中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2014年10月 → )

国立新美術館 サロン・ド・テロンドでお茶編

   ↑  2014/10/25 (土)  カテゴリー: 展覧会・イベント
国立新美術館でチューリヒ美術館展(2014.9.25~12.15)を鑑賞した後は、美術館内のカフェ「サロン・ド・テロンド」でお茶です。国立新美術館には、1つのレストランと3つのカフェがあります(運営会社は同じ)。
フロアーにそびえ立つ逆円錐形の大きい方の上部にあるのがレストランの「ブラッスリーポール・ボキューズミュゼ」で、もうひとつの小さい逆円錐の上部にあるのが今回お茶をした「サロン・ド・テロンド」です。

めったに来ないので、国立新美術館で展覧会を鑑賞するときは、「ブラッスリーポール・ボキューズミュゼ」で「展覧会特別コース」を食べるのが楽しみなのですが、訪れた10月11日は、まだオルセー美術館展とチューリヒ美術館展が同時開催されていたため、ディナーコースは前回食べたのと同じ「オルセー美術館展特別メニュー」のため、今回はお茶にしました。
※オルセー美術館展(2014.7.9~10.20)、ゴッホ展(2010.10.1~12.20)の鑑賞時には、「ブラッスリーポール・ボキューズミュゼ」で展覧会にちなんだ「展覧会特別コース」を楽しみました(ブログ内展覧会・イベントのカテゴリーに記載)。



IMG_7024-saronndo.jpg
▲手前の大きい逆円錐がレストラン、奥の小さい逆円錐がカフェ




サロン・ド・テロンド


三連休の10月11日(土)チューリヒ美術館展を鑑賞し
美術館内を散策した後、16:00にお店に
手前のイスに順番待ちのお客さんが10名くらい座っていました
私たちも並んで座ります
隣に座っていた女性達は、美術展めぐり談義に興じていました
さすが美術館内のカフェです

思ったより順調に進み16:20に席に案内



IMG_7022-saronndo.jpg 


席に着いて見渡すと、まだ空席があります
店員さんの手が足りないので
お客さんを入れてもさばけないからですかねぇ…
「席が空いているなら、早く席に着かせてほしい」という声もちらほら



逆円錐形の上部にあるレストランやカフェの魅力は
美術館の空中に浮かんだ雰囲気と
曲面の壁を近くで見られることですね



IMG_7012-saronndo.jpg 


さて
サロン・ド・テロンドでも
展覧会特別メニューがあるのです


9月25日(木)~12月15日(月)
チューリヒ美術館展 特別デザートセット

渋皮栗のケーキ
(コーヒーまたは紅茶付き)
1,200円(税別



栗が大好きな旦那さんに譲ってあげた
渋皮つきの栗を使ったムース
奥深すぎる味でよくわからなかった

普通にモンブランの方が良かったなぁという感想
そういえばもともとムース好きじゃなかったね…

チューリヒ美術館展の特別デザートとされている
肝心のスイスのチョコレートを使ったソース?はというと
濃厚で美味しかったそうです


IMG_7019-saronndo.jpg
▲渋皮栗のケーキ



さて奥さんも、もちろん展覧会特別メニューです


7月9日(水)~10月20日(月)

オルセー美術館展 特別デザート(終了)

ガトーオペラ オレンジのソルベと共に
(コーヒーまたは紅茶付き)
1,400円(税別)


この色合いは、やはりオルセー美術館展の目玉
エドゥアール・マネの「笛を吹く少年」


IMG_0001-he-po-ru.jpg
▲パンフレットより


もうオルセー美術館展が終了してしまったので
メニューからなくなちゃったのが残念ですが
ガトーオペラが甘さがちょうどよく
オレンジのソルベがさわやかで美味しかったです

金色の飾りは、固く歯が欠けないか注意が必要でしたが…

IMG_7018.jpg
▲ガトーオペラ オレンジのソルベと共に 



美術展鑑賞後にお茶
芸術の秋と食欲の秋
ちょっと優雅な気分で、30分後に店を出ました



スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-336.html

2014/10/25 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

国立新美術館 チューリヒ美術館展に行ってきました

   ↑  2014/10/12 (日)  カテゴリー: 展覧会・イベント
六本木にある国立新美術館で開催中の「チューリヒ美術館展 ー印象派からシュルレアリスムまで」(2014年9月25日~12月15日)に10月11日(土)に行ってきました。10月の3連休の初日、しかも連休後半は台風19号が近づいてくるので、混雑するかなぁと思っていましたが、混雑状況はさほどでもなく、意外とゆったり鑑賞できました。
チューリヒ美術館はスイスを代表する美術館のひとつで、中世美術から現代アートまで10万点以上の作品を所蔵しているとのこと(パンフレットより)。今年は日本とスイスの国交樹立150周年だそうで、今回はそのコレクションのなかから、印象派からシュルレアリズムまでの74点が日本に紹介されます。

IMG_6994-cyuu.jpg
▲乃木坂駅からの国立新美術館入り口 展示の作品がずら~っと


国立新美術館では、ちょうど「オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー」も開催中(2014年7月9日~10月20日、別のページでご紹介しています)。その気になれば、オルセー美術館、チューリヒ美術館の展覧会のはしごができます。ちなみに美術館の外にある券売所ではオルセー美術館展しか販売しておらず、チューリヒ美術館展の当日券は館内で販売されていました。

IMG_7002-cyuu.jpg 
▲六本木駅からの正面入り口手前の看板



IMG_7004-cyuu.jpg
▲正面入り口


IMG_7005-cyuu.jpg
▲館内の掲示 オルセー美術館展は2階、チューリヒ美術館展は1階で開催




1階の「チューリヒ美術館展」会場へ行くと、入り口には若干の行列が。並びかけたら、係の方が「券をお持ちの方は入場できます」。当日券を購入する方の列でした(所要時間は10分くらい)。私たちは前売券を購入していたので、待ち時間なしでそのまま入場。

14:15 入場

IMG_7011-cyuu.jpg 
▲「チューリヒ美術館展」入り口 左に並んでいるのは入場券購入の方


さて、今回の「チューリヒ美術館展」は、まずパンフレットがかっこいい。印象派からシュルレアリスムまでの誰でも知っている画家の名前と作品が配され、見ているだけで楽しくなってきます。ただ、ホームページは現時点で準備が間に合っていないのか、うまく機能しておらずちょっと残念。

IMG_0001-cyuu.jpg

▲パンフレットより
会場は、一人の作家を特集する「巨匠の部屋」と、各時代の美術の運動や流派をまとめた「時代の部屋」が交互に並べられています。1.セガンティーニ、2.モネ、3.ポスト印象派、4.ホドラー、5.ナビ派、6.ムンク、7.表現主義、8.ココシュカ、9.フォービズムとキュビズム、10.クレー、11.抽象絵画、12.シャガール、13.シュルレアリスム、14.ジャコメッティ…と各部屋を巡っていくと、近代美術の流れが理解できる構成になっています。
ジャコメッティはスイス出身(はじめて知りました)の彫刻家、日本では馴染みの薄い画家もいますが、セガンティーニ、ココシュカ、ホドラー、ヴァロットンなどもそれぞれスイスにゆかりのある芸術家だそうです。
 
ゴッホ、ゴーギャン、ドガ、セザンヌ、ピカソ、ダリなどは、一人1、2点ですが、まさに「誰もが一目でその作家の手によるものだとわかる作品ばかり」(パンフレットより)。「すべてが代表作」というのは、ちょっと言い過ぎのような気もしますが…。

IMG_0003-cyuu.jpg
▲パンフレットより


今回とりわけ気に入ったのは、ルソーの「Ⅹ氏の肖像(ピエール・ロティ)」。モデルのピエール・ロティはフランスの海軍士官・作家で、日本にも多少関係のある人物(芥川龍之介の「舞踏会」でも触れられてる)…といったことはどうでも良く、とにかく背景の木や煙突、脇の猫も含めて、この不思議な肖像画に魅了されてしまいます。


 
展覧会「最大」の目玉は、モネ「睡蓮の池、夕暮れ」。モネが晩年に手掛けた幅6mの大作です。「オルセー美術館展」での「草上の昼食」に続き、今年はモネの初期と晩年の大作を相次いで鑑賞する機会に恵まれました。モネは今回4点の展示がありましたが、パンフレットにある「陽のあたる積み藁」のほか、「国会議事堂、日没」もよかったです。
IMG_0005-cyuu.jpg
▲モネ「睡蓮の池、夕暮れ」パンフレットより

