中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2017年05月 → )

お遍路4日目 前半 桂浜で龍馬像に大接近

   ↑  2017/05/30 (火)  カテゴリー: お遍路
いよいよお遍路ツアーも4日目。少し慣れてきたような、段々疲れが蓄積されているような・・・。
納経所が開いているのは7:00から17:00。10泊11日(+前泊1日)の強行軍ジャンボタクシーお遍路ツアーは効率よくお寺を回るため朝が早いです。
毎朝7:30には集合&出発。皆さん「年を取ると朝は自然と早いのよ~」と集合10分前にはちゃんと荷物をジャンボタクシーに積み込みスタンバっています。
私も遅れないようにと必死。朝食はほとんど食べませんでした。「お腹空いちゃうね」と心配されましたが、早いのと疲れでそうそう朝から食べられません。
皆さん私より大先輩ですが、バイタリティーがあります。





【三十番札所 善楽寺(ぜんらくじ】7:46
出発が早いので、今日最初のお参りは、8時まえです。この善楽寺が30番札所になったのは、平成6年1月1日。明治時代の神仏分離政策のため、廃寺になったり、納経所が2ヶ所になったりと、紆余曲折があったそうです。



IMG_1782-368.jpg  

大師堂の梅の木の下にあるお地蔵さまは
首から上の病気にご利益があるそうです



IMG_1784-368.jpg
▲梅見地蔵
 

【三十一番札所 竹林寺(ちくりんじ)】8:33

IMG_1794-368.jpg



本堂は重要文化財 江戸時代に建てられました



 IMG_1792-368.jpg
▲本堂


高知県唯一の五重の塔


IMG_1788-368.jpg




【三十二札所 禅師峰寺(ぜんじぶじ)】9:17

境内からは、桂浜と太平洋を眺めることが出来ます


IMG_1797-368.jpg IMG_1800-368.jpg 


残念ながら曇りでよく見えませんでした


IMG_1798-ohenro.jpg




ちょっと観光です



【坂本竜馬像】10:03

禅師峰寺から桂浜へ。桂浜には坂本竜馬像や水族館や闘犬センターやお土産屋さんがありました。


私は特設展望台(入場料100円)の階段を上り、龍馬に大接近
他のツアーの皆さんは、ちょっと龍馬の下で休憩です
特設展望台は、期間限定みたいです


IMG_1803-368.jpg
▲龍馬像の右に見えるのが特設展望台



こんな感じに見えます


IMG_1804-368.jpg


さてお参りに戻ります



【三十三番札所 雪蹊寺(せっけいじ】10:28

IMG_1808-368.jpg



【三十四番札所 種間寺(たねまじ)】10:58

IMG_1812-368.jpg
▲安産にご利益がある子安観音
 
順番がひとつ前後しますが…



【三十六番札所 青龍寺(しょうりゅうじ)】11:39
第68代の横綱朝青龍の四股名は、母校である明徳義塾高が青龍寺に近いことからつけられたそうです。

IMG_1815-368.jpg

本堂へ石階段が続いています
4月はまだ見られませんでしたが
あじさいが綺麗に咲くそうです

IMG_1820-368.jpg


IMG_1819-368.jpg



【昼食】12:28  黒潮うどんセルフ
地元のサラリーマンの方で大賑わいでした。セルフで好きなおかずを取れます。さすが四国。うどんは、セルフとは思えない美味しさ。

IMG_1823-368.jpg


ぶっかけ小(温玉子入り)270円+コロッケ(?円)

IMG_1822-368.jpg



昼食もささっと食べて次のお寺に出発です


スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-368.html

2017/05/30 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

両国国技館 2階イスC席で大相撲観戦デビュー

   ↑  2017/05/27 (土)  カテゴリー: 大相撲観戦
割烹吉葉のちゃんこ鍋のあとは、いよいよ旦那さんの国技館デビューです
枡席で観戦したかったのですが、今回のツアーは2階イスC席
でも今の大相撲人気なら両国国技館に入れるだけでも幸せです

IMG_2522-370.jpg
▲はためくのぼりにテンションもあがります


いったん国技館の団体入り口の前に再度集合
ここで添乗員さんからチケット(入場券)を受け取ります
ちなみにチケットには「8:00AM会場」とありました。すごい!

添乗員さんに先導されて国技館に入ったところで、ツアーは解散

あとは自由行動です


 IMG_2561-370.jpg




国技館の建物には正面入り口ではなく
脇の「相撲案内所」から入りました

入ると通路の両脇にはお茶屋さんがずらり
枡席のお客さんはここを利用されるのでしょうね
2階イスC席の私たちも気分が盛り上がってきます




IMG_2563-370.jpg
▲相撲案内所の入り口



IMG_2565-370.jpg
▲相撲案内所



エントランスホールに出ると正面に優勝の賜杯や副賞の品々が展示してあります




IMG_2579-370.jpg



まずは国技館内を一回り



国技館1階にある「相撲博物館」を見学

このときは「横綱」がテーマの展示会が開催されていました


IMG_2574-370.jpg
▲エントランスホールからの入り口



売店は当然すごい人だかり
お弁当はこの時間でかなりの種類が売り切れに



IMG_2572-370.jpg IMG_2571-370.jpg
▲グッズ           ▲お弁当   




ちゃんこ鍋(雑炊追加)でお腹はいっぱいですが、これだけは買わねば

国技館といえばやきとり(1箱650円)


やきとりはどんどん補充されていました
さすが国技館で焼いているだけのことはあります



IMG_2639-370.jpg
▲旦那さん国技館デビューの記念にパチリ



2階には食べ物やさんなども
館内はとてもきれい
自販機も雰囲気があります

でもペットボトルのお茶(小)が180円はちょっと…
ちなみに国技館、飲食持ち込み禁止です



IMG_2581-370.jpg
▲自販機も雰囲気あります



14:30頃
私たちが場内に入ったときは、ちょうど十両の土俵入りが行われていました
お客さんの入りはまだまだです

旦那さんは思っていた以上に広い館内にちょっとびっくり




IMG_2568-370.jpg
▲十両の土俵入り


さて、ここで国技館の観客席をチェックしてみましょう。

「館内マップ」によると
館内は、正、向、東、西それぞれ

1階席は、土俵から1~7列が溜席
続いてマス席がA席8列、B席4列、C席3列
その他ボックス席などがあります

2階席は、イス席
1~6列がA席、7~11列がB席、12~13列がC席
そして最後の14列が自由席

そして私たちのチケットは「2階イスC席」

2階の12列目、というか一番後ろから3列目
指定席としては2階C席がいちばん少ない、ある意味貴重!?
A席を見ると肘かけのところに簡単なテーブルがついていて
飲み物とかが置けるようになっている…B席C席にはありません…

でも場内が見渡せるし(前向き)、土俵上の取組も十分見えるし
2階イスC席でも十分楽しめました
ただし、前の人たちの隙間から見るという感じで
背が高い人が前にいるとちょっと取組が見にくいときもありますが…


