中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

野地温泉 野地温泉ホテル 温泉編

   ↑  2011/08/14 (日)  カテゴリー: 野地温泉・新野地温泉・赤湯温泉・鷲倉温泉

応援します!!福島

訪問日2011年7月中旬平日。さて、野地温泉ホテルのお湯(福島県・訪問日7月中旬平日)はというと、豊富な湯量の源泉が絶え間なく流れ、底が見えないくらい白く濁っています。硫黄の匂いをとっても感じますが、優しい湯でした。
風呂は、男性大浴場(剣の湯)、女性大浴場(扇の湯)&露天風呂(羽衣の湯)、そして男女入替の趣きの異なる3つのお風呂。この3つのお風呂「鬼面の湯」・「千寿の湯」・「天狗の湯」は、3時間ごとの男女入替制(入替の順番も3カ月ごとに変えているようです)で、同じ宿の湯とは思えないくらい雰囲気が違うので、1日何回湯めぐりをしても飽きることはありません。
日帰り温泉も時間制限はなく何度でも湯に入れるので(日帰り湯の入浴時間内であれば)、男女入替のタイミングにうまく合えば全てのお湯が制覇出来ます。団体客と一緒になってしまうとゆっくりとは楽しめませんが…。



IMG_1320-nojionsen.jpg 
▲3時間ごとの男女入れ替え(時期により時間は変わります)


お風呂の入り口で「男性タイム」か「女性タイム」かが点灯して表示されます
表示は入替時間がくると自動で切り替わるそうです
チャイムなどのお知らせはありませんから
自分で時間をしっかりチェックすることが必要です

大浴場と天狗の湯のみシャワー・シャンプー・リンス・ボティーソープあり。アメニティー(化粧水とか)はありません。ロッカーやドライヤーは大浴場にありました。

【鬼面の湯】

近くの鬼面山からその名をとられた、旅行会社のパンフレットや温泉ガイドブックなどでお馴染みの一番人気の露天風呂。でもパンフレットの写真よりもずっと開放感があります。壁にしっかり時計が見られるので、男女入替の時間にはここは安心です。
 
IMG_1183-nojionsen.jpg 
▲鬼面の湯 入り口 いまは男性タイム

IMG_1319-nojoonsen.jpg 
▲階段を上がっていきます 




緑のなかで開放感たっぷりです
 



IMG_1282-nojionsen.jpg
▲脱衣小屋の外にはデッキがあり休憩出来ます
 IMG_1272-nojionsen.jpg
▲鬼面の湯 福島の名石、鮫川石が 配されています

IMG_1237-nojionsen.jpg IMG_1247-nojionsen.jpg
▲夜はライトアップされます (緑がいいのかはちょっと疑問)

【天狗の湯】
入れ替えの湯の中で唯一洗い場(シャワー、シャンプー&リンス、ボティーソープ)があります。 露天で源泉が湯筒から勢いよく流れる音は、圧巻です。風呂の所に時計がないので、時間を一番気にする風呂です。

IMG_5019-nojionsen.jpg 
▲天狗の湯入り口


湯量が一番豊富なので

一番温度が高いです

IMG_4945-nojionsen.jpg  
▲写真右にの洗い場には、シャワーがあります(写ってませんが)




露天風呂には内風呂と洗い場から両方行けます  

音を立てて湯筒から源泉が勢いよく流れてます 

 
IMG_5014-nojionsen.jpg 
▲露天風呂
IMG_4952-nojionsen.jpg  IMG_5013-nojionsen.jpg
▲露天には屋根があり、壁には天狗▲露天と内湯の間には戸の仕切り(お湯に入ったまま移動できます)




【千寿の湯】 
3つの入れ替えの湯では、一番渋い感じで、檜の香りがし天井が高く落ち着く湯です。湯殿は3つに仕切られていて、手前の湯はぬるめでゆっくり入れます。

IMG_1179-nojionsen.jpg 
▲千寿の湯の入り口
IMG_1289-nojionsen.jpg IMG_1291-nojionsen.jpg   
▲窓の外には源泉が噴き出すのが見られます
IMG_1296-nojionsen.jpg IMG_1256-nojionsen.jpg 
▲湯口    ▲夜はライトアップ




檜の香りが漂うなか

高い天井を見上げると… あれ



IMG_1305-nojionsen.jpg 
▲3つの湯殿は木の仕切りに穴があいているので、源泉に近いほうが温度が高い

【男性大浴場(剣の湯)】
男性には、露天がありませんが、広々とした大浴場です。サウナもついています。
IMG_1314-nojionsen1.jpg IMG_1171-nojionsen.jpg 
▲男性大浴場


【女性大浴場(扇の湯)&露天風呂(羽衣の湯)】

 IMG_4955-nojionsen.jpg IMG_4966k-nojionsen.jpg
▲脱衣所▲女性大浴場、そのまま露天風呂へいけます




この女性専用露天風呂もなかなかいいです


お湯がゆるめで落ち着けます



IMG_500-nojionsen.jpg 
▲女性専用露天風呂(羽衣の湯)


通常なら大混雑する人気の湯をもったいないくらい贅沢に独占しました(特に奥さんは、一度も風呂で他の女性客には会いませんでした)。 これも震災の影響なんですね。
秘湯という感じではありませんが、緑豊かで開放感があったり、源泉が筒から流れる音の演出があったり、檜の香りがしたりと趣向を凝らした温泉はとても良かったです。
これで接客が良ければ…いやせめて普通なら最高なんですが…。ほんと残念なかぎりです(宿泊記は前のページに書きました)。

野地温泉ホテルチェックアウト後は、徒歩で新野地温泉(相模屋旅館)の日帰り温泉へ向かいます


『野地温泉ホテル日帰り温泉(宿のパンフレットによると)』
※変更することがあるので、詳細はご確認下さい。

日帰り温泉は、大人800円、小人(4歳以上小学生まで)400円、幼児(3歳以下)無料。
入浴時間内(平日10:00~16:00、土日祝10:00~15:00※受付は1時間前まで)なら何度でも入浴出来きます。
※掃除等の為(10:00~14:00頃)まで利用出来ないお風呂があることもあり。
※男女入替の湯の時間。月によって入れ替わってます。
【1,2,3,7,8,9月】
男性
 10時~13時 天狗の湯 13時~16時 鬼面の湯・千寿の湯
女性 10時~13時 鬼面の湯・千寿の湯 13時~16時 天狗の湯

【4,5,6,10,11,12月】
男性
 10時~13時 鬼面の湯・千寿の湯 13時~16時 天狗の湯
女性 10時~13時 天狗の湯 13時~16時 鬼面の湯・千寿の湯


無料休憩所(10:00~14:00)が利用出来る※土日祝等は混雑することあり。他有料個室休憩プランあり(要予約)

野地温泉ホテルホームページ→こちら

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-224.html

2011/08/14 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : ベランダ菜園 ナスの剪定
この前の記事 : ベランダ菜園 朝顔の花観察

Comment


あちこち様こんにちは

またまたまた、あちこち楽しそうな所に出かけてますね。野地温泉の露天いいですねぇ。少し鶴の湯にも似た雰囲気?。メモらせていただきます。
まだまだ暑いですが、そろそろ紅葉時期の予定をなんて思ってましたが、候補が一つ増えました(笑)。

鼠 |  2011/08/23 (火) 07:35 [ 編集 ] No.118


Re: こんばんは

鼠さま
コメントありがとうございます。お久しぶりです。お元気でしたか?
茨城に旅行していたので返信が大変遅くなりました。すみません。
野地温泉→新野地温泉→赤湯温泉→鷲倉温泉は、どれも良かったですよ。今年はどうなるかわかりませんが、例年紅葉時は大混雑みたいです…でも是非候補に入れて下さい。

achikochi |  2011/08/25 (木) 21:00 [ 編集 ] No.119

コメントを投稿する 記事: 野地温泉 野地温泉ホテル 温泉編

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : ベランダ菜園 ナスの剪定
この前の記事 : ベランダ菜園 朝顔の花観察