中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2014年12月 → )

ふるさと納税の特産物が届きました

   ↑  2014/12/20 (土)  カテゴリー: つれづれなこと
  応援します!!福島

遅ればせながら初めての「ふるさと納税」。いろいろ勉強しながら、ふるさと納税の申込み、振込と順調に進んで、特産物(ふるさと産品)の申し込みをFAXしてから待つこと1週間。特産物(ふるさと産品)がひとつ届きました(※ふるさと納税するまでのことは→「ふるさと納税はじめてやってみた」のページをご覧ください)

申し込んだ福島県大玉村のシステムは、納税(寄付)の半額金額分を上限として、「ふるさと納税特典カタログ」にある各コースから自由に選んで申し込む(FAX、郵送、ホームページから)というもの。
今回、20,000円をふるさと納税したので、上限10,000円まで特産物(ふるさと産品)を申し込むことが出来るということになります。




で、「大玉の旬おまかせセット」と「あだたら酵母牛(焼肉用500g程度)」
の2コースを申し込んだのですが
1週間後に「大玉の旬おまかせセット」のみが届きました




今回初めて特産物(ふるさと産品)
を申し込んで思ったこと


①申込みのFAXが先方に着いたか、ちょっと心配になったこと
間違って裏をFAXしてないか?番号間違ってないか?などちょっと心配しました。

②特産物(ふるさと産品)はいつ頃届くのかがわからなかったこと
通信欄に配達の時間指定などという欄はあるのですが…、(にちが指定出来るのかどうかはわかりません)。また発送は速やかに行いますと書いてありますが、速やかってどれくらいなのかはわかりません。


どちらも問い合わせれば解決するのですが、お手数かけてもいけないかと思い、待っていました(2週間経って何も来なかったら、問い合わせようとは思っていましたが)。通販サイトではないので、「注文承りました」とか「〇日発送します。伝票番号はXXです」のような連絡はありませんし、それを期待してはいけませんよね。あくまで、寄付に対するお礼の品。
だからこそ、人気の特産物は余裕をもって、混雑時期は避けるようにした方がいいと思いました。
今回は、忙しい師走に申し込むことになってしまいましたが、次回は計画的に申し込もうと思います。





では、届いた特産物(ふるさと産品)をご紹介しましょう
「大玉の旬のおまかせセット」

宅急便の方が「重いですよ」というので、「大丈夫です」と荷物を受け取ったら、ほんとうにずっしり重かったです。ギックリ腰がまだ完治していないので、ちょっと腰にきましたが、開けてみると色々な品が入っていたので楽しくなりました

IMG_7410-furusato.jpg

お礼と一緒に食べ方の説明も入ってました

IMG_7408-furusato.jpg


こんなに沢山入ってましたよ

福島産を気にされている方もいるかと思いますが
特典カタログには全て放射性物質含有調査をしていると書かれています

IMG_7389-furusato.jpg


個別にご紹介しますと

特別栽培米新米のコシヒカリ2キロ
精米したてです


IMG_7402-fusato.jpg


アピオス、たもぎ茸、しょうゆ麹
見たことがないものがありました。「アピオス」です。マメ科の植物で栄養的、健康的に極めて優れた食べ物だそうです。食べ方はじゃがいもっぽいみたい。あと「たもぎ茸」。総合的な栄養価が高いのが特徴らしいです。「しょうゆ麹」も興味がありますね。