 IMG_2588_370.jpg
▲広い館内 2階イスC席はこんなところです



IMG_2654-370.jpg
▲2階イス席A




そろそろ土俵に注目しましょう

五月場所11日目の上位陣の取組はこちら
本日から休場となった稀勢の里は不戦敗となり
日馬富士と御嶽海が結びの一番になりました

IMG_2583-ryougokuisu.jpg



15:40 幕内土俵入り
華やかな化粧回しに気分もあがります


IMG_2595-370.jpg  



続いて横綱の土俵入り
稀勢の里の土俵入りも見たかったなぁ

IMG_2607-370.jpg 
▲横綱白鵬の土俵入り




幕内の取組になるころには1階はほぼ埋まった状態に
満員御礼の垂れ幕が出ました

2階はまだ空席が目につきましたが、最後には満員に

 IMG_2609-370.jpg



幕内の取組は観客の声援にも熱がこもります
宇良や遠藤などの人気力士には一段と大きな拍手と声援が
高安には仕切りの間手拍子まで沸き起こりました
勝ってまた大歓声

 IMG_2626-370.jpg
▲高安

 IMG_2638-370.jpg
▲白鵬


白鵬が大関豪栄道を下し全勝を守ったあと
結びの一番で日馬富士が小結御嶽海に敗れる波乱に
場内のボルテージは最高潮
座布団が舞います



  IMG_2651-370.jpg
▲弓取式 
土俵の周りでは座布団を片付けてます


会場を出ると櫓のてっぺんではね太鼓が打ち鳴らされ
相撲見物を締めくくってくれます
どうやって降りてくるんだろうとずっと見ていたら
この櫓、エレベーターになっていました



IMG_2663-370.jpg   
▲櫓のてっぺんで太鼓打ってます


旦那さんも大相撲を初めて生で観戦して大満足
国技館のやきとりはこの日のうちの晩ごはんになりました
1箱(650円)焼き鳥3本、つくね2本
ボリュームもあって美味しくいただきました



 IMG_2668-370.jpg
▲もちろん2箱買ってます




(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-370.html

2017/05/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 シシトウ花が咲きました

   ↑  2017/05/27 (土)  カテゴリー: シシトウ
23日の強風にもなんとか耐え
シシトウの花が咲きました
しかしまだ幹は細々しくシシトウは収穫は難しい感じです
でも野菜の花はどれもきれいですね

IMG_2674-sisitou.jpg


背丈が36cmまでに成長

IMG_2679-sisitou.jpg



一緒に写っている枝まめも頑張っています

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-371.html

2017/05/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

両国国技館 大相撲観戦 割烹吉葉でちゃんこ食べました

   ↑  2017/05/25 (木)  カテゴリー: 大相撲観戦
貴乃花が2003年1月に引退して以来、待望久しい日本人力士の横綱、稀勢の里が誕生(ちなみに武蔵丸は横綱昇進時は帰化して立派な日本人)。そして先場所の連続優勝。でも稀勢の里だけではありません。同部屋の高安、ハンサムで実力がある遠藤や勢や輝など人気力士が大勢出てきて、現在大相撲が盛り上がっています。

で、大相撲が大好きにもかかわらず
まだ一度も国技館に足を踏み入れたことのない旦那さんを
連れていってあげることに
「大相撲観戦と割烹吉葉で本葉ちゃんこ」のツアー(9,990円)を予約
(席は、指定席では土俵から一番遠い2階イス席C)


3月に五月場所を申し込んでから
稀勢の里のラオウの化粧まわしを見た~い
稀勢の里の取り組みが見た~い
指折り数えて待っていたのですが…
場所に入って毎日心配していたのは、稀勢の里のけがのようす
なんとか頑張って欲しいと思ってましたが…
ツアー当日の休場の悲しいお知らせ
万全な体調で戻ってきてほしいですね


気を取り直して
両国駅11:44

集合時間12:15には、ちょっと早いですが、少し両国を散策しようと早めに到着。駅のホームを下りるともう大相撲一色。雰囲気が盛り上がってきます。
改札を出る前にトイレへ。女子トイレはドアにお相撲さんの絵。個室内には荷物を余裕で置けるところもあり、駅のトイレにしてはとっても綺麗ですが、4つしかありませんでした。混雑は必須ですね。並んでいるようでしたら、国技館へ。


IMG_2505-ryougokuisu1.jpg  

両国駅西口改札を出てすぐ隣、旧駅舎に-両国- 江戸NOREN

IMG_2533-ryougokuisu.jpg 
IMG_2530-ryougokuisu.jpg


2016年11月にオープンした「-両国- 江戸NOREN」

館内奥の中央には、土俵
寿司、天ぷら、蕎麦、ちゃんこなどの和食のお店がずらり
両国案内所やお土産屋さんもあります


IMG_2525-ryougokuisu.jpg 


IMG_2529-ryougokuisu.jpg 

さて集合12:15
今回のツアーの参加者は総勢50人の満員御礼
北海道や大阪からも熱心な大相撲ファンが参加です


添乗員さんから注意事項や説明を受けて

12:20、添乗員さんの旗の後について団体で出発
割烹吉葉まで歩いて12分
ちょっと歩きます


IMG_2514-rryougokuisu.jpg


国技館通りを直進

IMG_2558-ryougokuisu.jpg


途中旧安田庭園があります(入場無料)


IMG_2560-ryougokuisu.jpg


12:32 全員無事に吉葉に到着

IMG_2537-ryougokuisu.jpg

割烹吉葉は、アド街ック天国(5月13日放送)で
両国第4位ちゃんこ鍋で紹介されたお店です



第43代横綱・吉葉山が作った「吉葉山道場」が年寄・宮城野襲名に合わせ宮城野部屋になり、その宮城野部屋をそのままお店として使っています。由緒正しいお店なんですね。


IMG_2557-ryougokuisu.jpg



店に入るとまず下駄箱に靴を入れます
すぐに土俵が目に入ります
当時のままの土俵だそうです
外人観光客や接待に好まれそうです
団体さんの私たちは2階へ
階段はかなり急です


IMG_253-.jpg




2階はお座敷。イス席ではありませんので、足の悪いかたは、座布団を折って対応。
今日のツアーの目的のひとつ、「ちゃんこ鍋」です。
お店のホームページと見比べると「ちゃんこ吉葉鍋コース3,300円」とソックリ。
しかしよく見ると若干の具の違いが…ツアー特別ランチメニューなんですね

 


鍋の蓋を開けると
HPにはあった海老さんと
鮭さんがいませんでした

(めかじきのつみれはいました)

IMG_2545-ryougokuisu1.jpg

煮えてきました
これで2人前です
10時間以上かけて作る、鶏ガラスープだそうです
しょうゆベースであっさりしてます
私たちには、ちょっとあっさり過ぎるかなぁ…

 IMG_2546-ryougokuisu.jpg   
お刺身と香の物とごはん、ライチチャーベット
IMG_2541-ryougokuisu.jpg IMG_2549-ryougokuisu.jpg 
IMG_2552-ryougokuisu.jpg IMG_2543-ryougokuisu.jpg


