中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2013年11月 → )

箱根湯本温泉 吉池旅館宿泊記

   ↑  2013/11/30 (土)  カテゴリー: 箱根
言わずもがな箱根は人気の温泉地。素敵な宿が多く、(全体的に料金が高いですが)東京からだと交通費が安い分、露天風呂付部屋などプチ贅沢を楽しむ方も多いですね。 
で、今回の箱根湯本温泉の宿(10月上旬平日)は、吉池旅館。すべての風呂(部屋のも)が源泉かけ流しで、貸切風呂が無料しかも空いていればいつでも入れるという私たちの好みの宿。探してみると、箱根は意外と源泉かけ流しが少ないんです。吉池旅館のように大浴場や露天風呂の湯舟がとても大きいのにすべて源泉かけ流しというのはとても貴重でした。
ということで、今回もお湯の質重視で宿泊先決定。宿泊代は、私たちの旅行史上一番の大奮発 (よく行く東北方面はやっぱり割安ですので)
立派な庭の池で鯉にエサをやるのも楽しみです。


IMG_6985-yosiike.jpg
▲吉池旅館(全室風呂付の部屋)

お庭側の部屋
吉池旅館に宿泊するなら庭側の部屋がいいですよ
窓からの眺めが素晴らしい し、広々していて贅沢です 
 


 IMG_6855-yosiike.jpg
▲庭側の部屋(ロマンスカーセットプラン部屋食・バストイレ 25,300円)
※参考ロマンスカー往復4,040円


窓からの風景

正面にもみじ
紅葉の頃はさぞ素晴らしいことでしょう

ほんとにみごとなお庭
もちろん散策&鯉のエサやり
 これは予想以上にすごかった
(次のページでご紹介)

IMG_6826-yosiike.jpg 

部屋は綺麗に掃除されていますが
年代物の建物のせいか、なんとなく古っぽいにおいが…

IMG_6833-yosiike.jpg IMG_6917-yosiike.jpg

IMG_6856-yosiike.jpg IMG_6857-yosiike.jpg
▲トイレ・バス付き



夕食は部屋食
品数やボリュームは満点で満足
美味しいのですが、温かいものがもう少し欲しかった


IMG_6935-yosiike.jpg   
 IMG_6934-yosiike.jpg IMG_6939-yosiike.jpg IMG_6940-yosiike.jpg
IMG_6941^yosiike IMG_6944-yosiike.jpg IMG_6946-yosiike.jpg



朝食も部屋食
ご飯のお供みたいなおかずはあるのですが、やはり温かいものが少ないです 
これぐらいの規模の旅館だとしょうがないかなぁ…
食後のコーヒーがないのは寂しい

IMG_6952-yosiike.jpg 


さてお風呂のご紹介です
すべての湯舟が源泉かけ流し



IMG_6834-yosiike.jpg 



廊下をまっすぐ行くと
湯上りの休憩処(茶・ビールサービス・貴重品入れあり)があり、その周りに
無料貸切風呂・男女別大浴場・男性露天風呂の入り口があります
女性の露天風呂は大浴場から行けますが、男性はいったん着替えて行きます
休憩処には従業員の方がいて、お風呂チェックや案内をしています




貸切無料風呂は2つ
雰囲気的にはだいたい同じ
空いていればいつでも入れます(鍵は内側から)
脱衣所の壁に熱い湯とぬるい湯のスイッチがあり、自分で温度調節が可能
スイッチは使わなかったですが、めちゃめちゃいいお湯加減
PH8.4の湯はとても優しく肌にしっとり
湯舟も4人くらいは入れる贅沢な広さで、これにも満足



露天風呂や大浴場の写真は
吉池旅館のホームページで見てください→
こちら

特徴があるのは、男性風呂
大浴場は吉池旅館の老舗旅館のイメージとは違うジャングル風
20メートルの湯舟は以前プールだったとの宿の方の説明に納得

水深が深いところもあり楽しい
男性庭園露天風呂(大浴場とはつながっていない)も結構な広さ

女性風呂は、大浴場から行ける2か所の庭園露天風呂
開放感あっていいですよ
大浴場は檜風呂でほっとします




IMG_6835-yosiike.jpg IMG_6847-yosiike.jpg
▲脱衣所▲温度調節ボタン
IMG_6837-yosiike.jpg 
▲こっちの貸切風呂の湯舟の方が私的には好きかなぁ



脱衣所壁には、加温・加水・循環・消毒・入浴剤なしの看板
まさに源泉かけ流し


IMG_6845-yosiike.jpg IMG_6840-yosiike.jpg IMG_6844-yosiike.jpg
▲一回入ると従業員の方が掃除するので綺麗ですよ


以前から箱根は外国人旅行客が多いですが、私たちの宿泊した日は同じフロアーのなんと3分の1が外国からの旅行客(その日は特に多かったらしい)。ここは宿泊料金は安くはないと思うのですが、富士山が世界遺産になったり、東京オリンピックが決まったりで予約が急増したそうです。それもツアーではなく、個人客。素敵な日本庭園もポイントなのかぁ。マナーは良く問題なかったのですが、 さすがにお風呂で日本人が自分ひとりだったときはびっくりしました。すごい国際化ですね。
この宿泊料金なら朝食後のコーヒーくらい飲みたいなぁと思いましたが、広々とした湯舟に贅沢な源泉かけ流しで優しい湯だし、日本庭園は綺麗だし、コイにエサ(100円)もあげられるし、接客も無難だし、子供からお年寄りまで幅広い年齢層にいい宿だと思います。
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-289.html

2013/11/30 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

箱根湯本温泉アクセス編(ロマンスカー)

   ↑  2013/11/24 (日)  カテゴリー: 箱根
今回の旅行は久々の箱根湯本温泉(10月上旬平日)。箱根は東京からアクセスもよく、箱根フリーパスを利用すれば箱根登山電車・箱根ケーブルカー・箱根ロープウェイ・箱根海賊船・箱根登山バスに乗り放題で箱根温泉エリアを満喫出来ます(乗り物好きにはたまりません)。
また温泉は、エリアにより泉質が異なり、何回来ても楽しめます。
その箱根温泉エリアの東京方面から一番近い玄関口が箱根湯本温泉です。
私たちは今回は箱根湯本付近のみだったので「箱根フリーパス」は利用しませんでしたが、箱根を回るならぜひ色々な乗り物に乗って欲しいですねまた、乗り物はそれぞれの単価が高いので、いくつか乗り継ぐなら「箱根フリーパス」を購入した方がお得な場合があるので、行く前に料金を確認することをおすすめします。それから移動時間のみを優先させるならバスを利用した方が早かったりするので、予定に合わせて交通手段を選んで下さいね。 
 

箱根の情報にとっても便利ですよ→箱根ナビ
ロマンスカー時刻表等→小田急電鉄

東京方面からの箱根湯本温泉のアクセス(簡単です)

新宿駅など(ロマンスカー) 箱根湯本駅
東京駅(東海道新幹線・東海道線)小田原駅(箱根登山電車)箱根湯本駅
羽田空港・横浜駅(高速バス)箱根湯本
駅バス停
※箱根湯本駅ではなく、桃源台方面なら新宿からの高速バスもあります。



今回は、小田急トラベルで「ロマンスカーセットプラン」を予約。さすが小田急トラベルは箱根の宿は強いですね。でもロマンスカーセットプランは、ロマンスカーの料金は(ほんの少し)お得ですが、時刻の変更が出来なかったり乗車駅が限られるなど、不便なところもあるので注意です。

ロマンスカーのラインアップは、現在4種類。こだわって乗ってみるのも楽しいですよ。今回の旅では1種類しか乗りませんでしたが、たまたま全種類写真に撮れましたのでご紹介します。



【LSE(7000形)】
ロマンスカーと言えば、これという感じ。このレトロ感がたまりませんね。

IMG_6736-nakone1.jpg 
▲LSE(7000形)


