中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2014年04月 → )

行って良かった! 青森 ねぶたの家 「ワ・ラッセ」

   ↑  2014/04/25 (金)  カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城

青森に行ったらぜひ行ってほしいのは

ねぶたの家「ワ・ラッセ」

赤いモダンな建物で、青森駅からたったの徒歩1分

IMG_7890-wara.jpg
▲ねぶたの家「ワ・ラッセ」

1階で荷物を預かってもらい
入場料は、2階の券売機で購入

IMG_7832-wara.jpg 

写真撮影はOK
もちろん人の迷惑にならないように…

 IMG_7840-wara.jpg IMG_7838-wara.jpg
▲ねぶたミュージアム


ねぶた祭りの歴史・情報などの紹介もありますが
メインは、やはり大型ねぶたの展示
「ただ置いてあるだけじゃない?」
なんて思ったらいけません

「ねぶた祭り」で実際に運行したねぶた
それが間近に見られるのですよ
しかも賞をとった立派なねぶたが勢揃い

「ねぶた祭り」を見に行ったとしても
ここまでじっくり見ることは出来ないでしょう

毎年8月の「ねぶた祭り」が終わると、ここの展示ねぶたも入れ替えるそうで
毎年来ても新しいねぶたが見られますね




題材を決めて(だいたい歴史上の出来事や逸話から)
下絵を描いて
立体の土台を作って…
針金に和紙を張って…
色を付けたり…

ねぶたを制作するには、約3か月もかかるそう
制作費用は、約2000万だそうです



IMG_7850-wara.jpg 

立体的で躍動感があり
とにかく色が鮮やか
刀の先まで光が放たれ
ほんと感動的です


IMG_7848-wara.jpg
▲観光コンベンション協会会長賞 優秀制作者賞  剣豪  足利義輝 
 
IMG_7846-wara.jpg 
▲市長賞・優秀制作者賞 八犬伝円塚山火遁の術  道節と壮助

IMG_7853-wara.jpg 
▲林冲・王倫を討つ

近くで見ると 今にも動きだしそうな
ど迫力
写真では伝わり切れないのが残念

IMG_7854-wara.jpg 

IMG_7862-wara.jpg 
▲知事賞 古事記 日本創生 



平日午前の早い時間だったため
お客さんがあまりおらず、係りの方に
ねぶたと写真を撮ってもらったり
ねぶたの由来や歴史など色々とご説明いただいたりしました


「ねぶたの明かりは、昔はろうそく
今は発電機を載せて電球や蛍光灯800~1000個なんですよ」
という説明を聞き

「ろうそくから電球ということは、そのうちLEDですね」
と冗談のつもりで言ったら
「それはいいご指摘です
「あのパナソニック協賛のねぶたは、すべてLEDなんですよ」と

さすが、伝統あるお祭りも
進化を遂げてますね



こちらがパナソニック協賛のオールLED
 
IMG_7864-wara.jpg 
▲十和田湖伝説 八ノ太郎と南祖坊

IMG_7870-wara.jpg 

IMG_7880-wara.jpg 


ハネトの衣装(レンタルOK)を着れば
誰でも「ねぶた祭り」に参加できるそうだ

青森県民は心が広いなぁ



とっても楽しかったねぶたの家「ワ・ラッセ」でした
電車の時間に余裕があったら、もっと見ていたかったよ~
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-311.html

2014/04/25 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

青森魚菜センター(古川市場) 「のっけ丼」の失敗編

   ↑  2014/04/18 (金)  カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城
酸ヶ湯温泉の送迎バスの時間までにお昼を食べようと
事前に青森駅付近のお店を調べていたら
「青森魚菜センター(古川市場)」の「のっけ丼」を発見
青森駅から徒歩約6分、送迎バス乗り場の近く 
 ここに決定
自分で具材を選んでオリジナル丼を作れるみたい
これはやらないわけにはいきません
楽しみです