 IMG_7391-furusato.jpg IMG_7403-furusato.jpgIMG_7398-furusato.jpg


梅干し、百笑味噌(大玉村特産)、菌床しいたけ
百笑(ひゃくわらい)味噌は、大玉村産の大豆でつくられた味噌です

IMG_7394-furusato.jpg IMG_7412-furusato.jpg IMG_7392-furusato.jpg

サンフジ、じゃがいも、サトイモ

IMG_7400-furusato.jpg IMG_7395-furusato.jpg IMG_7393-furusato.jpg

春菊、白菜、ターサイ

IMG_7405-furusato.jpg IMG_7401-furusato.jpg IMG_7397-furusato.jpg 


さっそく晩御飯に、大玉村の特産物(ふるさと産品)で作ってみました
大玉村祭りです


コシヒカリ、百笑味噌、アピオス、たもぎ茸、しょうゆ麹、梅干しの登場

ごはん、米はやや小粒でしたが、粘り気があり美味しかったです。
百笑味噌は、優しい味でいけますリピーターがいるのもうなずけます。
たもぎ茸は、はじめて食べました。味噌汁に入れると美味しいとレシピにあったので、味噌汁にたっぷり入れました。煮ているときに黄色が御汁に出てびっくりしましたが、いいダシが出ていました。食感もよく、味はマイタケ系かなぁ。
アピオスも初めて食べました。じゃがいもみたいな味がするかと思ったのですが、栗みたいにホクホクして甘く美味しかったです
しょうゆ麹は、レシピ通り豚の生姜焼きにしてみました。お肉が柔らかくなり美味しくなりました。
梅干しは、シソの香りが上品で塩加減もちょうどよく良かったです。

IMG_7419-furusato.jpg 

「大玉の旬のおまかせセット」
大切に頂きます


まだ「
あだたら酵母牛(焼肉用500g程度)」が届いていません。
届いたら追記します。


追記

申し込んでから、11日目「あだたら酵母牛(焼肉用500g程度)」がクール宅急便で届きました。師走だから、きっと大混雑していたのでしょうね。
酵母牛というのは、食品循環資源(米ぬか・規格外の食パン、うどん等)を「酵母発酵」した飼料を食べていることから、そういう名前になったということです。また酵母のおかげで牛の腸内細菌が安定し消化吸収が良くなるので、アクや臭みの少ない柔らかいお肉になるみたいです。

賞味期限は、到着から4日間(冷蔵庫保管)。なので、急いで冷凍し、あとでゆっくり味わいます

IMG_7423-furusato.jpg
 
後日、あだたら酵母牛が夕食のメインに
お米と百笑味噌(大玉村特産)も一緒です
あだたら酵母牛は
とくに脂身が甘くて美味しかったです

IMG_7440ht-furusato.jpg 



スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-339.html

2014/12/20 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

福島県磐梯熱海温泉のアクセス(電車)編

   ↑  2014/12/14 (日)  カテゴリー: 磐梯熱海温泉
応援します!!福島
久々の旅行先に選んだのは、福島県磐梯熱海温泉(12月上旬、平日)。「年に1回は福島応援旅行へ!!」と心がけていましたが、今年はぎりぎりで達成です(よかったぁ)。
「磐梯熱海温泉に行ってきました」というと、「そこどこ?」という反応が。確かに全国区的にはあまり馴染みがない温泉地(私たちも今回初めて知りました)ですが、郡山からとても近く、仙台でいうと秋保温泉みたいな感覚です。東京からのアクセスは、新幹線で郡山へ(約1所間20分)、郡山で磐越西線に乗り換え磐梯熱海駅下車(約15分)と非常に便利。しかも、pHが9以上と肌に優しい温泉です。
ただ温泉はいいのですが、徒歩圏内で観光するところがほとんどありません。観光もしたいということなら、ここから磐越西線でさらに会津方面へ足を延ばすのもいいと思います。
今回は、宿泊したい宿が「びゅう」にはなく、その上「えきねっと」で割引切符も取れず
かなり割高の旅行になりましたが、気になっていた「守田屋」に宿泊出来たので満足でした。
さて、宿については次回ゆっくり紹介するとして、実際のアクセスを紹介します。


