中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

湯谷温泉 旅館翆明(すいめい)宿泊記

   ↑  2010/10/16 (土)  カテゴリー: 湯谷温泉(愛知県)


9月25日(土)宿は、「旅館翆明」。大規模な旅館でなくアットホームであり、そして何より源泉掛け流しでにごり湯であるということが決定の理由です。口コミで少し気になるところもありましたが、「まぁ料金が安いからなぁ」と思い、旅行サイトで「にごり湯と鳳来牛三種料理プラン」10800円(土曜宿泊)を予約。
地図がわかり難く無事にたどりつけるかぁと思いましたが、無事到着。湯谷温泉駅を出て右に行き(駅を背にして)踏み切りの手前の道を左に行くのですが、ここさえ間違えなければ、あとは宇連川にかかっている赤いつり橋を渡り、左の方に行ったらなんとなく着きました。

IMG_5390-yuyaonsen.jpg IMG_5257-yuyaonsen.jpg 
▲踏み切り前の道を左、看板あります▲赤いつり橋渡ります 



玄関には名前入りの歓迎の看板。入るとすぐロビーでした。チェックインし部屋に案内してもらいます。とても静かで川の音だけがBGMのように流れ、窓から緑のなかに宇連川を眺めることが出来ます。部屋は、綺麗に掃除されてはいますが、年月が経っているためかなんとなく古い家の臭い」が…。家族経営みたいで、接客は親切でアットホームな感じです(人によってはざっくばらん)。テレビは電波がもともと弱い上に、地デジ化の影響もあり、波打っていて全然見れる状態ではありませでした。 また自動販売機はありましたが、ジュースの料金が200円でした。(湯谷温泉駅では、料金は変わらなかったのに…)。
 

IMG_5261-yuyaonsen.jpg 
▲旅館翆明(すいめい)
IMG_5321-yuyaonsen.jpg
▲部屋 (蚊が多いので部屋に備え付けベープを使用)
IMG_5326-yuyaonsen.jpg 

▲窓からの風景(宇連川、前の旅館は閉鎖されているようです)



チェックインの時に空いていたので、すぐに「貸切露天風呂」(6:30~23:00)へ。貸切露天風呂はロビーから外の通路を通って行きます。予約は必要なく、ロビーの入り口の所の札が「使用中」でなければ、フロントに一声かけ、札を「使用中」に変え、入り口にあるサンダルで外の通路を通って行きます。 通路を行くとすぐに小さい建物があり戸を開けると脱衣所、そして右奥に露天風呂があります(露天には石鹸等はありません)。
お湯は、源泉掛け流しだそうです。色は緑っぽく、ほとんど底が見えないくらいにごっています。また少しなめると(飲泉出来ませんが)塩と鉄の味が強くしました。よく見ると茶色い湯の花がゆらゆらと漂っています。 う~ん。いい感じです。川のせせらぎを聞きながらの貸切露天風呂は風情がありました。また夜のランプの灯で入る露天風呂も格別でした。
ただ9月下旬でしたが、川沿いなので大きな黒いやぶ蚊が沢山いました。夜は気にならなかったのですが、夕方はもの凄かったので注意が必要です。
男女別(入れ替えなし)内風呂(6:30~22:30)も貸切露天風呂と同様に緑っぽくにごってました。宿泊客が少なかったので、内風呂を独占できとても贅沢な気持ちでした。ただシャンプー&リンス、ボディーソープはありましたが、アメニティーをはじめ化粧水や洗顔フォーム等はありません。

IMG_5299-yuyaonsen.jpg IMG_5264-yuyaonsen.jpg
▲ロビー(ロビーより露天風呂へ行きます)▲貸切露天風呂への通路
IMG_5270-yuyaonsen.jpg IMG_5296-yuyaonsen.jpg
▲源泉掛け流し▲軒先にはランプ
IMG_5281-yuyaonsen.jpg 

▲貸切露天風呂(雨でも大丈夫。屋根はあります)

IMG_5314-yuyaonsen.jpg 
▲男性内風呂

 IMG_5308-yuyaonsen.jpg
▲女性内風呂

さて食事ですが、今回は鳳来牛三種料理プラン。夕食は、プランの名の通り牛肉が三種類と天ぷら、お刺身、アユの塩焼きなど盛り沢山です。量的にはお腹いっぱいで、美味しかったのですが、「これ」っと印象にのこるものはなかったかなぁ(料金が安いので贅沢は言えませんが)。朝食の方は、夕食と違いかなりと寂しい感じでした。夕食がお腹がいっぱいになるぐらいの量だったので、朝食に少し分ければバランスがいいと思うのですが…。

IMG_5347-yuyaonsen.jpg IMG_5329-yuyaonsen.jpg
▲朝食(え!!これだけ?)▲夕食(下の写真に写ってない鳳来牛の3種のうちの2種)

IMG_5335-yuyaonsen.jpg 
▲夕食(鳳来牛三種料理プラン)



部屋など施設は少々老朽化したり、宿の工事が途中になってたり、蚊が大量発生していたり…。でも料金がお手頃だし、なにより源泉掛け流しでにごり湯だったので、また湯谷温泉に行く機会があれば利用したいと思います。 






関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-167.html

2010/10/16 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 湯谷温泉 旅館翆明(すいめい)宿泊記

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)