IMG_7600-nokke.jpg   
▲青森魚菜センター(古川市場)火曜日定休

入るとすぐに
「初めてですか?」
「はい」
手際よく案内所に連れて行ってくれ
「のっけ丼」のシステムを説明してくれました 
 

  IMG_7601h -hoke

案内所

IMG_7602-nokke.jpg 

さて、そのシステムは
「のっけ丼食事券」(100円券の綴りで、1000円分と500円分の2種類 )を購入

場内のお店を回って、気に入った具材(50円~300円)を券で払って
丼にのせていく(少し足りない分は、現金でも購入できます

オリジナル「のっけ丼」の完成


私たちは一人1000円の予算で、各自の「のっけ丼」にチャレンジです

「のっけ丼食事券1000円」を購入

 IMG_7607h-nokke.jpg      
  
「赤い旗」があるお店でごはんをチケットで購入

IMG_7628-nokke.jpg 


普通盛(100円)と大盛(200円)
発砲スチロール製の丼がちょっとわびしい

普通盛
 
IMG_7611h-nokke.jpg 

大盛

IMG_7610h-nokke.jpg 

「青い旗」のお店で具材を購入
(ちょっと愛想がないお店も…)

IMG_7635-nokke.jpg 

購入すると丼の上にのせてくれます

IMG_7612 h-nokke

  IMG_7615 h-nokke 

IMG_7636h-nokke.jpg 

丼が完成したら
場内のところどころにある休憩所(2階にもあります)で食べます
しょうゆ・わさび・箸は休憩所にありますよ
 お茶もいただけます
味噌汁は、100円

IMG_7625-nokke.jpg 


さて「のっけ丼」ですが…


初めてのことで舞い上がり
場内のお店をしっかり観察せず、あまり考えずに具材を購入 
なぜか食べたい具材をのっけることが出来ないまま
券がなくなり終了  
(また券を購入すればいいのですが…)

そんなこんなで満足のいく丼には
ほど遠かった


その反省を込め皆さんにアドバイス 
①まず場内を1周し、どんな店があるか見てみましょう
②どんな丼にするか前もってイメージしましょう
③絶対食べたい具はなにか?優先順位をちゃんと決めておきましょう
④予算の範囲で収めるには値段の高い具材は出来るだけ避けましょう
⑤出来上がりの色合いを考えましょう





さて私たちの「のっけ丼」はというと


【旦那さんの「のっけ丼」】

色合いの失敗例

あまりの写真うつりの悪さに今更ながらびっくり
営業妨害かよ~と思うくらいの大失敗
同色でばかりで食欲のわかない丼となりました 
 ごはん大盛(200円)
いくら(200円)、ボタンエビ(200円)、たこ(100円 )
トロサーモン(100円)、寒ブリ(200円)、マグロのたたき(100円 )
合計1100円(奥さんよりチケット100円もらう)



【奥さんの「のっけ丼」】

高価な食材購入により
丼が貧相になりかけた失敗例

見栄えは旦那さんの「のっけ丼」より数段美味しく見えます
しかし
ウニ、いくらと高価な具材を購入したため
券が足りなくなりご飯が見えるスカスカの丼に…
最後に安価の大きな玉子焼きとボイルのえびでやっと体裁が整った
しかもほんとは
ホタテが食べたかったのよ~ 
 ごはん並盛(100円)
ウニ(300円)、いくら(200円)、ネギトロ(100円)
トロサーモン(100円)、たまご(50円)、えび(50円)
合計900円(旦那さんへチケット100円、あげなければ良かったか

 IMG_7622h-nokke.jpg  



もちろん、チケットを追加すれば
豪華な「のっけ丼」が出来上がります



コストパフォーマンスだけ考えるとちょっと割高の感じ
自分のオリジナル丼を楽しみながらつくるという
イベント料込の料金ですね 
初めての体験となりました
素敵な「のっけ丼」を作って下さいね



2階にも食べるところと、トイレがあります

IMG_7630h-nokke.jpg

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-310.html

2014/04/18 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

青森県酸ヶ湯温泉 売店・土産編

   ↑  2014/04/11 (金)  カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城
酸ヶ湯温泉での2泊3日(2月下旬日曜・月曜泊)
冬で館外に出ないので、売店を何回も散策させてもらいました
店員さんもとても親切でしたよ
 
