中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

福島県磐梯熱海温泉のアクセス(電車)編

   ↑  2014/12/14 (日)  カテゴリー: 磐梯熱海温泉
応援します!!福島
久々の旅行先に選んだのは、福島県磐梯熱海温泉(12月上旬、平日)。「年に1回は福島応援旅行へ!!」と心がけていましたが、今年はぎりぎりで達成です(よかったぁ)。
「磐梯熱海温泉に行ってきました」というと、「そこどこ?」という反応が。確かに全国区的にはあまり馴染みがない温泉地(私たちも今回初めて知りました)ですが、郡山からとても近く、仙台でいうと秋保温泉みたいな感覚です。東京からのアクセスは、新幹線で郡山へ(約1所間20分)、郡山で磐越西線に乗り換え磐梯熱海駅下車(約15分)と非常に便利。しかも、pHが9以上と肌に優しい温泉です。
ただ温泉はいいのですが、徒歩圏内で観光するところがほとんどありません。観光もしたいということなら、ここから磐越西線でさらに会津方面へ足を延ばすのもいいと思います。
今回は、宿泊したい宿が「びゅう」にはなく、その上「えきねっと」で割引切符も取れず
かなり割高の旅行になりましたが、気になっていた「守田屋」に宿泊出来たので満足でした。
さて、宿については次回ゆっくり紹介するとして、実際のアクセスを紹介します。


アクセスはいたってシンプルです



【東京駅】12:00発
温泉でゆったり過ごすことにしたので、遅い出発
東京駅で人の流れがちょっと違うぞと思ったら
皇居乾通りの一般公開
すごい人でした


IMG_7382-bannda.jpg 

IMG_6761-bannda.jpg
▲やまびこ137号

つばさ137号との連結です
今回は手前の郡山で下車なので見られませんが、福島駅で切り離しされます


IMG_7047-bannda.jpg



車内はガラガラ

それなのに
3人掛け席に、私たち以外にも人が…
隣のビジネスマン可愛そうキャリーバック持っているのに
JRさん、あまりにも一か所に集めすぎだよ




で、ここで注意
東京から磐梯熱海まで通しで乗車券を購入すると高くなる

私たちは中野駅で、磐梯熱海までの乗車券を購入したのですが、
東京区内→磐梯熱海 4,430円

ところが、帰ってきてから調べて分かったのですが、
東京区内→郡山 4,000円
郡山→磐梯熱海 切符 320円、IC乗車券 324円

改札をいったん出ないといけませんが、郡山で切符購入した方がお得
しかも郡山⇔磐梯熱海は、なぜか切符の方がIC乗車券より安い

ちょっと不思議




東京を出発すると郡山まで約1時間20分、
すぐに駅弁を食べないといけないくらい近い
今回は軽食(肉の万世のかつサンド)にしました

 IMG_6766t-bannda

【郡山】13:18着

IMG_7050-bannda.jpg

郡山駅での在来線への乗り換えは簡単
看板や矢印があってわかりやすいです


IMG_7052-banndai.jpg 

磐越西線へ乗り換えます

IMG_7054-bannda.jpg

磐越西線は、郡山から会津若松を通り
新潟県の新津まで行く電車です

IMG_7058-bannda.jpg 

「あかべぇ」ちゃんがあちこちにいます

IMG_7059-bannda.jpg



【郡山】13:46発 あいづライナー

あいづライナーだと「磐梯熱海駅」は次の駅
快速で2つ目、普通でも3つ目とめちゃめちゃ近い
(※あいづライナー(自由席)、快速、普通とも料金同じ)
電車運行間隔は、1時間に1本くらいなので、新幹線の接続は考えた方がいいです



IMG_7067-bannda.jpg

IMG_7068-bannda.jpg

【磐梯熱海】14:00到着

あっという間に着きました。乗客はほぼ地元の人でした

磐梯熱海駅の由来って何だろう?
と思っていましたが、駅の看板にその答えが表示されていました
(参考資料JR東日本「旅もよう」)

づけ親は、源頼朝の武将工藤祐経(すけつね)の子伊東祐長とのこと。
頼朝は、軍功があった祐経に郡山市を与え、祐経は子の祐長をこの地に派遣し治めさせたそうです。
祐長は、領地に故郷の伊豆国と同じ地名を名づけ、海がないのに温泉が湧くここを「熱海」と付けたとのことでした。
岩越鉄道(磐越西線)が開通したときに「熱海駅」、国鉄へ移管したときに、東海道本線熱海との重複を避ける為「岩代熱海駅」、そして昭和40年磐梯観光入り口として今の「磐梯熱海駅」に改名したとのことでした。


なるほど

 IMG_7376-bannda.jpg

IMG_7377-bannda.jpg 

IMG_7073t-bannda
▲磐梯熱海駅


駅の前には屋根の付いた足湯があります

IMG_7077t-banndai.jpg
▲駅前の足湯



日本に大寒波が来てはいたのですが、郡山では、穏やかないい天気磐梯熱海に着いたらちょっと曇。チェックインにはまだ早いので駅前の足湯をしながら、地元の方とお話していると、雪がチラチラ。そうこうしている間に吹雪いてきました。郡山から電車で15分くらいのところなのに、天気はずいぶん違いました。
正面からまともに吹雪を受けながら、守田屋へ徒歩約15分
雪まみれになり、宿の方に気遣われながら、無事チェックイン



帰り


チェックアウト後、磐梯熱海を散策し
磐梯熱海駅11:54発→郡山駅12:09着
郡山駅(やまびこ138号)12:30発→東京駅13:48着
郡山駅の新幹線ホームは、とっても寒いので
指定席ならぎりぎりで上がってきた方がいいですよ


あっという間の旅行でしたが、今回もとっても楽しかったです
次は、宿をご紹介します
温泉と食事がとても良かったですよ
(アップ予定)

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-340.html

2014/12/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 福島県磐梯熱海温泉のアクセス(電車)編

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)