中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2013年04月 → )

登別温泉 ホテルゆもと登別宿泊記

   ↑  2013/04/21 (日)  カテゴリー: フェリー・北斗星の旅(登別温泉)
泉質が9種類もある登別温泉は、歴史のある一大温泉街。旅行サイトには、客室数が100を超える堂々としたホテル・旅館が名を連ね、こじんまりした宿を好む私たちは宿泊先選びに迷うところ。で、色々探した結果、今回の宿はホテルゆもと登別(2012年11月中旬平日)に。そのポイントは、源泉掛け流し(一部循環)の複数の泉質があること、コストパフォーマンスが良いこと、バスターミナルから近いこと、登別のなかでは比較的規模が小さいこと、それに旅行サイトでの評判が良かったこと。ちなみに今回は、平日2泊3日連泊(1泊当たり8,550円、さぎり湯の日帰り湯券付き)のプランを選択。これが宿のプラン(食事付き)で一番安かったです。


バスターミナルからすぐ


IMG_5679-yumo.jpg
▲ホテルゆもと登別
 IMG_5623-yumo.jpg
▲玄関 かわいい鬼のマットが2連発

フロントの接客は普通
なぜかロビーがありません

IMG_5957-yumo.jpg IMG_5664-yumo.jpg 
▲フロント ▲お土産屋さん

お部屋は清潔感のある和室8畳
この料金なら充分なお部屋です
窓からは、バスターミナルが見えます

IMG_5600-yumo.jpg 
▲部屋

浴衣ではなく作務衣です
お風呂に入る時の着替えも楽だし
寝てる時乱れないしとっても便利 

連泊のあいだ部屋でゆっくりしたいので
タオル類や作務衣の交換と布団上げのみお願いし、掃除はなしに
ところがちゃんと伝わらず布団上げもしてもらえなかった
でも、お陰でごろごろ出来て良かったかなぁ

IMG_5602-yumo.jpg IMG_5601-yumo.jpg IMG_5603-yumo.jpg IMG_5677-yumo.jpg


夕食は部屋食
なにせ8,550円の激安プラン
料金の違いは主に食事の内容だったので 期待はしていなかったのですが…
予想に反してとても美味しかったのです
量もお腹がはちきれそうなくらいはありませんが充分でした
 
(食欲旺盛の方にはちょっと足りないかも)
釜めしもとてもいい感じに出来上がりました
大満足
(もちろんこの料金なら不満はありません)
もちろん1日目と2日目ではメニューが変わっています
釜めしの具やデザートもちゃんと違うんですよ

【1日目夕食】

IMG_5612-yumo.jpg 
▲夕食 (1日目)

IMG_5613-yumo.jpg IMG_5616-yumo.jpg IMG_5618-yumo.jpg
▲釜めしは、地鶏とキノコ

【2日目夕食】

IMG_5902-yumo.jpg 
▲夕食(2日目)

IMG_5907-yumo.jpg IMG_5916-yumo.jpg IMG_5911-yumo.jpg
▲釜めしは帆立


朝食は、食事処でバイキングです
旅行サイトの評価で食事の点数が高かったのも
この宿に決めたポイントだったのですが、
予約した後に、他の旅館のホームページで豪華なバイキングを発見
料金もそれほど変わらなかったので、
そっちの宿の方が良かったかなぁとちょっと思ったり…

でも

夕食のコストパフォーマンスの高さに続き、朝のバイキングが良かった
品数がとても多いとか北海道の海鮮が並ぶといった派手さはないのですが
どれも美味しかったです
また料理が少なくなるとすぐ補充をしたり
客がちょっとこぼしてもさりげなくすぐに片づけたり
コーヒーを部屋に持ち帰れたり
接客もとてもよく
とても気持ち良く食事が出来ました
このへんが旅行サイトの高ポイントに貢献していたのですね


IMG_5962-yumo.jpg 
▲食事処(平日なので宿泊客は少なめ)