営業時間は、7:00~20:00

お土産品はもちろんのこと
飲み物やお菓子
多くはありませんが、日用品、調味料や食材もありました
さすが湯治の宿です


IMG_7652th -sukayu 


売店入り口には女性の湯浴み着(1000円)
入ってすぐに
タオル(200円~)・バスタオル(1800円)
酸ヶ湯周辺の景色の柄が入ったタオルは
値段が350円に

IMG_7682-sukayu.jpg  

青森県の名物や酸ヶ湯温泉オリジナルのお土産もたくさんありますよ

IMG_7796 h-sukayu   


  せっかく宿泊したので「酸ヶ湯」と書かれたお菓子をお土産に購入


IMG_6724-sukayu.jpg 
▲左 酸ヶ湯限定焼1,100円 ▲そばもろこし1箱525円


酸ヶ湯オリジナル商品「そばもろこし」


味は、やわらかい瓦せんべいみたいな感じだったかなぁ(記憶が曖昧で…)

会社で配るお土産としても購入
個装で、ひとつひとつ「酸ヶ湯温泉」と書いてあり
どこに旅行したか一目でわかる優れもの
しかも、たくさん配るには有難い24枚入りで525円
お財布に優しい値段
売店の堂々「人気No.2 」
ちなみに人気No.1は発見することが出来なかった…

でも値段から想像出来るように、
1枚が小さい…
会社でみんなからお礼を言われ
ちょっと心が痛みました


IMG_8056-sukayu.jpg 


酸ヶ湯温泉石鹸
1個700円
無香料・無着色
コラーゲン・温泉水が配合
硫黄のにおいは、まったくしません
硬めでしっかりした石鹸で、泡立ちは少ないものの、きめ細かい泡です
これで
酸ヶ湯温泉の思い出に浸っています

IMG_6725-sukayu.jpg 



青森限定りんごサイダーやリンゴジュースも購入
リンゴジュースの方は
「レギュラータイプ」「すっぱいタイプ」「あまいタイプ」と三種類
写真は「あまいタイプ

タイトルに偽りなく
甘い…というか…甘すぎ
レギュラータイプをおすすめします



IMG_7750-sukayu.jpg



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-309.html

2014/04/11 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

青森県酸ヶ湯温泉 混浴 千人風呂編

   ↑  2014/04/03 (木)  カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城

国民保養温泉地第1号
酸ヶ湯温泉に2泊3日(2月下旬、日曜・月曜泊)
雪景色を眺めながらゆったりと湯治場の雰囲気を楽しみつつも
一番の楽しみは、なんといっても温泉
TVや雑誌でもよく紹介される千人風呂
ず~っと前から一度入ってみたかったんです

ついに念願がかないます


IMG_7734-sukayu.jpg 


日帰り温泉(7:00~18:00)の方は
入り口の券売機で入浴券を購入(券の販売は17:30まで) 
     
  
入浴券には2種類あるみたいです

①入浴券(600円)
ヒバ千人風呂(混浴、8:00~9:00女性時間)か
玉の湯(男女別、9:00~15:00)のどちらか1か所1回のみ
②休憩付入浴券(1000円)
休憩所(8:00~15:00)を利用しながら、何回でも利用可
バスタオル・タオル貸出

※靴は、ビニール袋に入れて持って行く  ※貴重品はロッカーへ
※バスタオル(1800円)・タオル(200円~)は、売店で販売してました
※たぶん千人風呂は部分的な掃除の時間があるのではないかと…



IMG_7740-sukayu2.jpg 


【ヒバ千人風呂(混浴)】


まずは、ヒバ千人風呂から
ロビーから館内進むとすぐ右側にあります 

IMG_7721-sukayu.jpg 

赤い暖簾をくぐると
左が男性脱衣所、右が女性脱衣所
脱衣所はいたってシンプル
壁に木で仕切られた棚があるだけ
アメニティーグッズはいっさいありません

IMG_7723-sukayu.jpg  
 ▲ヒバ千人風呂入り口 左手前は貴重品ロッカー
  
 
ヒバ千人風呂を
宿のパンフレットの見取り図でご説明

(風呂は写真禁止なので)