ちゃんこ鍋の量はそれほど多くないのですが
ごはんの量が多くお腹がいっぱいになりました
しかしせっかくなので
雑炊を1人前追加しました

雑炊は、卵、のり、三つ葉、ご飯で1人前250円
写真写りはいまいちですが
雑炊は美味しかったです




IMG_2550-ryougokuisu.jpg




13:15 相撲甚句&よもやま話

相撲甚句とは、七五調の歌で「ドスコイ ドスコイ」と合いの手が入ります
合いの手はみんなで練習、歌と共に盛り上がります
大相撲の話や質問コーナーもありました

IMG_2551 - ryougokuisu


14:00土俵での記念撮影
希望者は順番に草履に履き替えて土俵の上で記念撮影
添乗員さんが2枚とってくれますよ

撮影が済んだ人は各々来た道を引き返し両国国技館へ
両国国技館の前でチケットを受け取り
全員で団体入り口から入ってそこで解散、自由行動になります
さぁいよいよ両国国技館に入ります


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-369.html

2017/05/25 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路 3日目後半 ホテル日航高知 夕食のデザートが豪華

   ↑  2017/05/23 (火)  カテゴリー: お遍路

 【二十六番札所 金剛頂寺(こんごうちょうじ】12:31
33段の女坂、42段の男坂、61段の厄除坂の石段を上がると、大きなわらじが左右にある仁王門があります

IMG_1742-366.jpg 
▲仁王門

IMG_1739-366.jpg
▲本堂




大師堂横には、がん封じの椿のご霊木

お賽銭をあげてお参り。となりに弘法大使の炊いたお米が1万倍に増え人びとを救ったという一粒万倍の釜がありました

IMG_1740-366.jpg
がん封じの椿のご霊木



【二十七番目札所 神峯寺(こうのみねじ)】13:45

IMG_1749-366.jpg


途中に男前の
不動明王像が迎えてくれます

IMG_1746-366.jpg

【二十八番札所 大日寺(だいにちじ)】15:18
4番札所も13番札所も、そして28番札所も大日寺(だいにちじ)です。
同じ名前のお寺が多いですね。
他にも観音寺(かんのんじ)が16番札所、69番札所
そして国分寺(こくぶんじ)が県に1寺ずつありますから、15番札所、29番札所、59番札所、80番札所。
間違えそうですね。


約5分くらい山道を歩くと
(道を工事してましたが歩けます)
弘法大使さまが楠の大木に爪で彫ったと言われる奥の院薬師堂の「爪彫薬師」
首から上にご利益があるということです
その下には、「大師加持水」
土佐の名水です
もちろん飲みました


IMG_1758-366.jpg



【二十九番札所 国分寺】16:12
1558年(元禄元年)長宗我部元親・元家が再建した杮葺(こけらぶき)の本堂は、重要文化財に指定されています

IMG_1764-366.jpg


もともと1つだけ願いを叶える「ひとこと地蔵」だったのが
夫の酒をやめさせるという願いがかない「酒断地蔵」になったそうです
IMG_1763-366.jpg

酒断地蔵


【ホテル日航高知 旭ロイヤル】チェックイン17:12

高知でひと際目を引く22階建てのホテル日航高知旭ロイヤル。
お遍路の旅でこんないいホテルに泊まれるとは…感激。
部屋には、ミネラルウォーターはもちろんのこと、コーヒーメーカーまで。もちろん無料。コーヒーを飲もうと思ったのですが、コーヒーメーカーの使い方がわからず、恥ずかしながらフロントに電話。お忙しいなかにすぐに来ていただき親切にやり方を教えてくれました。コーヒーは、ちょっと薄めだったけど…カフェインレスのだったからかなぁ
大浴場も気持ちよかったです。



IMG_1765-366.jpg

IMG_1766-366.jpg

部屋からの風景

IMG_1770-366.jpg IMG_1767-366.jpg

IMG_1768-366.jpg IMG_1769-366.jpg


夕食は18:30~、ツアー客みんなでスタート。まだ外は明るいです。
レストランは、最上階の22階。高知市内と鏡川を上から見下ろすように眺めることが出来ます。鏡川は、あの坂本竜馬も泳いだという川。遠くには、太平洋も少し見えます。

IMG_1772-366.jpg

 IMG_1773-366.jpg

コースは和食か洋食か選択します
先達さんが
「女性に人気のある方は洋食だよ。デザートが豪華だから」
と教えてくれたので洋食にしました
食事の途中、JAZZピアノ&ボーカルもあって
(曜日によってないときもある)
お遍路の疲れを忘れる優雅な時間でした 
接客もとても親切で満足なホテルでした

 IMG_1774-366.jpg IMG_1776-366.jpg

 IMG_1777-366.jpg IMG_1778 -366



今日は、徳島県から高知県と移動距離が長かったです
明日は、朝食6:30 集合7:30
おやすみなさい

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-366.html

2017/05/23 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 シシトウ支柱を立てる

   ↑  2017/05/23 (火)  カテゴリー: シシトウ
【5月23日】

背丈は28cmに成長し、つぼみも見えてきました
でも茎が弱弱しくちょっと心配
もともとシシトウの茎は弱く支柱をしなければならないということですが…
まだいいやぁと後回しに
そして今日、台風のような強風がベランダに吹きまくっています
シシトウも枝豆もスイカも大変なことに
急いで壁側に寄せ

そして焦って支柱を立てました
枝豆も折れそうなので、夜に割りばしで簡易支柱を立ててあげました
明日折れていないことを祈ります

IMG_2502-sisitou.jpg 




(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-367.html

2017/05/23 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路3日目 前半 夫婦善哉のソフトが美味しい 

   ↑  2017/05/22 (月)  カテゴリー: お遍路
お遍路ツアーも3日目になりました
朝食6:30。7:20に宿を出発
快晴です
今日は、「発心の道場」阿波の国、徳島県から
「修行の道場」土佐の国、高知県へ
移動距離が長いので、今日のお参りのお寺は8つ。少し余裕が出ます




【二十二番札所  平等寺(びょうどうじ)】7:38
本堂の石段の左側の湧水は「弘法の霊水」。万病に効くと言われています


IMG_1693-365.jpg

IMG_1696-365.jpg
▲弘法の霊水



【二十三番札所 薬王寺(やくおうじ)】8:30
「発心の道場」最後の薬王寺。山門より本堂への石段は、女厄坂が33段、男厄坂42段あります


IMG_1699-365.jpg

IMG_1700-365.jpg  



ラジウムを含む霊水は肺病にご利益があると言われる「肺大師」


IMG_1701-365.jpg
▲肺大師

本堂から瑜祇塔(ゆぎとう)まで戒壇
男女の還暦厄坂で61段
登り切って瑜祇塔(ゆぎとう)へ

塔のなかには、展示物
また大人100円の拝観料で薬師如来との結縁する戒壇めぐりが出来ます


塔をあがると日和佐海岸が一望


IMG_1704-365.jpg  

IMG_1705-365.jpg IMG_1707-365.jpg



次は、高知「修行の道場」へ


太平洋を眺めながら、ジャンボタクシーは走りつづけます

IMG_1708-365.jpg


途中ちょっと観光

【御蔵堂(みくらどう)】10:29
弘法大師が悟りを開いたところです。落石があったため、柵があり立ち入り禁止になっています

 IMG_1710-365.jpg 



IMG_1712-365.jpg
室戸岬



【二十四番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)】10:52
修行の道場一番目のお寺です


IMG_1720-365.jpg  


IMG_1716-365.jpg


班れい岩で、小石でたたくと鐘のような音が出て
その響きは冥土まで届くといわれる


IMG_1719-365.jpg
▲鐘石



【二十五番札所 津照寺(しんしょうじ)】11:46


IMG_1726-365.jpg


IMG_1728-365.jpg

【昼食】11:58
お遍路の駅 夫婦善哉
二十五札所より大変近く、お遍路さんには便利なお店。スーパーも兼ねています。
刺身定食780円+ソフトクリーム(+青のり)300円=1080円
刺身の内容は日替わり
急いで食べたので写真を撮るのを忘れてしましましたが
刺身が新鮮で美味しかったです
ソフトクリームは室戸海洋深層水で作ったお塩を使ってあり
さっぱりして美味しいです

IMG_1730-365.jpg


青空にソフトクリームが合います


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-365.html

2017/05/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路 2日目 後半 コインランドリーを使ってみた

   ↑  2017/05/21 (日)  カテゴリー: お遍路
さて、昼食を食べ終わり、2日目の後半へ出発です

【十八番札所 恩山寺(おんざんじ)】13:24
弘法大師のお母さん(玉依御前)が剃髪して出家したお寺です。大師堂の隣には「大師御母公剃髪所」の中には、玉依御前の髪の毛と御母公像が安置されています


 IMG_1642-363.jpg

IMG_1644-363.jpg
▲大師御母公剃髪所



【十九番札所 立江寺(たてえじ)】14:00

IMG_1645-363.jpg


【二十番札所 鶴林寺(かくりんじ)】14:54
山門が神々しい「お鶴さん」と呼ばれている鶴林寺。鶴の御朱印が一番人気です。御朱印用の白衣以外にも押されていく方が多いです。本堂の両脇には2羽の鶴がいます

IMG_1653-363.jpg
 IMG_1658 -363 IMG_1660-363.jpg




【二十一番札所 太龍寺(たいりゅうじ)】16:12
全長2775メートルの西日本最長のロープウェイで約10分。往復2470円と料金はちょっと高め。納経所の天井には、龍が描かれています


IMG_1662-363.jpg IMG_1665-363.jpg  IMG_1672-363.jpg 


天井の龍は見えますか?
IMG_1674-363.jpg

IMG_1676-363.jpg




【ホテルサンオーシャン】チェックイン18:05
今日も一日疲れました。宿泊先は、アパホテルグループ。
部屋は清潔で、コーヒー等あり大満足。大浴場があって、女性はフロントでカードキーをもらい行きます。タオルやバスタオルも浴場に備わっていて、会員制のジムみたいにとても綺麗です。アルカリ性単純温泉(加水、加温、循環ろ過)で、湯舟は8人くらい入れます。安心してゆっくり温泉に入れてお遍路の疲れも癒されます。
お風呂に入り、ツアーの皆さんと19:00から夕食。とっても美味しく満足でした。
コインランドリーは、今回のツアーでは一番大きかったですが、お遍路客で常に満員。暗証番号でやるので、他人に洗濯物を取られる心配はありませんが、洗濯が終了したら早めに取るのがエチケット。コインは100円硬貨のみ使用可、洗剤はフロントで購入できます。
ツアー中コインランドリーを使用したのは、この1回のみ。時間がかかるし洗濯物が傷むので、その後はすべて手洗いにしました。
ビジネスホテルなので、朝食はゆっくり目のスタートだと思いますが、お遍路ツアー2組が宿泊していて、朝食が早い時間に集中し大混雑でした。


IMG_1680-363.jpg

 IMG_1681-363.jpg IMG_1685-363.jpg

【夕食】

  IMG_1686-363.jpg


【洗濯&乾燥】洗濯物1キロまで80分400円、3キロまで120分500円


IMG_1688-363.jpg


今日も疲れました。明日も早い
7:20に集合です
おやすみなさい



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-363.html

2017/05/21 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路 2 日目 前半 乗り合いジャンボタクシーは機転が利く

   ↑  2017/05/20 (土)  カテゴリー: お遍路
お遍路ツアー2日目です
早朝6:30からのお勤め
お遍路のお参りの身支度をし数珠とお賽銭を持ち参加
この廊下を行くと本堂です
本堂は基本的に撮影禁止です
お経の後、お話があり、焼香をして終了

IMG_1596ー362


お勤めの終了時間が押し、超スピードで朝食を食べ
7:30分に集合
二日目のお遍路ツアーの出発です
十楽寺の宿坊の部屋のカードキーですが
記念にもらえます

 IMG_2498-362.jpg

今日は、札番号順ではなく、道順です
1番目の17札所の井戸寺に着いたら、駐車場に大型バスを発見
大型バスのあとは、御朱印をもらうのに時間がかかるということで
ドライバー兼先達さんの機転で、先に観音寺へ向かいました
さすがジャンボタクシーは、融通がききます


ということで2日目の最初のお寺は




十六番札所 観音寺(かんおんじ)】 8:16

IMG_1602 -362  



【十七番札所 井戸寺(いどじ)】8:43
「面影の井戸」のぞいて姿が映れば無病息災、映らなければ3年以内に厄災に注意が必要という言い伝えがあります
ちゃんと自分の姿が見えたので、お賽銭をあげてお参り


IMG_1604-362.jpg IMG_1607-362.jpg
▲本堂 面影の井戸



【十五番札所 国分寺(こくぶんじ)】9:17
本堂が工事中で仮本堂でお参り

IMG_1609-362.jpg



【十四番札所 常楽寺(じょうらくじ】9:42
本堂のすぐ近くにあるアララギの大木は、糖尿病にご利益があるという。超甘党で、糖尿病予備軍のなので、お賽銭をあげお参り
IMG_1613-362.jpg IMG_1616-362.jpg
▲本堂▲アララギの大木




【十三番札所 大日寺(だいにちじ)】10:14
「しあわせ観音」。青い衣が印象的です


IMG_1619-362.jpg 
▲本堂

 IMG_1622-362.jpg
▲しあわせ観音

【十二番札所 焼山寺(しょうさんじ)】11:25
八十八ケ寺のなかで二番目に標高の高いお寺です。杉に囲まれた山門への階段を上がるとき、身が引き締まる感じがします。ジャンボタクシーだと比較的お寺の近くまで行ってしまうので、このように歩くときにはお遍路気分が盛り上がります
IMG_1629-363.jpg 




【昼食】12:49
小松島食堂。セルフサービスの食堂です
野菜炒め237円+かぼちゃの煮物108円=345円
めちゃくちゃ安い

強行軍でとても気はとても疲れるのですが
体はあまり動かさないので
お腹が減りません
お腹の空き具合で好きなものがとれるセルフサービスはいいですね

 IMG_1634-363.jpg
▲小松島食堂

IMG_1635-363.jpg



さっくり食べてまた出発です

 


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-362.html

2017/05/20 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 スイカ成長著し

   ↑  2017/05/20 (土)  カテゴリー: スイカ
5月8日に植えたスイカの苗
現在お遍路のページを一生懸命書いて
なかなかスイカまでフォロー出来ませんが
あれからどうなったかと言うと
ものすごいスピードで成長しています
まだ本葉が15枚にならないので、脇芽やつぼみは摘んでいます



【5月16日】
5月11日は、25cm。あれから5日で30cmにまで成長横に這ってきました


IMG_2483-suika.jpg



【5月20日】
今日は、7月のような暑さ。38cmまでに成長。すごいぞ!!スイカちゃん。期待出来そう。



 IMG_2497-suika.jpg



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-364.html

2017/05/20 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路 1日目後半 十楽寺 宿坊に宿泊

   ↑  2017/05/19 (金)  カテゴリー: お遍路
 

お昼を食べ終わり、1日目後半のスタートです
後半は、十楽寺の宿坊に宿泊するので順番通りではありません

【六番札所 安楽寺(あんらくじ)】12:25
手前に見える松が「さかさまつ」。厄除けとして弘法大師自らが植えたそうです。多宝塔では、八十八か所のお砂踏みができ、その前には安楽橋があります


IMG_1547-3611.jpg


【八番札所 熊谷寺(くまだにじ】13:03
七番札所の宿坊に宿泊するので、飛ばして八番札所へ。色とりどりの四国で最大最古の多宝塔がそびえ立ちます

IMG_1563 -3611



【十番札所 切幡寺(きりはたじ)】13:45
機織りの娘の伝説がある寺。ハサミと布を手にした観音像があります


IMG_1567 -3611


【九番札所 法輪寺(ほうりんじ)】14:16
健脚祈願の寺として知られています

 IMG_1572-3611.jpg


【十一番札所 藤井寺(ふじいでら)】14:35
本堂の天井に林雲渓作の龍が描かれています。藤の花はまだ咲いていませんでした


IMG_1579-361 (2) IMG_1579-361.jpg


【七番札所 十楽寺(じゅうらくじ)】15:52
本堂左には、治眼疾目救済地蔵さまがいます。今日は、ここの宿坊に宿泊します

IMG_1582-361.jpg IMG_1585 -361


【十楽寺 宿坊】チェックイン16:24

お寺のすぐ隣に宿坊があります
近くには、コンビニなどが全くありません

部屋は、宿坊というより普通のツイン
1人なのにツインで贅沢です
室内全面禁煙
たばこをするところはロビーです
(なんか逆の感じですが)

洗濯機と乾燥機が1台ありました

 IMG_1588-361.jpg

IMG_1589-361.jpg 

IMG_1590-361.jpg IMG_1591-361.jpg  


嬉しいことに大浴場(16:30~20:30)がありました
10人くらいは入れる湯舟、カランは5つくらい
足をゆっくり延ばしてしばしのくつろぎ


夕食17:30夕食
思っていたより豪華。お酒もOKです
全員で食事の前の合掌をしてから食べます
今日は、めちゃめちゃ疲れました

自由参加ですが
翌朝6:30からお勤めがあります

お遍路に着て宿坊に宿泊するのですから
参加しないなんていう選択はありませんよね
宿坊の料金には、お勤め代込ということらしいですが
(たぶん)
そうでしょうね…


IMG_1594-361.jpg


ではおやすみなさい
 

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-361.html

2017/05/19 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路 1日目前半 お経が上手に読めない

   ↑  2017/05/18 (木)  カテゴリー: お遍路
ついにお遍路ツアーの初日です
朝7:45。リーガホテルゼスト高松のロビーに集合
旅行会社の方からの説明に続き、各人簡単に自己紹介

参加者は私を含め7人と
先達(お参りの作法を教える人)兼ドライバーさん
メンバーは90歳代の男性を筆頭に平均年齢70代と年齢層は高め
やはり寺の近くまで行けるジャンボタクシーだからかなぁ
聞いたところでは4月上旬出発のツアーは、50代、60代だったみたいで
その時々でしょうか…

まず巡礼品専門店に寄って予め注文していたお遍路グッズを受け取り

いよいよお遍路スタートです


IMG_1527-360.jpg
▲ジャンボタクシー


一番札所から必ず回る必要はないのですが

阿波の国、徳島県のお寺は「発心の道場」 
1番札所~23番札所

土佐の国、高知県のお寺は「修行の道場」
24番札所~39番札所

伊予の国、愛媛県のお寺は「菩提の道場」 
40番札所~65番札所

讃岐の国、香川県のお寺は「涅槃の道場」
66番札所~88番札所

と意味があります



いよいよスタート。本堂と大師堂を四国八十八ケ寺の作法で繰り返しお参りをしていきます。各お寺には、重要文化財など見る物満載なんですが、時間の関係でほぼお参りに徹します。年齢層が高いということで、階段が多いところは山門からではなく途中からお寺に入ることもありました。
 
またこのツアーでは、先達さんがドライバーを兼ねています。。そのため納経所へ御朱印をもらいる間は、先達さんなしでツアー客だけでお参りです。私は、御経が全く出来ず、皆さんの足を引っ張りまくり…口がうまく動きません。今回のツアーではたまたま上手な方がリードしてくれたから良かったですが、私みたいな人ばかりの参加者だったら、どうなるのかなぁとちょっと不安ですね。
ツアーによっては、ドライバーと先達さん別々にいて、先達さんが常にお参りを指導して下さいます。


【一番札所 霊山寺(りょうぜんじ)】9:23
お遍路の一番最初のお寺なので、お遍路グッズが売店に揃ってます


 IMG_1509-360.jpg  
 IMG_1508-360.jpg IMG_1512-360.jpg



【二番札所 極楽寺(ごくらくじ)】9:54

弘法大師が手植えされたと言われる樹齢1200年くらいの「長命杉」がありました

IMG_1513-360.jpg

IMG_1518-360.jpg IMG_1519-360.jpg


【三番札所 金泉寺(こんせんじ)】10:25
覗き込んで自分の姿が見えれば長生きができ、見えなかったら3年以内に亡くなってしまうと言われている井戸があります。皆さん無事に自分の姿が見えました。


IMG_1524-360.jpg IMG_1526-360.jpg
▲本堂▲黄金地蔵尊の井戸


【四番札所 大日寺(だいにちじ)】10:59


IMG_1532-360.jpg  
▲本堂


【五番札所 地蔵寺(じそうじ】11:26

IMG_1537-360.jpg 
▲本堂


【昼食】

無我夢中でしたが、初日の前半が無事に終了
ランチタイム

だいせん食堂
セルフサービスのお店です 
きつねうどん小420円+トッピングの天ぷら110円=530円


25分くらいですぐに出発です

 IMG_1543-360.jpg



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-360.html

2017/05/18 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路 高松へのアクセス電車編(新幹線・快速マリンライナー)

   ↑  2017/05/17 (水)  カテゴリー: お遍路
いよいよお遍路へ出発
東京駅まで旦那さんに見送ってもらい
しばしのお別れです
東京から高松へは、飛行機で行く方が多いかと思いますが、
電車が好きなので、電車で行くことにしました
意外と早く高松に着くのでびっくりです



実際に行ったアクセスは

東京駅(のぞみ)岡山(快速マリンライナー)高松
乗車料金11310円+新幹線(特急料金+指定席6860円)
+快速マリンライナー指定席(520円)=18690円
所要時間約4時間30分




【東京駅】10:30発 のぞみ25号博多行き


IMG_1472-359.jpg


【岡山駅】13:50着 立派な駅でした


IMG_1473-359.jpg


乗り換え時間は22分あったので
在来線のりかえ口からスムーズに快速マリンライナーに乗り換え

 IMG_1474-359.jpg IMG_1476-359.jpg



【岡山駅】14:12発 快速マリンライナー37号
約30分くらいの間隔で運行し、岡山駅と高松駅を約50分で結びます
途中瀬戸大橋を渡り、車窓から瀬戸内海を見ることが出来ます

IMG_1478-359.jpg


先頭車両は2階建てで、1階が指定席2階はグリーン席です
他の車両は自由席
もし席がなかったら困ると思い指定席を購入

快速マリンライナーは、特急料金がいりません
(特急うずしおは特急料金が必要です。所要時間はあまりかわりません)
そのためか観光客というより市民の足という感じでした


IMG_1482-359.jpg

IMG_1481-359.jpg


瀬戸大橋から絶景が見えました
しかし、防音壁みたいのがあり絶景はとぎれとぎれ
2階席からなら壁の上から見えると思います
もっと絶景を楽しむことが出来るのでしょうね
指定席は520円、グリーン席は980円
う~ん。この差なら
グリーン席を購入すればよかったなぁと後悔


IMG_1488-359.jpg
▲壁と壁と間のシャッタ―チャンス

【高松駅】15:05着

IMG_1493-359.jpg


IMG_1495-359.jpg


今日の宿泊先はリーガホテルゼスト高松
高松駅より歩いて12分くらいです



 IMG_1496-3591.jpg
リーガホテルゼスト高松




事前に宅急便で送った荷物は、部屋の中に入れて頂いてありました
対応はとても親切、隣の隣にファミリーマートがあり便利です
部屋はちょっと狭く、窓の向こうはすぐ隣のビル

電気をつけたらすぐにカーテンを閉めました
 
IMG_1497-359.jpg

室内は清潔でした
ミネラルウォーターやコーヒーなどあって嬉しかった
洋服の消臭スプレーもあり助かりました


 IMG_1500-359.jpg IMG_1502-359.jpg


あまりの緊張で、なかなか眠れない
バスツアーとは言え、明日から女1人のお遍路
良い方たちとご一緒で無事に結願出来るといいのですが…


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-359.html

2017/05/17 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路 お遍路グッズと服装 あったら便利なもの

   ↑  2017/05/16 (火)  カテゴリー: お遍路
お遍路のために購入したグッズを紹介します
(すべて個人的な感想です)


【お遍路グッズ必需品】



【白衣(自分で着る用)】袖なし背文字入り サイズM 1800円 

お遍路をする方は、ほとんどの方が着ていました。長袖と半袖があります。長袖を着ている方が断然多かったです。私は、寒暖の差が激しい春なので、半袖にして下の洋服で調節することにしました。暑くても白衣は、脱げませんから。
結果として初夏のような日が多かったので、とても良かったです。
半袖の白衣は左にチャックなしのポケットが一つです。


IMG_2458ー358



輪袈裟(わげさ)】紫1800円
輪袈裟は、写真だと青に見えますが紫です。礼拝の正装具ですので、お遍路に欠かせません。食事やトイレのときは、外します。

【数珠】2000円
自分のがありますが、落とすことが多いとアドバイスがあったので、新たに安いのを購入しました。実際に私も1回境内で落とし、あとから親切の方が拾って追っかけてくれました。


IMG_2459-358.jpg IMG_2460-358.jpg




【ロウソク】1箱300円(62本)×3
四国八十八か所のロウソク立ての穴が大きいらしく、八十八か所用のロウソク購入

IMG_2474-358.jpg


他、必需品【線香】【チャッカマン】【納め札】【経本】【お賽銭】
風が強いときもあり、マッチでは無理です。
線香やロウソクやチャッカマンなどは、途中のお寺で売ってます。チャッカマンは、100円ショップで購入。全周するためには、2本要りました。
お賽銭は、事前に用意していきました。5円玉を200個弱。集めるのが大変でかつとっても重かったです。お寺によって10円に両替してくれるところがありますが、ある程度は事前用意が必要です。
※チャッカマンは、飛行機は持ち込み禁止です。







【便利だったお遍路グッズ】




【山谷袋(さんやふくろ)】防水 3000円


お遍路でしか使えないと購入を迷いました。でも線香の香りがつくし、汚れるし、なによりお参りをスムーズにするために思い切って購入。
付いていた茶色のプラスチックの箱(ロウソクや線香入れ)とチャッカマンを横のポケットに入れたので、ロウソクや線香を素早く取り出すことができ、(線香が引っかかったまま蓋を閉めると折れてしまうので注意)、多くのポケットに経本・納め札・お賽銭など分かり易く入れれたので、余裕をもってお参り出来ました。
他にもお財布、カメラ、ハンドタオル、日焼け止め、化粧ポーチなども入れました。また外した袈裟や数珠なども入れれて良かったです。

デメリットとしては、お遍路への便利さを追求しているので、ファッション性は二の次なので、写真写りがちょっとカッコ悪くなります。あと大きいので邪魔になること、いっぱい入れてしまうので重たくなること。
参加した旅行会社で購入すると山谷袋(防水)がこれしかなかったので、選択の余地がありませんでしたが、インターネットで調べるともう少しコンパクトなものもあります。機能性を求めるなら防水がおすすめです。



IMG_2461-358.jpg


IMG_2462-358.jpg IMG_2464-358.jpg
▲ポケットがいっぱいで、便利です
IMG_2482-358.jpg IMG_2463-358.jpg
IMG_2466-358.jpg IMG_2481-358.jpg
▲線香とロウソク入れ