さすがに朝食のバイキングのメニューは2日目もほとんど同じ
他にもメニューは、あるのですが
好きな物が同じだからか…
写真を見ると2日間とも同じようなものをとってますね


IMG_5960-yumo.jpg 
▲1日目朝食(左にある抹茶だんご?が美味しかったぁ。甘党なので…)

IMG_5674-yumo.jpg
▲2日目(帆立ホワイトカレーも美味しかったです)  
 

【風呂】

風呂の写真等はホテルゆもと登別ホームページで→ちら
 


登別温泉の宿は、大浴場がとっても大きく、なぜかローマ風呂が多い
ゴージャス感を重視しているみたいです  
 このホテルゆもと登別の大浴場(男女入替制)も、御影石や大理石を使用し
若干そんな雰囲気
広々した大浴場は、中央に複数の湯舟があり、壁側にシャワー  

お湯は 源泉掛け流し(加水あり)と一部循環(食塩泉、寝湯、打たせ湯)
泉質は、硫黄泉、酸性鉄泉、食塩泉(循環)、混合泉(酸性鉄泉と食塩泉)
一つの宿でいくつかの源泉を楽しめるのはとっても嬉しい
温度もそれぞれ少しずつ違います
酸性鉄泉が43℃と高め、酸性鉄泉と食塩泉の混合泉が41.5℃、硫黄泉42℃
(日によりちょっと違う)
お気に入りは混合泉だぁ
温度も丁度よく酸性泉の殺菌力と食塩泉の保温力のいいとこどり
とっても長湯をしてしまった
他に打たせ湯(循環)、寝湯のジャグジー(循環)も


また半露天(泉質硫黄泉)もあります。こちらは壁や屋根は木の造りで
前面には緑があり雰囲気がちょっと大浴場とは違います
大浴場で満足してしまったのか、それとも気が付かないのか
しばらく誰も入っていないらしく歩くと底から湯の華が舞い上がりました
(平日なのでもともと宿泊客は少ない)

パウダールームは、清潔で化粧水やBBクリームなどあります
脱衣籠の棚の下には、貴重品を入れる小さいロッカーも

2泊3日。ホテルゆもと登別を起点にあちこち登別温泉を満喫しました。源泉も3種類あり、食事が美味しく、なによりコストパフォーマンスがよかったので大満足でした。
 


スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-278.html

2013/04/21 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

北斗星 B寝台2人用個室デュエット下段乗車記

   ↑  2013/04/13 (土)  カテゴリー: フェリー・北斗星の旅(登別温泉)
今回の登別温泉旅行(2012年11月中旬平日)は、往路「さんふらわあさっぽろ」、そし復路「寝台特急北斗星」。前回(2010年6月中旬)、北斗星に乗車したときは、A寝台個室ツインデラックスでしたが、今回は、B寝台2人用デュエットの下段です。

前回の北斗星の乗車記( 初めて乗りました・ツインデラックス・食堂車グランシャリオ・シャワー)は→北斗星の旅(小樽・札幌)のページにあります。


IMG_5568-nobori1.jpg  
▲登別駅(来たときに撮影)
IMG_5567-hoku.jpg IMG_5576-hoku.jpg
▲駅前には鬼の像▲駅舎内の売店、奥にトイレ




さて、北斗星の登別の発車時刻は18:35
早めに駅に着いたものの、改札は入線の7分前
待合室で待っているあいだに、売店も閉まり、駅前のタクシーもいなくなり
駅には駅員さんと私たちだけに… 
あたりがすっかり暗くなった登別駅で北斗星に乗車したのは
もちろん私たちだけ  
 