【VSE(50000形)】
小田急のCMやパンフレットに登場するロマンスカー。なぜか近くで見たことがない。

IMG_7048-hakone.jpg
▲VSE(50000形)


【MSE(60000形)】
いつかは乗車したいと思いながら未だに夢叶わないMSE60000形フェルメールブルーが眩しいですね。東京メトロ千代田線内乗り入れで、御殿場行きの「あさぎり」もあります。新宿発もあるので、時間が合えばぜひ乗車して下さい


IMG_6743-hakone.jpg IMG_6744-hakone.jpg
IMG_6754-hakone.jpg 
▲MSE(60000形)※写真は御殿場行きの「あさぎり」

【EXE(30000形)】
私たちの行動パターンにぴったりなのか、今回往復でお世話になったロマンスカー。
EXE30000形は、比較的多く運行してます。

IMG_6752-hakone.jpg IMG_6756-nekone.jpg IMG_6760-hakone.jpg IMG_6766-hekone.jpg

平日なのでとても空いてました

 IMG_6757-hakonet.jpg  
▲EXE(30000形)


あら早い
約85分で箱根湯本到着

IMG_6774-hakone.jpg


出口に向かいます

IMG_6772-hakone.jpg 



箱根登山電車と箱根湯本の看板
記念写真スポット
 

 IMG_6780-hakone.jpg



大事なことです
ロマンスカーの改札を出る前に
写真左のトイレに行きましょう
箱根はトイレが非常に少ないです


IMG_7087-hakone.jpg  
▲左手に トイレ 上は「箱根カフェ」(入口は改札の外)



箱根湯本駅は、バリアフリー化などのため長い間工事中でした
ペデストリアンデッキやエレベータが登場  
 

せっかく改築したのに、休めるベンチやトイレが少ないのは残念
もうひとつの残念は、駅にある「総合案内」が不思議なくらい不愛想
運が悪かったのかしら

改札を出るとすぐにお土産屋があります


IMG_6783-hakone.jpg
▲改札 出て左に土産屋、右に総合案内 

IMG_6787-hakone.jpg IMG_7079-hekone.jpg
▲箱根湯本駅入り口 ▲ペデストリアンデッキ


帰りもロマンスカーEXE(30000形)

ロマンスカーの時間待ちにおすすめのスポットは
箱根カフェ(改札入る前の右)

店内にはホームを見下ろせるカウンター席があり、
コーヒーを飲みながら発着するロマンスカーを眺めることが出来ます 
(ホーム側から見た「箱根カフェ」は上の出口のところの写真に写ってます)
店内には電車の模型も飾ってあります



IMG_7084-hakone.jpg IMG_7086-hekone.jpg
▲箱根カフェ ロマンスカーを眺めながらコーヒー



ロマンスカーに乗り込んだら爆睡のうち新宿に到着。今回も楽しい旅でした。それはまた次のページで


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-288.html

2013/11/24 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

銀山温泉 観光(白銀の滝・銀鉱洞他)

   ↑  2013/11/16 (土)  カテゴリー: 銀山温泉
前ページでは銀山温泉街を観光(散策)しましたが、このぺージではもう少し広い範囲の観光(散策)をご紹介します。
銀山温泉公式サイトに散策コースが掲載されていますので、印刷して持って行きましょう。コースは、ゆったり散策コース(約90分)、銀鉱洞直行コース(約60分)、滝見コース(約20分)の3つ。
私たちの散策は、結果的には滝見コースと銀鉱洞直行コースの合体コースになりました

銀山温泉公式サイト→こちらです


では、実際に行ったコースをご紹介
はいからさん通り(前ページ)をもう少し行くと
左には公衆トイレ
階段を上っていきます
そうそう、階段右にはご自由に使って下さいと親切にも杖があります
(なくても大丈夫だと思いますが)

