中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

奥鬼怒川 加仁湯宿泊記

   ↑  2011/05/13 (金)  カテゴリー: 加仁湯・八丁湯・女夫渕温泉

2泊した加仁湯をご案内します(訪問日2011年3月上旬平日。温泉については、別のページで紹介)。加仁湯はテレビでも多く取り上げられる秘湯で、にごり湯として人気が高い宿。ゆっくりお湯を堪能するために、日帰り客がほとんど来ない雪がある時期を選びました。 日帰り温泉には女夫渕からの送迎がないので、冬だとさすがに奥鬼怒遊歩道を歩いて来るのは大変ですね。
下の写真は快晴ですが、前日は一日中雪。3月上旬にもなれば雪はそれほどないかと思っていましたが、さすが秘湯の奥鬼怒川。すごく積りました。油断してスニーカーで来てしまったことを後悔(歩いて八丁湯の日帰り温泉に行く予定だったので)。
ちなみに今回の私たちのいでたちは、ダウン、フリース、フリースのハイネック、ヒートテックの下着、下はジーンズ。



屋根には雪



IMG_8036-kaniyu.jpg
▲加仁湯本館正面(4階建の2階が玄関) 右手前には足湯(前日の雪とうって変って快晴)


玄関を入ると


 IMG_4107-kaniyu.jpg IMG_4104-kaniyu.jpg 
▲玄関からまっすぐの廊下をはさんで左に談話室▲右にはフロントと売店(お土産、バスタオル1000円)
IMG_4108-kaniyu.jpg IMG_7969-kaniyu.jpg
▲談話室には囲炉裏のまわりに動物さん達の剥製が▲加仁湯の家紋入りのマット




鉄筋4階の本館と積善館、木造2階のあすなろ館があります


積善館の方がお風呂へ行くのに近く料金は少し高め
(たぶん広いとも思う)


私たちの宿泊する部屋は本館


IMG_7808-kaniyu.jpg 
▲本館の部屋


部屋はいたってふつう。浴衣は、かなりくたびれていました。奥さんは、宿のバスタオル(黄色)を混浴に入る時に巻き、持参したバスタオルで体を拭くようにしました(もちろん自分で持っていったバスタオルを巻いてもOKですが、乾くとゴワゴワになるので、宿の方を使った方がいいと思います)。 濡れたバスタオルは、ヒーターの前に干すと4時間くらいで乾きました  
部屋は暖房が効いていましたが、お風呂への通路はさすがに寒かったです。とくに雪が降るなか屋外にある第2露天風呂に行ったときは凍えてしまいそうでした(雪のなかで入るのはちょっと厳しい)。
建物は古いのですが、隣の部屋の声や音はまったく気になりませんでした。
 
IMG_7812-kaniyu.jpg IMG_7816-kaniyu.jpg
▲浴衣、茶羽織、バスタオル、アメニティ(タオル・ハブラシ)ドライヤー(パワーあまりなし)
IMG_7818-kaniyu.jpg IMG_4179-kaniyu.jpg
▲部屋のトイレ(ウォシュレット)▲廊下

【食事】
食事は本館1階の大広間。畳にテーブルと椅子。テレビで見た時は、テーブル席ではなかったので、食事処はもう一ヵ所ありそうです。朝食は7:30~、夕食は18:00~で、時間の選択はありません。
何故か男女ともご飯のお代わり率がとっても高い。あちこちで「すみませ~ん」の声が。もちろん私たちもしっかりいただきました。 
どこの宿でも連泊すれば食事の内容が変わると思いますが、加仁湯の食事は、日ごとにではなく1泊目と2泊目とで料理が違っていました。それに気づいたのは2泊目の夕食。私たちのテーブルに並べられた料理が他と違う...見まわすと、他のテーブルには私たちの1泊目に出されたお料理が。私たちは周囲から少し注目されることに。3泊するとどうなるのかちょっと興味がわきます。
夕食については、品数は多かったですが内容的にはこれという印象はなく普通かなぁ。朝食は夕食にくらべ少しボリュームがありません。
連泊したので、2日目のお昼に山菜うどんと山菜そば(各600円)を頼みました(メニューはこのふたつのみ)。部屋に持ってきてくれます。

IMG_7944-kaniyu.jpg 
▲畳にテーブル席
IMG_7949-kaniyu.jpg 
▲1泊目夕食
IMG_7964-kaniyu.jpg IMG_7959-kaniyu.jpg
▲川魚のホイル焼き▲グラタン?も付いていました
IMG_7973-kaniyu.jpg 
▲1泊目朝食 干物を焼きます
IMG_4166-kaniyu.jpg 
▲2泊目の夕食 鹿刺がつきました(写真左)
IMG_4175-kaniyu.jpg IMG_8183-kaniyu.jpg
▲出来上がりのフタをあけると▲2泊のため昼食で山菜うどんとそば注文 各600円
IMG_4185-kaniyu.jpg 
▲2泊目の朝食 卵はベーコンエッグにします




正面玄関の提灯に火が灯されると

夜も雰囲気満天です



IMG_7966-kaniyu.jpg
▲夜の加仁湯




人気の露天風呂については次のページ(同カテゴリー)で



関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-194.html

2011/05/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : ベランダ菜園 シソの苗
この前の記事 : ベランダ菜園 ナスの花咲く

Comment

コメントを投稿する 記事: 奥鬼怒川 加仁湯宿泊記

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : ベランダ菜園 シソの苗
この前の記事 : ベランダ菜園 ナスの花咲く