中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

冬の白骨温泉への電車・バスでの行き方

   ↑  2009/01/08 (木)  カテゴリー: 白骨温泉、松本城

以前から行きたかった名湯白骨温泉に行ってきました。
宿泊先は、白いにごり湯の大きな混浴野天風呂と体に泡がつく内風呂がある「泡の湯旅館」です。2009年1月8日から10日にかけての、公共交通機関(電車・バス)を乗り継いだ2泊3日の旅をご報告します。冬なので雪の影響で、無事に白骨温泉の「泡の湯旅館」までたどり着けるか、実際に行くまでとても心配でしたが、結論から言えば無事に到着しました。さすが雪国、少しの雪ぐらいでは運休にはなりません。雪景色を見ながらのんびりした温泉の旅でした。ただバスの時間や乗車場所などがわからず色々調べました。もし冬、白骨温泉にバス電車で行かれる方にご参考になればと思い実際に行った行き方を下記に書きました。


【松本駅から白骨温泉(泡の湯)へのアクセス・交通(冬)】
 

※平成20年11月16日~21年4月15日予定

 

アクセスは、2つあります。 

直行バス(松本バスターミナル→白骨温泉・泡の湯)で約2時間

電車(松本駅→電車で新島々(しんしましま)駅) と バス(新島々駅→白骨温泉・泡の湯)

冬期以外は、②のみです。電車で新島々駅まで行き、そこからバスへの乗り換えです。冬期のみ(平成20年11月16日~平成21年4月15日予定)松本バスターミナルからの直行バスがあります

 

時刻表・料金・行き方は、ブログアップ時点ので、変わることがあります。
詳細は、松本電気鉄道株式会社(観光地路線バス)ご確認ください⇒  
こちら



【松本駅から白骨温泉行きバス時刻】
(平成20年11月16日~平成21年4月15日予定)

行き、直行バス(松本バスターミナル→白骨温泉・泡の湯旅館)は、13:40発のみ。

帰り、直行バス(白骨温泉・泡の湯旅館→松本バスターミナル)は、10:00発のみ。

上記の②は、松本駅7:16発14:50発の電車のみが新島々で「白骨温泉(泡の湯)行きのバス」に乗りかえる事が出来ます。帰りは、「白骨温泉(泡の湯旅館))発のバス」15:45分のみが、同じく新島々駅で電車に乗り換えて松本駅に戻る事ができます。結論は、白骨温泉(泡の湯旅館)に行くアクセスは、①の松本バスターミナルからの  直行バスが一番おすすめなので、10:00発に遅れないように、早めに松本駅に着くことが大切です。帰りは、チェックアウトする時間位に、直行バスが(バスが来ると宿の方が呼んでくれます)来るので、乗り過ごす心配はいりません。


【松本から白骨温泉(泡の湯旅館)までの料金】 
 

 片道料金が大人1900円(子供950円)、往復料金が大人3400円(子供1700円)

 ※切符は料金がお得なので、往復切符がおすすめです。

※白骨温泉までと泡の湯旅館までの料金は、同  じ。また直行バス(松本バスターミナル→泡の湯旅館・白骨温泉)の料金と電車で新島々まで行きバスに乗り換える料金も同じです。

 

IMG_3756.jpg
▲お得な往復切符です。半券をなくさないように。

 

 

では、実際に行った行き方

新宿→松本→松本バスターミナル→白骨温泉(泡の湯)を紹介します。


【10:00 新宿駅出発】
 
新宿から特急「スーパーあずさ」で、約2時間30分(特急「あずさ」だと約2時間50分)で松本に到着です。平日にもかかわらず、10:00発の特急スーパーあずさ11号は、自由席が八王子でほぼ満員になりました。帰りは、特急「あずさ」でしたが、気のせいか行きの「スーパーあずさ」の方が揺れてほんの少し酔いました。 

