中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

タイ旅行 ついに最終回(タイ式マッサージ・バンコク)

   ↑  2010/01/12 (火)  カテゴリー: タイ旅行

訪問日2009年12月上旬。さて、早朝からのバンコク寺院巡りもAM10:18 最終のワット・プラケオと王宮で終了。車に乗りこみます。3つの寺院を短時間に目まぐるしく回ったので少々観光疲れ。次は、タイ式マッサージです。タイの旅行中は、毎日歩きまわっていたので、慢性的な筋肉痛。待ちに待ったリフレッシュタイム!!

 

 

車で移動

 

AM10:53 タイ式マッサージに到着

 

 

【タイ式マッサージ】10:53~12:01
旅行雑誌等に掲載されてはいませんでしたが、現地ツアー御用達のようです。

 

IMG_9835-massa.jpg
▲タイ式マッサージのお店

  

 

添乗員さんに連れられ、お店に入ると。

着くやいなや、靴、靴下を脱ぎ、塩で足を洗ってもらいます。その後エレベーターで上の階に上がっていくと、そこにはカーテンで仕切られた、ちょっと薄暗い個室が。貴重品を壁にあるボックスに入れ鍵をかけ、病院の時の検査着みたいのに着替えます。(「上の下着は、取るの?」と聞いたらそうだと言われました)

 

 

ゴリゴリ、ギュウギュウかなり強い力で

 

揉まれたり、押さえられたり…。

 

「痛くないですか?」なんて聞かれても、

 

小心者の私たちは、「あっ気持ちいいです」なんて答えちゃってます。

 

でもほんとうはかなり痛い!!

 

 

どうやって女性にこんな強い力が???と思いうつ伏せでしたが、ちらっと見ると肘や膝など全身を使ってマッサージしてました。でもこれが長年培ったタイ式マッサージの技術なんですね。やってる時は、痛かったけど少し筋肉痛が和らぎ楽になったようなぁ。慣れれば癖になりそうです。時間の延長も出来たのですが、今回は時間がなかったので1時間で終了。ツアーなので、チップは払っていませんが、ツアー料金に100バーツのチップが含まれているそうです。(ツアーのチップは、1時間でも2時間でも100バーツのチップだそうです。1時間~2時間のマッサージでチップの相場は、50~100バーツみたいです)

 

IMG_9839-massa.jpg IMG_9852-massa.jpg
▲靴・靴下を脱いで塩で足を洗ってくれます 

IMG_9848-massa.jpg IMG_9844-massa.jpg
▲タイ式マッサージの部屋

 

 

 

12:01終了

 

車で移動

 

12:26 福満楼(昼食 点心)到着

 

 

【昼食】12:26~13:17 ※短めにしてもらったので。

昼食です。お店に入る時に添乗員さんが「ここの飲茶は、種類が多くて、とっても美味しいのよ~」と。でも残念なことに、お店の予約が私たちを入れて2組しかないので、多くの種類の飲茶は作ってなく、軽い定食メニューと飲茶10種類くらいにメニューが変更。飲茶は美味しかったです。デザートは、サービスで2皿もくれました。

 

IMG_9886-massa.jpg
▲福満楼

 IMG_9881-massa.jpg IMG_9883-massa.jpg
▲店内ガラスキ

 

 

13:17 食事終了

 

途中、車で移動。すごい渋滞。最寄りのBTSの駅で降ろしてくれればいいのに。。と思いましたが

 

 

 

14:14ホテル到着 

 

ここで、添乗員さんとさようなら。ツアーの観光は終了です

 

 

ここから、自由行動。ツアーで観光地ばかりだったので、短い時間ですがバンコクの雰囲気や街並みを体験するため、宿泊しているロイヤル・オーキッド・シェラトンホテルから専用シャトルボートですぐ出発。最寄のBTSサパーンタクシン駅からサイアム駅から直結しているサイアム・パロゴンへ。

 

IMG_9941-massa.jpg IMG_9958-massa.jpg  
▲シャトルボート  ▲BTSの改札と切符

 

BTSの車両は全面広告になっているのか、カラフルでバラエティーに富んでいて、見ているだけでも楽しく、電車好きの私としては嬉しい限りでした

 

IMG_9965-massa.jpg
▲赤くて派手です!! 

IMG_0048-massa.jpg 
▲ピンクでわんこ。かわいい。 

IMG_0049-massa.jpg
▲青くてカッコいい!

 

 車内の吊革は、赤。シートは黄色。日本にはない原色が素敵です。車内は、とても綺麗です。飲食は禁止。モニターが付いていてコマーシャルが流れていて、結構皆さん見てます。

 

IMG_9966-massa.jpg
▲車内はとても清潔で快適です。

IMG_0045-massa.jpg IMG_0044t-massa.jpg
▲サイアム駅

 

サイアム・パラゴンは、高級ショッピングセンター広い店内には、ブランドショップや外車のショールームがあり、日本のデパートより豪華で綺麗で、ここがタイだということを忘れてしまいます。クリスマスの時期でしたので、より華やかでした。ここでお土産を購入。そうそう、トイレに紙が流せないところ」はタイらしかったです

  

 IMG_9980-massa.jpg
▲サイアムパラゴン三番出口 

IMG_9976-massa.jpg IMG_9982-massa.jpg
▲外観 ▲フードコート

 

サイアム・パラゴンからチャットロム駅へ迷わないようにBTSの線路の下(ラマ1世通り)を、ブラブラ。サイアム駅付近は超近代化されていますが、少しでもエキゾチックなタイらしい雰囲気があるところはないかと探していたところ、交差しているラチャダムリ通に屋台が出ていました。(後で、地図で調べるともう少し行くと伊勢丹があるみたい。もっと行けば屋台がもっとあったみたいです。)活気が溢れていてパワーを感じます。今回は時間がありませんでしたが、次回は勇気をもって屋台にチャレンジしてみたいです。

  

IMG_0028-massa.jpg 
▲ラチャダムり通り

IMG_9994-massa.jpg 
▲電話ボックス(壊れてるみたいですけど)

IMG_0009-massa.jpg
▲ちょっと見ただけでは、わからないもの売ってました!!

IMG_9999-massa.jpg
▲とうもろこしも売ってます

IMG_0023-massa.jpg
▲バンコクの渋滞。凄いですね。

 

 

 

ホテルに帰り、18:30ロビーで待ち合わせ

 

 

バンコクに赴任している知人と18:30に待ち合わせ。バンコクの大渋滞で30分くらい遅れましたが、無事に落ち合う事が出来き、夕食をご馳走になりました。場所がどこなのかはさっぱりわかりませんが、美味しかったです。タイには、中国の方が多く移住しており「タイ風中華料理」が美味しいそうです。特にフカヒレなど高級食材が日本よりお手軽に楽しめるとのことです。

 

IMG_0068-massa.jpg IMG_0072-massa.jpg IMG_0073-massa.jpg IMG_0078-massa.jpg IMG_0084-massa.jpg

▲贅沢です。フカヒレスープや海老さんも美味しかったです。フカヒレスープにおそばを入れて食べました。

甘めの味付けのやきそばも美味しいです。

 

  

車でホテルに送ってもらい。ホテル到着。

  

 


翌日AM5:30ロビー集合。お弁当をもらい車で空港に向かいます。

  

AM8:30発  ANA NH954

 

IMG_0112-massa.jpg IMG_0124-massa.jpg

▲スワンナプーム国際空港出発ロビー

 

 

16:20 着(約5時間50分)無事日本到着

 

 

12月6日~12月10日(4泊5日、ロイヤル・オーキッド・シェラトン)のANAハローツアー「旅ドキ十八番見どころ満彩バンコク・アユタヤ」でのタイ旅行終了です。料金は、10万6800円(午前便利用、空港使用料、現地空港諸税は含まず)。だいだい同じ条件で、観光なしだと2万4000円安くなります。観光2.5日(入場料、チップ、タイ式マッサージ含む)、食事(昼3回、夜2回、飲み物代は別)も付いていていたので、観光付きの方が料金的にはお得だったと思います。また特に私たちは、ほとんど2人だったので、とてもラッキーでした。かなりスケジュールがハードでしたがアユタヤや水上マーケットなど観光地を効率よく回ることが出来ましたし、初めての所は、言葉も地理も分からないので、ツアーで観光した方が安心だと思います。次回は、地図とガイドブックでゆっくりとした自分たちの旅行を計画したいと思います。添乗員さんにも大変よくしていただき、久々の海外旅行で初めてのタイでしたがとても楽しい旅行が出来ました

 

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-124.html

2010/01/12 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: タイ旅行 ついに最終回(タイ式マッサージ・バンコク)

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)