IMG_6584-ginnzan.jpg



階段をのぼらず右に行くとすぐ、白銀の滝を真近に見ることが出来ます


IMG_6577-ginnzan.jpg
▲白銀の滝

戻って階段をのぼります 

 IMG_6390-ginnzan.jpg

スタートから徒歩約2分で
緑に映える赤い「せことい橋」

IMG_6392-ginnzan.jpg
▲せことい橋


更に徒歩約3分で 「コウモリ穴 」
 コウモリがいるのかと思ったら…ただの穴だったぁ
手前の標識まで折れていて…


 IMG_6397-ginnzan.jpg
▲コウモリ穴  手前に折れた標識が置かれてます

道なりに徒歩約3分
ベンチがあって「白銀の滝」を上から望めます
前には何かわからないモニュメントが


IMG_6398.jpg IMG_6401.jpg



滝を見たり記念写真を撮ったりして約10分 


戻って銀鉱洞直行コースに合流します
標識まで徒歩約6分


IMG_6404-ginnzan.jpg 


更に徒歩約3分
歴史を感じる石橋の「河鹿橋

これを渡ります

IMG_6405-ginnzan.jpg
▲河鹿橋

それから徒歩約2分で「夏しらず杭 」
中には入れませんが下りて行くとヒンヤリ
まるで冷房が入っているよう…不思議
宿泊した能登屋旅館の大女将に
「あそこは昔からヒンヤリしていたのですか?」と聞くと
「私の子供の頃もヒンヤリしてました」と
自然って不思議。ぜひ体験してみて下さい  

 IMG_6411-ginnzan.jpg 
▲夏しらず杭


徒歩約2分。標識を銀鉱洞入口の方へ

IMG_6413-ginnzan.jpg 



徒歩約2分でなぜか「長者池」という名の池出現
が優雅に泳いでいました 


 IMG_6414-ginnzan.jpg
▲長者池 


徒歩約1分(というよりすぐに)銀鉱洞の入り口に到着


IMG_6416-ginnzan.jpg 
▲銀鉱洞入口


文化庁史跡指定「延沢銀山廃杭洞」
見学無料です
中はライトアップされヒンヤリ
平日のためか誰もいなく、静寂さUP

出入口の階段はとても急なので注意
洞内は広くない

う~んこれだけ…
(そうは言っても写真を撮ったりして6分間楽しみましたが…)



IMG_6422-ginnzan.jpg 
▲銀鉱洞


急な階段をのぼって出口


IMG_6423-ginnzan.jpg IMG_6425-ginnzan.jpg



出口を出て徒歩約4分
銀山洞を開発した 儀賀市郎左衛門の像




IMG_6426-ginnzan.jpg
▲儀賀市郎左衛門の像 


 IMG_6428-ginnzan.jpg

像から徒歩約9分で
「白銀の滝の守り神 」


IMG_6429-ginnzan.jpg 
▲滝の不動尊



神社から徒歩約5分、スタート地点に到着


IMG_6432-ginnzan.jpg 




写真を撮ったり、滝を眺めたり、ゆっくり歩いて観光の所要時間は、約1時間10分。観光の目玉が何かあるというより、森林浴をしながらゆっくりとした時を過ごす、これが銀山温泉の一番の観光のようでした。

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-287.html

2013/11/16 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

銀山温泉 観光(温泉街散策)

   ↑  2013/11/02 (土)  カテゴリー: 銀山温泉
銀山温泉の観光は、大正ロマンの風情をゆっくり楽しみながらの温泉街散策が一番ですね。温泉街は急いで歩けば端から端までなんとたったの2、3分。ゆっくり・のんびりが苦手な方には、銀山温泉は向いていないかもしれませんね。



それでは、銀山温泉街をご案内しましょう

銀山温泉バス停からスタート

IMG_6376-ginnzan.jpg
▲銀山温泉バス停 停車しているのは「銀山はながさ号」



6~7分で白銀橋に着きます
ここから先は一般の車は通行止め
ゆっくり散策できます


IMG_6439-ginnzan.jpg

▲白銀橋からみる銀山川


白銀橋を渡ったところに、観光案内所があります
(閉まるのが早い)