その他、気になった作品をご紹介しますと…。
フェリックス・ヴァロットンは、パンフレットにある「日没、ヴェレルヴィル」はじめ4点の展示。いずれも特異な個性の一端が垣間見えます。今年は、丸の内の三菱一号館美術館で「ヴァロットン展」(2014年6月14日~9月23日)も開催され、このスイス・ローザンヌに生まれパリで活躍した画家は、日本でもコアなファンを持ったことでしょう。

画集などですっかり「観た気」になっていたモンドリアンやカンディンスキーを直接観ることができたのは嬉しいですし、パンフレットに掲載されていない作品では、マティス(「バルビゾン」)はいつもながらのタッチを楽しめましたし、クレー(「深淵の道化師」)の楽しく哀しい雰囲気、タンギー(「明日」)静謐な世界も味わうことができました。
15:30 会場を出ました



思ったほどの混雑ではなく、作品もそんなに多くないので余裕のある展示がされているのに加え、鑑賞する方もわりとあっさりしていたので(上野の森美術館の「写楽」はみなさん「気合が入っていました)、ゆったりと鑑賞することができました。展示のコンセプトも分かり易く、とても楽しめた展覧会でした。
美術鑑賞の後は
国立新美術館内にあるサロン・ド・テ ロンドでケーキ&カフェ
それは次のページで


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-335.html

2014/10/12 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

FC2ブログ2014年9月16日からグーグル クロールされない

   ↑  2014/10/08 (水)  カテゴリー: つれづれなこと
2014年9月16日から1日あたりのグーグルにクロールされるページが激減
そして新しく書いた記事は、クロールされないためインデックスされず
検索することがまったく出来ません

SEOなど難しいことはわからないので
お役には立たないと思いますが
同じような現象があるFC2ブログの方に
「このサイトもそうなんです」とお伝えするために書きます 
 
 


あれって思ったのは


2014年9月23日に「上野の森美術館 ボストン美術館 北斎」をアップしたときです。そのページのアクセスが、他のページに訪問してくれた方がたまたま最新ページを見るくらいの少なさだったことです。旬の記事なのに…そのときは、グーグルさまのお気に召さなかった文章で検索順位が低かったのかなぁと諦めました。数日経っても、あまりにもアクセスが少ないので、さすがに「site:ページのアドレス」で検索すると、あらないじゃない。でも運が悪くクロールされなかったのかなぁとしか思っていませんでした。

2014年9月28日に「上野公園 韻松亭で食事を」アップ。さすがにこんどは、すぐにインデックスされるだろーと思って 、「site:ページのアドレス」で確認する。やっぱり駄目。
他に調べると9月20日アップの「鬼怒楯岩大吊橋を渡ってみました」も駄目だった。



さすがにおかしいと思い
久々に「ウェブマスターツール」
を開き確認すると
9月16日から1日あたりの
クロールされたページが激減
9月15日、116ページ
9月16日、40ページ
9月17日、3ページ
9月18日、0ページ
9月19日、0ページ



10月3日、2ページ
10月4日、3ページ
10月5日、6ページ (
「Fetch as Google」利用)
10月6日(現時点)、37ページ
(復活の兆しかぁ??…希望的観測)




グーグルさまからのペナルティーなのか?
なんかやってしまったのか?
でも、心あたりはないし、そんな能力もない
ウェブマスターツールも、「新しいメッセージまたは重大な問題はありません」と
でも教えてくれるのは、手動ペナルティーの場合で
「自動ペナルティー」の場合は、メッセージは来ないらしい




つまり、どうしようもない




で、とりあえず、新しい記事を「Fetch as Google」で送信
無事
ステータスは完了となり、その後グーグルで検索出来るようになった
(でもインデックスに送信した日付が違うんだけど…)

しかし、相変わらず、 1日のクロールされたページ数は地を這っている
で、ここままだったら…どんどんアクセスが減少していく…
(昨年からでもかなりアクセス減ってるのに…)
お引っ越し?
かなり面倒だなぁ~と


でも、このサイトだけじゃないかも…と
「fc2 グーグルクロールされない」
と検索すると
2013年6月15日にも
FC2ブログにこの現象があったとのこと
ちょうどそのとき、新しい記事を書いてなかったので
ちっとも知りませんでした
その時は、FC2ブログ全体に広がった問題だったそうです