【管笠大(ビニールカバー・あごストッパー付き)】2400円


弘法大師を表す梵字を前にしてかぶります。右に畳んでいるのがビニールカバーです。雨の日に菅笠(すげがさ)にかけます。
歩きお遍路の方はかぶっている方もいましたが、バスお遍路の方はかぶっている方はあまりいませんでした
肌の弱い私は、大きい菅笠を購入しましたが、春は太陽の日差しが強いので良かったです。また菅笠は、お堂の中(奥の院は脱ぎます)でもかぶったままでいいので便利でした。

そして菅笠をかぶるとお遍路気分は盛り上がります。外国人の観光客の方にも人気で一緒に写真を撮らせて下さいと言われたりしました。
デメリットは、大きすぎて(小さいのもあります)自分の頭の大きさがわからずぶつかることと、バスの中では脱ぐので場所をとるところでした。



IMG_2475-358.jpg


【金剛杖(カバー付き)】1500円


下の写真は金剛杖のカバーのみです。金剛杖は奥の院で納めてきた(カバーは納められません)からです。金剛杖は1番目のお寺と最後の高野山しか使いませんでした。というのも、バスツアーはあまり歩かないので必要なかったのと、お参りするときには、杖立に金剛杖を立てるので忘れそうだったから。

お遍路にとって色々な意味もあり有難いものではありますが、持って帰るのも大変だし、マンションでは置き場に困るし、ましてや粗大ごみにする訳にもいかない…。で、納めようと思いました。
先達さんに「金剛杖を納めたいのですが?」と言うと、「持って帰らないの?色々と説教されるよ」と。納めるときには、金剛杖の意味や大切さ、もうお遍路に来ないのか?など優しく諭して頂きましたが、1000円を払って納めました。先達さんは、「優しい人で良かったね」と。
ちょっと罰当たりかなぁ~。
バスツアーだったら、購入することはなかったと後悔しました。




IMG_2476-358.jpg







【御朱印が欲しい場合】


【御朱印帳】三重折(紺)2000円


せっかくお遍路をするので、御朱印をもらうため購入。普通の納経帳と違い、四国霊場八十八ヶ所の納経帳は、お寺の名前とご詠歌などが書かれていて御朱印の場所が決まっています。また前に白紙のページがあり、一番前のページに高野山奥の院、次に金剛峯寺の御朱印を押します(納経場の方が御朱印帳をみてちゃんと押してくれます)。奥の院と金剛峯寺だけは日付が入ります。
お遍路で御朱印をもらう場合は、せっかくなら専用の御朱印帳を購入をお勧めします。



IMG_2472-358.jpg IMG_2473-358.jpg  
▲御朱印が立派です


【御影帳(おみえちょう)】カラー写真入り青 2000円

納経帳(御朱印300円)や納経軸(御朱印500円)に御朱印するとご本尊御影が一枚いただけます。それを保存する帳面です。白衣(御朱印200円)だけの場合はもらえません。
ご本尊御影というのは、下右の写真の左ページ下にあるものです。とても紙が薄いのでファイルをしないとすぐに折れたり紛失しそうなので購入しました。


 IMG_2468-358.jpg IMG_2471-358.jpg      
▲御影帳(おみえちょう)

【御朱印用白衣】2800円
御朱印用白衣には、四国八十八ヶ所の寺、高野山奥の院のご詠歌が印刷されていて、そこに御朱印をもらいます。御朱印用白衣は、洗濯はしません宗派により異なる御朱印用白衣もあり、私は曹洞宗用を購入しました。



【服装】

前泊入れて、4月中旬~下旬の11泊12日のお遍路ツアー。旅行会社からは、コインランドリーもあるので3~4泊くらいの用意で大丈夫ですよとアドバイスがありましたが、心配だったこと、直前に寒くなり厚手の物やコートを入れたことにより結局大荷物。
途中のホテルでお土産と一緒にコートや厚手の洋服などいらないものは、家に送りました。
しかし、4月上旬のツアーでは雪が降ったみたいですから、寒暖の差が激しい時期の洋服は難しいですね。

実際の洋服は、ユニクロの長袖の白いリブハイネックとベージュのゴムのズボンと袖なしの白衣。
寒いときようにパーカーを用意。ハイネック、ズボンは着ている他に3枚予備。ズボンについては、雨が一日しか降らなかったし、替えなかったので余分でした(雨が降ると困るのですが…)。

色は、なるべく白っぽいものとアドバイスがありました。なので、私は、洋服はもちろんのこと、靴下、靴まで白ぽいのを購入。。「まぁ真面目なんだからぁ」とツアーの大先輩に言われていました。他の方を見ると長袖の白衣は着用していますが、洋服は様々な色でした。ズボンは、ジーンズの方もいました。あまり派手な色でなく、白衣さえ着ていれば大丈夫みたいです。

しかしお参りの人のなかには、ちゃんと白い色の服装の方々も少数ながらいました。

お遍路の服装以外にホテルに宿泊するときは寝間着はありますが、食事の時など部屋から出るときは、寝間着はだめなので、スエットなどの部屋着を用意した方がいいです。



洗濯は、コインランドリーを1回利用しましたが、洋服の痛みが激しく下着や上着(リブハイネック)は毎日手洗い。よく絞り、バスタオルに巻き、上から踏むんでから、干すと次の日には乾いていました。これだと3~4泊の用意で充分ですね。
あとホテルによっては、ありましたが、服の消臭剤があると大変便利です



春は、日差しは強いし、暖かくなるとすぐ虫が出るし、標高が高い寺は少し寒いので女性は長袖がいいと思います。虫よけ、日焼け止めは必須です。それから、高野山は寒いので、羽織るものを忘れずに。
4月下旬でもストーブがついてました






(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-358.html

2017/05/16 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路 納め札は意外に小さく薄いそして安い

   ↑  2017/05/13 (土)  カテゴリー: お遍路
お遍路出発の約3週間前に旅行会社から届いた封書。中には宿泊先のパンフレット、予定表、請求書、納め札、地図、お遍路グッズの申込書などが入ってました。パンフレットの宿泊先が想像していたのより良かったのでテンションアップ。
申し込んだときはまだまだ先だと思っていましたが、いよいよお遍路だという実感も湧いてきました





「納め札」とは何かと調べてはいたのですが、
実物を見ると小さいなぁという印象


下の写真が納め札です

200枚で100円からと格安で通販で購入できます
料金はちょっとだけ高いですが
お寺で買えるところもあります
またツアーに参加するとサービスで貰えたりもします

でもただの紙ではありません
お参りするときに(本堂と大師堂)に納札箱に入れる大切な納め札
思いを込めて記入するものです


なので記入は最低でも(八十八寺プラス高野山)×2枚
また、納め札はお参りするのとは別に
お接待された場合やお遍路同士の名刺代わりに
お渡しするのでプラスアルファ―は記入が必要です




記入の仕方は
お参りの前までに
①お参りの日付け 〇年〇月吉日
②住所(町名まででOK)
③名前と年齢(数え)
天下泰平、家内安全の他に願いがある場合は
裏に願い事を書くみたいです