アクセスはいたってシンプルです



【東京駅】12:00発
温泉でゆったり過ごすことにしたので、遅い出発
東京駅で人の流れがちょっと違うぞと思ったら
皇居乾通りの一般公開
すごい人でした


IMG_7382-bannda.jpg 

IMG_6761-bannda.jpg
▲やまびこ137号

つばさ137号との連結です
今回は手前の郡山で下車なので見られませんが、福島駅で切り離しされます


IMG_7047-bannda.jpg



車内はガラガラ

それなのに
3人掛け席に、私たち以外にも人が…
隣のビジネスマン可愛そうキャリーバック持っているのに
JRさん、あまりにも一か所に集めすぎだよ




で、ここで注意
東京から磐梯熱海まで通しで乗車券を購入すると高くなる

私たちは中野駅で、磐梯熱海までの乗車券を購入したのですが、
東京区内→磐梯熱海 4,430円

ところが、帰ってきてから調べて分かったのですが、
東京区内→郡山 4,000円
郡山→磐梯熱海 切符 320円、IC乗車券 324円

改札をいったん出ないといけませんが、郡山で切符購入した方がお得
しかも郡山⇔磐梯熱海は、なぜか切符の方がIC乗車券より安い

ちょっと不思議




東京を出発すると郡山まで約1時間20分、
すぐに駅弁を食べないといけないくらい近い
今回は軽食(肉の万世のかつサンド)にしました

 IMG_6766t-bannda

【郡山】13:18着

IMG_7050-bannda.jpg

郡山駅での在来線への乗り換えは簡単
看板や矢印があってわかりやすいです


IMG_7052-banndai.jpg 

磐越西線へ乗り換えます

IMG_7054-bannda.jpg

磐越西線は、郡山から会津若松を通り
新潟県の新津まで行く電車です

IMG_7058-bannda.jpg 

「あかべぇ」ちゃんがあちこちにいます

IMG_7059-bannda.jpg



【郡山】13:46発 あいづライナー

あいづライナーだと「磐梯熱海駅」は次の駅
快速で2つ目、普通でも3つ目とめちゃめちゃ近い
(※あいづライナー(自由席)、快速、普通とも料金同じ)
電車運行間隔は、1時間に1本くらいなので、新幹線の接続は考えた方がいいです



IMG_7067-bannda.jpg

IMG_7068-bannda.jpg

【磐梯熱海】14:00到着

あっという間に着きました。乗客はほぼ地元の人でした

磐梯熱海駅の由来って何だろう?
と思っていましたが、駅の看板にその答えが表示されていました
(参考資料JR東日本「旅もよう」)

づけ親は、源頼朝の武将工藤祐経(すけつね)の子伊東祐長とのこと。
頼朝は、軍功があった祐経に郡山市を与え、祐経は子の祐長をこの地に派遣し治めさせたそうです。
祐長は、領地に故郷の伊豆国と同じ地名を名づけ、海がないのに温泉が湧くここを「熱海」と付けたとのことでした。
岩越鉄道(磐越西線)が開通したときに「熱海駅」、国鉄へ移管したときに、東海道本線熱海との重複を避ける為「岩代熱海駅」、そして昭和40年磐梯観光入り口として今の「磐梯熱海駅」に改名したとのことでした。


なるほど

 IMG_7376-bannda.jpg

IMG_7377-bannda.jpg 

IMG_7073t-bannda
▲磐梯熱海駅


駅の前には屋根の付いた足湯があります

IMG_7077t-banndai.jpg
▲駅前の足湯



日本に大寒波が来てはいたのですが、郡山では、穏やかないい天気磐梯熱海に着いたらちょっと曇。チェックインにはまだ早いので駅前の足湯をしながら、地元の方とお話していると、雪がチラチラ。そうこうしている間に吹雪いてきました。郡山から電車で15分くらいのところなのに、天気はずいぶん違いました。
正面からまともに吹雪を受けながら、守田屋へ徒歩約15分
雪まみれになり、宿の方に気遣われながら、無事チェックイン



帰り


チェックアウト後、磐梯熱海を散策し
磐梯熱海駅11:54発→郡山駅12:09着
郡山駅(やまびこ138号)12:30発→東京駅13:48着
郡山駅の新幹線ホームは、とっても寒いので
指定席ならぎりぎりで上がってきた方がいいですよ


