中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

大哺乳類展 国立科学博物館

   ↑  2010/04/06 (火)  カテゴリー: 展覧会・イベント


上野の
国立科学博物館で3月13日(土)~6月13日(日)まで開催している特別展大哺乳類展(陸のなかまたち)を上野恩賜公園の花見を兼ねて行ってきました。この展覧会は、国立科学博物館が秘蔵する「ヨシモトコレクション(ハワイ出身の日系2世W.T.ヨシモト氏の寄贈の剥製)を中心に化石、剥製、骨格など約280点を公開。その進化や体のしくみやくらしを知ることが出来るそうです。国立科学博物館には初めて来ましたが、建物はとてもクラッシックで重厚な趣き。外見からでは想像もつきませんが、上から見ると飛行機型のデザインになっているそうです。入り口には機関車、そして出口には大きなクジラの模型。常時展示については(大哺乳類展などは特別展なので違います)小・中・高校生は、無料で入館できるとのことで、自然科学に興味を持つには非常に良い場所ですね。

 

 

IMG_2383h-daiho
▲国立科学美術館

 

くじらの模型は、体長30メートル、体重約150トンのメスのシロナガスクジラで、海面での深呼吸を終え急速に潜ろうとしているところだそうです。(看板より)

 

IMG_2389-daiho.jpg IMG_2385-daiho.jpg 
▲入り口には機関車      ▲出口には、クジラ  

IMG_2393-dahio.jpg
▲大哺乳類展会場入り口

 

15:10分。到着。切符を買う長い列が。会場に入るのには「20分待ち」という看板が出ていました。切符を持っていたので、そのまま直進。春休みだったので、子供連れの方が多いのかなぁと思っていたら、意外にも大人の方も多く並んでいました。(私たちもそうなんですが)

 

IMG_2396-daiho.jpg IMG_2397-daiho.jpg
▲切符売り場の列▲切符売り場

  

 

15:19 入場(意外と早く約9分並んで入れました)

 

会場は、プロローグ、第1章哺乳類の来た道、第2章からだ、第3章くらし、第4章自然を記録した人たち、第5章共に生きるで構成されています。展示会の音声ガイド(500円)には、科学バラエティー番組「飛び出せ!科学くん」(TBSテレビ)に出演しているタレントのココリコ田中直樹さんと中川翔子さんが登場。「飛び出せ!科学くん」で科学博物館の剥製を放送した縁でタイアップしているそうです。会場では、子供さんが音声ガイドを熱心に聞いている姿を多く見かけました。大哺乳類展の会場内は、ビデオ撮影は出来ませんが、フラッシュなしでのカメラ撮影は出来きます(一部著作権が発生するところでは撮影は出来ません)。こういう展示会では、珍しいですよね。動物達(剥製)と一緒に写真が撮れますよ。

 

 

IMG_2401-daiho.jpg 
▲入り口

 

 

プロローグのところにはレオポンがいますが、入り口の近くは混雑しているので、ついつい見逃してしまうので注意が必要です(私たちはすっかり見逃しました)。1番のお勧めは、2章のからだ。入ってすぐの右側に沢山の剥製がずらりと並んでいて圧倒されます。その前列に3大珍獣のオカピ、パンダ、コビトカバがいます。ここは、一番人気のあるところなのでなかなか列が前に進みませんが、、ジャイアントパンダの「リンリン」は絶対見逃さないようにして下さい。

 

IMG_2422t-daihosyu.jpg
▲館内の混雑状態(奥の混雑しているところが、第2章入り口、パンダのいるところです 

IMG_2419-daiho.jpg
▲三大珍獣(手前よりコビトカバ・パンダ・オカピ)

 

パンダの剥製は、「リンリン」のみでした。リンリンは、2008年4月30日に慢性心不全で22歳7カ月の生涯を終えたそうです。人間でいうと約70歳だとのこと。子供の頃見たパンダの記憶とは違い小さいような感じはしました。

 

IMG_2414-daiho.jpg
▲上野動物園「りんりん」 

IMG_2429-daiho.jpg
▲勢ぞろい

IMG_2430-daiho.jpg
▲当たり前ですがリアルです

 

また第2章のからだでは、実際にツノや毛皮に触れる体験コーナーが壁際にあります。混雑のなかパンダ「りんりん」の剥製をやっと見れて満足し通り過ぎないように注意です。是非体験しましょう。

 

IMG_2441-daiho.jpg IMG_2451-daiho.jpg
▲?(忘れてしまいました)▲サイのツノ 

IMG_2442-daiho.jpg
▲トナカイのツノ(びっくり!!毛が生えています) 

IMG_2438-daiho.jpg 
▲リアル過ぎてちょっと恐いですね

 

いろいろな毛皮が触れます。人気なので、残念ながらもう既に毛がはげてしまったところも!! 

 

IMG_2449-daiho.jpg
▲いろいろな毛皮が触れます

IMG_2421-daiho.jpg
▲骨格(黒のバックに白い骨がくっきりと写ります)

 

第3章くらしでは、ホッキョクグマの剥製がひと際目を引きます。ホッキョクグマの正面で一緒に写真を写すと迫力のある記念写真が撮れます。哺乳類は、5000種類以上に繁栄したとのことですが、5種に1種は絶滅の危機にあるそうで、ホッキョクグマも絶滅が心配されている1つだそうです。

 

IMG_2454-daiho.jpg
▲ホッキョクグマの剥製 

IMG_2435-daiho.jpg 
▲ライオン

 

第4章自然を記録した人たちは、著作権の関係で撮影は出来ません。第5章共に生きるでは、バッファローがいました(たぶん5章だと思うのですが…ちょっと自信なし)。

 

IMG_2436-daiho.jpg 
▲バファロー

 

 

16:09(約50分) 出口へ

 

出口が少し分かりづらかったですが、人の流れについていったら出られました。もう少し展示スペースに余裕があれば展示間隔も大きくなり、混雑も緩和できゆったりと見学出来たのではと思いますが、大人でも充分楽しめました。この大哺乳類展(陸のなかまたち)が終了すると、2010年7月10日(土)~9月26日(日)からは、大哺乳類展(海のなかまたち)が同じ国立科学博物館で開催されるそうです。クジラ、イルカ、アザラシ、ラッコなど海の哺乳類の生態を紹介するとのことです。

 

IMG_2462-daihosyu.jpg IMG_2464-daiho.jpg
▲出口  ▲出口のクジラの模型のアップ

  

 

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-137.html

2010/04/06 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 大哺乳類展 国立科学博物館

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)