中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

茨城県袋田の滝のアクセス(電車・バス)編

   ↑  2011/09/24 (土)  カテゴリー: 袋田温泉・袋田の滝


水戸へ行く用事ができ、せっかくなので袋田の滝と袋田温泉に足をのばすことにしました(訪問日:2011年8月下旬平日)。袋田の滝は、栃木県華厳の滝、和歌山県那智の滝と並ぶ「日本三大名瀑」のひとつで、茨城県内では有数の観光地。でも、茨城も被災に加え風評被害で、袋田の滝の観光客も減っているとのこと。少しでも茨城を応援出来ればいいなぁと思います。
「袋田の滝」へのアクセスは、上野駅から常磐線で水戸駅へ、水戸駅で水郡線に乗り換え袋田駅下車、そこからバスです。常磐線の特急「フレッシュひたち」は、「えきねっと」(平日20%引)で予約し、宿泊先の「思い出浪漫館」もネットで予約。




では、実際の「袋田の滝」へのアクセスを詳しく紹介



上野駅は広くて迷いますね。「スーパーひたち」や「フレッシュひたち」への乗車は、「13~17特急のりば」を目指し進んで下さい(草津号等の特急も同じ乗り場です)。



IMG_1970-fukuroda.jpg 
▲上野駅ホーム



表示板(中央改札側の方)通りに進んで行きます


ここで乗車前のトイレタイム

スーパーひたちやフレッシュひたちの改札に入る手前の13番線ホーム(寝台特急北斗星やカシオペアが入線するホーム)の前にあるトイレがとても広くゆっくりできるのでお気に入りです。もちろん電車内にもありますが…。



IMG_1987t-fukuroda.jpg 
▲13番線近くにあるトイレ


いばらきの観光PRの前を通り


IMG_1975-fukuroda.jpg IMG_1981-fukuroda.jpg
▲いばらきの観光PR



16・17番線のホームに入ります


ホームへの入り口に改札があり、中野から上野までの切符を出し、水戸まで切符と特急券を検札


IMG_1976-fukuroda.jpg 
▲スーパーひたち・フレッシュひたちの改札




フレッシュひたち13号  9:30 上野発(乗車9:15)
(時間に余裕を持たせていますが、30分後のスーパーひたち15号でも水郡線に接続出来ます)


上野から水戸へ行く特急は、「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」があります。スーパーひたちは、水戸までノンストップですが、フレッシュひたちは柏や土浦等に停車するため約10分乗車時間が長いです。でも10分くらいなら、どちらでもあまり気になりませんね。

IMG_1992-fukuroda.jpg
▲フレッシュひたち
IMG_1995-fukuroda.jpg IMG_1999-fukuroda.jpg
▲平日なので3割くらいの乗車率でした



車窓から眺める風景には、ブルーシートがかかっている屋根が…。茨城も震災のつめ痕がまだまだ残っています


 フレッシュひたち13号 水戸着10:47(77分)


IMG_1998-fukuroda.jpg
▲水戸駅に到着


水戸駅で1・2番線の水郡線に乗り換え(階段を上がってすぐでした)

IMG_2003-fukuroda.jpg IMG_2005-fukuroda.jpg
▲フレッシュひたちを降りた常磐線ホーム(3・4番線)▲水郡線は1・2番線



この水郡線も震災で暫く運休していました。再開して良かったです。

水郡線プチ情報
①水郡線は途中の上菅谷駅で支線に分かれます。袋田の滝へ行くには「常陸大子・郡山行」に。「常陸太田行」では行けませんのでご注意を。
②水郡線は本数が少ないので、東京方面から行く方は、接続を考慮してフレッシュひたち・スーパーひたちの時刻を決めて下さい。袋田でバスに乗る方はその時刻も確認しておいたほうがいいですね。
③ワンマン運転(私達の乗ったときは乗務員が3人いましたが)で、無人駅が多く、1両目の車両しかドアが開かないことあり(心配の方は、先頭車両に乗車することをお勧め)。
④運賃の清算(スイカ不可、2011年8月時点)は車内で。私たちが乗車したときは車掌さんが車内をまわられていました。 降車時の清算は電車を停車させ迷惑になります。 
⑤各駅停車で結構長い時間(71分)乗ります。トイレは車内にもありますが、事前に済ます方が安心です。車内販売なし。 
⑥平日は途中までは通勤通学の生活線の雰囲気で、駅弁を食べていいかは悩むところ(もちろん食べている方はいましたが)。
⑦始発の水戸駅からしばらく満席になるかもしれないので、少しでも立ちたくない人は少し早めに行って並ぶといいでしょう(平日なら20分くらい経つと空いてきますが)※時間・曜日・日にちにより混雑具合は違いと思いますが。


訪問時は、袋田駅からの滝行きバスは、1日4本。そのうち水郡線と上手く連絡するのは3本でした。間違えやすいですが、袋田の滝の最寄りのバス停は「滝本」です。

【訪問時2011年8月】
水戸09:22→袋田10:31(10:35発の袋田の滝行きバスと接続)
                
水戸11:14→袋田12:28(12:30発の袋田の滝行きバスと接続)
            (13:55発の袋田の滝行きバスと接続)
水戸13:14→袋田14:25(14:30発の袋田の滝行きバスと接続


※時間等のデーターは訪問時のものであり変更する可能性があるので、時刻表で最新の情報を確認して下さい


なので、ちょっと手間ですが、水郡線とバスの時刻表を両方を確認して下さい

水郡線・バスの時刻表大子町観光協会ホームページ(ページ下の電車・バス・タクシー交通のご案内より)
※時刻表やタクシーの料金まで記載してあり、大子町観光協会は親切ですね。

水郡線の時刻JR東日本のホームページ(右上の「駅の時刻表」をクリック、駅名を入れ検索)
袋田の滝(滝行きバス)の時刻表茨城交通


水郡線 11:14 水戸発

水戸駅ではほぼ満席(平日)でしたが、すぐに降車するひとが多く、20分くらいで座れるようになりました。

IMG_2012-fukuroda.jpg 
▲水郡線(2両編成、トイレあり)

IMG_2021-fukuroda.jpg IMG_2022-fukuroda.jpg
▲水郡線車内 ワンマン仕様(整理券の箱に料金表示板) ▲1対1の対面座席



水郡線 12:28 袋田着(71分950円)

IMG_2026-fukuroda.jpg 
▲袋田
IMG_2028-fukuroda.jpg 
▲袋田駅のホーム


線路の向こう側に「ミニ袋田の滝」が。 シャレてます

IMG_2649-fukurada.jpg  
▲ミニ袋田の滝(線路をはさんだホームから)


赤い屋根と茶色の木の駅舎が可愛いですね
駅周辺には酒屋が1軒、お土産屋なし(切符の販売・自動販売機・トイレあり)
IMG_2621-fukuroda.jpg 
▲袋田駅(トイレは駅にもありますが、向かって右の別棟の方がいいです)


事前に調べたバスへの乗り換え時間は、電車到着から約2分
大丈夫だろーかと心配でしたが
駅前でバスが待っていました 

12:30 袋田駅前バス停発
 
袋田の滝の最寄の「滝本バス停」で下車(乗車時間約7~8分)。

滝本バス停から袋田の滝まで徒歩約10分
(足の悪い方は駅前からタクシーの方がいいかもしません。)

IMG_2626-fukuroda.jpg
▲袋田駅と袋田駅前バス停(タクシーもありました)



12:37滝本バス停着

終点なのですが、なんとなく途中の道路で降ろされたという感じ
バス停(滝本)で降りたらすぐに袋田の滝かと思っていたのでビックリ
帰りのバス停も同じ場所、降りたところの前にあります
トイレもそこにあります(滝の入り口までに全部で3ヵ所あります)

 
※東京駅(新宿)からの袋田の滝のアクセスとして
JRバス関東や茨城交通の高速バスもあります(到着時間遅し)
高速バスのバス停は「袋田の滝入口」ですが、「滝本」バス停と同じところです。


IMG_2037-fukurodam.jpg 
▲滝本バス停(終点) 乗客を降ろしたバスはどこへ行くのか…?


バスを降りたところから表示にしたがい右方向へ
滝に近づくにつれ、道の両側に宿や食事処、売店が見えてきます
そのまま道なりに行けば滝の入り口につきます



IMG_2050-fukuroda.jpg 
▲ 袋田の滝への道(水車があるお店も)


途中の売店で(帰りに食べる)

しゃもが名物みたいなので…。噛めば噛むほど…味があるかなぁ…

IMG_2240-fukuroda.jpg IMG_2243-fukuroda.jpg
▲注文するとあらためて焼いてくれます ▲左サトイモ、右しゃもつくね(各250円)
IMG_2053-fukuroda.jpg IMG_2055-fukuroda.jpg
▲袋田の滝への道
IMG_2058-fukuroda.jpg IMG_2059-fukuroda.jpg
▲滝の入り口左の看板 ▲最後になだらかなスロープ


バス停から徒歩約10分
12:52 袋田の滝の入り口に到着

(途中でトイレ休憩してます)

IMG_2064-fukuroda.jpg IMG_2068-fukuroda.jpg
▲入り口手前のトイレ(「この先ありません」の表示)▲入り口(無料車いす貸出あるが、数が少なそうなので、問い合わせが必要な感じ)


【帰り】
帰りは、宿の送迎バスで袋田駅へ。 切符は、袋田の駅の窓口で購入。
袋田駅発11:28分→12:39で水戸駅へ。ちなみに10時台の水郡線はありませんでした。チェックアウト後すぐに帰らず、袋田の滝を観光する人が多いのでしょうね~。
水戸での用事を済ませ、水戸17:27→上野18:35スーパーひたち50号で帰りました(私ごとですが、その時骨折しました)。


アクセスのページは、わかりやすくと頑張って書きました
お役に立てば幸いです。素敵な袋田の滝の旅を。

つぎのページはいよいよ袋田の滝です


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-234.html

2011/09/24 | Comment (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 袋田の滝編
この前の記事 : 福島土産編

Comment


鉄道.comで水郡線と検索かけてこちらのページにたどり着きました。
袋田レポ楽しく読ませて頂きました。自分が小学生の時に行ったきりなので近くに住みながら懐かしく感じました。笑
自分は常陸太田住みなのでぜひ今度は常陸太田支線のほうにもいらして下さいね。

骨折大丈夫ですか?

では次のアップ楽しみにしてまーす。

ぱーいち |  2011/09/24 (土) 21:41 [ 編集 ] No.130


Re: コメントありがとうございます

ぱーいちさま
はじめまして。
お見舞いいただき有難うございます。ぱーいちさんは震災は大丈夫でしたか?
常陸太田支線では、竜神大吊橋にも是非一度行ってみたいと思っています。
袋田へ行く途中、上菅谷駅で常陸太田発の「ハッスル黄門号」ともすれ違い感激しました。マスコットのハッスル黄門もばっちり見られました。
袋田の滝は、色々な角度から観賞することができ良かったです。実際に訪れないとあの迫力はわからないですね。小学生ということは…新しい観瀑台はありましたかぁ~!?

achikochi |  2011/09/24 (土) 23:43 [ 編集 ] No.131


コメント

はじめまして。
袋田の滝に行こうと思って検索しました。バス停とかもう一つの滝があるとか、内容は大変に参考になります。JRで袋田駅12:28着、帰りは滝本発15:10にしようと計画しています。

みけねこ |  2014/07/12 (土) 10:53 [ 編集 ] No.274


Re: 行ってらっしゃい(^^)/

みけねこさま
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
袋田の滝は、鑑賞ポイントによって変わる眺めを楽しんで下さいね。特につり橋からの滝の眺めは絶景です。そのつり橋を渡ると、生瀬の滝への階段に続くのですが、ちょっと慌ただしくなるので、こちらは時間に余裕があればチャレンジしてみて下さい(階段がとても急なのでウォーキングシューズで)。
素敵なご旅行を。

achikochi |  2014/07/12 (土) 12:34 [ 編集 ] No.275

コメントを投稿する 記事: 茨城県袋田の滝のアクセス(電車・バス)編

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 袋田の滝編
この前の記事 : 福島土産編