中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

湯西川温泉 本家伴久宿泊記

   ↑  2014/06/07 (土)  カテゴリー: 湯西川温泉
平家落人伝説がある湯西川温泉で選んだ宿は、湯西川温泉本家伴久(5月下旬平日宿泊)
テレビで放送されたのを見て、絶対いつかは行ってみたいと思っていた宿でした。本家伴久は、平重盛の6男平忠実の直系にあたり、大女将は全国平家会長を務められているそうで、由緒ある湯西川温泉の代表格ですね。 宿泊者しか渡れない「かずら橋」もあり、とても楽しみです。
※プランは、びゅうで23,700円(交通費込)宿泊のみだと16,700円(5月下旬平日)

バス停「本家伴久前」を降りてすぐ
門をくぐると


IMG_8808-bannkyuu.jpg

威風堂々たる姿
本家伴久の本館です


IMG_8520-bannkyuu.jpg 


本館の手前にある懐かしい赤いポストは
日本でもっとも古いポストのひとつだそうです 

 

IMG_8521-bankyuu.jpg  

玄関を開けると、目の前にはロビーがひろがります
磨き上げられた床と古木の柱
そして平家の蝶の家紋があちこちに
重厚な雰囲気にため息が出そうです 

IMG_8647-bannkyuu.jpg  
▲フロント

靴を脱いで履き替えるのは、スリッパではなく草履です  
 
IMG_8522-bannkyuu.jpg 

ロビーは吹き抜けになっていて、解放感抜群  

  IMG_8728-bannkyuu 1  

見上げると  
 
  IMG_8648-bannkyuu.jpg

2階にもくつろげる処がありました
喫煙室もあります

IMG_8735-bannkyuu.jpg IMG_8734-bannkyuu.jpg

ロビーには嬉しいサービス

お茶・コーヒーやお菓子(数に限りあり)を自由に頂け
(15:00~17:00か18:00
※ゴメンナサイ…たぶん
ゆっくり過ごすことが出来ます

IMG_8535-bannkyuu1.jpg IMG_8529-bannkyuu.jpg 
▲ロビーの奥には、お茶・コーヒーやお菓子が用意 ▲売店


ロビーの窓側の席からは
かずら橋と湯西川を
眺めることができます

この時期新緑が綺麗でした 


IMG_8788-bannkyuu.jpg


部屋に案内されるときに
ど~んど~ん
迎え太鼓が響きわたります


 IMG_8642-bannkyuu.jpg 

本家伴久の宿泊は
古民家を利用した2階建ての本館(エレベーターなし)と
鉄筋4階建ての十二単館(エレベーターあり)
本館はロビー、食事、お風呂にも近いし、なんといっても雰囲気を味わうには 
本館がおすすめです 

IMG_8641-bannkyuu.jpg 

ロビー以外の館内もタイムスリップした感じです

IMG_8643-bannkyuu.jpg 

さて、私たちの部屋は
予約が直前だったためか本館1階のいちばん手前

(たぶん本館の部屋としては、びりっこじゃないかなぁ)


IMG_8719-bannkyuu.jpg 

鍵に鈴がついてます
タオルは、珍しい紫色
紫は高貴な色ですからね
お茶菓子は美味しかったです


IMG_8716-bannkyuu.jpg IMG_8541-bannkyuu.jpg IMG_8546-bannkyuu.jpg IMG_8547-bannkyuu.jpg


部屋は、すべて趣が異なるそうです
湯西川温泉の気温は、東京より10℃くらい低いらしく
この時期(5月下旬)夜は寒かったです
またエアコンの効きがとても悪くて…(この部屋だけ?)


IMG_8544-bannkyuu.jpg 


建物の構造上、隣の話声やテレビの音は聞こえると思いますが
気にはなりませんでした
(私たちは、音は気にならない方ですし、お隣の方が静かだったのかもしれません)

IMG_8545-bannkyuu.jpg   

かずら橋を渡っての趣向を凝らした囲炉裏会席や
湯西川を眺めながらの源泉かけ流しの露天風呂
そして歴史が感じられる建物

湯西川温泉で本家伴久を選んで大正解
接客もとてもよく、ゆったりと過ごすことが出来ました 


館内はバリアフリーではなく、露天風呂へ行くにもやや多めの階段があり
夕食は「かずら橋」を渡っての囲炉裏会席なので
足腰に自信のない方にはちょっと・・・

ホテル的な快適を求めている方、囲炉裏での食事が苦手な方でなければ

おすすめの宿だと思います

次は、かずら橋を渡っての囲炉裏会席です
※ホタルを見に行ってきたので、それの記事を先にアップします
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-315.html

2014/06/07 | Comment (3) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


威風堂々

ご案内ありがとうございます。
噂に違わぬりっぱさ。まずロビーに感動しますね。
achikochiさんはいつもvisitorの目線で案内して下さるので、分かり易く実用的です。私も絶対行ってみたいという気になりました。

雨曇子 |  2014/06/07 (土) 19:46 No.259


Re: ほんと威風堂々でした

雨曇子さま
本当にいい宿でした。
これから食事編・風呂編・お土産・観光編とご紹介していく予定です(かなりマイペースの更新となりますが…)。
機会がありましたら、是非いちど行ってみて下さい。

achikochi |  2014/06/07 (土) 20:37 [ 編集 ] No.260


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- |  2014/06/17 (火) 17:51 No.263

コメントを投稿する 記事: 湯西川温泉 本家伴久宿泊記

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)