中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

箱根湯本温泉 かっぱ天国 日帰り温泉編

   ↑  2014/06/29 (日)  カテゴリー: 箱根
ホタルを見に箱根湯本に日帰りで来た私たち
ホタルが飛び始める時間まで箱根湯本を満喫する計画第2弾
それは「かっぱ天国
明快な名前と目をひく看板で前々から気になっていたのですが
今回ついに初めての訪問

箱根湯本駅を出て駅前商店街から山側を見ると
ど~んとそびえている、そう、それです
それが「かっぱ天国」です 


IMG_9027-kappa.jpg  

箱根登山鉄道の線路を潜り
案内看板通りに坂道を上がっていくと


IMG_9028-kappa.jpg 

箱根登山鉄道を上から見られます

IMG_9050-kappa.jpg 

なだらかな坂を上がっていくと
昭和レトロな看板と急な階段
あまりの怪しさに
入るのにちょっとためらってしまいましたが


IMG_9048-kappa.jpg 

せっかくここまで来たので
頑張っていくことに
途中には足湯もあります(別料金)


IMG_9031-kappa.jpg 

やっと見えてきました 

IMG_9047-kappa.jpg  

「かっぱ天国」到着です 

IMG_9046-kappa.jpg  

受付でうとうとされていた係の方に入場料(800円)を払い
靴を下駄箱に入れてあがり(スリッパなし)
廊下の途中で男女分かれます

男湯は暖簾を潜り
階段を上っていくと

IMG_9039-kappa.jpg 

脱衣場には、100円ロッカーと木枠だけのロッカー
(女湯も配置や広さは違いますが、雰囲気的にはほとんど同じ)

 IMG_9038-kappa.jpg IMG_9037-kappa.jpg
▲男湯脱衣所


脱衣場からすぐ露天風呂
一応シャワー(リンスインシャンプー&ボディーソープ)があります
※ちゃんとお湯が出るかは、確認してません


肝心のお湯はというと
贅沢な源泉かけ流し
肌に優しくとてもいい感じでした

加温加水なしなので、この時期はちょっと熱め

平日だったからか他に誰もいなく、ゆっくり入れました
女湯もほぼ同じ造りつくりですが、湯舟はもう少し大き目です


IMG_9036-kappa.jpg 
▲男湯

無料休憩所もあります
そこで休憩していると、外人さんが受付に
聞こえてくる声のやりとりからすると、どうやら宿泊するらしい
 受付の方は、堂々と日本語のみで対応していましたが
なんとか無事にチェックイン出来たみたいでした
 「かっぱ天国」は宿泊もあるんですね~
(ここに宿泊するなんて外国人の方って通なんですね。しかしどこで調べてくるのでしょう)

かっぱ天国
アメニティグッズは、最低限しかありませんし
リラクゼーションや清潔感を求める方には、ちょっとおすすめ出来ません
でも
お湯重視の方にはいいと思うし、箱根湯本駅からも近いし
日帰り温泉としていいかと思います 

私たちは、無料休憩場でゆっくりし、「かっぱ天国」を満喫出来ました


IMG_9041-kappa.jpg

無料休憩所からの眺め 
湯本富士屋ホテルですね

 IMG_9044-kappa.jpg



関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-319.html

2014/06/29 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ナイスビューの河童天国

私も2度ほど利用したことがあります。
温泉旅行の楽しみ方はいろいろ。一泊せずとも温泉気分が十分楽しめますね。
今回のメインは“ほたる”で、河童天国はその2ぐらいでしょうか。
施設はよくなっているという印象です。

雨曇子 |  2014/07/01 (火) 17:37 [ 編集 ] No.268


Re: 既に2度も利用とは!

雨曇子さま
私たちも1度は行ってみたいと思っていましたが
雨曇子さんも相当な通ですね~
看板の前ではちょっとひるみましたが
入ってみるといいお湯で満足でした。

achikochi |  2014/07/01 (火) 22:45 [ 編集 ] No.269

コメントを投稿する 記事: 箱根湯本温泉 かっぱ天国 日帰り温泉編

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)