IMG_6541-ginnzan.jpg 
▲ 観光案内所

銀山川沿いを歩くと 「和楽足湯(わらしゆ)」
入ったときはお湯はちょっとぬるめ

足湯をしながら、銀山温泉街をバックに写真を撮るとグッド


近くには「亀まんじゅう」の「亀屋」
お土産に買いました


IMG_6438-ginnzan.jpg 
▲和楽足湯

「亀屋」の銀山川を挟んだ向かいに「伊豆の華」
ここで昼食

IMG_6542-ginnzan.jpg
▲そば処 伊豆の華

冷揚げナスおろしそば950円
揚げナスが美味しかった


IMG_6550-ginnzan.jpg IMG_6555-ginnzan.jpg 



「亀屋」の隣が「古山閣

壁に絵が描かれていて特徴がある建物です

IMG_6530-ginnzan.jpg 
▲古山閣



ちょっと歩くと1日目に宿泊した古勢起屋です



IMG_6515-ginnzan.jpg 
▲左 古勢起屋別館 奥右 能登屋旅館



もう少し歩くと2日目に宿泊した能登屋旅館
能登屋旅館は、テレビ「おしん」のロケにも使われたそうです
宿の前に架かる赤い橋は最終回を盛り上げています


IMG_6378-ginnzan.jpg 
▲右奥 能登屋旅館


川沿いにもう少し行くと、銀山温泉らしくない赤い建物の「
はいからさん通り」
 お土産に名物のカリーパンを買いました


IMG_6574-ginnzan.jpg IMG_6715-ginnzan.jpg
▲新幹線の中で1つ食べたが、家で温めて食べた方が美味しかった


温泉街はここで終わり、ここから先はもう少し広い散策エリアとなります

それは次のページでご案内します



そうそう、温泉街には日帰り温泉施設が3ヵ所
温泉街の一番奥、50分2000円の貸切浴場「おもかげ湯」
古勢起屋別館の川向かいの共同浴場「かじか湯」大人300円(無人)
そして温泉街の手前に共同浴場「しろがね湯」大人500円(有人




IMG_6433-ginnzan.jpg IMG_6443-ginnzan.jpg
▲おもかげ湯▲かじか湯



一番立派そうな共同浴場「しろがね湯」にチャレンジ
平日ということで、その日初めての客になりました
大人500円。ちょっと高いようなぁ…




ロッカーはありませんが、貴重品は受付の方に預かってもらうことが出来ます



男性が1階、女性が2階

籠があるだけの脱衣所
細長い台形型の5~6人くらいの湯舟

カランが2つくらいあったかなぁ(記憶あいまい)
洗い場の設備とスペースはほとんどなく、
ただ湯舟に浸かるのみという感じ

その湯舟に源泉がもったいないくらい注がれていますが
温度調節が出来ないとのことで

めちゃめちゃ熱い
押して水が出るタイプのカランを必死に押し
火傷しない程度に温度調整

あまりゆっくり浸かれなかったけど…

しばらく誰も入っていないようだったら注意
かけ湯にするにも熱いので気をつけて下さい



帰りにタオルをもらいました
タオルがもらえるなら500円でもいいかなぁ
(でも銀山温泉尾花沢市公式ウェブサイトやパンフレットにもタオルに関する記載はないんだけど)


IMG_7110-ginnzan.jpg 
▲タオル

IMG_6441-ginnzan.jpg
▲しろがねの湯(2階のガラスの所に女性の湯舟があります)





さて夜の銀山温泉
浴衣と下駄でゆっくり散策して下さい


銀山川を挟んで風情ある建物から漏れる明かりとガス灯風の灯
よくパンフレットにある写真です
(コンパクトデジカメ撮影)


私たちも夜景をバックに記念撮影
でも手前の人物にフラッシュが強くあたり過ぎ綺麗に撮れませんでした 
(夜景モードでも無理…やっぱりコンパクトデジカメの限界ですかね…)
 
IMG_6689-ginnzan.jpg

IMG_6683-ginnzan.jpg 
▲能登屋旅館
 
温泉街散策に続いて、次のページではもう少し広い範囲の散策をご紹介します

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-286.html

2013/11/02 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |