中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

国立新美術館 サロン・ド・テロンドでお茶編

   ↑  2014/10/25 (土)  カテゴリー: 展覧会・イベント
国立新美術館でチューリヒ美術館展(2014.9.25~12.15)を鑑賞した後は、美術館内のカフェ「サロン・ド・テロンド」でお茶です。国立新美術館には、1つのレストランと3つのカフェがあります(運営会社は同じ)。
フロアーにそびえ立つ逆円錐形の大きい方の上部にあるのがレストランの「ブラッスリーポール・ボキューズミュゼ」で、もうひとつの小さい逆円錐の上部にあるのが今回お茶をした「サロン・ド・テロンド」です。

めったに来ないので、国立新美術館で展覧会を鑑賞するときは、「ブラッスリーポール・ボキューズミュゼ」で「展覧会特別コース」を食べるのが楽しみなのですが、訪れた10月11日は、まだオルセー美術館展とチューリヒ美術館展が同時開催されていたため、ディナーコースは前回食べたのと同じ「オルセー美術館展特別メニュー」のため、今回はお茶にしました。
※オルセー美術館展(2014.7.9~10.20)、ゴッホ展(2010.10.1~12.20)の鑑賞時には、「ブラッスリーポール・ボキューズミュゼ」で展覧会にちなんだ「展覧会特別コース」を楽しみました(ブログ内展覧会・イベントのカテゴリーに記載)。



IMG_7024-saronndo.jpg
▲手前の大きい逆円錐がレストラン、奥の小さい逆円錐がカフェ




サロン・ド・テロンド


三連休の10月11日(土)チューリヒ美術館展を鑑賞し
美術館内を散策した後、16:00にお店に
手前のイスに順番待ちのお客さんが10名くらい座っていました
私たちも並んで座ります
隣に座っていた女性達は、美術展めぐり談義に興じていました
さすが美術館内のカフェです

思ったより順調に進み16:20に席に案内



IMG_7022-saronndo.jpg 


席に着いて見渡すと、まだ空席があります
店員さんの手が足りないので
お客さんを入れてもさばけないからですかねぇ…
「席が空いているなら、早く席に着かせてほしい」という声もちらほら



逆円錐形の上部にあるレストランやカフェの魅力は
美術館の空中に浮かんだ雰囲気と
曲面の壁を近くで見られることですね



IMG_7012-saronndo.jpg 


さて
サロン・ド・テロンドでも
展覧会特別メニューがあるのです


9月25日(木)~12月15日(月)
チューリヒ美術館展 特別デザートセット

渋皮栗のケーキ
(コーヒーまたは紅茶付き)
1,200円(税別



栗が大好きな旦那さんに譲ってあげた
渋皮つきの栗を使ったムース
奥深すぎる味でよくわからなかった

普通にモンブランの方が良かったなぁという感想
そういえばもともとムース好きじゃなかったね…

チューリヒ美術館展の特別デザートとされている
肝心のスイスのチョコレートを使ったソース?はというと
濃厚で美味しかったそうです


IMG_7019-saronndo.jpg
▲渋皮栗のケーキ



さて奥さんも、もちろん展覧会特別メニューです


7月9日(水)~10月20日(月)

オルセー美術館展 特別デザート(終了)

ガトーオペラ オレンジのソルベと共に
(コーヒーまたは紅茶付き)
1,400円(税別)


この色合いは、やはりオルセー美術館展の目玉
エドゥアール・マネの「笛を吹く少年」


IMG_0001-he-po-ru.jpg
▲パンフレットより


もうオルセー美術館展が終了してしまったので
メニューからなくなちゃったのが残念ですが
ガトーオペラが甘さがちょうどよく
オレンジのソルベがさわやかで美味しかったです

金色の飾りは、固く歯が欠けないか注意が必要でしたが…

IMG_7018.jpg
▲ガトーオペラ オレンジのソルベと共に 



美術展鑑賞後にお茶
芸術の秋と食欲の秋
ちょっと優雅な気分で、30分後に店を出ました



関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-336.html

2014/10/25 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 国立新美術館 サロン・ド・テロンドでお茶編

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)