中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

青森魚菜センター(古川市場) 「のっけ丼」の失敗編

   ↑  2014/04/18 (金)  カテゴリー: 酸ヶ湯温泉、弘前城
酸ヶ湯温泉の送迎バスの時間までにお昼を食べようと
事前に青森駅付近のお店を調べていたら
「青森魚菜センター(古川市場)」の「のっけ丼」を発見
青森駅から徒歩約6分、送迎バス乗り場の近く 
 ここに決定
自分で具材を選んでオリジナル丼を作れるみたい
これはやらないわけにはいきません
楽しみです

IMG_7600-nokke.jpg   
▲青森魚菜センター(古川市場)火曜日定休

入るとすぐに
「初めてですか?」
「はい」
手際よく案内所に連れて行ってくれ
「のっけ丼」のシステムを説明してくれました 
 

  IMG_7601h -hoke

案内所

IMG_7602-nokke.jpg 

さて、そのシステムは
「のっけ丼食事券」(100円券の綴りで、1000円分と500円分の2種類 )を購入

場内のお店を回って、気に入った具材(50円~300円)を券で払って
丼にのせていく(少し足りない分は、現金でも購入できます

オリジナル「のっけ丼」の完成


私たちは一人1000円の予算で、各自の「のっけ丼」にチャレンジです

「のっけ丼食事券1000円」を購入

 IMG_7607h-nokke.jpg      
  
「赤い旗」があるお店でごはんをチケットで購入

IMG_7628-nokke.jpg 


普通盛(100円)と大盛(200円)
発砲スチロール製の丼がちょっとわびしい

普通盛
 
IMG_7611h-nokke.jpg 

大盛

IMG_7610h-nokke.jpg 

「青い旗」のお店で具材を購入
(ちょっと愛想がないお店も…)

IMG_7635-nokke.jpg 

購入すると丼の上にのせてくれます

IMG_7612 h-nokke

  IMG_7615 h-nokke 

IMG_7636h-nokke.jpg 

丼が完成したら
場内のところどころにある休憩所(2階にもあります)で食べます
しょうゆ・わさび・箸は休憩所にありますよ
 お茶もいただけます
味噌汁は、100円

IMG_7625-nokke.jpg 


さて「のっけ丼」ですが…


初めてのことで舞い上がり
場内のお店をしっかり観察せず、あまり考えずに具材を購入 
なぜか食べたい具材をのっけることが出来ないまま
券がなくなり終了  
(また券を購入すればいいのですが…)

そんなこんなで満足のいく丼には
ほど遠かった


その反省を込め皆さんにアドバイス 
①まず場内を1周し、どんな店があるか見てみましょう
②どんな丼にするか前もってイメージしましょう
③絶対食べたい具はなにか?優先順位をちゃんと決めておきましょう
④予算の範囲で収めるには値段の高い具材は出来るだけ避けましょう
⑤出来上がりの色合いを考えましょう





さて私たちの「のっけ丼」はというと


【旦那さんの「のっけ丼」】

色合いの失敗例

あまりの写真うつりの悪さに今更ながらびっくり
営業妨害かよ~と思うくらいの大失敗
同色でばかりで食欲のわかない丼となりました 
 ごはん大盛(200円)
いくら(200円)、ボタンエビ(200円)、たこ(100円 )
トロサーモン(100円)、寒ブリ(200円)、マグロのたたき(100円 )
合計1100円(奥さんよりチケット100円もらう)



【奥さんの「のっけ丼」】

高価な食材購入により
丼が貧相になりかけた失敗例

見栄えは旦那さんの「のっけ丼」より数段美味しく見えます
しかし
ウニ、いくらと高価な具材を購入したため
券が足りなくなりご飯が見えるスカスカの丼に…
最後に安価の大きな玉子焼きとボイルのえびでやっと体裁が整った
しかもほんとは
ホタテが食べたかったのよ~ 
 ごはん並盛(100円)
ウニ(300円)、いくら(200円)、ネギトロ(100円)
トロサーモン(100円)、たまご(50円)、えび(50円)
合計900円(旦那さんへチケット100円、あげなければ良かったか

 IMG_7622h-nokke.jpg  



もちろん、チケットを追加すれば
豪華な「のっけ丼」が出来上がります



コストパフォーマンスだけ考えるとちょっと割高の感じ
自分のオリジナル丼を楽しみながらつくるという
イベント料込の料金ですね 
初めての体験となりました
素敵な「のっけ丼」を作って下さいね



2階にも食べるところと、トイレがあります

IMG_7630h-nokke.jpg

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-310.html

2014/04/18 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


オリジナル丼を作ろう

“のっけ丼”だけのフレーズはいささかぶっきらぼう。
“のっけ丼でテイクアウトの達人になろう”とか、やってみたい気持ちにするフレーズを考えて欲しい。(よけいなお世話だけれど)
私も紙上トライ。
ごはん並み100円、蛸500円、ネギトロ100円、卵50円、蝦50円、合計800円。
(過日上野駅で求めたアンズ入りの釜飯1000円はよくできていたなあ)

雨曇子 |  2014/04/21 (月) 10:18 [ 編集 ] No.245


Re: わが家ではブームです

雨曇子さま
「のっけ丼」というネーミングは面白いと思っていたのですが、
確かにキャッチコピー次第でもっとウケるかもしれません。
帰ってから、わが家では「のっけ丼」ブームです。
魚の美味しいスーパーで好きなお刺身を買って丼を作って楽しんでいます。
雨曇子さんも、紙上のイメージをもとにぜひ現物でもトライしてみて下さい(蛸丼の完成?)。

achikochi |  2014/04/21 (月) 19:50 [ 編集 ] No.246

コメントを投稿する 記事: 青森魚菜センター(古川市場) 「のっけ丼」の失敗編

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)