  IMG_6158-hoku.jpg
▲登別駅

さあ、2回目の寝台特急北斗星
3号車に急いで乗り込み、すぐ部屋を見つけて入ります
B寝台デュエットは、部屋が凸凹の組み合わせになっていますが 、下段は凸です


写真で、座席(ベッド)に上にある出っ張りが上段の部屋の一部です
デュエットなので、写真と同じ座席が向かい側にあります
思ったより広くて快適です

B寝台なら個室でも個室でなくとも同じ料金なので
個室のデュエットやソロはとてもお得だと思います

(登別→上野26,220円)

IMG_6242-hoku.jpg
▲2人用デュエット下段



11月中旬。個室のなかはまったく寒くありません
でも毛布はちょっと頼りない厚さ
念のため寝るときは上からコートを掛けました

ベットの幅もちょっと狭いなぁと思いましたが
落ちることはありませんでした
(落ちてもベットの間の通路にはカバンが置いてあるので大したことないですが)

私たちの部屋は車両のいちばん端。
お隣の部屋の音や話声はほとんど聞こえませんでした

(もし子供が壁を叩いたりすると響くかと思います)


IMG_6217-hoku.jpg 
▲ハンガー(揺れるので使用出来ません)、浴衣、枕、毛布
IMG_6218.jpg IMG_6221-hoku.jpg
▲窓も広いですよ


部屋(3号車)を出る時は暗証番号をセットして鍵も掛けられます
内側からは、黒いポッチを回すと鍵が掛かります
ドアの上の荷物置き場は高いのであきらめ、荷物は座席の間の床に
座席の下から暖房が出ているのでチョコなどのお土産は要注意

IMG_6235-hoku.jpg IMG_6244-hoku.jpg IMG_6245-hoku.jpg
▲ドア(鍵が掛けられるので安心)▲ドアの上に荷物置き▲座席の間の床(スリッパあり)


乗車するとすぐに改札
そして車内販売も来てくれました
「お弁当下さい」と言うと
アテンダントさんは申し訳なさそうに「1つしかないのです」と…
お菓子も買い、1つのお弁当を2人で分けあって食べました
登別温泉のコンビニで何か買っとけば良かったとちょっと後悔
まあパブタイムになったら何か食べよーっと
(とそのときは思っていたのですが、寝てしまった…)

IMG_6248-hoku.jpg 
▲貴重なたった1つのお弁当


21:40分ごろ
さぁ北斗星の大イベントが始まります
函館駅でDD51形ディーゼル機関車の切り離し
ここから進行方向が青森信号場まで逆になります
でもホームに出て写真を撮っている人はたった2人
(もしかして…空いてるのかなぁ?)

7分くらい停車しているので
ホームから北斗星に乗車しているところも撮り合う
(一番端の部屋だから外に出やすかった)


IMG_6254-hoku.jpg IMG_6257-hoku.jpg
▲函館駅。北斗星のディーゼル機関車の切り離し



往路「さんふらわあさっぽろ」で19時間 。登別温泉で2日間、温泉を満喫したり散策したり精力的に動きまわったため、もう若くない私たちはかなり疲れが…。室内の暖房がぽかぽかと暖かく、車掌さんの青函トンネル通過時間のお知らせのアナウンスのときには大好きな北斗星に乗車したにもかかわらず 、不覚にも寝てしまった (前回ツインデックスに乗車した時は、興奮してあまり寝なかったのに…)。
結局、デュエットの個室からはトイレ・歯磨き以外はまったく出ず、グランシャリオのパブタイムやシャワーを楽しまなかっただけでなく、青函トンネル通過も見なかった。
寝台特急の旅の醍醐味を満喫することがなかった
のであった(反省)



