中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

タイ アユタヤ観光と象乗り 

   ↑  2009/12/31 (木)  カテゴリー: タイ旅行


【タイ2日目 その②】
                                                                     訪問日2009年12月上旬。バンパイン宮殿の観光の次は、アユタヤ観光と象乗りです。バンパイン宮殿より車で約24分。バンコクより北に80キロ。1350年アユタヤ王朝の都となったアユタヤは、四方をチャオプラヤー川、パサック川、ロッブリー川に囲まれ、水路を活用し国際都市として栄えました。幾度もビルマ軍の侵攻をうけ、1767年についに幕を閉じるまで約400年繁栄。タイには、ユネスコ世界遺産として5つ(文化遺産3つと自然遺産2つ)が登録されていますが、アユタヤの遺跡群もその1つで1991年に登録されました。ビルマ軍の攻撃により仏像や建物は破壊されているものもありますが、当時の栄華や文化を充分に感じるとることが出来ます。                                                                          さて、アユタヤ観光の注意としては、日焼け対策です。日射しを遮るものが、まったくありません。帽子や日焼け止めは、当然のこと日傘があると便利です。あと水分も。ツアーでは、アユタヤ遺跡の代表的な2~3ヵ所を観光しますが、バンパイン宮殿の観光とセットになっているので思ったより歩きました。体力と相談して観光して下さい。私たちは、張り切りすぎ次の日から筋肉痛に悩まされました。

 

 

AM11:38世界遺産アユタヤ遺跡に到着

 

まずは、

 

 

【ワット・ヤイ・チャイ・モンコン】11:38~12:12

1357年建立。入るとすぐに大きな寝ている涅槃像が。足の裏に手と頭を付け、お参り(添乗員さんにより)。

 

IMG_8742-ayu.jpg IMG_8745-ayu.jpg
▲タイの方は仏教に信仰が深く、お参りする方が絶えない

IMG_8752-ayu.jpg
▲大きいです

IMG_8763-ayu.jpg
▲オレンジの袈裟を着た仏像が整然と座ってます

  

とっても高い大仏塔 

 

IMG_8761-ayu.jpg 
▲高さ72メートル スリランカ洋式 

IMG_8764-ayu.jpg 
▲飾っている花も大きい

 

階段をのぼることが出来ます。

 

IMG_8779-ayu.jpg 
▲塔からの眺望

 

【昼食】12:22~13:16  アユタヤのクルンシー・リバーホテルでバイキング。飲み物代は自己負担

 

IMG_8789-ayu.jpg
▲昼食はバイキングです

 

 

車で移動

  

 

【ワット・プラ・マハタート】13:27~13:48
破壊されたのか、盗まれたときに落としたのか、長い年月の間に菩提樹が仏像の頭を覆っています。記念写真は、仏像の頭より高くならないようにしゃがんで撮ります

 

IMG_8807-ayu.jpg
▲記念写真の時は、仏像の頭部より上に立たないようにと日本語で注意書きがあります。

 

IMG_8818-ayu.jpg
▲ビルマ軍による破壊と窃盗で無残な仏像に。

IMG_8824-ayu.jpg
▲「この仏像さんは、泣いているのよ」とガイドさん

 

 

車で移動

 

【象乗り体験】14:03~14:35(象に乗ってる時間14:06~14:24)
アユタヤ・エレファント・ライドで楽しみにしていた象乗り体験です。アユタヤ・エレファント・ライドには、象がたくさんいました。輸送などの象の力仕事が時代の流れでなくなり、象は失業。現在は、バンコク郊外で観光客相手の仕事をすることになったそうです。何しろなあの大きさですから、エサの量も半端ではありませんから、生きていくための手段なんですね。象乗りの他にも「籠のエサ」をあげるのが20バーツ、象とツーショット写真が1人30バーツ(ローズガーデンでもありました)。象乗り体験は、ツアーに含まれていたので、料金はわかりませんが、キャンプ内一周とかワット・プラシー・サンペットまで往復のコースとか長い時間象に乗りアユタヤ観光が出来るコースがあるみたいです。うらやましい~。ツアーのだと約18分間弱でした。

 

IMG_8833-ayu.jpg IMG_8835-ayu.jpg
▲象にエサやり体験▲ぞうと密着して写真が撮れます

 

 

 

いよいよ象乗り体験です。階段をのぼり、象に乗り込みます

 

2階くらいの高さがあります

 

ちょっとスリルあり。左右に揺れてカメラがブレます 

 

 

 乗ってすぐに写真撮影(よく観光地であるの)。象を降りた所に1枚300バーツで売ってます。

 

IMG_8847-ayu.jpg
▲象に揺られてアユタヤ遺跡観光

 



途中、ツアーで一緒の方とお互いにカメラを交換し、象に乗っている写真を撮りあう時間があります
。でも時間はすごく短かいです。象乗りだけの方は料金が高いのか、アユタヤ遺跡がバックになるようなスポットで写真を撮りますが、私たちは普通の道ををバックに写真を撮ることに。やっぱり料金がかなり違うみたいで、サービスにかなり差があるようです。

 

IMG_8854-ayu.jpg
▲象で大渋滞です

 

 

私たちの象はとても立派な牙があるオスでしたが、機嫌が悪かったのか気分が乗らなかったのか、象使いさんが必死になだめながら歩きました。そのせいか、他の象より 揺れが激しかったようなぁ??

  

IMG_8856-ayu.jpg

▲象使いさんは、足を巧みに使って象を操ってます

 

  

あっという間に象乗り体験終了

 

 

IMG_8859-ayu.jpg
▲象乗りのため待機している象たち

 

 

車で移動

 

【ワット・チャイ・ワッタナラム】14:35~15:11
添乗員さんがアユタヤでは、ワット・チャイ・ワッタナラムがお勧めとのことで、ツアー内容を変更。その為ワット・プラ・シー・サンペットは行きませんでした(そっちの方が有名だったみたいです)。ここは、王妃がお気に入りとのことです。クメール式の寺院だそうです。

 

IMG_8874-ayu.jpg
▲ワット・チャイ・ワッタナラム(1992年修復) 

IMG_8876-ayu.jpg IMG_8879-ayu.jpg
▲ここも仏像の頭がありませんでした

 

 

車で移動

 

【King Power Duty Free Shops】17:00頃(約30分くらい)※正確には忘れてしまいました。

Duty Free でショッピング。

 

 

車で移動

 

 

 

【夕食とスアン・ルム・ナイト・バザール】18:16~20:16

ナイトバザールの近くのスワンルム シーフードにて夕食。タイ料理で有名なプーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)を食べました。辛すぎず美味しかったですが、蟹の身は見当たらずほとんど殻でした。(安かったのかも)

 

IMG_8896-ayu.jpg IMG_8898-ayu.jpg
▲フカヒレスープ(フカヒレはちょっとです)とタイ名物プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)、飲み物自己負担

 

 

バンコク最大級のナイト・バザール。地下鉄から直結で行けるそうです。広い敷地の中には、お土産屋さんや食事が出来るフードコートがありました。

 

IMG_8904-ayu.jpg IMG_8907-ayu.jpg
▲スアン・ルム・ナイト・バザール

IMG_8926-ayu1.jpg 
▲料金交渉が出来るみたいです

IMG_8921-ayu2.jpg
▲タイっぽいお土産がいっぱい

 IMG_8930-ayu.jpg IMG_8939-ayu.jpg
▲屋外のフードコート(回数券を買わないと食べれません)

 

 

20:41ホテル到着

 

今日は、よく歩きました。次の日、恐ろしいくらいの筋肉痛。湿布の臭いをプンプンさせながら、タイ3日目へ突入となりました。

 

【タイ3日目 水上マーケットとローズガーデン】へつづく



  

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-118.html

2009/12/31 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: タイ アユタヤ観光と象乗り 

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)