中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

熊本城観光

   ↑  2011/04/14 (木)  カテゴリー: 雲仙温泉・地獄温泉・垂玉温泉、熊本城


雲仙温泉、地獄温泉の旅も最終ページ。フィナーレは、熊本城観光(訪問日2010.11月中旬平日)です。
熊本駅前から市電に乗り熊本城前で下車し、行幸橋のところにある加藤清正公像へ行く予定でしたが、方向音痴なので迷い、お揃いのウィンドブレーカーを着た方に(ボランティアの方かしら)道を尋ねたら、親切にも連れて行ってもらいました。実は、すぐだったのですね。徒歩約4分くらいでした。無事に清正公像に着き、記念写真清正公のバックには熊本城が控えています



IMG_7096-kumamotojyou.jpg
 
▲加藤清正公像


長塀通りを歩き


IMG_7104-kumamotojyou.jpg IMG_7105-kumamotojyou.jpg
▲長塀▲長塀通り




まずは、下通アーケード街の紅蘭亭で熊本名物太平燕で腹ごしらし、市電と熊本城が両方撮れるスポットで写真を写し(前のページ)熊本城に向かいます。




13:37須戸口門から入城


IMG_7125-kumamotojyou.jpg
▲須戸口門
IMG_7133-kumamotojyou.jpg IMG_7136-kumamotojyou.jpg
▲東十八間櫓かなぁ?   ▲不開門(あかずのもん)



本丸御殿の下を通り


IMG_7139-kumamotojyou.jpg
▲本丸御殿の下の通路を通る




熊本城が現われました


平日(2010年11月中旬)ですが、沢山の観光客が訪れています。加藤清正公に扮する方と一緒に記念写真が撮れたり、清正公・細川忠興・ガラシャの看板に顔を入れて、熊本城と写せるスポットがあったりと観光雰囲気を盛り上げています。


IMG_7158-kumamotojyou.jpg
▲熊本城(左大天守閣、右小天守閣)、熊本市イメージキャラクター「ひごまるくん」


天守閣内は博物館となっています。写真禁止マーク以外のところなら写真撮影は出来ますが、写したいなぁと思うところは、ほとんど禁止マークが…残念。一口城主の方の名前がずらーと並んでいました(熊本城は愛されていますね)。



IMG_7160-kumamotojyou.jpg
▲天守閣入り口




入る前にちょっと上を見ると

敵から襲撃されないような工夫がみられます




IMG_7219t-kumamotojyoum.jpg 




大天守閣から

IMG_7168-kumamotojyou.jpg 
▲西側 宇土櫓(うとやぐら)



熊本城は、別名「銀杏城」と呼ばれているそうです。大銀杏の前の立て看板には、『銀杏は加藤清正が築城を記念して植え、亡くなる時、「この銀杏の木が天守閣と同じ高さとなったときに、何か異変が起こる」と予言し、その時が明治10年(1877年)の西南戦争のときであったとも言われている』と。西南戦争の年に、大銀杏も天守閣や本丸御殿と燃えてしまったとのことですが、根元から芽を吹き130年後の今はこんなに立派に成長しています。銀杏の生命力の凄さにびっくりです。


IMG_7167m-kumamotojyou 
▲東側 本丸御殿と大銀杏

【本丸御殿】
天守閣を降りて、次は本丸御殿へ。復元工事が終了し、平成20年から一般公開。とても煌びやかです。フラッシュなしなら、写真が撮れます。

IMG_7187-kumamotojyou.jpg 
▲梅之間
IMG_7195-kumamotojyou.jpg 
▲若松之間
IMG_7201-kumamotojyou.jpg
▲昭君之間の天井
IMG_7207-kumamotojyou.jpg 
▲昭君之間




本丸御殿を出て



唯一現存する多層櫓の宇土櫓へ


IMG_7252-kumamotojyou.jpg 
▲宇土櫓(重要文化財)
IMG_7260-kumamotojyou.jpg IMG_7261-kumamotojyou.jpg
▲宇土櫓最上より天守閣 ▲渡り櫓
IMG_7266-kumamotojyou.jpg IMG_7257-kumamotojyou.jpg
▲隠し部屋みたいなのが、天井の空間にありました▲宇土櫓内



【二様の石垣】スポット。石垣は「武者返し」として、上の方が角度が急になっています。左の石垣は、緩やかなもの(加藤清正時代)、右は、急勾配(細川時代)。

IMG_7245-kumamotojyou.jpg 
▲二様の石垣と天守閣


スポット。竹の丸より天守閣
IMG_7276-kumamotojyou.jpg 
▲竹の丸より 天守閣


IMG_7277-kumamotojyou.jpg IMG_7279-kumamojyou.jpg
▲井戸(竹の丸)▲長塀

IMG_7280-kumamotojyou.jpg
▲飯田丸五階櫓



16:08熊本城を櫨方門より出る。所要時間約2時間31分。




方向音痴なことと、予習していなかったこと、そして、思った以上に広大で天守閣だけでなく見学するところが満載だったことで、所要時間が長かった割には効率悪く、見落としたところが多くあり反省です。天守閣や本丸御殿は燃えてしまっていますが、とても忠実に復元してありますし、石垣や櫓には清正の城造りのこだわりが感じらますし、大変見ごたえがありました。また、一口城主や案内の方々など、熊本のみなさんの熊本城への思いを強く感じることができました。



関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-187.html

2011/04/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 熊本城観光

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)