中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

「さんふらわあさっぽろ」乗船記

   ↑  2013/04/06 (土)  カテゴリー: フェリー・北斗星の旅(登別温泉)
憧れていた船の旅デビューは「さんふらわあさっぽろ」。豪華客船には乗れないけど、船の旅( 2012年11月中旬平日 )を味わってみます( 「さんふらわあさっぽろ」乗船までのアクセスは、前のページに書きました。)※船内は乗船する便により違います。例えば、深夜便の方がリーズナブルな部屋が多いですが、レストランはありません。



詳細は、商船三井のホームページこちら


「さんふらわあさっぽろ」
IMG_5407-nobori.jpg
▲待合室から見た「さんふらわあさっぽろ 」


16:35とちょっと早くフェリーターミナルに着いた私たちは
待合室で「さんふらわあさっぽろ」を見ながら過ごす
 旅行シーズンからちょっとはずれているので
周囲には、旅行客というより北海道への足に利用すると見られる方のほうが多い
17:30頃、乗船開始(ドライバーは17:00)
西乗船口から 長い通路を通り
階段そしてエスカレーターを上がり…

IMG_5401-san.jpg IMG_5417-san.jpg


入るとすぐに
さんふらわあさっぽろのフロント

IMG_5418-san.jpg 
▲入り口


そこで鍵をもらい、各自で部屋へ
その後、部屋での乗船券のチェックなどまったくなし


デラックスルームBデッキです
(ちなみにAデッキには部屋はありません)

IMG_5523-san.jpg
▲廊下


部屋のドアを開けると
室内はホテルとまったく同じ
 

スタンダードプラン洋室(14,500円/1人分)を3日前に予約しようとしたら満室
で、デラックスプラン洋室(21,500円/1人分)に変更
(インターネット割引20,430円、時期により料金が違います。この時期は一番安い料金)
飛行機はプランでの予約や早割でないと安くならないし
1泊の宿泊があると思えば…

女性同士や初めての方や酔いやすい方は
やっぱり個室がおすすめだと思います


IMG_5419-san.jpg 
▲デラックス洋室(2名)40,860円 、カーテンの向こうは窓


スタンダードルームとデラックスルームとの一番の違いは
トイレ&ユニットバスがついていること
(ス
タンダードルームでも洗面所はあります)
バスは、大浴場があるので使いませんでした
あって良かったと思ったのはトイレ
それは…
実は大きな低気圧が近づいていて、外海に出たら
海の底に沈むような揺れや横揺れで
部屋をまっすぐ歩けないほど
奥さん
(そう言えば、屋形舟でも酔うことを忘れていた)は完全に船酔い

旦那さんに売店で酔い止めの薬を買ってもらい安静状態
しばらくすると「売店に酔い止めもあります」というアナウンス
全然平気で楽しそうにしている方も多かったので、個人差大ですね
旦那さんは波が穏やかになった次の日少し酔ってました
やっぱり早めの酔い止めです
酔い止めは持って行きましょう


結局大丈夫でしたが
個室にトイレがあって良かったぁと思ったのは、
いつでも駆け込める安心感があるからです
(ちなみに一般のトイレには、エチケットの場があります)
乗務員の方に聞いたら、この季節は結構揺れるらしい
低気圧があまりこない春から夏が一番揺れないとのことです

IMG_5421-san.jpg IMG_5432-san.jpg
▲バストイレつき(シャンプーインリンス・ボディーソープ)▲タオル・浴衣・バスタオル・石鹸・ハブラシ
IMG_5426-san.jpg IMG_5504-san.jpg
▲ポット・湯のみ・ティーバックのお茶▲乗船券
IMG_5488-san.jpg IMG_5487-san.jpg   
▲テレビ(衛星放送のみ、船の現在位置も表示されます)



 救命胴衣の場所もちゃんと確認


IMG_5424-san.jpg
▲ロッカー ・毛布・スリッパ


次の日、海はうって変わって穏やかに


さて、船での3度の食事は、2食カップヌードル、1食パンでした
(スタンダードからデラックスルームへの変更で予算がアップしたので… )
でも海を見ながらカップヌードルもなかなかGood
が見えるかなぁと思いましたが、さすがに見えませんでした

IMG_5500-san.jpg
▲海とカップヌードル


揺れがほとんどなく復活です
(旦那さんは、少々酔っていまいたが…暫くして復活。昨日酔い止めを飲まなかったからね
朝、展望浴場&サウナへ
 

大きい湯舟が2つ(他に水風呂)が窓側にあり、海を見ながら入れます
海の上なんだぁと感じるのは、お湯が揺れで少し波立つこと 
海を見ながらお風呂に入るのは、すっごく気持ちいい
おすすめです
節水ですが、シャワーの出も良いです
シャンプー&リンス、ボディソープ、ロッカーあり 



続いて船内散策 

  IMG_5465-san.jpg IMG_5464-san.jpg 
▲売店(パン・カップヌードル・さんふらわあグッズ・酔い止め)エディー使えます▲休憩所  


記念に購入したさんふらわあグッズ
(わが家の冷蔵庫についてます)



IMG_6439-san.jpg 
▲さんふらわあグッズ
 
IMG_5461-san.jpg
▲フロント(エチケット袋も置いてあります)
IMG_5450-san.jpg 
▲ 右は食堂、奥はキッズランド、左は展望スペース


他にもマリンシアターやゲームセンターもあります



波が穏やかなのでデッキに出てみます
見張りの方とかいないのですね…
滑らないように、もちろん落ちないように注意です


IMG_5474-san.jpg 

もちろんデッキで記念写真

IMG_5518-san.jpg 
▲デッキ

初めての船の旅。1日目は、船酔いで早々にダウン。船は揺れることがあるという事を忘れていました
でも2日目は揺れも穏やかになり復活船で初めて海を見ながらお風呂にも入れました。一番良かったのは、部屋の窓から海を眺めながらゆっくりお茶を飲めたこと。
大洗出港というのが、ちょっと遠いですね。フェリーターミナルがせめて横浜港くらいなら…。でもまたフェリーの旅にチャレンジしてみたいですね。


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-276.html

2013/04/06 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 「さんふらわあさっぽろ」乗船記

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)