中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

泡の湯旅館 からだに泡がつく内風呂

   ↑  2009/01/09 (金)  カテゴリー: 白骨温泉、松本城

訪問日2009年1月上旬平日。泡の湯旅館は、大露天風呂(混浴)が大変有名ですが、是非、内風呂もじっくりと味わって欲しいです。この事は、他の皆さんのホームページやブログにもよく書かれています。初めて泡の湯旅館に宿泊する私達も内風呂に入るまでは半信半疑でしたが、実際に入ってわかりました。本当に皆さんの書かれている通りでした。泡の湯旅館は日帰り温泉もありますが、時間は短いですし、休憩する所もないので、ゆっくりお風呂を楽しみたいのなら宿泊がおすすめです。

 

IMG_3303.jpg
▲直進が女性の内風呂、右が男湯の内風呂と大野天風呂(混浴)の入り口

【男湯脱衣所】

男性のスリッパ入れは、脱衣所の中にあります。お風呂あがりに休憩するスペースは、ありません。 洗い場には、リンプー、ボティーソープのみです。脱衣所には、くしのみがありました。ヘアートニックやカミソリやドライヤーは、ありませんでした。(部屋にはあります)※貴重品入れは、脱衣所にはありません。脱衣所の外に貴重品入れ(無料と有料)がありますが、数は多くはありません。※トイレは、あります。

 IMG_3308.jpg IMG_3374.jpg 

 IMG_3377.jpg IMG_3368.jpg 
▲男湯脱衣所  ▲懐かしい感じですね

     

【女湯脱衣所】

女性のスリッパ入れは、脱衣所の外にあります。懐かしい下駄箱です。女性も男性同様にお風呂あがりに休憩する所がありません。また脱衣所には、シャワーキャップ・ヘヤーバンドがあります。また、服を入れるカゴは全部で24こありました。※化粧水類は、まったくありません※男性同様貴重品入れは、脱衣所にはなく外にあります。トイレは、あります。

※日帰り湯用のドライヤーは、ありません。エレベター降りた所に宿泊者専用には、ドライヤーコーナーがあります(ドライヤーは2つ)。各部屋にはあります。

IMG_3817.jpg IMG_3816.jpg
▲女性用下駄箱  ▲女湯脱衣所 

  

 

 

さっそく内風呂へ

 

【内風呂】(男女各2つ、大きい浴槽が泡のつく方・小さい浴槽が加温白濁)、男女別野天風呂各1つ(加温、白濁)

IMG_3548 uutiburo
▲男性内風呂(女性の内風呂は、浴槽並びが逆です)

 

左の小さい浴槽が加温白濁です。冬は、大野天風呂(混浴)からあがった時は、必ずここで体を温めて下さい。そして、右の大きい浴槽の方が泡の湯の名前の由来となった、泡が体に付く源泉かけ流しです。 加温せず新鮮な源泉を惜しみもなくかけ流している為、体に小さい泡がつくそうです。この泡がつくのは、白骨温泉では、この「泡の湯旅館」だけだそうです。この泡が体に付くお湯は、加温していないので、とてもぬるいです。そのお陰でゆっくり入れ、お湯を楽しむ事が出来ます。

 

IMG_3550.jpg
▲趣のある天井や柱 

 

お湯の中でじっとしていると、肌に泡がぷちぷちとついてきます。またそれが肌を刺激してとても気持ちいいです。20分でも30分でも平気でお湯の中に入っていることができます。源泉が下から出ていますが、近くにいる方がよく泡が体に付く感じがしました。「泡の湯に来たら、ぜったい大野天風呂(混浴)だけでなくこの内風呂も入って下さい」と言う皆さんのアドバイスがよくわかりました。特に日帰り入浴の方は時間がないので、見逃してしまいそうですが、絶対この内風呂に入って下さい。

IMG_3844.jpg IMG_3501.jpg  
▲天井も趣きが ▲男性用野天風呂  

 

 

ゆっくりお風呂に入りながらあたりを見渡すと、浴槽や屋根や壁には、硫黄で白くなっています。絶え間なくお湯の流れる音も響き渡って、湯治場の雰囲気ですね~。男女別の野天風呂は、大きくはありません。ほとんどの方が大野天風呂(混浴)に入るのでここにはあまり入らないみたいです。女性用の野天風呂は、もう少し趣がありますが、大きくはありませんでした。

 

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-32.html

2009/01/09 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 泡の湯旅館 からだに泡がつく内風呂

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)