中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

鳴子温泉のアクセス(東北新幹線・陸羽東線)編

   ↑  2013/01/26 (土)  カテゴリー: 鳴子温泉
暫くブログをお休みしていたので、ちょっと内容が古いですが…思い出しながら書きます。

今回(2012.3月上旬平日)の旅行は、東京からのアクセスもいいし、東北応援の気持ちを込め大好きな鳴子温泉に決定。予約は、「びゅう」で。東北新幹線を利用する旅行なら断トツ「びゅう」がお得(JRの利用でも関東近県に行く時は、そうでないことも)。さらにびゅうでの鳴子温泉のプランには、「ゆめぐり券」(10軒の宿が12:00~20:00湯めぐり出来る)がついていて、これがもの凄く威力を発揮しました。 ※鳴子温泉郷は、日帰り温泉用の「湯めぐりチケット」というのもあります。
鳴子温泉郷は、源泉の豊富さ(日本にある11種類の源泉のうち9種類ある)はもちろんのこと、天候や日時によりお湯の色が激しく変化し、自然の神秘性を感じられるところが魅力です。コストパフォーマンスも高いし、人も優しいところも好きですね。


アクセスも簡単で、駅から徒歩で温泉に行ける便利さ
それなのに関東ではいまいち知名度が低いような…
でもほんと素晴らしいお湯なんですよ
 

アクセスはもちろんのこと、湯めぐりチケットの詳細・鳴子温泉郷の魅力が満載な
鳴子温泉郷観光協会公式サイト→こちら



では、実際に行ったアクセスを   
 

東京駅(東北新幹線)古川駅 (陸羽東線)鳴子温泉駅


とってもシンプル
(ただし、東北新幹線は古川駅で陸羽東線にうまく接続出来る便にするようご注意を)

※仙台駅前からバスもあるみたいです。詳細は、宮城交通→こちら


【東京駅】やまびこ55号9:40発

IMG_4100-naruko.jpg IMG_4104-naruko.jpg

がんばろう日本!!

IMG_4109-naruko.jpg IMG_4118-naruko.jpg 



やまびこ55号

IMG_4105-naruko.jpg
▲やまびこ

むかいのホームには新旧の新幹線が並んでいました

 IMG_4112-naruko.jpg


東京駅で買った駅弁
発車してすぐに食べ始める
「東北二色めし」のお肉、味が濃くて美味しい
「東北福興弁当」は、色々なおかずがあって楽しめた
どっちもGOODでした


IMG_4120-naruko.jpg IMG_4124-naruko.jpg
▲山形のだだ茶豆ごはんと岩手のジンギスカン丼「東北二色めし~岩手・山形編~」

IMG_4128-naruko.jpg IMG_4130-naruko.jpg
▲「東北福興弁当」は東北各県の名産を取り入れた幕の内1050円


【古川駅】11:55 着


IMG_4136-naruko.jpg 
▲古川



乗り換えは簡単。表示通りに行けばOK

【JR陸羽東線古川駅】12:12発 

IMG_4141-naruko.jpg IMG_4146-naruko.jpg
▲こけしさんも出迎えてくれてます

IMG_4150-naruko.jpg IMG_4157-naruko.jpg
▲質素ながらホームには待合室もあります


陸羽東線沿線には、鳴子温泉だけでなく
川渡温泉駅の川渡温泉、東御殿場駅の東鳴子温泉
中山平温泉駅のうなぎの湯で有名な中山平温泉など…
さすが鳴子温泉郷
運行日が限定されていますが、「リゾートみのり」も運行


IMG_4148-naruko.jpg 
▲陸羽東線

IMG_4158-naruko.jpg 
▲車窓より


【鳴子温泉】12:55到着



IMG_4169-naruko.jpg 
▲鳴子温泉


改札を出ると
扇のような形の階段状の待合室。電車の時間待ちするのにとっても助かります

IMG_4175-naruko.jpg


この待合室の上段には、無料の休憩室も
旅行者への気遣い。こんなところも鳴子温泉が大好きなところ



 IMG_4178-naruko.jpg
▲無料休憩室

鳴子温泉駅
正面にあるのが足湯
壁には、旅館の泉質が書いてある木札
源泉掛け流しで立派なにごり湯(硫黄泉)
でも予想以上に熱いときもあるので
手で温度を確認してから入って下さいね

IMG_4192-naruko.jpg
▲鳴子温泉駅


駅を出るともう温泉街。ただし…ちょっとさびれている感はあります
でもお湯は最高ですよ

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-271.html

2013/01/26 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 鳴子温泉のアクセス(東北新幹線・陸羽東線)編

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)