中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

四万温泉 積善館 日帰り温泉の謎

   ↑  2010/02/24 (水)  カテゴリー: 四万温泉


訪問日2010年2月上旬平日。四万温泉に来たからには、積善館で日帰りの温泉に入らないわけにはいきません。宿泊した鍾寿館(しょうじゅかん)から散策しながら徒歩約20分弱。積善館本館に到着。群馬県指定重要文化財の歴史ある建物と赤い「慶雲橋」が印象的です。「千と千尋の神隠し」のイメージになったことでも有名ですね。ここは、四万温泉のなかで指折りの観光スポットで、絶好の記念写真の場所です。

 

IMG_1631-sekizenkan.jpg

▲積善館本館(慶雲橋) 

IMG_1635-sekizenkan.jpg

▲どこを写しても絵になります。1階が「元禄の湯」

 

 

【日帰り温泉】 

 

慶雲橋を渡って

 

 IMG_1235t1-sekizenkan.jpg IMG_1650-1sekizenkan.jpg

▲入り口

 

 

戸をあけるとすぐ受付

 

 

 

土足のままであがり受付のところまで行きます。入浴だけの方は、左に見える券売機で買えば良いみたいですが、入浴と一緒に食事をする人は受付でメニューとだいたいの時間を予約して料金を支払います。

 

ここで、「謎」が。ガラガラと戸を開けてどうすればいいのかしばらく待っていたら、旅館の人が登場。「日帰り温泉に来たのですが、入浴したあとに本館の大広間で休憩出来るんですね。」と私たちが尋ねると、若い男の受付の人は「大広間で休憩出来るなんてことは聞いていないので、こっちでは対応できない!!休憩は食堂(積善や)だけ。」ととても無愛想な対応。私たちは積善館の日帰りプランを見てその内容を言っているのに…「日帰りプランのページにちゃんと書いてあるんですけど」と積善館の本館の大広間で休憩出来ると記載された日帰りプランのページのコピーを見せると、「聞いてないからこちらでは対応出来ないです」と。それから本部なのか営業部なのかどこかに電話して「ホームページ間違ってるよ!!聞いてないよ。こっちは対応出来ないから」と偉そうに言い、私たちにはなんの謝罪の言葉もありませんでした。あまりの対応の悪さに日帰り温泉に入る気もなくなりましたが、ここまで来たので「食事(釜揚げうどん)+入浴+休憩(食堂「積善や」だけ)2000円」のプランに。温泉に入った後ゆっくり畳で休憩して、予定のバスの時間まで過ごそうと思った当初の予定は崩れました

 

 IMG_1735-sekizenkan.jpg

▲積善館本館受付(左に見えるのが券売機)

 

 

   

土足のまま、元禄の間の右にある引き戸から、お風呂に行きます

 

   

 

IMG_1733-sekizenkan.jpg 
▲元禄の間(資料室等)は靴を脱ぎますが、あとは土足 

IMG_1741-sekizenkan.jpg 
▲元禄の間。上段の間の展示。資料室も。 

IMG_1701-sekizenkan.jpg 
▲平成8年3月 群馬県指定重要文化財 

IMG_1698-sekizenkan.jpg
▲飲泉所(外からはここには入れません)

 

 

下駄箱に靴を入れます

 

 

IMG_1654-sekizenkan.jpg
▲入り口(外からは、ここには入れません)

 

 

戸を開けると

 

 

いきなり5つのお風呂がど~んと登場

びっくり!!仕切りはまったくありません

 

 

大きなアーチ型の窓からは光が差し込み、天井とても高く開放感があります。 とってもモダンな大正ロマンを感じる建物。平日だったので空いていましたが、休日は混雑しているとのことです。

 

 

IMG_1660-sekisuikan.jpg
▲5つの湯船があります 

IMG_1664-sekisuikan.jpg 
▲右側の壁に見える入り口は、源泉の蒸気の蒸し風呂。

 

なぜか水槽があって金魚がいました。水槽は男湯と女湯でつながっているみたいで、最初は金魚はいませんでしたが、しばらくたって三匹登場。

 

IMG_1687-sekisuikan.jpg
▲金魚がいます

  

 

脱衣所は壁側にあり、なんの仕切りもなくすぐにお風呂です

 

 

IMG_1661sekisuikan.jpg
▲脱衣所

 

 

日帰り温泉では、「元禄の湯」だけでなく「岩風呂(混浴)」にも入浴出来ます。受付左の階段を上がり廊下を歩きまた階段を下ります。

 

IMG_1652-sekizenkan.jpg
▲受付の左の階段 

IMG_1729-sekizenkan.jpg IMG_1724-sekizenkan.jpg
▲左に曲がり廊下を歩き、階段を下ります

  

IMG_1719-sekizenkan.jpg 

▲岩風呂入り口、脱衣所は別々

  

IMG_1712-sekizenkan.jpg
▲岩風呂(混浴)

 

温泉を堪能し、昼食へ。食堂「積善や」で昼食と休憩。今回は平日なので空いていましたが、週末は大変混雑しているらしいので、休憩と言っても食堂は食事待ちの人で溢れると思われます。そのため食堂「積善や」でも休憩はゆっくりは出来ません。うどんはすぐに食べ終わってしまいますし…。混んではいませんでしたが、うどんを食べすぐに出ました。(食堂の方は、いい方でした)

 

IMG_1751-sekizenkan.jpg
▲食堂「積善や」。手前が休憩するところ

IMG_1757-sekizenkan.jpg
▲温泉釜揚げうどん1300円(源泉でゆでています。締めはそば湯ならぬ温泉湯です)  

IMG_1771-sekizenkan.jpg 
▲「元禄の湯」の外観。緑の網があるところがたぶん金魚の水槽

IMG_1748-sekizenkan.jpg
▲積善館入り口からの慶雲橋

 

 

帰ってからしばらく日が経っているのに積善館の「日帰りプラン」にはいまだに、「足を伸ばして。ごろんと横になって」と本館大広間で休憩出来ることが堂々と掲載されていました。(このページをアップ時点で。でも掲載は、かなり前からです)。あの時のことは、何かの手違いだったのか、勘違いだったのか、運が悪かったのか??はたして本館大広間の休憩は、出来るのか?出来ないのか?今でも謎です。帰ってきてからもあの対応のひどさには残念な気持ちと悲しい気持ちでいっぱいです。積善館本館で会った他の従業員さんはとてもよい対応をしてもらったので、あの偉そうな若い男の人は、いったいなんだったのだろーか!!建物には歴史あり、お風呂は趣きがあり、とてもよかったのですが、納得のいかない積善館本館の日帰り温泉でした。

    
 

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-132.html

2010/02/24 | Comment (8) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 中野刑務所跡の門と桜
この前の記事 : 四万温泉観光

Comment


No title

こんばんは
積善館、残念でしたね。私だったら・・・短気なんです。
私もHPチェックしました。ばっちり載ってますね。いやはや。

四万温泉は私も若かりし頃に当時の彼女と行きました。
四満館カナ?・・・なにもかもが懐かしい。(ヤマト風)
やさしい湯で良いですよね。古き良き温泉街。
久しぶりに行きたくなりました。積善館の若い衆の顔でも
拝んできますかな。冗談です。

3月は鹿島・山形・大坂と少し忙しいので、4月以降ですね。
今週は暖かいらしいので、花粉症にお気をつけください。グスン。

鼠 |  2010/02/28 (日) 22:43 [ 編集 ] No.62


Re: いつもありがとうございます

鼠さま

四万温泉にも行かれたことがあるのですね。
本当にやわらかくやさしいお湯で、この季節湯加減もちょうどよく
いつまでも浸かっていたい温泉でした。

その分、積善館本館受付の対応は残念でしたね!!
(奥さんは帰ってからもお怒りです。いやはやホームページにまだありましたか!?)

3月は盛りだくさんのようですが、お仕事?それとも旅行ですか?
山形には美味しそうなものが沢山ありそうですね…。
また教えて下さい。

花粉症に気をつけて行ってきて下さい。(こちらは奥さんが満開になってます)


achikochi |  2010/03/01 (月) 00:16 [ 編集 ] No.63


こんばんは

あちこち様こんばんは。
鹿島に行ってきました。完全なプライベートです。鹿島はモツ煮が名物です。美味しいですよ。
今週は横須賀で釣り。来週は山形です。楽しみです。因みに全部日帰りです。(笑)。アホでしょ?(笑)。

鼠 |  2010/03/10 (水) 20:22 [ 編集 ] No.67


Re: こんばんは

鼠さま

お帰りなさい。
鹿島の名物が「モツ煮」ということを初めて知りました。
名物を食べるのは楽しみですね。
なんと山形も日帰りなんですか!!今回もアクティブですね。
どこか温泉でも?それともグルメ三昧ですかな?
楽しみですね。


achikochi |  2010/03/10 (水) 22:05 [ 編集 ] No.68


No title

四万温泉に行こうと思い調べているうちこちらにたどりつきました。
受付の方、およそサービス業にはありえない対応で読んでいてびっくりです。経営者の関係者でしょうか?雇われていてその対応は考えられませんから・・・。
積善館ともうひとつのほうとで迷っていましたがここはやめておきます。
お金を払って落ち度もないのに不愉快な目にあいたくないですもの。

貴重な(でも災難でしたね)情報ありがとうございます。

くみこ |  2010/03/17 (水) 16:06 No.69


Re: コメントありがとうございます

くみこさま

初めまして。
そうなんです。運が悪かったのか??
「積善館本館の日帰り温泉」は、悲しい結果でしたi-241
お風呂と建物は、とても素敵だったのですが…

四万温泉、満喫してきて下さいね。
お湯がやさしく温泉三昧するにはぴったりの温泉ですが、
お店が早く閉まるところが多いので、営業時間には注意が必要です。
柏屋カフェの「あがししコロッケバーガー」は美味しかったですよ。


achikochi |  2010/03/17 (水) 19:29 [ 編集 ] No.70


No title

はじめまして、
温泉ブログを書いておりますユキといいます。
僕は4月10日に日帰りで積善館に行きましたが休憩室は使えると言っていましたよ。でも僕らは使いませんでしたが

日帰り入浴は「元禄風呂」に「岩風呂」だけなんですね。
山荘の露天風呂にも入れたらよかったのですが…

ユキ |  2010/04/30 (金) 17:58 No.87


Re: コメントありがとうございます

ユキさま

はじめまして。
休憩室の情報ありがとうございます。

積善館のホームページに載っているように「休憩室」に「本館大広間」が含まれているといいのですが…。私達が行った時は「休憩室」とは、食堂の「積善や」の隅のことでした。残念ながらゆっくりとは…。

そうですよね。日帰りで「山荘の露天風呂」も入れるとお得感がありますよね。





achikochi |  2010/04/30 (金) 19:45 [ 編集 ] No.88

コメントを投稿する 記事: 四万温泉 積善館 日帰り温泉の謎

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 中野刑務所跡の門と桜
この前の記事 : 四万温泉観光