中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

タイ 水上マーケットとローズ・ガーデン

   ↑  2010/01/04 (月)  カテゴリー: タイ旅行

【タイ 3日目】 訪問日2009年12月上旬。今日の観光は、ココナッツ工場、ダムナンサドゥワック水上マーケット、ローズガーデン(象のショーとカルチャーショー)、木彫り工場、タイ古典舞踊。今日もハードスケジュール。1日短い3泊4日のツアーだと、この3日目の観光はありません。水上マーケットはバンコクから南西の方角、車窓からの風景は昨日のアユタヤとは違ってヤシなどが生い茂る南国の雰囲気です。

  

 

AM7:40 ホテルのロビー集合

 

IMG_8960-suijo.jpg
▲この日も飛ばしてます

 

 

AM9:05ココナッツ工場到着

 

【ココナッツ工場】9:05~9:27

スケジュール表には記載されてなかったのですが、まずはココナッツ工場へ。ココナッツの内側から胚乳を取り、煮込んで天然の砂糖を作る過程が見られます。実際にココナッツ砂糖も試食出来ます。黒砂糖のような自然な甘さでなかなか美味しかったです。でも見学というより、トイレ休憩に使われているのかなぁ。ここのトイレは、跨ぐタイプで水はヒシャクで自分で流し、紙はありませんでした。

IMG_8966t-suijo.jpg IMG_8979-suijo.jpg
▲ココナッツの胚乳を取り出して煮立たせます

 

  

車で移動

 

AM9:35 船乗り場場到着

 

【モータボート乗船と水上マーケット】9:43~10:59(乗船9:43~10:12)

船乗り場に人が並んでいて、そこに次々と船が来ます。1つの船に1グループ。贅沢に、私たちと添乗員さんだけ。

 

 

出発です。

 

IMG_8999tl-suijo.jpg
▲船乗り場(次々船が来ます)

 

 

すぐに水上マーケットが現れてくるのかと思ったら、約30分も水路を運航。

 

IMG_9015-suijo.jpg
▲出発です

IMG_9017-suijo.jpg 
▲まだまだ着きそうもありません

IMG_9039-suijo.jpg IMG_9040-suijo.jpg
▲水路の両脇には民家が立ち並ぶ所も

IMG_9042-suijo.jpg IMG_9030-suijo.jpg 
▲かなりの数の船の往来があります

 

 

やっとお店が見えてきました 

 

IMG_9045c-suijo.jpg IMG_9047ct-suijo.jpg
▲お店が

 

 

さぁ買い物を楽しもうと思ったら 

 

この船では水上からの買い物は出来ないと。

 

が~ん!!

  

手漕ぎボートに乗っている人しか出来ないそうです

 

水上マーケットの雰囲気だけなんですね。 

 

船から降り陸へ

 

IMG_9054-suijo.jpg
▲水上マーケット(だいたい午前中までだそうです)

 

手漕ぎボートの方なら船から買い物出来ます。手が届かない時は、柄の長いザルにお金を入れて支払い。陸からなら買いものが出来ます。柄の長いザルにお金を入れ、棒の先に商品を付けて渡します。

 

 IMG_9065-suijo.jpg IMG_9067-sujo.jpg
▲陸からなら買いもの出来ます▲手漕ぎボートの方も。 

IMG_9096t-suijo.jpg
▲フルーツも色鮮やか

 

 

水路を活用しているタイの人々の生活の場、活気あふれる市場である水上マーケットを直に体験出来るものだと期待していましたが、ダムナンサドゥワック水上マーケットはすっかり観光地でした。いわば水上マーケットのテーマパーク。ちょっとがっかり。でもせっかくなので、ココナッツジュースを買ってみました。20バーツ。注文すると、ココナッツの上をナタで切ってストローをさしてくれます。意外と美味しい。後でよくよく写真を見ると色々なものと水に浸かってますが。。。大丈夫かぁ??その後お腹には、異常はありませんでした。

  

IMG_9080-suijo.jpg IMG_9081t-suijo.jpg
▲水上よりも陸地のお店の方が数があります。室内には、お土産屋さん

  

  

車で移動

 

 

【木彫り工場】11:15~11:40

これまたスケジュール表にはありませんが、木彫り工場。木彫りの家具はタイのお土産として人気らしいです。その家具を作成している工程を実際に見学。ナチュラル志向の欧米人には特に人気らしく、売約済の商品が数多く陳列されてます。1本の木から釘や接着剤を使わずに動物や植物などを巧みに彫刻するのはまさに芸術品。屋外には、巨木を彫って作った象の群れが。これが大人気で観光客はみんな記念写真です。もちろん私たちも。。。でもここもトイレ休憩用なのかなぁ。

  

IMG_9113-suijo.jpg IMG_9114-suijo.jpg
▲タイの木彫り名人だそうです  ▲象はどこでも人気者

 

  

車で移動

 

【ローズガーデン】12:35 ~15:36
ローズガーデンというのだから、バラが咲き乱れているのだろうと思ったら、ただホテルの名前だそうです。広大な敷地の中に、ホテル、庭園、レストラン、お土産屋、カルチャーショーなどがあるレジャーパークみたいな感じ。なぜここを観光するのかは疑問ですが、各国からの多くの観光客がいました。きっとダムナンサドゥワック水上マーケットと方向が一緒でセットにしやすいのでしょう。

IMG_9268t-suijo.jpg
▲ローズガーデン

 

 

【昼食】12:37~13:30

昼食後、象のショーまで時間が余ったのでローズガーデン内を散策。タイビレッジというところには、タイの昔の生活を再現しています。

  

IMG_9140-suijo.jpg IMG_9150-suijo.jpg
▲昼食バイキング(寿司やキムチも)。飲み物自己負担

 

 

【象のショー】14:15~14:35
まずは屋外での象のショー。小さな池を挟んで間近で象を見てると楽しいのですが、時間はたった20分弱。ここまで来て見なくても。。。ここでもほんとうに狭い範囲ですが、象に乗れます。50バーツ。

 

IMG_9176-suijo.jpg IMG_9186-suijo.jpg IMG_9184-suijo.jpg IMG_9199-suijo.jpg
▲象のショー。芸達者です。

 

 

 

象との記念写真が撮れます(アユタヤでもあったけど

 

通路にど~んと象が座っていてなんだろーと思ったら、象の足に腰掛けて記念写真が撮れるとのこと。1人30バーツ。ここまで象に触れられのは貴重な体験。デジカメを渡すと、象使いの人が撮ってくれます。暴れられたら大惨事ですが、とってもいい子。時々飽きるみたいで鼻を伸ばしたり縮めたり愛嬌たっぷり。私たちも記念に象と写真を撮りました。ローズガーデンでも、思い出はやっぱり象さんですね。

 

IMG_9200-suijo.jpg
▲象と一緒に記念写真

 

 

【カルチャーショー】14:45~15:28

タイの各地に伝わる踊り、ムエタイやこん棒を使った格闘技、タイの結婚式などをショー形式で、12部の構成で次々と紹介。コミカルな場面も。

IMG_9214-suijo.jpg IMG_9262-suijo.jpg
▲カルチャーショー

 

 

 

ローズガーデン観光終了。車で移動

  

ホテル到着17:07(時間が余ったのでホテルに帰る) 

 

ホテルロビー集合18:45

  

車で移動(地理がわかりませんが、ホテルから近い!!)

 

 

 

【古典舞踊ディナーショー】17:00~20:54 古典舞踊20:00~20:50

バンコクでは、古典舞踊ディナーショーはあちこちにあるみたいですが、案内されたお店「Sawasdee」には私たちの他HISのツアー客などほとんどが日本人で、めずらしく欧米人がいません。日本人御用達なんでしょうか??初めに踊る方と記念撮影をしますが、その写真が欲しければお金を払って購入。食事をしながら古典舞踊を鑑賞するのではなく、食事が終わってからショーが始まります。そのためかなり時間がかかりました。席は、靴を脱ぎ掘りごたつ式。

IMG_9327c-suijo.jpg IMG_9341t-suijo.jpg
▲ご飯と野菜炒めとスープはお代わり自由。飲み物自己負担。

 

 

スクリーンで古典舞踊の習得の難しさや内容を日本語で説明がありましたが、「悲しい話」だったみたいですが、いまいち内容が分からず。衣装は、煌びやかで見ごたえはありますタイの伝統芸能を初体験でした。

 

IMG_9380-suijo.jpg IMG_9372t-suijo.jpg
▲古典舞踊

 

 

21:05ホテル到着(お疲れ様でした)

 

 

3日目無事終了。ダムナンサドゥワック水上マーケット、ローズガーデン、タイ古典舞踊は、タイに旅行したら1度は観光する価値はあるかもしれませんが、日程がタイトなら省いてもいいかも。特にローズガーデンは…。さて、明日4日目は、バンコク市内観光の目玉である暁の寺院(ワットアルン)、涅槃寺(ワットポー)、王宮・エメラルド寺院とバンコク寺院巡りです。

 

【タイ4日目 その① ワット・アルン】へつづく

 

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-120.html

2010/01/04 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: タイ 水上マーケットとローズ・ガーデン

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)