願い事がいっぱい場合は
「諸願成就」「心願成就」



住所の記入欄にはじめから県と印刷されていて
東京都は書きにくかった



IMG_1470-354.jpg


納め札をどこで納めるか?
心配はありません。行ってみるとすぐにわかります
だいたいお賽銭をあげる付近にありますよ
銀色の箱が納札箱です
近くに写経を入れる箱もあります


IMG_2181 -354


納め札は白だと思っていたら、お遍路回数
つまり徳を積まれている回数によって色が違います

白1~4回、緑5~7回、赤8~24回、銀25~49回、金50~99回、錦100回以上
一緒のお遍路ツアーの方が赤い納め札でした
見せてもらったときは感動しました




(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-354.html

2017/05/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 シシトウの苗を植えました

   ↑  2017/05/13 (土)  カテゴリー: シシトウ
スイカと隣のプランターに同時にシシトウも植えました
シシトウは翠臣という商品名です
【5月8日】

IMG_2446-sisitou.jpg




シシトウはナス科の野菜。同じナス科のピーマンに葉っぱが似ていますね
肥料や水が切れると辛みがでるとのことです
土は、イチゴの土のあまりを使用したので
ちゃんと成長するか心配
おまけに同じプランターに枝豆も植えてしまいました
暗雲漂っています


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-356.html

2017/05/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 枝豆の苗植えました

   ↑  2017/05/13 (土)  カテゴリー: 枝豆
スイカのプランターの横に枝豆を植えました
品種は滝姫、茶豆系だそうです

【5月8日】

IMG_2449-edamame.jpg

枝豆もシシトウも同じプランターに植えてしまった
苗を見たら衝動買い
しかもシシトウのページに書いた通り、土はイチゴの土の残り
逆境?にめげず大きくなって欲しい


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-357.html

2017/05/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 スイカの苗を植えました

   ↑  2017/05/13 (土)  カテゴリー: スイカ
ベランダで収穫きるスイカ苗を見つけました
ベランダでスイカが出来たら楽しいだろうなぁと購入
あわせてスイカの肥料も買って元肥にしました




【5月8日】

IMG_2443-suika.jpg


苗に説明書がついていました
要約すると



①場所は日当たりよく雨に濡れないところで、深めのプランター
②本葉が5枚くらいになったらプランターの隅に植える
③各本葉の付け根からの出るわき芽を摘み取り
つるが伸びてきたらプランターの中でUターンさせるように誘導
④本葉が15枚になるまでは、着果はさせない
⑤交配はハチさんがこなければ、午前中に雄花の花粉を雌花へ
着果は、1株1つ
⑥着果したら、わき芽取りはやめ、果は土にふれないようにする
⑦雄花が咲いて40日くらいで収穫。2キロくらいの物が出来るみたいです

1苗に1つのスイカの収穫とは費用対効果としてはどうかと…
でもベランダで収穫出来たら感動ですね



IMG_2450-suika.jpg 
IMG_2451-suika.jpg 



【5月11日】

まだ本葉が15枚にならないのに、油断していたらわき芽どころか
花が咲いてしまったぁ~
可愛そうだけど急いで取りました
成長が早く、つるの長さを測ったら25cmになっていました



IMG_2477-suika.jpg 


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-355.html

2017/05/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路 女1人ジャンボタクシーツアーを申し込む

   ↑  2017/05/11 (木)  カテゴリー: お遍路
調べるとお遍路ツアーは

①八十八寺(プラス高野山)を1回でお参りするツアーと何回に分けてお参りするツアーがある
②現地での交通手段は、バス、ジャンボタクシー、タクシー、歩き
③お遍路は1年中だが、ツアーは春、秋が多い


私は八十八寺(プラス高野山)を1回でお参りするツアーで、現地交通手段はバスかジャンボタクシーのツアーをインターネットで探し検討する


【大手旅行会社A】

A社のツアーに参加しようと思い、2月にお遍路説明会に申込み。出席者は5~6名くらいかなぁと思っていたら、会場は30名くらいの大盛況。平均65歳くらい。うち男性が4割程度。説明会では、お参りの仕方、持ち物、服装など丁寧に説明してくれ、お遍路が初めての私には大変参考になった。女1人で参加するので、大手であるということは安心感がある
ひとくちにお遍路ツアーといっても多彩なプランがあったが、期間が長く宿泊先のグレードが高いのか総じて料金が高い。さすがに相部屋はいやなので個室を予約しようと思ったが、これまた割り増し料金が高い。それでも大手の安心感からA社と思ったが、なんと4月出発ツアーがもう個室は満員でキャンセル待ちだったため断念、残念ながらA社にはご縁がなかった


【地元の旅行会社B】

どうしても4月に行きたかったので、以前にメールで請求して取り寄せたB社の資料をじっくり見直した。B社はお遍路等の個人やグループでの旅行がメインみたいで、一般参加のツアーは観光バスはなく9人乗りジャンボタクシーのみ。しかもジャンボタクシーツアーのパンフレットは、モノクロの紙を折ったもの。いたって簡素。とっても不安
高松に現地集合(前泊。そこまでの交通手段は各人で手配)、ツアー中の昼食は付いていないという。しかし、11泊12日(前泊含む)とツアー日程が短く(強行軍ということ?)、ツアー料金と個室の割り増し料金がA社より安い(安いのは何か理由が?)。何より4月中旬に出発ができ、1人参加の場合は個室を確約するとのことなのでB社に決定。やっぱり地元は強いのかなぁ。
問い合わせや申し込みは電話でも出来るが、すべてインターネットで済ませた。出発3週間前くらいに予定表や宿泊パンフレット等を送りますと返信があった。
全く知らない旅行会社で女1人(若くはありませんが…)お遍路大丈夫だろうか?不安がいっぱいだったが、お遍路へ行きたい気持ちの方が勝った。


なにはともあれお遍路へ前進!!




(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-353.html

2017/05/11 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路へ行こう

   ↑  2017/05/10 (水)  カテゴリー: お遍路
2年3か月前のこと
母に突然の末期がんの宣告
闘病生活の後、昨年9月に自宅で家族に見守られながら
優しく大好きな母は私を残し旅立ってしまった

悲しくて悲しくて寂しく寂しくて…
会いたくて会いたくて
恐ろしいくらいの喪失感が襲ってくる

そんなときにお遍路に行こうと思った
それは、旅立ちのときに祖母が母にかけた御朱印が押された白衣
その白衣は祖母がお遍路へいったときのもので
御朱印が押された白衣は、旅立ちのときの衣装だそうだ

あの白衣をお遍路に行ってもらい祖母にあげよう
きっと天国の母もそれを喜んでくれるだろう

そう思いお遍路について調べ始めた
昨年の師走のことだった


長い間ブログをお休みしていました。
旅行ブログが書けるということは幸せなことだとつくづく感じました。
まだまだ母が旅立ったことを受け止めることは出来ません。
時が過ぎるのを待つしかないみたいです。

ブログ再開の記事のスタートは、お遍路について書こうと思いました。
今後ともよろしくお願いします。

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-352.html

2017/05/10 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |