中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 ( ← 2017年06月 → )

お遍路 8日目 銭形砂絵で金運もアップ

   ↑  2017/06/27 (火)  カテゴリー: お遍路
午後は、7ヶ寺もお参りします。基本的にお参り重視のジャンボタクシーのお遍路ツアーですが、時間に少し余裕がある場合は、先達さんの機転で、お寺の近くの観光名所にも連れていってくれます。でも大忙し。お寺の納経所が開いている時間は、7:00~17:00。お参りはいつでも出来るのかなと思っていたら、17時近くにお寺にお参りに行くと、線香を立てるところを綺麗に掃除されている最中で、線香を立てるのがはばかれる感じ。なかには境内に入れなくなるお寺もありました。
歩きお遍路の方は、時間も気にしないといけないので、大変なことだと思います。


【銭形砂絵 (ぜにがたすなえ)】12:48
観山寺から約1キロのところにあるので、昼食後連れて行ってくれました。
有明浜に描かれている「寛永通宝」は、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルもあるそうです。琴弾公園の展望台から眺めると円の形をしているのに、実際は楕円なんですね。
寛永10年(1633年)、丸亀藩主生駒高俊侯を歓迎を表すために一夜で作った伝えられています。
この銭形を見た方は、健康で長生きできお金に不自由しなくなるといわれているそうで、実際に宝くじの高額当選をした人も。金運スポットとしても知られているみたいです。



IMG_2153-387.jpg



お遍路中なので煩悩は捨てないといけないですが…
金運アップです


IMG_2150-387.jpg
▲琴弾公園の展望台から



【第七十番札所 本山寺(もとやまじ)】13:05


IMG_2158-387.jpg
▲本堂(国宝)

五重の塔は大修理中でした



IMG_2157-387.jpg IMG_2159-387.jpg
 

【第七十一番札所 弥谷寺(いやだにじ)】13:50
このお寺も、岩屋寺(第四十五番札所)と同じくらい印象に残ってます。あまり歩かないジャンボバスツアーですが、弥谷寺は岩屋寺と同じくらい大変です。

山門から本堂までなんと540段


しかし階段の数を減らす方法があります。「山上バス」というバスがあるのです(片道登りのみ500円、往復750円)
同じツアーのメンバーで、540段の階段を全部上り切ったのは、私を含め2人。他の方は、この「山上バス」に乗車。
私たちが270+108段の階段を上ったところまでバスで来れます。そこで皆さんと合流。でもここからでも本堂まで約200弱の階段がありますので、高齢の方や足腰の悪い方は大変ですね。

IMG_2163-387.jpg
▲山門(ここまでにも階段があります)
 IMG_2164-387.jpg IMG_2165-387.jpg


金剛拳菩薩がお迎えしてくれます
写真は肝心なお顔が葉で隠れてしまいましたが…
ここで270段目です



IMG_2166-387.jpg


108段の階段 
 
IMG_2167-387.jpg
▲百八階段


108階段を上がったところで、「山上バス」組との待ち合わせ
ほぼ到着は同時でした
ここからもうちょっと上がると大師堂
しかし
お遍路のお参りはまず本堂
ということで、大師堂を素通りし
本堂へ行くためにまた階段を上ります

IMG_2170-387.jpg


本堂に行く途中の右の岸壁に大師が彫ったとも伝えられる
磨崖仏(まがいぶつ)があります
念仏を唱えると極楽浄土が約束されるそうです

IMG_2173-387.jpg
▲磨崖仏


皆さんゆっくりゆっくり
ベンチで休憩し英気を養ってから
最後の階段をあがり本堂へ

階段を上がり切った風景は最高です
(写真を撮り忘れてしまいました…)

IMG_2172-387.jpg
▲本堂


本堂のお参りのあと、上ってきた階段を下り大師堂へ
弥谷寺の大師堂は、靴を脱いでお参りします
納経所もここにあります
  IMG_2174-387.jpg
▲大師堂


参道には俳句茶屋がありました
お遍路さんが読んだ俳句が壁などに貼ってある有名なお茶屋さんだそうです
やっているのか、ちょっとよくわからなかったです

IMG_2175-387.jpg
▲俳句茶屋




【第七十二番札所 曼荼羅寺(まんだらじ)】14:48

四国霊場最古のお寺だそうです


 IMG_2178-387.jpg
▲本堂



【第七十三番札所 出釈迦寺(しゅっしゃかじ】15:23


IMG_2185-387.jpg
▲大師堂


大師が身を投げたと言われる場所が、捨身ヶ嶽禅定(しゃしんがだけぜんじょう)と呼ばれていて、現在出釈迦寺の奥の院となっています。そこまで行けない方も、捨身ヶ嶽遥拝所で宝号を唱えると捨身ヶ嶽禅定と同じご利益があるそうです。


IMG_2187-387.jpg



【七十四番札所 甲山寺(こうやまじ)】15:43

大師が彫ったという毘沙門天像が安置されているお堂


IMG_2191-387.jpg


【七十五番札所 善通寺(ぜんつうじ)】16:12
弘法大師誕生の地である善通寺は、高野山の金剛峯寺、京都の東大寺とならぶ、弘法大師のゆかりの三大霊跡の1つです。総面積約45,000平方メートルの広大な境内は、東院と西院にわかれています。東院には、金堂(本堂)や五重の塔、西院には御影堂(大師堂)があります。

IMG_2196-387.jpg
▲金堂(本堂)


 IMG_2197-387.jpg IMG_2198-387.jpg 
▲五重の塔 ▲樹齢1000年を超えている大楠



西院へ仁王門から入ります



IMG_2199-387.jpg
▲仁王門


仁王門から御影堂(大師堂)へ回廊が続きます


IMG_2201-387.jpg






【七十六番札所  金倉寺(こんぞうじ)】16:44
17:00までのお参りにギリギリ間に合いました。天台宗寺門派の宗祖で、弘法大師の甥の智証大師誕生の地です。大師堂には、智証大師像と弘法大師像が安置されています。日本で初めて鬼子母神があらわれたお寺です。
IMG_2211-387.jpg
▲大師堂




【オークラホテル丸亀】チェックイン17:33
すぐ目の前が海です。部屋は、すごく豪華というわけではありませんが、1人宿泊としては十分な広さ。大浴場が3階にあって、瀬戸内海を一望出来ます。


IMG_2212-387.jpg

IMG_2216-387.jpg IMG_2213-387.jpg


【夕食】19:00~
お品書きもあって、一品一品趣向が凝らされていて楽しめました。接客もよく、たぶん宿泊料金の割にはコスパがいいと思います。

IMG_2218-387.jpg IMG_2219-387.jpg
IMG_2220-387.jpg IMG_2221-387.jpg
IMG_2223-387.jpg IMG_2224-387.jpg
IMG_2226-387.jpg IMG_2227-387.jpg


お茶を飲んだら、湯のみの底から可愛いフクロウが


IMG_2228-3871.jpg


おやすみなさい



スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-387.html

2017/06/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 スイカが受粉しました

   ↑  2017/06/23 (金)  カテゴリー: スイカ
【6月18日】
親蔓は、自ら摘心し、子蔓が元気に伸びています。そして、日曜日。ゆっくり朝起きてスイカを見たら、雌花と雄花が咲いていました。前日に見たときは、まだ小さいつぼみだったのに。



IMG_2752-suika.jpg 
▲右上に咲いているのが雌花


雄花の花粉がいっぱいあるうちに
早く受粉させないと




元気そうな雄花を積んで


IMG_2753-suika.jpg


雌花に花粉をつけました
優しく優しく


めしべに花粉が
ついているのがわかりますか?


IMG_2755-suika.jpg  

【6月21日】
雌花は枯れました。スイカが少し大きくなった感じはしますが…受粉したかどうか、微妙。しかも今日は嵐のような天気。スイカが強風で傷つきそうです。


 IMG_2761-suika.jpg

【6月23日】

受粉したみたいです
確実にスイカが大きくなりました

しかし21日の強風でスイカが傷ついてしまいました
プランターでスイカを収穫出来るのは、1つの苗で1つ。このスイカでいいのか?早く摘んで他の雌花で受粉した方がいいか悩むところです。
実は、老眼なのでよく見えず、しっかり受粉させようとメガネを外してやったら、誤ってメガネを踏んで壊してしまい、メガネを修理することに。そんな犠牲を払ったうえでの受粉。思い入れのあるスイカなんで、出来ればこのスイカを収穫したいのですが…。

IMG_2764-suika.jpg
▲ワラがなかったので、取りあえずプチプチを敷きました



 IMG_2765-suika.jpg

葉はこんなに痛んでしまいました
強風?それとも病気?



IMG_2766-suika.jpg 




(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-385.html

2017/06/23 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路8日目前半 雲辺寺ロープウェイに乗ります

   ↑  2017/06/18 (日)  カテゴリー: お遍路
お遍路ツアー8日目(4月中旬から下旬)は、朝一番の三角寺で伊予の国(愛媛県)「菩提の道場」終了です。道後温泉や岩屋寺など、印象に残った菩薩の道場でした。今日も快晴。

朝7:30出発です



【六十五番札所 三角寺(さんかくじ)】8:09
鐘が吊るされている、とても珍しい山門です。


IMG_2111-386.jpg
▲三角寺 山門


「是でこそ登りかひあり山桜」という一茶の句碑があります

 IMG_2117-3861.jpg IMG_2115-3861.jpg
▲本堂 ▲一茶の句碑

ここからいよいよ讃岐の国(香川)「涅槃の道場」へ


IMG_2120-386.jpg



【六十六番札所 雲辺寺(うんぺんじ)】9:32
八十八ケ寺のなかで標高911メートルと一番高いところにある雲辺寺。徳島県と香川県の県境にあり、香川県の札所ですが、住所は徳島県。
今回ツアーで2回目のロープウェイ。約7分間乗車です。全長2600メートル、高低差660メートル、大人往復2060円。


IMG_2121-386.jpg
▲ロープウェイ

 IMG_2122-386.jpg


ロープウェイを下りると県の境界線があります


IMG_2124-386.jpg


ロープウェイから本堂まで徒歩約5分
おむかえ大師の像がお迎え

IMG_2125-3861.jpg     

IMG_2129-386.jpg
▲本堂
 

おたのみなす


ナスに腰かけると願いが叶う
手前のナスの輪を潜ればご利益倍増だそうです

腰かけてナスの輪を入れて撮ると素敵な写真になりました


ナスは、花が全て実になることと
ナス(成す)をかけて命名したそうです


IMG_2131-386.jpg
▲おたのみなす(輪のナスの向こうには、腰かけるナスがあります)


【六十七番札所 大興寺(だいこうじ)】10:49

IMG_2134-386.jpg

次のお寺、68番神恵院と69番観音寺が同じ境内にあり
納経所は一緒
入り口の山門も同じです


 IMG_2142-386.jpg



六十八番目札所 神恵院(じんねいん)】11:34



IMG_2143-386.jpg
▲本堂


六十九番目札所  観音寺(かんのんじ)】12:01


 IMG_2145.jpg
▲本堂 重要文化財



【昼食】手打ちうどんきたの 12:22
観音寺よりすぐです。天ぷら(小エビ)490円が一番人気だそうです。



IMG_2149-386.jpg


ぶっかけ440円
出てくるまでちょっと時間がかかりましたが
麺がしこしこでつゆがとっても美味しかったです



IMG_2148-386.jpg
▲ぶっかけ



ごちそうさまでした

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-386.html

2017/06/18 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 残念 スイカ受粉しなかった

   ↑  2017/06/16 (金)  カテゴリー: スイカ
【6月12日】
自ら蔓の成長を止め、摘心してしまったスイカ。その蔓の先端から最後の力を振り絞って雌花が咲きました。しかしその朝に咲いた雄花がない。ダメ元で、受粉させることにしました。受粉の仕方は、早朝に、雄花を取って花粉を雌花のめしべに優しくタッチ。これで完了。


頑張れ雌花


IMG_2741-suika.jpg 



【6月15日】

雌花が受粉すると赤ちゃんスイカはどんどん大きくなるらしく、数日経てばすぐにわかるそうです。3日経ちました、雌花はすっかり萎れました。どんどん大きくなってるという感じではないですね…。今ごろ雄花が咲いています。やっぱり咲いたばっかりは、花粉が多そうです。


IMG_2748-suika.jpg 

【6月16日】

4日経ちました
残念ながら変化なしです

 
やはり受粉はしなかったみたいです。受粉しなかった理由として、その朝に咲いた新鮮な雄花でなかったことが一番だと思います。もうひとつに、調べてみると寒いと受粉しにくいようです。やはり夏の果物スイカですもんね。今は梅雨の時期ですから、梅雨が明けるまで気長に待ちたいと思います。

 
IMG_2750-suika.jpg


蔓の成長を止めてしまったスイカ
遠慮がちに出てきた子蔓が
力強くなってきました
蔓の植物の生命力には感心します

IMG_2751-suika.jpg





(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-381.html

2017/06/16 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路7日目後半 一円玉と金剛杖を忘れずに

   ↑  2017/06/14 (水)  カテゴリー: お遍路
お遍路ツアー7日目の午後のお寺は順番通りではありません。金剛杖を穴に通したり、一円玉を投げたり、あの話題の62番札所にお参りに行ったりとバラエティに富んでます。まずは瀬戸内海を左手に眺めながら、香園寺へ向かいます。


IMG_2061-384.jpg




【六十一番札所 香園寺(こうおんじ)】12:50
今までの四国霊場の雰囲気と違い、鉄筋コンクリート造の立派な建物にびっくり。本堂や大師堂は、大聖堂のなかに入っています。本堂内は通常は写真撮影禁止ですが、「ここは写真撮っても大丈夫だよ」と先達さんが教えてくれたので、撮りました。広大な大聖堂のなかは、イスがあり、座ってゆっくりお参りも出来ます。

IMG_2062-384.jpg

【六十三番札所 吉祥寺(きちじょうじ)】13:15
本堂の前から目をつぶって願いことを念じながら、まっすぐ穴の開いた石へすすみ、金剛杖が穴に入ったら、願いが成就するという成就石があります

IMG_2065-384.jpg
▲本堂


実際にやってみました
見事金剛杖が穴に通りました


IMG_2068 -384
▲成就石



【六十二番札所 宝寿寺(ほうじゅじ)】13:44
四国八十八ヶ所霊場会がトラブルになったお寺。2017年3月22日に高知地裁の判決で退会が認められました。そのため四国八十八ヶ所霊場会は、宝寿寺とは別に、61番札所の香園寺の駐車場にプレハブ小屋の札所を建て、そこで御朱印をもらえるようにしました。
つまり62番札所は2つ存在する事態。
※退会したということは、そもそも宝寿寺は62番札所ではなくなったのかなぁ??(よくわかりません)
このことは、私たちがお遍路をしているときも、地元のテレビでは大きく報道されていました。



お遍路さんは、どっちで
御朱印をもらえばいいのでしょうか?




個人で来ている方は今まで通り宝寿寺で御朱印をもらうか、新しい62番札所でもらうか自由に選択出来ますよね。先達さんが同行しているお遍路ツアーの場合は、どうなのでしょう?やっぱり、先達さんは四国八十八ケ所霊場会認定だから、新しい62番札所で御朱印をもらうのでしょうか?
一番確かなのは、参加するツアーに問い合わせることですね。

ちなみに宝寿寺の御朱印をもらう場合は、他のお寺より開いている時間が短いので注意が必要です。


そういえば、御本尊を描いた御影札は、納経帳や掛け軸に御朱印をもらうと頂けるのですが、別に200円支払った記憶があります。

早く両者が和解するといいですね。


入り口には、「一国一宮別当宝寿寺」と書かれています。これが四国八十八か所で最古の石のお遍路表札だそうです



IMG_2069-384.jpg
▲石のお遍路標識(四国お遍路で最古だそうです)


【六十四番札所 前神寺(まえがみじ)】14:12


IMG_2076-384.jpg
▲本堂
IMG_2078-384.jpg
▲大師堂




一円玉を用意して下さい
投げて一円玉がくっつけばご利益があるそうです
一回で見事くっつきました
思いっきり投げたほうがくっつきやすいみたいです


IMG_2077-384.jpg
▲御滝不動尊




【六十番目札所 横峰寺(よこみねじ)】15:26
四国霊場のなかで標高700mと3番目に高い横峰寺は、車もすれちがうのも大変な有料の林道の坂道をくねくね上がって行きます。料金は忘れてしまいましたが、結構高いなぁと思った記憶があります。4月上旬(東京もとっても寒かった)に来たときは、雪が降って大変だったと先達さんが言ってました。
駐車場から境内までは坂道で、徒歩約8分くらいです。




IMG_2093-384.jpg
▲途中ベンチもあります
IMG_2081-384.jpg



IMG_2085-384.jpg
▲本堂

IMG_2090-384.jpg



【リーガロイヤルホテル新居浜】チェックイン 17:08
1人参加にしては、ゆったりとした綺麗なお部屋です。ただ大浴場がなくて残念。

IMG_2095-384.jpg


窓からの風景

IMG_2099-384.jpg


 IMG_2097-384.jpg IMG_2098-384.jpg 
IMG_2096-384.jpg IMG_2107-384.jpg

【夕食】18:30~
久々中華です。大皿で出てくるのを皆で分けて食べました。若い男性ばかりだと量が少ないかもしれません。
IMG_2100-384.jpg IMG_2101-384.jpg
IMG_2102-384.jpg IMG_2103-384.jpg
IMG_2104-384.jpg IMG_2105-384.jpg
▲最後にデザートがありました



おやすみなさい



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-384.html

2017/06/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路7日目 ジャンボタクシーでも1万歩は歩きます

   ↑  2017/06/13 (火)  カテゴリー: お遍路

ホテルの部屋からの風景
雲一つない晴天です
お遍路ツアーも7日目(4月中旬から下旬)出発は7:40

今日は、11ケ寺お参りします。ジャンボタクシーなので、お参りに一番近いところにドライバー&先達さんが車を停めてくれるので、他のツアーより歩きませんと前に書きました。その通りですが、毎日10ケ寺前後をお参りするので、知らず知らずのうちに、1日のトータル歩数は10,000歩以上にはなります(ツアーの方々の万歩計集計)。歩きお遍路とは比べものになりませんが、日常の生活からしたら結構歩きますよね。
また、私のようにお参りをしながら写真も撮ろうと思うと、ツアーの皆さんのお参りの足を引っ張らないように、素早く行動することになり、体力をかなり使いました。

IMG_2016-383.jpg




【五十五番札所 南光坊(なんこうぼう)】7:50

今治駅からも近い、街のなかにある航海の安全を祈願するお寺です。立派な仁王門があるそうですが、ジャンボタクシーなので途中から境内へ入っているので見られず。長宗我部元親の兵火で焼失、再建後には第二次世界大戦で太子堂と金毘羅堂以外が焼失したそうです。



 IMG_2019-383.jpg



【糸山公園】8:22

途中糸山公園に寄りました
糸山公園から眺めた来島海峡大橋
青い空と海が眩しいです

IMG_2025-383.jpg


来島海峡大橋は、しまなみ海道(広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ自動車専用道路)の中で一番長い橋(約4キロ)。大島から武志島と馬島を経由し今治を結ぶ世界で初めての3連吊橋だそうです。
橋の両脇には歩行者道と自転車道、原付道(125cc以下小型自動二輪車)があるとのこと。サイクリングをしたら最高でしょうね。




【五十四番目札所 延命寺(えいめいじ)】8:49
ちょっと順番戻ります。山門は今治城にあったものです

IMG_2028-383.jpg
▲山門

 IMG_2029-383.jpg
▲本堂


【五十六番札所 泰山寺(たいさんじ)】9:20

IMG_2036-383.jpg
▲本堂


大師が植えたと言われる「不忘の松」
現在は3代目の松です

IMG_2037-383.jpg  




【五十七番目札所 栄福寺(えいふくじ)】9:51

IMG_2040-383.jpg
▲本堂


【五十八番目札所 仙遊寺(せんゆうじ)】10:19
境内は標高300メートル。坂道あり、階段ありです。


IMG_2043-383.jpg  

 IMG_2045-383.jpg IMG_2047-383.jpg 


IMG_2049-383.jpg
▲本堂


【五十九番札所 国分寺(こくぶんじ)】11:07

IMG_2054-383.jpg  


願い込めて握手すると願いが叶うという
握手修行大師
もちろん握手

東京ドームの原監督のグータッチ人形を思い出しました

IMG_2056-3831.jpg
▲握手修行大師

【昼食】魚河岸ごはん 矢野鮮魚 11:30
今日は日曜日なので、昼ごはんの時間には早かったですが、ほぼ満員。凄い人気です。店名に鮮魚とあるように魚屋さんが経営しているみたいです。セルフサービスのお店で、おかずは魚以外にもあり品数豊富です。
お勧めは
ミニ海鮮丼648円
(味噌汁、漬物、うずら玉子入りたれ)

※写真を撮るのを忘れ少し食べちゃったので、ツアーの方のを写させてもらいました(ぶりの照り焼きは別です)

このボリュームでミニ
先達さんがお勧めはミニ海鮮丼
ミニだよと念を押されたのがわかりました

コスパの高さにびっくりです

 
IMG_2060-383.jpg
▲ミニ海鮮丼
   


御馳走さまでした

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-383.html

2017/06/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路6日目後半 石手寺の線香供養

   ↑  2017/06/12 (月)  カテゴリー: お遍路
新しいメンバーが加わり、お遍路ツアースタート。午後は、六ヶ寺もお参りと大忙し。


【四十八番札所 西林寺(さいりんじ)】12:29


IMG_1967-382.jpg
▲本堂


【四十九番札所 浄土寺(じょうどじ)】13:06

IMG_1974-382.jpg
▲仁王門



【五十番札所 繁多寺(はんだじ)】13:35

IMG_1978-382.jpg
▲本堂



【五十一番札所 石手寺】14:09
道後温泉から1キロと近いため、石手寺はお遍路さんだけでなく、観光客も多く見かけます。私も2008年に道後温泉を訪れたときに石手寺をお参りしました。
境内は、他の寺とは違う異国情緒が漂い、人類みな兄弟みたいな独特な雰囲気を醸し出しています。
四国霊場のお砂撫、訶梨帝母天(かりていもてん)、安産祈願の輪くぐり、暗い洞窟のなかを四国霊場を参拝するマントラ洞窟(100円くらい)などのパワースポットや国宝、重要文化財なども多く、観光客にも楽しめるお寺です。
石手寺の名前は、元祖お遍路の「衛門三郎の伝説」で子どもが生まれたときに石を握っていたことに由来するそう。そしてその石は、宝物館(大人200円)に展示されているとのことです。


回廊のある石畳を行くと山門前
おやきのお店もあります

IMG_1981-382.jpg

大きなわらじが左右にある仁王門
国宝です


IMG_1982-382.jpg
▲仁王門(国宝)

IMG_1984-382.jpg
▲本堂(重要文化財)


石手寺はいつもお線香の煙がもうもうと漂ってます
それは本殿の前で
線香供養が出来るからです

束になった線香に火をつけその煙を悪いところにあてるとご利益があるそうです
また納経所でロウソクを買うと本殿に上がりお参りをすることも出来ます
ぜひ体験してみて下さい

 IMG_1987-382.jpg IMG_1986-382.jpg
▲本堂 ▲火ばさみでお線香をつまみこの火でつけます


宝物館の脇にトイレ
があります


IMG_1988-382.jpg IMG_1989-382.jpg

時間があれば見たいことろ満載なんですが
今回はお参りの旅お遍路ですので
次の寺へ

【五十二番札所 太山寺(たいざんじ)】15:21

IMG_1992-382.jpg

IMG_1994-382.jpg
▲国宝の本堂

たわしで擦ると痔が治るという礎石があり、擦ってみました




【五十三番札所 圓明寺(えんみょうじ)】15:54
四国霊場の最古の「銅板納め札」が保管されていることで有名です。

IMG_2000-382.jpg
▲本堂



江戸時代に隠れキリシタンがお参りしていたという
聖母マリア像が刻まれている「キリシタン灯籠」があります



IMG_2001-382.jpg


瀬戸内海を見ながらジャンボタクシーは進みます
車窓は南国の雰囲気です

IMG_2003-382.jpg





【今治国際ホテル】チェックイン17:22
この辺で一段と目を引く立派なホテル。1人参加にもかかわらず部屋が広くて、オシャレでテンションアップです。シャワー室もありますが、大浴場があり、露天は天然温泉使用、サウナまであります。露天は気のせいか、お湯がほんの少し茶色く濁っている感じがしました。疲れも吹っ飛びます。
治城にも徒歩10分という観光に便利なところでしたが、そこまでの元気はまったくありませんでした。

IMG_2004-382.jpg

IMG_2005-382.jpg IMG_2010-382.jpg

アメニティーも充実
IMG_2006-382.jpg

IMG_2008-382.jpg IMG_2007-382.jpg

夕食は6:30~
食事も品数豊富で美味しかったです

IMG_2012-382.jpg
▲夕食(鯛めしもありました)


食べる前に写真を取り忘れました
 このサクラアイスとても美味しかった

IMG_2013-382.jpg

今日は午前中の岩屋寺で頑張りすぎました
坂道の参道と石段を歩いて足が筋肉痛に
おまけに
法華仙人堂の急なはしごの昇り降りで、はしごを強く握り占めていたみたいで
腕まで筋肉痛になりました


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-382.html

2017/06/12 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 シシトウの受粉

   ↑  2017/06/12 (月)  カテゴリー: シシトウ
 未だにか細いシシトウ。この頃風が強い日が多く、折れないか心配でしたが、花を咲かせ、立派に実をならしています。水やりと1週間に1度の有機液肥でこの成果。
ベランダ菜園初心者にシシトウはぴったりですね。



ただ、シシトウはナス科
ナス科は、連作を嫌います
ベランダ菜園の定番のナス、トマト、ピーマンのナス科が
来年同じプランターに植えられないのが困りますね


【5月31日】

5月27日に咲いた花は、すっかりしぼんでしまいました

IMG_2686-sisitou.jpg


【6月6日】
シシトウは、自家受粉

花が咲くと自然に実をつけます
ここもベランダ菜園には最適
花が萎れ気がついたら、勝手に実がなっています
5月31日に咲いた花にも小さな実がついてます


 IMG_2711-sisitou.jpg

【6月9日】
7日に東京も梅雨入り
暑い日もありますが、まだまだ涼しいです
そのためか、3日経ちましたがあまり前回と実の大きさに変化なし

IMG_2735-sisitou.jpg


【6月12日】

よくよく見ると他に実がなってます
最初の実なので木を弱らせないようにそろそろ収穫しようと思います

IMG_2742-ssisitou.jpg 

57cmに成長しました
でも細マッチョです

IMG_2745-sisitou.jpg

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-377.html

2017/06/12 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路6日目前半 岩屋寺の法華仙人堂と穴禅定

   ↑  2017/06/10 (土)  カテゴリー: お遍路
お遍路(4月中旬~下旬)も後半戦。お参りも少し慣れてきました。今日、ツアーの前半参加の方1人が終了し、新しく後半参加の方1人が加わります。この方達のように何回か区切って回ることを「区切り打ち」、私のように1回で88ケ寺お参りをすることを「通し打ち」というそうです。

それから、1番札所から順番にお参りすることを「順打ち」、88番札所から逆にお参りすることを「逆打ち」と言います。
逆打ちは、道が険しいことや、お遍路元祖の衛門三郎が逆打ちしたときに弘法大師に会えたことなどから、順打ちよりご利益があるとされ、またうるう年にお参りするのもご利益が多いとされているので、昨年のうるう年には、この2つのご利益にあやかろうと逆打ちのお遍路さんが増え、大変混雑したそうです。
今年のお遍路は、とっても空いてる。ゆっくりお参り出来て良かったね。やはり初めてお遍路をする人は、順打ちからの方がいいよ」とベテラン先達さん。
ご利益があるということは魅力的ですが、お遍路初めての私も、発心の道場から始めた方が理解しやすいと思いました。



集合7:20です


【四十四札所 大寶寺(だいほうじ)】8:10


IMG_1947-380.jpg

IMG_1945 -380




【四十五番札所 岩屋寺】8:53
ベテラン先達&ドライバーさんのジャンボタクシーは、お寺のお参り出来る一番近くに止めてくれるので、どこのお寺でもあまり歩きませんが、この岩屋寺はそれが通用しません。車で行くお遍路さんの一番のお難所と言われています。坂道や階段が続き、片道25分くらいはかかります。歩きお遍路に比べれば大したことはありませんが、ほんの少しお遍路気分を味わえました。翌日筋肉痛でしたが…。
ツアーに夫婦で参加された腰の悪い奥様は、下でお留守番。代わりに旦那さんが写経と納め札を持ってお参りしました。
岩屋寺は、四十四札所 大寶寺(だいほうじ)の奥の院でしたが、明治7年に45番札所になったそうです。

IMG_1948-380.jpg IMG_1949-380.jpg
IMG_1950-380.jpg

IMG_1960-380.jpg


大師堂と本堂は並んで建っていますが、奥の方にあるの方が大師堂です。大師堂は重要文化財です。ここが終点ではなく、大師堂の横の参道を更に300メートルくらい登ると弘法大師が修行したという逼割禅定(せりわりぜんじょう)の入り口があります。入り口の木戸には鍵がかかっていて、納経所で鍵をもらわないと入れないとのことです。登り切ったところからは絶景が見られるということですが、かなり道が険しいそうです。


IMG_1954-380.jpg




堂の隣にそびえ立つ岩は、数千年前は海底にあり
それが隆起したものだそうです
すごく神秘的な雰囲気です

岩のくぼみ(法華仙人堂)があり
はしごで登ることが出来ます
IMG_1955-380.jpg
▲本堂の横にそびえ立つ岩


岩のくぼんだ所(法華仙人堂)は、そびえ立つ岩の写真下の方です
写真を拡大してみました
はしご見えますか?

とっても急なはしごです
ツアーの皆さんが揃うまで時間があったので
もう一人の方と勢いで登ってしまいました
本堂の屋根くらいの高さでしたが


IMG_1955 -380



写真(下)の左に少しだけ見えるますが中央には像みたいのがあって
お賽銭や納め札が置いてありました
二人でお参りをしておりました


下りるときこんな感じです
はしごを登るときは大丈夫でしたが、下りるときがもう怖くて!
後ろ向きにはしごに足を掛けるとき落ちそうな感じがして
上ったことを後悔しましたが
大変貴重な体験が出来ました
もっとちゃんと写真を撮っとけば良かったとこちらも後悔



IMG_1958h1-380.jpg

法華仙人堂からの写真
奥に見えるのが大師堂、手前が本堂の屋根です

IMG_1957-380.jpg

本堂に手前に
穴禅定(あなぜんじょう)
という洞窟がありました
真っ暗のなか、ロウソクの火だけを頼りに先達さんを先頭に入りました
洞窟のなかはなんとも言えない荘厳な感じ
洞窟のなかでロウソク・線香・お賽銭をあげ、お経をあげてお参りしました
お経が洞窟のなかで反響し霊験あらたか

先祖供養が出来るそうで、母の供養が出来て良かったと思いました

岩屋寺は八十八ケ寺のなかでもとりわけ印象に残るお寺の1つになりました


IMG_1959-380.jpg



前半参加の方を松山駅に下ろし、後半参加の方を松山空港へお迎え
新しい方が加わりお遍路ツアー新たにスタートです



【昼食】そば吉 フライブルク店11:34

愛媛県に9店舗ある大きなお蕎麦屋さんです
地元の人に人気があるらしく、混雑しているとのことでしたが
時間が少し早かったので皆一緒に座敷に入れました
これが日替わりランチ980円
すごいボリュームにびっくり
東京なら大盛の天丼+大盛のざるそばという感じ
四国のランチのボリュームにはいつも驚かされます

IMG_1964-380.jpg
▲日替わり980円



残すのが嫌なので全部食べましたが、さすがにお腹が苦しいです


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-380.html

2017/06/10 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 スイカ 親蔓自ら摘心??

   ↑  2017/06/09 (金)  カテゴリー: スイカ
【6月6日】
その後も雄花は咲くが雌花は咲かない
観葉植物のようになってます


IMG_2704-suika.jpg IMG_2706-suika.jpg




【6月9日】
ショック!!
大変なことに気づきました


IMG_2734-suika.jpg



写真左に写っている花で親蔓が
終了してしまいました


 IMG_2739-suika.jpg 



このスイカ苗はプランターでの育てられるように
つるがあまり伸びないように品種改良してあります
そのため、親蔓が終了したのかと思われます

雌花は1回咲きましたがそのとき雄花は咲いてなく
受粉が出来ませんでした
つまりスイカは成りません
1回しかチャンスがないなんてスイカの成る確率低し
いまいちの苗です

説明書の通りに育てず
他のスイカの育てかたのように摘心し
雌花と雄花の出会うチャンスを増やせばよかったかなぁ




しかし一縷の望みも

4枚葉のところから、わき芽…つまり子蔓が出ていました
とっても弱弱しいのですが…


IMG_2740-suika.jpg



「ベランダのプランターですいかを収穫」は雲行が怪しくなってきました

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-376.html

2017/06/09 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路のお土産  中・四国限定ぷっちょグミが可愛い

   ↑  2017/06/07 (水)  カテゴリー: お遍路
道後温泉で宿泊していたホテル椿館別館で、お土産を購入
ちょっとご紹介します


まずは定番、坊ちゃんだんご 
定番だけあって他にも多く発売されていますが
まだお遍路中なので
賞味期限(製造より45日)で選びました
※季節によって違うかも…
なかにお餅が少し入っていて美味しかったです

IMG_2457-379.jpg IMG_2454-379.jpg
 亀井製菓 5本入り540円

またまた定番
松山市の名菓のタルトです
道後温泉本館の前にもお店を構える一六本舗の「一六タルト」が有名ですが
タルトも多くの製菓会社より発売されています

今回はハタダの「御栗タルト」
大きな一粒栗がタルトに巻かれています
ハタダが、タルトにはじめて栗を入れたそうです
モンドセレクション2016の最高金賞というラベルに引かれて購入
栗が大きく上品なこしあんで美味しかったです
なかの包装がすごく立派でお土産というより贈答品用ですね
賞味期限は製造より21日

IMG_8081-379.jpg IMG_8094-379.jpg  
7切れ 1404円(税込 ホームページより)賞味期限製造より21日

四国と言ったらうどん 愛媛と言ったらやっぱりみかん
 
 IMG_8086-379.jpg IMG_8066-379.jpg


四万十のり佃煮

足摺岬で宿泊したみさきホテルの朝食で
このあおさのりが小分けパックで付き美味しかったので
ごはんが大好きな旦那さんにお土産として購入
四万十川でとれた「あおさのり」を使用した佃煮です
保存料、着色料は使用なし
旦那さんが毎日楽しみに食べていました


IMG_8055-379.jpg
▲648円(税込)賞味期限1ケ月強でした



四国限定とポンジュースに引かれ購入
ポンジュースチョコレート

IMG_2722-379.jpg

IMG_2727-379.jpg
▲賞味期限約10か月


箱と同じ個装が出てきます

IMG_2723-379.jpg


すごい!!みかん味の
チョコレートの中が二層になってます
これいけます
 
IMG_2725-379.jpg IMG_2726-379.jpg





中・四国限定ぷっちょグミ


中・四国限定という言葉とパッケージが可愛くて購入
みかんちゃんがお遍路してるんだもの買わない訳にはいきませんよね
パッケージはそれぞれ違いますが
中身は「瀬戸内レモングミ」と「いよかんグミ」が入ってます

とっても小さくてちょっと硬いような…
でも食べているうちにくせになる美味しさ

それと食べるためにパッケージを破らなくてはならないので
ちょっと悲しい

 IMG_8062-379.jpg
▲賞味期限約5か月




可愛いでしょう~
IMG_2728-379.jpg IMG_2729-379.jpg  IMG_2730-379.jpg IMG_2731-379.jpg  
  



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-379.html

2017/06/07 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路5目後半 道後温泉からお土産を送りました

   ↑  2017/06/06 (火)  カテゴリー: お遍路
昼食をとって12時29分に出発し、次のお寺に着いたのが36分。めちゃめちゃ近かった。今日の宿泊は懐かしい道後温泉。2008年に初めて愛媛を訪れ(そもそも四国が初めてでした)、坊ちゃん電車、からくり時計、道後温泉本館、椿の湯、松山城、石手寺とあちこちを観光(ブログ記載)。その時、道後温泉から足をのばしてお参りした石手寺でお遍路さんにお会いしましたが、まさかその9年後に自分がお遍路に来るとは夢にも思いませんでした。



【四十三番札所 明石寺(めいせきじ)】12:36

「四国遍路を世界遺産に」と
のぼりが立っています
約1400キロのお遍路、88ケ寺めぐりの道のりやお寺の趣き、そしてなにより四国の皆さんのお遍路さんに対する温かい気持ち。
ツアーなので個人的なお接待はありませんが、無料休憩所にお茶があったり、サツマイモが蒸かしてあったり、「ご自由にどうぞ」と家の前に夏みかんが置いてあったり、さまざまなところで地元の方のお気持ちを目にしました。
でも世界遺産になったら、益々商業化され、お遍路が汚されてしまわないかと心配です。お遍路のマナーは守り続けていきたいですね。

IMG_1907-378.jpg


本堂

IMG_1914-378.jpg

順番がちょっと飛びます
西予宇和インターから松山インター



【伊予灘サービスエリア】13:50 トイレ休憩

ソフトクリーム330円


 IMG_1916-378.jpg


【四十六番札所 浄瑠璃寺(じょうるりじ)】14:30

IMG_1919-378.jpg
▲本堂


色々なご利益がある石があります
ツアーの皆さんと体験してみました


はだしで石を踏むと健脚と交通安全にご利益


IMG_1922-378.jpg
▲仏足石


「おかけください。霊鷲山の石が埋め込んであります」と書いてあります
霊鷲山はインドにある、弘法大師さまが説法・修行したところです

IMG_1924-378.jpg
▲説法石

撫でると達筆になれる御利益



IMG_1923-378.jpg
▲仏手指紋




【四十七番札所 八坂寺(やさかじ)】14:58
閻魔堂の横のトンネルには、リアルな絵の「極楽の途」「地獄の途」


IMG_1932-378.jpg IMG_1931-378.jpg
▲コンクリート造りの本堂▲閻魔堂(えんまどう)



【ホテル椿館 別館】チェックイン16:10
今日は早く宿に着きました。嬉しい。今日の宿は、道後温泉のホテル椿館別館道後温泉本館から歩いて2分くらいのところにあり、観光には便利です。久々観光気分が味わえるところに宿泊。

宿のお風呂はもちろん温泉。大浴場と露天風呂があります。露天風呂は、小さいながら庭園を眺めながら、湯に浸かることができ、とても癒されました。本館の湯も湯めぐりでき、本館ロビーでの「郷土芸能 “水軍太鼓”ショー」も見学出来ます。

部屋は、角部屋と喜んでいたら、室内はちょっと狭かったです。1人参加だからしょうがないですね。ちょうど隣の建物が解体中で、日が暮れても工事の騒音でうるさかったです。まぁおかげでテレビの音とかに気を遣わなくて良かったですが…

さすが観光地だけあって、今までの宿と違い、1階の売店が愛媛県のお土産から四国全体のお土産まで品数充実。自宅で1人留守番をしている旦那さんにお土産を送りました。
発送用の段ボールが用意されていて、その大きさにより送料が違います。「空いているスペースに旅行中必要ないものも入れて送ると、お遍路の荷物が軽くなりますよ」と売店の方にアドバイスを頂き、レインコートやパーカーやコートも一緒に入れて送りました(お土産のクッションにもなります)。お遍路後半の荷物が軽くなり、とっても助かりました。

さて、9年前は、道後温泉本館の「霊の湯 三階個室」に入り、ぼっちゃん団子とお茶でくつろぎ、館内見学し、温泉を楽しみました。入浴料金により、部屋やお茶菓子はもちろんのこと浴衣の柄まで違います。ちなみに霊の湯の三階個室は白鷺模様です。趣きたっぷりの外観とは異なり、浴場はローマ風なのが予想外でした。
今回久々訪れた道後温泉本館は、外人観光客にも人気が出ていっそう混雑している感じでした。特に個室は数が限られ予約も出来ないので、ぜひ個室に入りたいという方は、時間に余裕を持って行き、待っていたほうがいいですよ。
しかし、今回、道後温泉本館を楽しむ余裕もなく、写真だけ撮って、お土産を送って、入浴して洗濯をして、終わりました。またゆっくり道後温泉を楽しみたいです。



IMG_1934-378.jpg

IMG_1941-378.jpg IMG_1933-378.jpg
IMG_1936-378.jpg IMG_1935-378.jpg

道後温泉本館の写真だけ撮りました
すごい人気。一瞬空いたときにパチリ


IMG_1937-378.jpg
IMG_1939-378.jpg


夕食は、18:00に皆で集合
バイキング形式です
天ぷらや旬のお刺身やお寿司など
約30種類のメニューがあるそうです
ステーキを焼いてくれたり
だしを入れて一人用の鍋を作れたり
ソフトドリンクも充実していたり
品数豊富でバラエティに富んでいて楽しかったです

また明日は、お遍路の前半だけ参加の方は終了
そのためお別れ会もしました
そして明日は、後半だけ参加の方が加わります(松山空港)



IMG_1942-378.jpg
▲写真の写し方を失敗しました。これでは申し訳ないです


おやすみなさい


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-378.html

2017/06/06 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路5日目前半 お経の耳鳴りがする

   ↑  2017/06/04 (日)  カテゴリー: お遍路
朝食6:30からで集合は7:30です。雨は上がっていました。
昨夜気になることが…。トイレに入っていると、換気口のところからお経が流れてくるのです。えっ!!なに??だれかがトイレでお参りの練習をしているのかなぁ?色々考えると怖いのでそんな風に思い込み寝ました。
で、朝、ツアーの方にそのことを言うと「私も聞こえたと…」。やっぱり誰か「お経の練習しているのねぇ」と意見が一致。
しかしジャンボタクシーが高速道路を走りだし風を切る音がし始めると、またお経が聞こえだしました。そう、昨夜から風や機械のモーター音など全てお経に聞こえるようになったのです!?

私は、これまでお経を読んだことなどほとんどなく、人生でこんなにお経を読んだのはこのお遍路が初めて。当然ながら大苦戦。毎回毎回、進みゆく老眼に苦労しながら、経本のフリガナをたどたどしくも一生懸命読んでいるうちに、寝不足と疲れもあってか、いつの間にか色々な音がすべてお経に聞えだしたみたいです。
お遍路が終わってから、東京へ帰る新幹線のぞみの車内でも、さらに自宅の換気扇や扇風機や冷蔵庫の音も…。帰宅してから3日間、それはなり続けました。

有難いことですよね
お遍路での修行の賜物です



【三十九番札所 延光寺(えんこうじ)】8:38
境内に入ると赤亀が背中に銅の梵鐘を背負ってきたという亀さんの像があります。
なんとこの亀さん、重要文化財。重要文化財がこんな雨ざらしでごく普通に置かれているなんて…ほんと、お遍路のお寺はほんとあちこちに重要文化財があるなぁと感心してしまいます。
この梵鐘は、明治の高知県県会議会の開会・開閉を告げるためにも使われていたと言われています。


IMG_1883-379.jpg




本堂の右手。目洗いの井戸。眼病にご利益があります



IMG_1882-379.jpg



この延光寺で16ケ寺の高知
土佐の国「修行の道場」が終わり
愛媛、伊予の国「菩薩の道場」へ



【四十番札所 観自在寺(かんじざいじ)】9:35
一番札所より一番遠いので四国霊場の裏関所と言われる観自在寺。
大師堂の回廊では四国八十八ヶ所のお砂踏ができます。ぜひ一周を。

IMG_1885-379.jpg

IMG_1893-373.jpg IMG_1892-373.jpg
▲仁王門         ▲ぽっくり地蔵


自分の守り本尊さまを見つけ水をかけてお参り


IMG_1889-379.jpg
▲八体仏十二支守り本尊



【四十一番札所 龍光寺(りゅうこうじ)】10:55


IMG_1897-373.jpg


【四十二番札所 仏木寺(ぶつもくじ)】11:26
牛の背中に乗る大師の由来により、家畜やペットを供養しています


IMG_1902-373.jpg IMG_1905-373.jpg 
▲本堂▲家畜供養



【昼食】12:03 たちばな
地元の方で混雑していましたが、運よく座敷とテーブルに分かれて入れました。定食は2種類で魚と肉の選択で600円(ごはん小)。ごはんの量も選択できます。結構なボリュームがありました。
(写真は撮り忘れ…)。


IMG_1906-373.jpg


午後も頑張るぞ!!

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-373.html

2017/06/04 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路4日目後半 お土産は、高知名物 水車亭の細切り塩けんぴ

   ↑  2017/06/02 (金)  カテゴリー: お遍路
4日目午後の最初のお寺は、清瀧寺。お遍路の道は運転が大変そうなところが多いですが、お遍路ベテランドライバー&先達さんは、軽快にハンドルを切っていきます。
清瀧寺のあとは、土佐インターから四万十町中央インターまで、高知自動車道の旅。移動距離が長いので午後は3ケ寺しか回りません。移動が長いとちょっと車のなかで休憩できるから嬉しい。
芋けんぴのお土産を買ったり、足摺岬を観光したりと充実した午後になりました。


【三十五番札所 清瀧寺(きよたきじ)】13:01

IMG_1826-372.jpg
▲本堂

本堂の屋根の裏には、十二支による方角盤があります
IMG_1827-372.jpg  

本堂奥には、小さな滝があります

IMG_1829-372.jpg



高さ15メートルの薬師如来像の胎内を88段の戒壇めぐりが出来ます。
胎内は真っ暗で何も見えないなか、壁伝いに階段を(階段というより段差が少しある感じ)1周めぐりました。厄除けにご利益があるそうです


IMG_1830-372.jpg




【三十七番札所 岩本寺(いわもとじ)】14:15
四国霊場のなかで唯一本尊が5体もある札所。そのためお参りも御本尊真言を5つ唱えました。有難いお寺ですね。
本堂の天井には、子供からお年寄りまで一般公募の575枚の絵があるんですが、人物画や花や動物など、ほんとさまざまなジャンルの絵で見ていると楽しいです。選考基準はなんだったのかなぁ…
入り口のところのマリリン・モンローの絵がインパクトがあります。


IMG_1832-372.jpg
▲本堂


木造の円堂
商売繁盛と夫婦円満にご利益があるそうです


IMG_1834-372.jpg


岩本寺の近くに
美味しい芋けんぴ屋さんがありました




【四万十郷 水車亭】14:42

芋けんぴというのを知らなかったのですが、サツマイモを細く切って揚げ、砂糖をからめたお菓子で高知県の名物だそうです。「四万十郷 水車亭」が美味しいよと先達さんが連れて行ってくれました。店内にはさまざまな芋けんぴが並んでいました(量も選べます)。もちろん2種類をチョイスし購入。
女性なら大好きなお芋、袋も可愛く、しかも値段がお手頃。賞味期限が長いからもっと買っとけばよかったと後悔しました。
綺麗なトイレもお借りしました。


IMG_1835-372.jpg



お遍路のお土産はこれで決まり

芋けんぴ200g378円
細切り塩けんぴ200g378円


切り塩けんぴは、海洋深層水入り。細い分歯ごたえがあります
まず塩味を感じ次に甘さが口に広がる
その繰り返しでくどくならずさっぱりして
止まらなくなってしまいます
お店の売れ筋人気ナンバー1だそうで、ここでは絶対外せません

4月下旬に購入して賞味期限が7月31日と7月8日
ボリュームがあって、美味しくて
高知県名物と言ったら、お遍路のお土産に最適ですね


IMG_2689-372.jpg

▲お遍路の長旅でちょっと袋がしわくちゃ美味しいです


【三十八番札所 金剛福寺(こんごうふくじ)】16:31


IMG_1841-372.jpg IMG_1844-372.jpg


境内には大きな池があります


IMG_1840-372.jpg



頭を撫ぜると幸運が訪れるという「大師亀」

頭ピカピカ!!ツルツル!!
皆が撫でるから?それとも頭だけ石違う?

IMG_1848-372.jpg



足摺岬にある金剛福寺をお参りしたあとは、足摺岬を観光しました。
足摺岬には、弘法大師にまつわる「足摺七不思議」(七不思議と言うのは、7つしかないということではなく、沢山あるということだそうです)があります。自然遊歩道や足摺岬の灯台や展望台などのあちこちで目にとまります。ちょうど雨が強くなってきたのと、疲れてきたのとで、つい油断して写真を撮ったのは七不思議のうち四つ。

いい天気なら、自然遊歩道の散策や展望台からの眺望は最高でしょうね。あまり時間はかかりませんので、是非足を延ばして下さい。

【足摺岬灯台】17:03

IMG_1850-372.jpg

足摺七不思議のうち4つ
順序は逆に回ったみたいです
 IMG_1851-372.jpg IMG_1853-372.jpg
▲亀呼び場 ▲大師一夜建立ならずの華表(とりい)
IMG_1855-372.jpg IMG_1857-372.jpg
▲大師の爪書き石▲地獄の穴

展望台からの風景

IMG_1863-372.jpg

【ジョン万次郎像】17:17

IMG_1865-372.jpg


さぁ宿へ




【みさきホテル】チェックイン17:12
今日の宿泊先は、みさきホテル。部屋は、昭和レトロの香りがプンプンする和室。窓からは太平洋が一望できます。ツアーで初めての和室(ほかに和室だったのは、高野山の宿坊のみ)。古い建物ながらきちんと掃除されて問題ないのですが、壁が薄く隣の声は丸聞こえです…。そうそうここの宿は、珍しく男性従業員の方がメインで働いていました。
他にもお遍路の方や外人さんが宿泊していました。

部屋にお風呂がありますが、ラドンを含む弱アルカリ性の天然温泉の大浴場があります。大浴場からは、太平洋180度の眺望ですので、ぜひこちらに入って下さい。
大浴場と言いましたが、女湯は8人くらい入れるゆったりした湯舟でしたが、男湯はもう少し小さく中浴場ぐらいと言っていました。アメニティーは、大浴場に化粧水や乳液がありました。

夕食は、19:00皆そろってからスタート
。品数、量ともに多く満足です。

IMG_1866-372.jpg
▲障子の向こうに窓があります

IMG_1867-372.jpg IMG_1868-372.jpg
IMG_1869-372.jpg IMG_1873-372.jpg

部屋は、全てオーシャンビュー

IMG_1871-372.jpg IMG_1870-372.jpg
IMG_1874-372.jpg IMG_1876-372.jpg


隣の部屋がうるさくて眠れませんでした

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-372.html

2017/06/02 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 スイカの雌花が咲きました…でも雄花なし

   ↑  2017/06/02 (金)  カテゴリー: スイカ
スイカの雌花が咲くのだろうか?と心配していたプランターで栽培していたスイカ。今朝待望の雌花が立派に咲きました。花の根本が膨らんでいます。よく見るともうスイカの模様まで。
でも2日目前に雄花が2つ咲きましたが、今日は雄花は咲いていません。心配していたように、雌花と雄花が出会えなかったようです。やっぱり摘心をして、子蔓を伸ばし花を増やさないと無理なのかなぁ。

 
IMG_2697-suika.jpg 


アップにしてみます
小さなスイカ模様がありますね

IMG_2697-suika (2)

今日は、雌花が見れただけで満足



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-375.html

2017/06/02 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 スイカの雄花が咲きました

   ↑  2017/06/01 (木)  カテゴリー: スイカ
プランターで育てているスイカは、その後も蔓をどんどん伸ばして成長しています。ただ葉は、それほど大きくなく、まだスイカが成るまでには時間がかかりそうです。


【5月22日】47cm
IMG_2500-suika.jpg



【5月27日】80cm
くねくねしながら成長しています


 IMG_2675-suika.jpg



【5月31日】110cm
本葉も15枚以上になり、そろそろ花を咲かせスイカを生らせようと思っていたところ、花が2つ咲きました。しかし、根元に膨らみがないので雄花ですね。
当たり前ですが、雌花と雄花がないと受粉は出来ません。ベランダ菜園だとプランター1つに苗は1つ。そうすると雄花と雌花が咲く数が少なくなるので受粉の確率が低くなりますよね。

他のサイトで勉強させていただくと、親蔓を摘心し、子蔓を増やし雌花と雄花を増やすと書いてありました。また親蔓を摘心しないと、伸びた先にスイカが生ることなり美味しくなくなるのと、雌花の付きがわるくなるとも書かれてました。

なるほど、説得力があり勉強になります


しかし今回植えたスイカの苗の育て方には親蔓の摘心とは書いてないのです。たぶんプランターでも育てられるように蔓があまり伸びない品種改良してある苗だからだと思います。

雌花は5~6節に1つ咲くそうです
まだ本葉15~6枚ですのでしばらく様子を見てみます
雌花と雄花が仲良く咲くの
を楽しみに待ってます
IMG_2684-suikam.jpg

【6月1日】
まだ先の方につぼみがいっぱい付いているようです。雌花が咲くも近いぞ!!



 IMG_2691-suika.jpg


昨日咲いた雄花2つはしぼんでしまいました


IMG_2693-suika.jpg


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-374.html

2017/06/01 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |