなかの露天風呂
シャワー・洗い場はありません 
湯舟には、入れ替り立ち替り常に10人くらい
思っていた以上に賑わっていました(ちょうど旅館のチェックアウトの時間帯) 
 もちろんにごり湯ですが、宿泊した千明仁泉亭より茶色は薄く30センチくらい下が見えた(時間によるかも)
入り口の左側に休憩所あり
 


IMG_5088-ikaho2.jpg
▲伊香保温泉露天風呂(手前左が休憩所です)



露天風呂の前には源泉湧出観覧所

IMG_5082-ikaho.jpg IMG_5086-ikaho.jpg
▲ガラスを覗くと源泉が湧きだしています  





次は、来た道を戻って石段を下り、ロープウェイ乗り場へ   

 石段の一番上から徒歩7分くらい
標識があるので、その通りに歩いていくと迷わずに着きます



IMG_5106-ikaho.jpg IMG_5108-ikaho.jpg
▲ロープウェイ乗り場(不如帰駅)▲待合室(無料の緑茶が美味しかった)
IMG_5111-ikaho.jpg IMG_5122-ikaho.jpg
▲ロープウェイ(往復800円約4分)▲ロープウェイの終点、見晴駅


見晴展望台が震災の影響でお休みだった…
(2012.10月中旬のことです)

天気が良く景色はとても良かったが…
ロープウェイの終点にはほかには何もなかった…

IMG_5123-ikaho.jpg 


伊香保温泉の観光(徒歩圏)は、半日あると充分でした。階段や坂が多いので健脚は必要です。



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-268.html

2013/03/02 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |