中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

四万温泉観光

   ↑  2010/02/20 (土)  カテゴリー: 四万温泉


訪問日2010年2月上旬。宿に荷物を預けて、さっそく四万温泉の観光に。四万温泉は、四万川沿いに温泉宿やお店が広がっています。そのため四万川に沿って歩いていくと観光と散策が出来ます。宿泊した鍾寿館(しょうじゅかん)から最寄りのバス停山口バス停」を起点に四万温泉観光スタートです(所要時間は山口バス停を起点としています。飲食等や観光の時間は入っていません)。

 

IMG_1289-simakankou.jpg 
▲とてもレトロな雰囲気の山口バス停

 

 

【四万やまぐち館】鍾寿館(しょうじゅかん)、山口バス停からすぐ。

今回のプランに日帰り入浴券が付いていたので、鍾寿館(しょうじゅかん)近くの「四万やまぐち館」の日帰り温泉に。 フロントの方の対応もよく、四万川沿いにある大きな立派な旅館です。旅館に入る時は、靴脱ぎロッカー(100円、あとから戻ってくるタイプ)に入れます。

 

IMG_1304-simakankou.jpg 
▲四万やまぐち館

IMG_1318c-simakankou.jpg IMG_1315-simakankou.jpg

▲ロビー(写真ではわかり難いと思いますが華やいでいました)  ▲お風呂へ向かう廊下

 

四万川沿いでとっても趣きがあるお風呂でした。川風に当たり、渓流のせせらぎを聞きながらの入湯は最高。鍵(100円入れて戻るタイプ)がかかる貴重品等を入れるロッカーもあります。脱衣所も綺麗です。

 

IMG_3915-simakankou.jpg 
▲男湯と女湯は入れ替え制です

 

IMG_3942-sumakankou.jpg 
▲渓流露天風呂四万川の湯(改装工事中でシートがかかっているところも)

 

IMG_1306c-simankankou.jpg 
▲お題目大露天風呂(こちらも四万川に面しています) 右にはお題目が掘られた大きな岩が

 

 

【ヤマザキショップ・香茶房(かおりさぼう)おきなや】鐘寿館、山口バス停からすぐ

IMG_1595-simakankou.jpg IMG_1283-simakankou.jpg
▲コンビニみたいなお店▲香茶房 おきなや 足湯あり 月曜定休 9:00~15:00

 

 

【山口露天風呂】山口バス停より徒歩約2分 9:00~21:00 混浴。冬期は休業

IMG_1178-simankankou.jpg IMG_1179-simankankou.jpg
▲山口露天風呂入り口(2009.12.28~2010.3.31休業、無料)。四万川を渡ります

 

【上之湯(かみのゆ)】山口バス停より徒歩約3分 9:00~15:00 男女別々です。無料。

 

IMG_1186-simankankou.jpg
▲上之湯(かみのゆ)

IMG_1184-simankankou.jpg IMG_1183-simankankou.jpg
▲男女別々。比較的新しい感じです

  

【月見橋】山口バス停より徒歩約6分 

IMG_1602-simakankou.jpg IMG_1604-simakankou.jpg
▲月見橋 ▲四万川

 

【銀泉茶屋】山口バス停より徒歩約8分 10:00~15:00  不定休

IMG_1192-simankankou.jpg IMG_1395c-simankankou.jpg
▲四万温泉名物「あがししコロッケ200円」、「焼きまんじゅう120円」も売ってます

 

【四万温泉協会】山口バス停より徒歩約10分  8:30~17:15 無休

 

IMG_1196c-simaonsen.jpg 
▲四万温泉協会(雨宿りやトイレが借りられます)

 

【柏屋カフェ】山口バス停より徒歩約11分 10:00~18:00 木曜定休

柏屋旅館の姉妹店。とても人気なカフェです。四万温泉名物の「あがししコロッケバーガー」や好評の「温泉マークカプチーノ」があります。お昼時は混雑していましたので、時間をずらして食事をした方がいいですね。私たちも12:10に入りましたが、25分待ちました(あまりにもお昼どきでした)。席は、1階に6席。2階は、カウンターや4人用席が17席くらい。あとソファーの席。2階の方が雰囲気もよくゆっくり出来ます。

 

IMG_1277-simakankou.jpg
▲柏屋カフェ(雰囲気がとてもいいです)

IMG_1248-simakankou.jpg IMG_1274-simakankou.jpg
▲レトロな感じの2階建てです  ▲1階には和雑貨のお土産屋もあります

 

 

で、もちろん人気メニューを注文。待つこと約15分。

 

 

四万の新名物「あがししコロッケバーガー」が登場

 

 

「あがしし」とは、吾妻地方の野生のイノシシとの意味だそうです。吾妻の「あが」とイノシシの「しし」だとのこと。揚げたてでアツアツです。温泉マークの付いたバンズはしっかりしていて、あがししコロッケと甘めの味噌だれとうまく絡まっていてとても美味しいです。イノシシの肉が入っているので、少し癖があるのかなぁと思いましたが、まったく気になりません。付け合わせのポテトも美味しかったです。

 

IMG_1257-simakankou.jpg
▲あがししコロッケバーガープレート850円(フライドポテト&ピクルス付き)

 

IMG_1270-simakankou.jpg
▲温泉マークカプチーノ550円(チョコレートで温泉のマーク。かわいい)

 

 

【焼きまんじゅう 島村】山口バス停より徒歩約11分 柏屋カフェの前 10:00~16:00 不定休

ここの焼きまんじゅうが一番人気のようです。

 

IMG_1247-simakankou.jpg
▲焼きまんじゅう 島村 (一串200円) 

IMG_1781-simakankou.jpg IMG_1790-simakankou.jpg
▲注文すると焼いてくれます▲持ち帰りも店内で食べることも

 

上州名物(群馬名物)焼きまんじゅう。初めて食べました。味噌の味は、五平もちみたいな甘めです。写真では、だんごのように見えるかもしれませんが全然違います。パンみたいな、肉まんの皮みたいな、うまく例えることは出来ませんがふわふわしている食感です。若干パサパサして喉が渇きます。

 

IMG_1787-sumakankou.jpg
▲上州名物(群馬名物)焼きまんじゅう

  

【塩之湯飲泉所】山口バス停から徒歩約12分

 

IMG_1607-simaonsen.jpg
▲塩之湯飲泉所

 

四万温泉には、飲泉所があちこちにありますが、塩之湯飲泉所はカエルの湯口がポイント。可愛いです。その名の通りほのかに塩味がします。

 

IMG_1201-simaonsen.jpg IMG_1200-simaonsen.jpg
▲カエルの湯口

IMG_1418-simakankou.jpg IMG_1424-sumakankou.jpg
▲夜にはライトアップされます。川岸にも灯りが点灯されます

  

 【四万温泉バス停】山口バス停より徒歩約16分  

IMG_1628-sumakankou.jpg 
▲四万温泉バス停(終点)

 

【河原の湯】山口バス停より徒歩約16分  四万グランドホテルの前にあります   9:00~15:00 無料

  

IMG_1203-simakankou.jpg
▲河原の湯(萩橋の下、川に降りたところにあります) 

IMG_1206-sumakankou.jpg IMG_3910-sumakankou.jpg
▲石造りの壁です

  

【高田屋菓子舗・四万グランドホテル】山口バス停から約16分

高田屋菓子舗は、8:00~18:00 無休 

 

IMG_1212-sumakankou.jpg IMG_1624-sumakankou.jpg
▲高田屋菓子本舗(お団子が有名) ▲四万グランドホテル(お土産を買いました)

 

 

【積善館本館】山口バス停より徒歩約18分

高田屋と四万グランドホテルの間の道をまっすぐ進むと、左手に赤い橋の積善館本館。県の重要文化財で「千と千尋の神隠し」の油屋のイメージの旅館のひとつです。

 

IMG_1631-sumakankou.jpg 
▲積善館  本館

 

【落合通り】山口バス停より徒歩約18分 積善館 本館の前

 

IMG_1215-sumakankou.jpg IMG_1222c-sumakankou.jpg
▲落合通り(レトロな街並みということですが…思ったほどでは…)

 

【四万たむら】山口バス停より徒歩約20分 積善館を出て左。急な坂を上がります。四万温泉では有名な旅館なので記念に見に行きました。四万グランドホテルと姉妹旅館で、相互でお風呂が入れるみたいです。

 

IMG_1642t-sumakankou.jpg
▲四万たむら(四万グランドホテルと姉妹旅館)

 

宿泊した鍾寿館の最寄りのバス停(山口)から歩いて約20分のエリアの四万温泉観光と散策でした(観光や飲食の時間を除いて)。バス停だと山口~月見橋~四万局前~四万温泉の3区間を歩いたことになります。2月でしたが、四万温泉はもともと雪はそれほど降らないようです。四万温泉のホームページにはライブ映像があるので、道路の雪の状況を見てどの靴にするかを参考にしましたが、スニーカーで大丈夫でした(車は冬の装備が必要)。私たちは張り切り過ぎで1泊2日の間に何往復もしたので、少し疲れましたが…。そうそう、店の閉まるのが早いところは注意が必要です。四万温泉は、豊かな自然と豊富な湯量と効能、ちょっと地味ではありますが、レトロで落ち着いた良い雰囲気の温泉街でした。ただただ温泉を堪能する贅沢な過ごし方でした。

 

※お店等の情報は、変わることがありますので詳細はご確認下さい。

 

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-131.html

2010/02/20 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


この整然とした御案内実に分かりやすいです

これをお手本に、積善館まで歩きます。
柏屋カフェでランチをとり、焼まんじゅうはあきらめます。
「温泉協会」でおさんぽマップをもらうつもりですが、
このブログには負けるでしょう。御礼まで。

雨曇子 |  2014/07/22 (火) 11:06 [ 編集 ] No.280


Re: 有難うございます

雨曇子さま
この四万温泉観光のページで雨曇子さんとの出会いがあったのですね。
四万温泉に感謝です。
焼きまんじゅう(群馬名物)は、散策の途中でもしお腹に余裕があれば…
積善館本館とその前の赤い橋はとても絵になります。大歩危トラベル御一行様が楽しそうに写真に納まる様が目に浮かびます。
待ち遠しいですね。

achikochi |  2014/07/22 (火) 22:47 [ 編集 ] No.282

コメントを投稿する 記事: 四万温泉観光

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)