起床6:30
車内アナウンスもある


IMG_6276-hoku.jpg 
▲3号車廊下


7:25に3号車にも車内販売
戸を開けて待つ
 
アテンダントさんの話によると
この日の北斗星(2012年11月中旬平日)は
なんとロイヤル・ツインデラックスも空きがあるとのこと


乗車3日前に切符を買ったとき、そんな雰囲気を感じたがまさかロイヤルまでも…
ロイヤル乗りたかったなぁ
また11号車には誰も乗車してないとのこと

頑張れ北斗星!!皆さんも是非乗車を
 


車窓から景色を眺めるのっていいですね


IMG_6278-hoku.jpg 
▲車窓



でも駅に着くときにはカーテンを閉める




10:04上野に無事到着
大好きな北斗星と記念写真
新型のEF510形 
 
IMG_6316-hoku.jpg IMG_6317-hoku.jpg
▲がんばろう日本 !!がんばろう東北!!
IMG_6320-hoku.jpg 
▲上野駅での北斗星



不覚にも寝てしまったけど、やっぱり北斗星はいいですね



デュエットの上段・下段は、空いていれば選ぶことが出来ます。ではどっちがいいの?
下段のメリットは揺れが相対的に少ないこと(ただし、ベッドに横になると車輪の音が響きます)、ベッドの間の通路に立つことが出来ること、通路の天井が高いので開放感があり広く感じられること、外に出るのが楽なこと、車内販売をドアを開けて待つことが出来ることなど。
デメリット、駅ではカーテンを閉めないと人に見られること、景色を見る目線が低いこと、荷物を入れるところが入れにくいことなど。
上段は乗車したことがないので、良く分かりませんが、上段のメリットは、なんといっても車窓が高く普通の電車では味わうことが出来ない素晴らし景色でしょうね。星も見えるそうですよ、ロマンチックですね。
上段・下段どっらがいいかはひとにより分かれるところですが、私たちは、ちょっと乗り物酔いするタイプ(奥さん)なので、次回乗るなら、また下段かなぁ。 

 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-277.html

2013/04/13 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「さんふらわあさっぽろ」乗船記

   ↑  2013/04/06 (土)  カテゴリー: フェリー・北斗星の旅(登別温泉)
憧れていた船の旅デビューは「さんふらわあさっぽろ」。豪華客船には乗れないけど、船の旅( 2012年11月中旬平日 )を味わってみます( 「さんふらわあさっぽろ」乗船までのアクセスは、前のページに書きました。)※船内は乗船する便により違います。例えば、深夜便の方がリーズナブルな部屋が多いですが、レストランはありません。



詳細は、商船三井のホームページこちら


「さんふらわあさっぽろ」
IMG_5407-nobori.jpg
▲待合室から見た「さんふらわあさっぽろ 」


16:35とちょっと早くフェリーターミナルに着いた私たちは
待合室で「さんふらわあさっぽろ」を見ながら過ごす
 旅行シーズンからちょっとはずれているので
周囲には、旅行客というより北海道への足に利用すると見られる方のほうが多い
17:30頃、乗船開始(ドライバーは17:00)
西乗船口から 長い通路を通り
階段そしてエスカレーターを上がり…

IMG_5401-san.jpg IMG_5417-san.jpg


入るとすぐに
さんふらわあさっぽろのフロント

IMG_5418-san.jpg 
▲入り口


そこで鍵をもらい、各自で部屋へ
その後、部屋での乗船券のチェックなどまったくなし


デラックスルームBデッキです
(ちなみにAデッキには部屋はありません)

IMG_5523-san.jpg
▲廊下


部屋のドアを開けると
室内はホテルとまったく同じ
 

スタンダードプラン洋室(14,500円/1人分)を3日前に予約しようとしたら満室
で、デラックスプラン洋室(21,500円/1人分)に変更
(インターネット割引20,430円、時期により料金が違います。この時期は一番安い料金)
飛行機はプランでの予約や早割でないと安くならないし
1泊の宿泊があると思えば…

女性同士や初めての方や酔いやすい方は
やっぱり個室がおすすめだと思います


IMG_5419-san.jpg 
▲デラックス洋室(2名)40,860円 、カーテンの向こうは窓


スタンダードルームとデラックスルームとの一番の違いは
トイレ&ユニットバスがついていること
(ス
タンダードルームでも洗面所はあります)
バスは、大浴場があるので使いませんでした
あって良かったと思ったのはトイレ
それは…
実は大きな低気圧が近づいていて、外海に出たら
海の底に沈むような揺れや横揺れで
部屋をまっすぐ歩けないほど
奥さん
(そう言えば、屋形舟でも酔うことを忘れていた)は完全に船酔い

旦那さんに売店で酔い止めの薬を買ってもらい安静状態
しばらくすると「売店に酔い止めもあります」というアナウンス
全然平気で楽しそうにしている方も多かったので、個人差大ですね
旦那さんは波が穏やかになった次の日少し酔ってました
やっぱり早めの酔い止めです
酔い止めは持って行きましょう


結局大丈夫でしたが
個室にトイレがあって良かったぁと思ったのは、
いつでも駆け込める安心感があるからです
(ちなみに一般のトイレには、エチケットの場があります)
乗務員の方に聞いたら、この季節は結構揺れるらしい
低気圧があまりこない春から夏が一番揺れないとのことです

IMG_5421-san.jpg IMG_5432-san.jpg
▲バストイレつき(シャンプーインリンス・ボディーソープ)▲タオル・浴衣・バスタオル・石鹸・ハブラシ
IMG_5426-san.jpg IMG_5504-san.jpg
▲ポット・湯のみ・ティーバックのお茶▲乗船券
IMG_5488-san.jpg IMG_5487-san.jpg   
▲テレビ(衛星放送のみ、船の現在位置も表示されます)



 救命胴衣の場所もちゃんと確認


IMG_5424-san.jpg
▲ロッカー ・毛布・スリッパ


次の日、海はうって変わって穏やかに


さて、船での3度の食事は、2食カップヌードル、1食パンでした
(スタンダードからデラックスルームへの変更で予算がアップしたので… )
でも海を見ながらカップヌードルもなかなかGood
が見えるかなぁと思いましたが、さすがに見えませんでした

IMG_5500-san.jpg
▲海とカップヌードル


揺れがほとんどなく復活です
(旦那さんは、少々酔っていまいたが…暫くして復活。昨日酔い止めを飲まなかったからね
朝、展望浴場&サウナへ
 

大きい湯舟が2つ(他に水風呂)が窓側にあり、海を見ながら入れます
海の上なんだぁと感じるのは、お湯が揺れで少し波立つこと 
海を見ながらお風呂に入るのは、すっごく気持ちいい
おすすめです
節水ですが、シャワーの出も良いです
シャンプー&リンス、ボディソープ、ロッカーあり 



続いて船内散策 

  IMG_5465-san.jpg IMG_5464-san.jpg 
▲売店(パン・カップヌードル・さんふらわあグッズ・酔い止め)エディー使えます▲休憩所  


記念に購入したさんふらわあグッズ
(わが家の冷蔵庫についてます)



IMG_6439-san.jpg 
▲さんふらわあグッズ
 
IMG_5461-san.jpg
▲フロント(エチケット袋も置いてあります)
IMG_5450-san.jpg 
▲ 右は食堂、奥はキッズランド、左は展望スペース


他にもマリンシアターやゲームセンターもあります



波が穏やかなのでデッキに出てみます
見張りの方とかいないのですね…
滑らないように、もちろん落ちないように注意です


IMG_5474-san.jpg 

もちろんデッキで記念写真

IMG_5518-san.jpg 
▲デッキ

初めての船の旅。1日目は、船酔いで早々にダウン。船は揺れることがあるという事を忘れていました
でも2日目は揺れも穏やかになり復活船で初めて海を見ながらお風呂にも入れました。一番良かったのは、部屋の窓から海を眺めながらゆっくりお茶を飲めたこと。
大洗出港というのが、ちょっと遠いですね。フェリーターミナルがせめて横浜港くらいなら…。でもまたフェリーの旅にチャレンジしてみたいですね。


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-276.html

2013/04/06 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |