中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

鳴子温泉 旅館すがわら宿泊記

   ↑  2013/02/09 (土)  カテゴリー: 鳴子温泉
鳴子温泉で1日目の宿泊先(2012・3月上旬平日)に選んだのは、旅館すがわらです。今回は美肌になる湯に入りたいと思い調べていたら、この宿のホームページに「入浴中はすべすべ、入浴後はしっとり」という魅力的な言葉をみつけました。アルカリ性でメタケイ酸(お肌をすべすべにすると言われる成分だそうです) 498.6 (mg/kg)、ナトリウムイオン773.0(mg/kg)と天然美肌成分が豊富にあるお湯とのことで、ここに決定(今回はJR利用なので「びゅう」で。宿だけなら直に予約した方が安いと思います)。
にごり湯ではありませんが、もちろん源泉掛け流ししかも貸切風呂が4つもあり、どれも空いていればいつでも無料で入れるとのこと。わたしたちの条件にぴったりです。


IMG_4366-naruko.jpg 
▲旅館すがわら


やっぱり温泉宿は民芸調がいいですね
禁煙でないのが、ちょっと残念

IMG_4217-naruko.jpg IMG_4221-naruko.jpg
▲フロント▲民芸風のロビー(宿泊者は自由にコーヒーも飲めます)

IMG_4226-naruko.jpg 
▲部屋トイレ付 (2012.3月平日 びゅうでJR+宿セット27,000円 びゅうで宿のみ13,000円)



浴衣も可愛く、部屋の鍵が2つあるので便利です
トイレ、洗面所は最近リフォームされたのかとても綺麗です



IMG_4234-naruko.jpg IMG_4230-naruko.jpg
IMG_4360-naruko.jpg IMG_4439-naruko.jpg 


夕食・朝食共に部屋食です
夕食が豪華な宿は多いのですが、ここは朝食も品数が多く手を抜いていません


IMG_4405-naruko.jpg 
▲夕食

IMG_4456-naruko.jpg 
▲朝食 




【大浴場(摩天の湯)・露天風呂】(男女入替)
 

ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉ph8.7アルカリ性
色が時々青く変化するとのことですが、訪問時は透明
入浴時のすべすべ感は、はっきりとはわかりませんでしたが
お湯が肌にとろっていう感じで 入浴後のしっとり感は実感
(湯あがり後に化粧水をつけなくても大丈夫という感じ…あくまで個人の感想です)
久々肌に優しいお湯にきたぁ~という感じ


IMG_4246-naruko.jpg IMG_4243-naruko.jpg
▲大浴場(摩天の湯)▲露天風呂
IMG_4247-naruko.jpg IMG_4250-naruko.jpg  
▲洗い場 ▲脱衣所


【大浴場(美肌の湯)・露天風呂】 (男女入替)


美肌の湯から露天風呂へは直接行けず、脱衣所に戻るのがちょっと面倒

IMG_4270-naruko.jpg IMG_4269-naruko.jpg
▲美肌の湯  ▲露天風呂
IMG_4257-naruko.jpg IMG_4263-naruko.jpg 
▲脱衣所を挟んで左が美肌の湯、右が露天風呂   ▲洗い場





貸切風呂は全部で4つ。空いていればいつでも入れます
もちろん無料
全ての貸切風呂にシャワーがあります
源泉掛け流しで上の方が熱くなっているので、湯もみをして入ってください




【貸切風呂 半露天風呂】

半露天風呂は2つ。左側の方がお勧めです


IMG_4319-naruko.jpg IMG_4316-naruko.jpg
▲左側の半露天風呂(前が全面が空いています)

IMG_4327-naruko.jpg IMG_4337-naruko.jpg
▲右側の半露天風呂(窓は下の方があいています) ▲入る前には湯もみ



【貸切風呂】1階

こちらも2つ。こちらは露天ではありません。

IMG_4307-naruko.jpg 
▲入り口の札をひっくり返し鍵をかけて入ります
IMG_4287-naruko.jpg IMG_4290-naruko.jpg
▲たぶん左側の方だと思うのですが(ゴメンナサイはっきり思い出せない…)

IMG_4296-naruko.jpg IMG_4304-naruko.jpg 
▲たぶん右側の方だと思うのですが


特別眺めが良かったり、趣きがあったりという風呂ではありませんが、4つの貸切風呂が無料でいつでも入れるというのは大変魅力的です(敷地内に立派な足湯もありますが、私たちが行ったときは冬期閉鎖されてました)。なにより源泉掛け流しで、お肌がしっとりしたのには大満足です。食事も美味しく、食後のコーヒーも自由に飲めたし、忙しいのに旅館の前で写真も撮ってもらったりと対応も良かったので、大変楽しい宿泊となりました。


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-273.html

2013/02/09 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 鳴子温泉 ゆさや旅館宿泊記
この前の記事 : 鳴子温泉 ゆめぐり

Comment

コメントを投稿する 記事: 鳴子温泉 旅館すがわら宿泊記

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 鳴子温泉 ゆさや旅館宿泊記
この前の記事 : 鳴子温泉 ゆめぐり