IMG_3715_泡の湯
▲スーパーあずさ 


【12:31 松本駅到着】 

があると思ってましたが、市内の道路にはまったくありませんでした。駅には、荷物を入れるロッカー(大きさにより300円、400円、500円)が沢山ありました。改札を出て右の待合室の中にあるロッカーが一番きれいでした。帰りには、松本城やなわて通りなどの市内観光をしました。

 

IMG_3742.jpg
▲松本駅


松本駅のお城口
の方に出ると、駅のななめ右前に「espa」があり、その地下にバスターミナルがあります。

 

IMG_3731.jpg
 ▲地下にバスターミナルがあります


【13:40 松本バスターミナル出発】 

地下に切符売場があります。6番乗り場です。席は、すべて自由席。この日は、平日なのでとても空いてました。またターミナルは、禁煙です。 

 

IMG_3727.jpg IMG_3752.jpg 
▲切符売場   ▲ターミナル 

 

松本バスターミナルから白骨温泉(泡の湯旅館)までは、バス(トイレなし)で約2時間かかります。約2時間も乗るのは、ちょっと心配でしたが、「新島々バスターミナル」と「観光センター前」の2か所で時間調整とトイレ休憩があり安心でした。新島々バスターミナルと同じ所に新島々駅があります。直行バスが運行してない時期は、電車で松本→新島々。そしてこの新島々駅でバスに乗り換えます。  

 

IMG_3761.jpg IMG_3586.jpg
▲新島々バスターミナル  ▲新島々駅の改札

 

山道でしたがトイレ休憩もあり、酔う事もなく、快適な雪景色を見ながらの快適な乗車でした。(でもお守りに、酔い止めとビニール袋を持っていると安心ですね)

 

IMG_3768.jpg
▲バス(トイレなし)

 

【15:38 泡の湯旅館に到着】
無事に着きました。思っているほど、雪は積もっていません。ちゃんと着いて本当に良かったです。泡の湯旅館のバス停は白骨温泉のバス停の1つ手前です。 降りるとすぐ目の前に宿がありました。

  

IMG_3955.jpg IMG_3926.jpg   
▲バス停と正面玄関 (日帰り湯の方の入り口は、別です)冬は、向かって左から入ります

【冬の白骨温泉の服装】4

 

IMG_4111-a.jpg
▲スノーシューズ 

 

スノーシューズ(買いました!マイナス20度まで耐えられるそうです)、ジーンズの下にスキータイツ、、長そでの下着、フリース、ダウンジャケット、帽子、手袋。※泡の湯旅館は、バス停から近いので靴はスニーカーで大丈夫そうでした(別のページに記載してありますが、白骨温泉街まで約徒歩25分くらい散策したので、私達には必需品でした。)新館・本館ページにも書いていますが、外はとても寒いですが、泡の湯旅館の部屋は、うちのマンンションよりずっと暖かかったです。

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-24.html

2009/01/08 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 泡の湯旅館 館内 お土産編
この前の記事 : おやき処れふ亭 中野

Comment


まさに同じコースで白骨温泉泡の湯いこうとおもってます
とっても参考になりました
ありがとうございます

土日直通バスはお得なようで
旅館が料金UPしてるので一緒のような・・・

なので自力でいこうとおもいますw

かおり |  2010/12/05 (日) 13:29 No.108


Re: コメントありがとうございます

かおりさま

はじめまして。
お役に少したてて良かったです。
冬の間、土日に新宿からの直行バスが出来たのですね(便利になりましたね)。
泉温が低いので、冬はちょっと寒いですけど、
開放感たっぷりの泡の湯の露天風呂はとってもいいですよ。
楽しんで来て下さい(^O^)/。

achikochi |  2010/12/05 (日) 15:29 [ 編集 ] No.109

コメントを投稿する 記事: 冬の白骨温泉への電車・バスでの行き方

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 泡の湯旅館 館内 お土産編
この前の記事 : おやき処れふ亭 中野