あっという間の旅行でしたが、今回もとっても楽しかったです
次は、宿をご紹介します
温泉と食事がとても良かったですよ
(アップ予定)

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-340.html

2014/12/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ふるさと納税をはじめてやってみた

   ↑  2014/12/07 (日)  カテゴリー: つれづれなこと
応援します!!福島

2008年から始まった「ふるさと納税」。何かと話題ですよね。遅ればせながら、わが家でもどんなものかやってみることにしました。
ふるさと納税とは、自分が住んでいる以外の地方自治体に寄付すると、限度内で「寄付した額-2,000円(金額は現時点)」が所得税と住民税から控除される制度のようです。寄付した自治体からお礼として特典や特産物がもらえるというメリットもあります。

まずどんな制度か調べてみると
「ふるさと納税」する際に
いくつか注意すべき点がありました



①確定申告をする必要があること

ここが一番大切ですね。確定申告をしないとまったく戻ってきません。ちょっと面倒そうですが、忘れずにやらないといけないですね

②寄付した全額が戻るのではなく、2,000円は負担になるということ
寄付した自治体からのお礼の特産物が2,000円相当以上だと、ふるさと納税がお得になりますね

③制度が適用される限度額があること

ここはほんとうに注意。年収や他の控除の金額によって限度額が違いますから、自分の限度額を確認することが重要ですね

④所得税分は確定申告後1~2か月で振り込みで戻ってきますが、住民税分は翌年の住民税から控除されること
すぐに現金で戻ってくるわけではないので、戻ってきたという実感はないかも…でもトータルではちゃんと戻ってくるとのこと


注意点がわかったところで
次はどこにふるさと納税するか



自分の生まれ育った故郷や好きな地域を応援するという「ふるさと納税」本来の目的ではなく、お礼の特産物合戦になっていると批判もあるけど、やっぱり特産物も欲しいですよねぇ…
でも特産物だけで選んで、まったく知らないところに寄付をするのもどうかと思うし…


「ふるさと納税ポータルサイト
ふるさとチョイス」

こちら
で探してみた



旅行でも東北を応援しているので
エリアは東北地方
それから特産物はやっぱり「お肉」が食べたい


すると
福島県の大玉村の「あだたら高原酵母牛」発見
ここは昨年福島県岳温泉に旅行したときに見た、安達太良山があるところ


ということで

大玉村に決定





「ふるさと納税」するところが決まったので
福島県大玉村のホームページの「ふるさと納税」ページへ


手順に従ってやってみました



①専用の申込書をダウンロード~記入してFAXしました
用紙に必要事項(名前、住所、電話番号、メールアドレス、寄付金額、活用方法指定、寄付の方法、応援メッセージ、情報の公開)を記入しFAX
※郵送又はFAX、E-mail、持参の方法もあります
※寄付の方法には、銀行振込(手数料有料)、郵便局振込(手数料無料、振替振込書を発送)、現金書留払い(送料有料)、持参があります

②支払しました
FAXした3日後に、お礼の手紙と振替払込書(郵便振込を選択したので)が届く
すぐに郵便局に振込に行く
③特典カタログ・寄付金受領証明書等届きました
振込をした約1週間後に、特典カタログ&申込書、寄付金受領証明書等が届く
なんと村長さんからの感謝状まで入っていました
予想外の感謝状に二人で喜んじゃいました
なんかいいことしてる感じがします




IMG_7036h-furu.jpg



④特典カタログからの申し込みしました
大玉村のふるさと納税は、寄付金の半額分を各コースから自由に組み合わせて申し込むシステム。
申込書をFAXしました
※申し込みの方法には、ファクス、郵便、大玉村のホーム―ページからがあります


何を申し込んだかって??
それは、特産物が届いたらアップします

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-338.html

2014/12/07 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |