中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

北斗星 シャワーを浴びよう!!

   ↑  2010/07/20 (火)  カテゴリー: 北斗星の旅(小樽・札幌)

訪問日2010年6月中旬
さすが寝台特急北斗星。食堂車だけでなくシャワールームもあります。札幌市内のサイクリングで汗をかなりかいていたし、列車でシャワーを浴びることも「寝台列車の旅の醍醐味」!!もちろん利用します。
シャワーの時間の予約は、食堂車(グランシャリオ)でします。北斗星に乗車された方のブログに、乗車後早く食堂車(グランシャリオ)へ行き、シャワーカード310円を購入し時間の予約をすることとアドバイスがあったので、それに従い乗車後まっすぐ食堂車に向かい、希望通りの時間18:30~19:00で2室(AとB)を予約しました。 係の方(アテンダント)が、シャワーカードにシャワールームの番号(AかB)と利用時間を書き込んで渡してくれます。AとBの2室しかないので、希望時間がかち合えば早いもの勝ちということですね。予約出来る時間は、上り17:30~22:00、6:00~9:30下り19:00~23:00、6:00~11:00(30分単位)予約がいっぱいになったら終了。 シャワーカードの購入と合わせて、シャワーセット420円(シャンプー・リンス・ボディーソープ・タオル)も購入。タオルには、北斗星のロゴ(1度洗ったらとれそうですが)、シャンプー等は市販のものと全くかわりませんでした。ビニールの白い巾着袋もついてますが残念ながら北斗星のロゴなどなく無地です。
部屋に戻りシャワーカードを見るとカシオペアのロゴが。悲しいことに北斗星のロゴではありません!どうして?もしかして…?北斗星頑張れ!!


IMG_2047-syawa-.jpg IMG_3794-sywa-.jpg
▲シャワーセットと浴衣    ▲シャワーカード



シャワールームは6号車です(A・Bの2室が並んでいます)。
では、18:30から30分(お湯が出るのは6分)、さっそくシャワータイムです。


IMG_4120-sywa-.jpg IMG_2072-syawa-.jpg 

▲シャワールーム入り口  ▲使用中にはランプがつきます

IMG_3803-syawa-.jpg 
▲戸をあけるとすぐに脱衣所。右にシャワーカードを入れる機械。

 

IMG_3802-syawa-.jpg IMG_2067-syawa-.jpg
▲シャワーカードを入れる機械 ▲利用内容




【貼ってあるご利用案内の内容】
①戸を閉めて鍵をしっかり掛けます(鍵をかけないと作動しません)
②緑のランプがついてることを確認
③購入したシャワーカードを矢印の方向へ挿入
④黄色ランプがついたらお湯がでます
⑤お湯が出るのは6分間です。途中で止まるのボタンを押すと時間も止まります。
⑥残り時間が1分間になるとブザーが5秒間なります
⑦連続して2枚のカードは使えません
⑧シャワー室内は、清潔に使って下さい。
⑨非常のときは非常ボタンを押して下さい。


他にシャワーカードを購入したときにもらった「シャワールームご利用のお客様へ」という説明書きには、指定された部屋(A・B)を使い時間内に利用すること、石鹸・タオル等の用意はないこと、シャワーの途中で鍵を開けてしまうと無効になりお湯が出なくなってしまうこと、事故・故障以外は払い戻しはしないということが書いてあります。ここで一番大切なことは、鍵を掛けシャワーカードを入れてしまうと、途中で忘れ物をしたりしてもシャワーは無効となってしまうので、入る前に忘れ物がないかくれぐれも注意して下さい


鍵を掛け、緑のランプを確認しシャワーカードを挿入。
脱衣場には壁に籠がついていて、鏡の下に小物入、タオル掛け、ドライアー(少しパワー不足だったような…)。バスマットとして、何枚もタオルが重ねて敷いてありましたが、18:30に入ったときには既にかなり濡れていました


IMG_3799-syawa2-.jpg 

▲脱衣室(揺れのためボケてます)

 


天井を見るとアーチ型なっています。かなり揺れ時々壁にぶつかるので(ちょっと大げさかなぁ)、ここが列車内であるということが実感出来ます。
シャワー開始です。表示時間は6分。緑のボタンを押すとスタートし、表示時間が秒単位でカウントダウンされます。赤いボタンを押すともちろんちゃんと止まり、表示時間も止まります。最初は水が出てくるかと思いましたが、すぐにお湯が出てきました。泡まみれのまま終了しないかとびくびくしながら使いましたが、大丈夫でした。旦那さんは、余裕だったとのことですが、奥さんは、2度シャンプーし、化粧を落とし、体を洗ったりすると余裕とはまで言えませんでした。夏で強力日焼け止めをぬっていたらなおさら。女性は、化粧は少し落としてきた方が時間にゆとりがでると思います。シャワーは残り1分でほんとうにブザーがなり、時間がなくなるとお湯が止まりました。列車でシャワーを浴びる!!という貴重な体験でした。
結果的にはシャワールームは、それほど混雑していなかった様子ですが、やはり希望時間通りに入りたかったら早めの予約をお勧めします。


IMG_3821-syawa-.jpg IMG_2065-syawa-.jpg

▲シャワールーム内部の上 ▲シャワールーム内部の下

IMG_3827-syawa-.jpg 
▲シャワー時間は6分の表示 赤はストップボタン緑シャワーボタン
IMG_3840-syawa-.jpgIMG_3844-syawa-.jpg
 ▲シャワー時間終了するとお湯はストップ ▲シャワー準備中になります
 


シャワールームがある6号車には、ロビー(禁煙)と電話があります。乗車した夜はグループで満杯でしたが、早朝は空いていたので、しばらくゆっくりと大きな車窓から風景を楽しみました。
ロビーで東室蘭駅から乗車したという女性と少しお話しできました。「北海道は空港へ行くのが大変だから、この北斗星はとても便利。その上都内の乗車券がついているし、寝ている間に着くし」とのこと。「揺れてなかなか眠れなかったですよ」と言うと、「私は全然気になりません。爆睡でしたよ」と。東京に下宿している息子さんに会いに行くそうです。北斗星は、旅行だけでなく北海道の方の大切な交通手段になっているのですね。
ロビーにある自動販売機では、お茶や水は販売されていますが、酒類はありません。持ち込むか、車内販売の時間内で購入するしかないですね。


IMG_4035-syawa-.jpg IMG_4045-syawa-.jpg
▲大きな窓があるロビー、電話ブースがありその向こうがシャワールーム▲電話
IMG_4053-syawa-.jpg
▲ロビー(左ソファー、右イス)、自動販売機
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-156.html

2010/07/20 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 北斗星 シャワーを浴びよう!!

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)