中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

ベランダ菜園 栄養不足のナスの花

   ↑  2011/06/09 (木)  カテゴリー: ナス

他のページでも書きましたが、ナスの花は栄養状態により、雌しべが長く受粉しやすい花を 長花柱花(ちょうかちゅうか)と雌しべが短く受粉し難い短花柱花(たんかちゅうか)があるとのこと。
もちろん良い花は長花柱花(ちょうかちゅうか)の方です。

我が家のナスもつぼみが沢山ついて喜んでいたのですが、この頃短花柱花(たんかちゅうか)や小さい花が多く咲きだしました。 短花柱花は、栄養不足つまり肥料不足のサインらしいので追肥。でもそれだけでなく栄養不足には、日照や気温もあると思います。例年より早く梅雨入り、しかも台風まで来て気温が低く日照不足。 そのうえベランダなので、日照不足は深刻です。自然には勝てませんね。
まだまだ木も小さいので、対策としては梅雨が明けるまでは無理せず、ヨワヨワしいつぼみは早めに取って体力温存するにすること。
立派なつぼみでも咲いたら短花柱花だったら、早めに取った方がいいですよ。受粉する確立は低いそうです。 
 



短花柱花と長花柱花では、 こんなにはっきり違います
 



一見立派な花に見えますが

雌しべが短く、受粉し難い花
 
これが短花柱花です


IMG_0751-2nasum2.jpg
 ▲短花柱花(たんかちゅうか)





雌しべが長く、受粉しやすい花
(現在はナスの実をつけ観察中)

これが長花柱花ですご立派


IMG_0650-3nasum2.jpg   
▲長花柱花(ちょうかちゅうか)


早く梅雨が明け暑くなり(今年は節電なので暑いと困るのですが)、ナスが大収穫出来るのを期待しながら今は我慢の時です。

 初収穫につづく 

 
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-211.html

2011/06/09 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 女夫渕温泉 日帰り温泉
この前の記事 : 加仁湯から八丁湯 日帰り温泉