では、今回はどうなの?というと
少数ですがお仲間がいました
なんだぁこのサイトだけはないんだと少し安心
でも2013年6月みたいに、FCブログ全体みたいなことではなく
まだ少数の感じがします
fc2全体でなければ、あのこととは関係ないのでしょうか?
でも、fc2ということは共通してます 




で、まだ少数なので
「このサイトもそうなんです」と
お知らせするために
このページを書きました



このままだとちょっと困りますよね
FC2の皆さん、皆さんのサイトは、ちゃんとクロール来ていますか?
早くグーグルさまの機嫌がなおることを待つしかないのでしょうかねぇ~



10月8日サイトマップを再送信→無事処理
続報があったら、またお知らせします
※急いで書いたので、乱筆乱文お許し下さい


追記

クロールされたページ数復活
10月7日、131ページ
10月8日、71ページ
10月9日、84ページ
10月10日、110ページ
10月11日、113ページ 

新しい記事も「Fetch as Google」を利用しなくても、自動でクロールされ
すぐにインデックスに登録されました

10月8日サイトマップを再送信したから正常になったのではなく
一過性のものだったような気がします
9月16日からの約3週間のトラブルはいったいなんだったんだろーと思いますが
取りあえず、直って良かったです
もう少しまた様子をみます

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-334.html

2014/10/08 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

上野公園 花園稲荷神社 五條天神社 ちょっと京都の雰囲気??

   ↑  2014/10/05 (日)  カテゴリー: 展覧会・イベント
上野の森美術館で北斎を鑑賞後、夕食は上野公園内にある韻松亭へ。予約の時間にはちょっと早いので、どうしようかなぁと思っていたら、ちょうど韻松亭の隣に、赤い鳥居が続いている参道の入り口が。ここも以前から気になっていました。手前の看板には、花園稲荷神社、五條天神社と書かれています。


IMG_6916-hanazo.jpg 

鳥居をくぐりお参りすることにしました
ドラマの撮影でよく使われる
京都の伏見稲荷大社の千本鳥居…のような雰囲気?!
外人の方も興味深そうにシャッターを切ってました



IMG_6917-hanazo.jpg 

途中から下りの階段になります
赤い鳥居は階段の下も続きます


IMG_6918-hanazo.jpg 


赤い鳥居をくぐり終えると
右に花園稲荷神社
縁結びに御利益があり、白羽の矢が有名とのことです


IMG_6919-hanazo.jpg 


花園神社をお参りして、次に五條天神社へ行かれる方が多いと思いますが

わかりづらいですが
(私たちも五條天神社にお参りした後の帰りに気が付きました)
花園神社の向かいに
(赤い鳥居をくぐリ終わった左側)
「穴稲荷」がありました

正しくは忍岡稲荷といい、花園稲荷の旧跡だそうです 

鳥居をくぐると洞窟のようになっていて
なかには赤い提灯が灯されています 
左奥すぐに、小さなお社がありました 

薄暗くちょっとヒンヤリして霊験あらたかな空間でした 
(写真を撮るのも控えてしまいました…) 
パワースポットと言われているようですが、確かに…  
 せっかくここまで来たら、見落とさないでお参りを



IMG_6921-hanazo.jpg

 
IMG_6923-hanazo.jpg 


五條天神社です



毎月10日「医薬祭」無病健康・病気平癒祈願の看板があり
「医薬祭」って何かなぁと思いながらお参り
いちばん最初の参道入り口に戻って看板を見ると
「医薬祖神」と書かれていました
 
帰ってから調べてみると
日本医薬の祖の神様である
大国主命(おおくにぬしのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)

を祀っているとのことでした
医薬業界の方々にはきっと馴染みが深い神社かと思いますし
病気の方やご家族もお参りに来られるのでしょうね
人形(ひとがた)に名前・年齢を書き
初穂料を添えると神前にお供えし、祈願してくれるようです

これまで何度も上野公園に来ていますが、参拝は初めて
予備知識もなく普通にお参りしてしまいましたが
次の機会には、じっくりお参りしたい神社でした


 IMG_6920-hanazo.jpg  




(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-333.html

2014/10/05 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |