中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

富良野・「ファーム富田」 ラベンダー 

   ↑  2008/07/13 (日)  カテゴリー: 富良野・美瑛・旭山動物園


訪問日(2008年7月中旬平日)。7月中旬に富良野、美瑛、旭山動物園への旅行を計画したのは、もちろんラベンダーを見る為です。広大な大地に一面に咲いているのを想像するだけで、わくわくしてしまいます。ただラベンダーが咲いていないと。。。。その為、開花や見ごろ時期などをサイトで調べました。もちろんその年によって、開花や見ごろの時期は、少し異なるとは思いますが、7月中旬なら早咲きと遅咲きがともに見られる、一番の見ごろ時期という事がわかり、7月中旬の富良野、美瑛、旭山動物園への旅行となりました。それでも、旅行に行く直前まで、富良野観光協会のラベンダー開花情報ページ を祈るような気持ちで、ラベンダーの開花や状態を確認してました。

で実際は、どうだったかというと。。満開でちょうど見頃でした(^O^)/(^O^)/(^O^)/ファーム富田のラベンダーについては、ページの後半に書きました。予想以上の素晴らしさに感動の連続でした。 今回も公共交通機関(バス・電車)を出来るだけ利用した旅です。
  

 

IMG_2373.jpg
▲満開のラベンダー

 

富良野は、初めてだったのでわかりやすく、宿泊は新富良野プリンスホテルに。5泊6日の富良野に住むプランです。シーツ交換や部屋の掃除は、ありませんが(ゴミは捨ててくれます)、3泊でも6泊でも同じ料金という、不思議な料金体系でした。 天気が悪くて、ラベンダーと綺麗に写真が撮れないとかなしいと思い5泊もしてしまいました

 

【新富良野プリンスのアクセス(交通)】 

新富良野プリンスホテルのアクセスは、富良野駅から車で約10分かかります。車がない人は、歩いて行くには、結構遠いです。

①ふらのばすの「ラベンダー号」

富良野駅から新富良野プリンスホテルの区間料金 250円 約18分です。ラベンダー号は、新富良野プリンスと旭川駅前の区間を一日8便出ています。安いので、よく利用していました。

ラベンダー号の時刻表、料金は、ふらのバスのホームページをご覧下さい→こちら

②タクシー  

富良野駅から新富良野プリンスまでのタクシー料金は、1730円でした。この前後くらい料金がかかるとと思います。 

 

【コインランドリー】 
ホテル内には、コインランドリーがあり、長期滞在の方でも洗濯物は安心です。私たちも5日滞在したので、宿泊中何回もコインランドリーを利用しました。一度も待つこともなく洗濯する事が出来ました。もちろん乾燥機もあります。室内に洗濯物を干す時は、ひもを掛ける所がないので、クロゼット内に干していました。


【コンビニ(売店)】 

大手のコンビニチェーンほどではありませんが、おにぎり、サンドイッチ、飲み物、お菓子、お土産、ちょっとした日用雑貨を売っているコンビニがホテル内あります。

朝食を新富良野プリンスホテルで食べると高くなるので、いつもこのコンビニ で朝食を買ってました。そう考える方も多いらしく、人気の商品は売り切れるので、早めに買っておいた方がいいです。そこで、売っている「ふらの牛乳」105円は、とっても味が濃くおいしいです。牛乳大好きの私としては、おすすめです。新富良野プリンスホテルの外には、徒歩で行ける近くコンビニは、ありません。一番近くのコンビニは、富良野駅から徒歩で15分くらいの所に、セブンイレブンがあります。時々そこも利用してました。ホテル敷地内に「プリンスパン工房」と言うパン屋もありますが、焼きたてのパンなので、とても人気がありすぐに売り切れてしまいます。
新富良野プリンスホテルの近く(歩いて2分くらい)には、富良野ならではのお土産が買えるニングルテラスがあります。

 

IMG_2196.jpg
▲ニングルテラス

 

「森の時計」は、倉本聰氏がプロデュースしたカフェです。「森の時計」の天井は高く、落ち着いた空間で居心地がとてもいいです。


【森の時計】

アクセス(交通)は、新富良野プリンスから徒歩で5分です。森の中を森林浴をしながら歩いていきます。ニングルテラスを通りながら行くこともできます。※営業時間は、季節によって違うので確認が必要です。

 

IMG_2610.jpg 
 ▲ 森の時計


「森の時計」では、カウンター(9席)のみ、コーヒーを自分で挽いて、贅沢な時間とコーヒーを味わうことができます。カウンターは、とても人気が高く長く待つこともあります。他にテーブル席もあります。こちらは回転が速いので、カウンター席より待たずにすみます。「森の時計」のシチューとチョコレートケーキの雪解けを食べました。シチューは、キノコの味がとても濃く、とても美味しかったです。

 IMG_2611.jpg  IMG_2612.jpg 

 IMG_2609.jpg  IMG_2608.jpg 

 

【唯我独尊(ゆいがとくそん)】 

【アクセス(交通)】富良野駅より徒歩約5分位

富良野・美瑛と言えば、名物はカレーです。その中の元祖富良野カレーのお店です。お店は、山小屋風でワイルドな感じです。壁には、来店しファンになられた方々の名刺がびっしり張られて、人気の高さを感じさせられます。北海道をツーリングする方も多く来られるみたいです。カレーは、みじん切りの玉ねぎの甘さとカレーのスパイスがうまく調和しています。中央には、大きな自家製ソーセージがどーんと乗っかっています。今まで食べた事のないカレーでしたが、とても美味しかったです。

 

IMG_2490.jpg
▲大きな自家製ソーセージがのってます 

     

 

 さて、お目当てのラベンダーを見に来ます。ラベンダーと言えばもちろんファーム富田

まずは、アクセス(交通)から

 

 

【新富良野プリンスホテルからファーム富田へ公共交通機関のアクセス】

ファーム富田の最寄駅は、JR富良野線の中富良野駅かラベンダー畑駅(季節限定の臨時駅でノロッコ号のみ停車)

なので、

①新富良野プリンスホテル始発の富良野バスのラベンダー号で中富良野駅で下車し、徒歩25分。

②新富良野プリンスホテル始発の富良野バスのラベンダー号で富良野駅下車。富良野からJR富良野線で中富良野下車し、徒歩25分(富良野・美瑛ノロッコ号乗車時は、臨時のラベンダー畑駅で下車し、徒歩7分)。

※ほかに地元のバスがあるみたいです。

 

IMG_2300.jpg
中富良野からファーム富田まで、テクテク25分歩いて行く途中にひまわり。

 

朝一番早くファーム富田に着くのは、①の始発です。人ごみを避けてゆっくりラベンダーをゆっくり見たい時は、利用しました。ラベンダーを独り占めできますし、いい写真が撮れます。新富良野プリンスホテル7:02分発、中富良野駅7:32分着。ファーム富田には、8時前位に着きます期間限定運行だったり、接続がよくなかったりしますので、時間はホームページでよく確認した方がいいと思います。

 

ふらのバスの「ラベンダー号」ホームページ→こちら


数日富良野や美瑛に滞在する方は、ラベンダーの時期の期間限定発売の「ふらの・びえいフリーきっぷ」「ラベンダーの丘フリーきっぷ」「ラベンダーフリーパス」が私は、お得だと思います。このきっぷは、富良野線は、もちろんの事、富良野・美瑛ノロッコ号も乗り放題。美瑛では、ツインクルバス美瑛号にも無料で乗れます。

 

ファーム富田

富良野でラベンダーと言えば、ファーム富田と言っても過言ではありません。それくらいファーム富田は、有名です。入場料無料なのに、ラベンダーはもちろんの事、花々の彩色は、ためいきが出るくらい素晴らしいです。ただその為、ラベンダーの最盛期には多くの観光バス来て、かなり混雑(お昼前後は、特に)します。アジア系の外国人観光客にファーム富田は、大人気のようです。北海道のゆっくりした時間の中でラベンダーと過ごしたいのなら、できるだけ朝早く来ることをお薦めします。上記の写真は、午前9時ごろに撮影しています。私たちは、だいたい午前8時くらいにファーム富田に到着するようにしていました (眠かったです)。

 

IMG_2381.jpg

▲ラベンダーのじゅうたんですね。

IMG_2078.jpg IMG_2362.jpg 
▲ファーム富田内にある看板です 


ファーム富田では、広大な一面の大地のラベンダーや傾斜を利用したラベンダー、他の花と組み合わせ色の共演を見せる彩りの畑など、色々表情を見せてくれます。また広大なのでまず地図で自分の位置を確認した方がいいです。ファーム富田内には、ラベンダーティーやラベンダー練り香水、ハンドクリーム、ラベンダーソープなど、ラベンダーグッズのお土産も充実しています。お土産を選んでいるだけでも、楽しくなります。また、カフェでは、カレーなどの軽食が食べられます。天然ラベンダーエキス入りのラベンダーソフトクリームは、とっても美味しかったです。

 

IMG_2396.jpg
▲青空とラベンダー 

 IMG_2351.jpg IMG_2311.jpg
▲彩りの畑(わたしの一押しです。写真よりずーとずーと素晴らしいです)

 

上記の彩りの畑は、ファーム富田正門から奥の左上の方に、あります。くれぐれも確認してから、絶対見逃さないようにして下さい。わたしたちは、初めに行った時は、なんと見逃してしまったのです~。彩りの畑の色彩は、その年によって異なります。花のジュータンには、言葉に表せないくらい素晴らしいです。 入場料無料なのに、こんなに楽しませてくれる、ファーム富田に感謝、感謝です。また皆様が行かれる時のお天気を願います。

 

【ラベンダーイースト】
2008年、ファーム富田のラベンダーイーストがオープンしました。広大な敷地にラベンダーが一面に植えられてます。ここは、ラベンダーのみですが、日本最大規模だそうです。天気が良ければ、十勝岳連峰がみえるようです。(残念ながら小雨でした)ラベンダーイーストへのファーム富田からアクセス(交通)は、国道237号をまっすぐ約4キロの所にあります。車だと約7分の所です。

IMG_2582.jpg

 

私たちは、45分くらいゆっくり歩いて行きました。道端には、トウモロコシ畑があったり北海道らしい風景を見ることができました。

IMG_2569.jpg IMG_2571.jpg 

▲また運よく、富良野・美瑛ノロッコ号が力強く走り抜けるのも見る事ができました。

IMG_2559.jpg IMG_2551.jpg

 IMG_2516.jpg IMG_2509.jpg 

 

ラベンダーイーストにもお土産を買う所やカフェもあります。デッキから、広大なラベンダーを見る事ができます。

 
※データー等は、訪問時のものですので、詳細はご確認下さい。

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-11.html

2008/07/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 美瑛 サイクリング

Comment

コメントを投稿する 記事: 富良野・「ファーム富田」 ラベンダー 

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 美瑛 サイクリング