中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

白骨温泉 泡の湯 混浴の入り方

   ↑  2009/01/09 (金)  カテゴリー: 白骨温泉、松本城

訪問日2009年1月上旬平日。さあ早速、白骨温泉でも特に有名な泡の湯旅館の大野天風呂(混浴)に入りましょう!!ちなみに、「大野天風呂」というのが、泡の湯旅館の正式な呼び方のようです。「露天風呂」というのが一般的な言い方かと思いますが、温泉や旅館によって「野天風呂」というところもありますね。明確な違いはないようですが、屋根や周囲の壁がまったくない状態にあるものを(差別化して)「野天風呂」と呼んでいるようです。白骨温泉の旅館は「野天風呂」としているところが多いようです。いつかは、温泉雑誌や旅行会社のパンフレットに載っているあの露天風呂に入りたいと思っていましたが、温泉好きのアラフォーの私でも、初めての混浴はちょっと勇気が必要でした。ついに、ここ白骨温泉の泡の湯旅館でついにデビューです。結論から言うと、女性にとってとても入りやすい混浴でした。ここでは、私のような混浴初心者の方のお役に立つように、ご報告します。 


IMG_3385.jpg 
▲雪に覆われた大野天風呂 

【入り方】 

大野天風呂(混浴)と男女各内風呂は、泡の湯旅館の新館B1にあります。エレベターを降りて左に行き自動ドアへ。そこで宿泊者専用バスタオルを取ります。このバスタオルは、からだを拭くためのものです。女性が大野天風呂(混浴)でからだに巻くバスタオルは、大野天風呂の脱衣所に置いてあります。お風呂に入るたびに新しいバスタオルが使えるなんて嬉しいですね。

IMG_3299.jpg
▲宿泊者用バスタオル


バスタオルが置いてある所からすぐに 、飲泉所があり飲泉できます。白骨温泉のお湯は飲用としていつくかの宿でも供されているようです。効能は、慢性消化器病、糖尿病、便秘など。あまり飲泉出来る機会は、ありませんので飲んでみましたが、硫黄のにおいがし、酸味がかった味でした。お腹の弱い人は、注意です!!

 

IMG_3305.jpg
▲飲泉所   

  

階段を上ったところで、まず右に折れると女性の大野天風呂脱衣所の入り口です。 ご夫婦、カップルで来られた方は、ここで大野天風呂に入る時間を決めておくとよいでしょう(男性は内風呂を通っていきますので、「寄り道」されると待ちぼうけをくいます。女性としては、やっぱり連れの男性といっしょに入っていくほうがいいですよね)。

IMG_3300.jpg

 ▲大野天風呂へ。女性は、すぐ右へ。男性は、内風呂から

 

【男性編】 

男性は脱衣所から内風呂に入ると、裸のまま通路を通って大野天風呂へ行く事ができます。逆に大野天風呂から上がったら、浴衣に着がえず内湯で温まる事が出来ます。男性は、と言ったのは女性は違うからです。詳しくは、女性編に書きました。通路の先に大野天風呂があります。下のじゅうたんが濡れていて足が冷たいですが、他の旅館の露天風呂のように雪の上を素足で歩く事がないのでこれくらいは我慢です。にごっていて見えませんが、階段です。滑るので注意が必要です。男性はタオルなどは巻きません。混浴ですので、ここから少しかがみながら見えないように進みます。冬は寒いので、肩まで浸かりながら移動することになります。

 IMG_3439.jpg IMG_3442.jpg
▲内風呂から大野天風呂へ行く男性用通路と大野天風呂入口

  

【女性編】

大野天風呂用の入口には暖簾があります(鈴がついていて、くぐると鳴ります)。女性は男性と違い、大野天風呂と内湯とつなぐ通路はありません。その為、それぞれで浴衣に着替える必要があります。後にも書きますが、冬は大野天風呂がぬるい為、少しでも早く着替えて内風呂で温まらないと寒くてたまらないので、着替えのスピードが必要です。この点がだけが女性はちょっと不便ですね。脱衣所は広くはありません。かごはなく、浴衣等を入れるだけのロッカーがありますが、。貴重品を入れる所はありませんので、部屋の貴重品入れか、日帰り温泉の受付の所にあるロッカー(鍵あり)に入れます脱衣所に女性専用の大野天風呂(混浴)用バスタオルが置いてあります。このブルーのバスタオルをしっかり巻いて入ります。男性にはバスタオルはありません。

 IMG_3793.jpg IMG_3807.jpg
▲女性用の大野天風呂用暖簾と混浴でまくバスタオル

 

入口が奥にある事と、暖簾でしっかりガードされていて、お湯に入る所を男性から見られる事はありませんので安心です。バスタオルをしっかり巻いて、そのまま濁っているお湯の中に入ればなんの心配もありません。それよりも注意が必要なのは、階段です。階段は、6段あります。とっても滑りやすく、また底は見えませんので階段をゆっくり数えながら、手すりをしっかりつかみ蟹歩きでゆっくり降りて下さい。特に、冬はあまり入浴客が入らないので、たっぷり硫黄がついていて滑ります。(私は、大丈夫だろうと思ったら、初日見事に滑りました。けがはしませんでしたが)

 

IMG_3803.jpg

 ▲大野天風呂(混浴)への女性の入り口です。 

 

混浴ですが、濁っていて(お湯を全部変えたときは薄濁り)女性はバスタオルを巻くので安心です。ただバスタオルが薄いうえ少し小さいので動く時ははだけない様に、念の為、胸元と裾は押さえて動いた方がいいと思います。まぁ濁っていますから、少しくらいなら大丈夫ですけど。湯から上がる時はゆっくり階段を上がり、上がった所の籠に濡れた青いバスタオルを置きます。冬は、寒いので素早く浴衣に着替えて、ダッシュで加温している方の内風呂に入って下さい。(内風呂で暖まらないと寒くて耐えられません)秘湯と言われている白骨温泉の中でも泡の湯旅館の大野天風呂(混浴)は、飛びぬけて開放感と情緒がたっぷりです。ぜひ夫婦、カップルはもちろんのこと女性同士でも気軽に混浴にチャレンジしてみて下さい。(かなり寒いですが、それを我慢すれば冬は、宿泊客や日帰り温泉の方も少なく一番オススメです。おまけに宿泊料金がとってもお得です)

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-27.html

2009/01/09 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 白骨温泉 泡の湯 混浴の入り方

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)