全体の雰囲気は、宿のホームページをご覧下さい

大浴場は160畳の総ヒバ作り
天井も高く柱がないので、とっても開放感があります

四分六分の湯(しぶろくぶのゆ、43℃)・熱湯(ねつゆ、41℃、源泉浴)
冷の湯は、かぶり湯。鹿の湯は打たせ湯です 
パンフレットによく掲載されているのは「四分六分の湯」
呼び方からすると「熱湯」が熱そうですが、実際は「四分六分の湯」の方が熱い


      sukayu.jpg


酸性硫黄泉(含石膏、酸性硫化水素泉)
ちょっとなめると「酸ヶ湯」の名のとおり酸っぱい
硫黄の臭いを感じる白濁湯


ここからは女性の立場で

ヒバ千人風呂は、混浴
混浴はちょっと…という女性に朗報 

「四分六分(しぶろくぶ)の湯」は
女性にとって混浴初級クラスです




その理由は


①にごり湯であること
②脱衣所から「四分六分の湯」の湯舟まで、木の衝立があること
③湯舟に入るところが見えないように、L字型の衝立が湯舟の中にあること
④湯舟の中も男性エリア、女性エリアに分かれていること
⑤湯気ではっきりみえないこと (時期や時間により見えにくさは異なります)

ということで、ヒバ千人風呂は女性が混浴に入り易いように工夫してあり
混浴初心者の方でも安心して入れます
ひとりだと心細いですが、女性が他にいれば大丈夫
ちなみに、売店で湯浴み着を販売してました

それでは
まず冷の湯でかけ湯をして
「四分六分の湯」にGO!!


しかし…
「四分六分の湯」は熱い
湯舟につかっていられるのは
頑張っても20分くらいが限界
(混浴初心者の女性の方は
湯舟の淵に腰かけて涼むのは抵抗があると思うので)
「熱湯」は一番おすすめですが
「四分六分の湯」からいったん出なければならないので
入りずらい
(湯舟の中だけでなく、湯舟から上がった所にも女性エリアはありますが…)
「鹿の湯(滝湯)」は、男性エリアの後ろにあるので、かなりの難度




混浴初級者
「千人風呂」のすべてを満喫するには
宿泊がおすすめです


女性専用時間が、8:00~9:00、20:00~21:00と一日のうち2回
と晩、雰囲気の違う「千人風呂」を
ゆっくり堪能でき、とても良かったです
また冬の平日でも日帰り入浴の団体バスが2台も来ていたので
気候のいいときの混雑ぶりは容易に想像がつき
ゆっくり出来るのは、宿泊が一番だと思います
食事も美味しかったし、冬でも部屋は快適だったし

機会があったらぜひ



とはいえ
日帰り温泉でも「千人風呂」の雰囲気は
充分感じることができます



男性は、マナーを守り
湯舟内外の女性エリアに間違っても入らないように気をつければ
「千人風呂」を存分に楽しめますよ



【玉の湯】(男女別)

女湯は、湯舟(8~10人くらい入れるかなぁ)、シャワー8台
壁の木が朽ちて趣があり 女性でお湯をゆっくり楽しみたい方は、こちらも…
男湯は、女湯より全体的に狭く 、シャワーを利用しないのなら
男性は「千人風呂」でゆっくりしたほうがいいかと


※「ヒバ千人風呂」と「玉の湯」は、パンフレットでは異なる泉質と記載されてますが、
宿の方に聞いたらほとんど同じとのこと(どっちかなぁ?)。入った感じは同じようでした。

 
IMG_7674-ssukayu.jpg IMG_7716-sukayu.jpg


千人風呂の前にあるロビー


IMG_7719-sukayu.jpg 


左奥に見えるのが日帰り入浴の休憩所の入り口です

IMG_7795ht-sukayu.jpg

これから酸ヶ湯温泉に行かれるみなさん
少しはお役に立ちましたか?
「千人風呂」を満喫し、素敵な酸ヶ湯温泉の思い出を


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-308.html

2014/04/03 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |